市葬の意味とは?市葬とは何か、解説いたします

2018-07-12更新

市葬とは

読み方 しそう

市葬とは、市に大きな功績を残した人の死を悼み、市が施主となって執り行う葬儀のことを言います。
市葬では、市民や故人の関係者ら多くの人が参列して故人をお見送りします。

市民葬とは全く違うので間違えないよう気を付けましょう。

市葬と市民葬との違いは?

葬儀

市民葬は、自治体である市が葬儀社と提携して行われる葬儀の一つです。

自治体が一般の葬儀社と契約を結び、普通に葬儀をあげるよりも安い価格でお葬式をあげることを可能とすることを目的としています。
公衆衛生・貧困対策の性格を持つ行政サービスの一環ないし延長として位置づけられます。

これに対して市葬は、市が喪主となり葬儀社に依頼して執り行う葬儀といえます。
市政に残るような大きな功績を残した旧市長などが亡くなった際に行われることが多いようです。

市葬は通常、故人の個人的な葬式とは別に市民会館や市の葬祭場などで大規模に執り行われます。
そのため、関係者が多く参列する他、弔電も多く送られます。

市葬の葬儀委員長は誰が担当するの?

市葬は市が主催する葬儀なので、自治体の中に葬儀を担当する実行委員会が設けられます。

葬儀委員は市の公務員その他の者が担うこともありますが、葬儀委員長には現職の市長が就くことが通例とされているようです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

関連用語

よく読まれている用語

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料