献香の意味とは?献香とは何か、解説いたします

読み方 けんこう

献香とは

献香とは、霊前に香を焚いて神仏にお供えすることをいいます。
元々は仏事でのみ行われていましたが、神式の葬儀でも取りいれられるようになりました。

葬儀で行う焼香はもちろん、線香をお供えすることも献香に含まれます。

宗派ごとの献香について

葬儀

宗派ごとの献香について、どのように行われているのか、見ていきましょう。

キリスト教式の献香

キリスト教式での献香のやり方は、カトリックとプロテスタントで違いがあります。

カトリック式の献香

カトリック式の献香は、神父が行う献香と、参列者が行う焼香があります。
カトリック式の葬儀の場合、神父が柩に聖水を注ぎ、棺や祭壇の周りに香を振りかける散水・献香の儀式を行います。
また通夜や葬儀の際に、参列者が献花の代わりに焼香することもあります。

プロテスタント式の献香

プロテスタント式の葬儀では、通常は献香も焼香もしませんが、通夜式のときは献花の代わりに焼香をする場合があります。

曹洞宗での献香

献香は本来お寺のご本尊や仏さまに香を捧げることですが、曹洞宗では献香を金銭で行うこともあります。
寺院の法要室の使用料などを献香料として納めることもあります。

神式での献香

神式では、基本的に仏教のものは使いませんので、お香を焚いたり線香を供えることはありません。
献香に相当する儀式としては、玉串奉奠が行われます。
ただ最近は、神式でも献香を取り入れるところもあるようです。

浄土真宗での献香

浄土真宗では、報恩講や式典行事の重要な儀式の1つとして、献灯・献華とともに献香が行われます。

献香料ってなに?

献香料とは、お香を献ずるためにお寺にお渡しする金銭です。
お寺での行事への喜捨や施設の使用料などをお寺に納める場合にも献香料と言います。

関連する記事

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

関連する記事

関連する記事はこちら

焼香の意味とは?お葬式でのマナーや回数についても紹介します!のサムネイル画像

焼香の意味とは?お葬式でのマナーや回数についても紹介します!

プロテスタントの葬儀の流れとは?葬儀の特徴や細かなマナーも解説のサムネイル画像

プロテスタントの葬儀の流れとは?葬儀の特徴や細かなマナーも解説

禅宗の一派、曹洞宗におけるお焼香のやり方のまとめのサムネイル画像

禅宗の一派、曹洞宗におけるお焼香のやり方のまとめ

キリスト教の葬儀の流れを解説!宗派による違いや服装マナーもご紹介のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の流れを解説!宗派による違いや服装マナーもご紹介

普通のお悔やみとは少し違うキリスト教式のお悔やみの方法のサムネイル画像

普通のお悔やみとは少し違うキリスト教式のお悔やみの方法

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと