葬制の意味とは?葬制とは何か、解説いたします

読み方 そうせい

葬制とは

葬制とは、人の死にまつわる習慣や慣習のことをいいます。
基本的に葬儀の方法や制度について表す言葉であって、意味の幅がとても広いです。

主に、火葬や水葬・風葬・土葬のような葬送に関する制度として使われることが多いです。

告別式も葬制に入るの?

葬儀

葬制とは一般的には遺体処理の儀礼を指しますが、本来は人の死にまつわる習慣や儀礼など全て含まれます。

したがって、故人とお別れをいう告別式も葬制の一つと言えるでしょう。

葬制と墓制はどう違うの?

一般的に葬制とは人の死にまつわる儀礼を行うことを指し、墓制とはお墓を作り、そこに故人の遺体を入れることを指します。

場合によっては、墓制はお墓を指すこともあります。

様々な葬制について

葬制(狭義である遺体処理の儀礼)については民族や宗教、地域によって様々な方法があります。
こちらでは様々な葬制をご紹介します。

火葬

火葬とは葬送を遺体を焼却する葬法です。
仏教が根付いている日本では一番一般的です。

日本では火葬場で火葬した上で、参列者で行う「骨上げの儀式」を行い、遺骨を仏壇やお墓に埋葬することが多いです。

土葬

土葬とは遺体をそのまま土に埋める方式のことを言います。
イスラム教やキリスト教では多く行われている葬儀の方法です。

日本でも古くは土葬による埋葬が行われていました。
しかし現代では死体遺棄罪に問われる可能性があり、一般的に許可されていません。

水葬

水葬は遺体を川や海などに沈める葬法を指します。
遺体をそのまま沈める場合もありますが、火葬や土葬を経てからする場合もあります。

日本では死体遺棄罪に当たるため、航行中の船で亡くなるような特別な場合を除いて禁止されています。

風葬

風葬とは遺体を風にさらして風化させる葬法です。
崖や樹上で行われることが多いです。

日本では、宮古島などで行われていたことがありましたが、今ではほとんど行われることはありません。

関連する記事

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

関連する記事

関連する記事はこちら

「○○家代々のお墓」は、実は往時の日本では必ずしも一般的でないのサムネイル画像

「○○家代々のお墓」は、実は往時の日本では必ずしも一般的でない

土葬と火葬の違いって?歴史や国による違いも解説のサムネイル画像

土葬と火葬の違いって?歴史や国による違いも解説

日本でかつて広く見られた土葬 どのようにして「禁止」に?のサムネイル画像

日本でかつて広く見られた土葬 どのようにして「禁止」に?

日本は火葬先進国!?日本の葬式で火葬が多い理由を探りますのサムネイル画像

日本は火葬先進国!?日本の葬式で火葬が多い理由を探ります

人はなぜ埋葬をするのでしょうか?その意味と事情を探ります。のサムネイル画像

人はなぜ埋葬をするのでしょうか?その意味と事情を探ります。

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと