香典返しの基礎知識(金額相場・品物・時期・のし・挨拶状)を解説!

香典返しの品物選びや手配は喪主の方の大切な務めです。今回は香典返しについて、迷いやすい品物選びや金額の相場などを詳しく解説いたします。香典返しを贈る時期やのし・挨拶状の書き方など、知っているようで意外と知らない香典返しに関する基礎知識です。

目次

  1. 香典返しに関する基礎知識
  2. 香典返しとは
  3. 香典返しの金額相場
  4. 香典返しはどこで買うのが良い?
  5. 香典返しにおすすめの品物・タブーな品物
  6. 香典返しの熨斗(のし)・掛け紙
  7. 香典返しを贈る時期・タイミング
  8. 香典返しに添える挨拶状・お礼状
  9. 会社・職場への香典返しはどうする?
  10. 香典返しを辞退する・辞退された場合
  11. 香典返しをいただいたらお礼は必要?
  12. 香典返しに関する基礎知識まとめ

香典返しに関する基礎知識

葬儀

葬儀に関しては、喪主側での立場と参列者側での立場のそれぞれに、多くのしきたりがあります。
いただいたご香典へのお礼として贈る香典返しは、喪主の方が行う大切な儀礼です。

香典返しにはいくらの品物を用意すればよいのか、即日返しは失礼にあたらないか、どのような品物を選べばよいのかなど、香典返しの選択ではさまざまな疑問が生じます。

そこで今回は、香典返しについての基礎知識を解説いたします。
今回の終活ねっとでは、次の項目に沿って解説を進めます。

  • 香典返しとは?
  • 香典返しの金額相場
  • 香典返しはどこで買うのが良いか
  • 香典返しにおすすめの品物・タブーな品物
  • 香典返しの熨斗(のし)と掛け紙
  • 香典返しを贈る時期・タイミング
  • 香典返しに沿える挨拶状・お礼状
  • 会社・職場への香典返しはどうする?
  • 香典返しを辞退する・辞退された場合
  • 香典返しをいただいたらお礼は必要か?

香典返しについての知識は、喪主の立場として必ず押さえておきたい知識です。
今回の記事では、金額相場・品物選び・贈る時期など、香典返しにまつわるマナーをひと通りご説明していきます。
少し長い記事ですが、ぜひ最後まで目を通していただき、皆様の終活に役立てていただければと思います。

香典返しとは

葬儀

香典返しは、その名のとおりご香典に対するお返しとしてお渡しする品物です。
香典返しは、忌明けである四十九日の法要を終えた後に、ご香典のお礼と弔事を無事に終えたことの報告を兼ねて、喪主の方からご香典をくださった方々に贈ります。

香典返しの品物は、食べたり飲んだりして消えてなくなる物、あるいは日常に使うタオルや洗剤などが古くからの定番です。
現在では、これらの定番の品物のほかに、カタログギフトや商品券を香典返しとして選ぶ方も増えてきています。
贈る品物は時代とともに変わっても、香典返しのしきたりは大切に守りたいものです。

香典返しの金額相場

葬儀

香典返しを行うにあたって、迷いやすいのが香典返しの金額についてです。
ここでは香典返しの金額の値段はいくらからが一般的なのか詳しくご説明します。

半返しが基本

香典返しの基本となるのが、半返しの考え方です。
いただいたご香典の半額を目安にして、香典返しの品物を選びます。
半返しの基本は、不祝儀に限らず贈り物全般に共通する考え方です。
たとえば結婚式のご祝儀なども、半返しが正しい作法となっています。

ただし地域によっては、香典返しは3分の1返しとする場合もあります。
香典返しは、きっちりとご香典の半額分をお返しするというよりも、3分の1から半額を目安にして贈るのがしきたりです。

終活ねっとでは、香典返しの金額について、おすすめの品物と共に解説した記事を掲載しています。
おすすめの品物も一覧で載っておりますので、ぜひそちらの記事もご覧いただければと思います。

こちらも読まれています

香典返しの半返しとは?香典返しの金額相場やおすすめの品物を紹介!

葬儀で香典をいただいた方に対して、ご遺族は、後日香典返しをすることが作法とされています。香典返しの一般的な相場として半返しがありますが、いったいどのようなものなのでしょか?今回は香典返しの相場である半返しや、おすすめの品物や金額相場についてご紹介します。

高額の香典をいただいた場合

香典返しは半返しまたは3分の1返しが基準ですが、もし高額のご香典をいただいた場合はその目安は当てはまりません。
高額なご香典とは、具体的には2万円以上を指し、たとえば10万円といった場合です。

ご香典は喪主の方の経済的な負担を扶助する意味があります。
一家の大黒柱を亡くしたケースなどでは、喪主の方を力添えしたい気持ちから、親戚の方が10万円のご香典を包んでくれた事例も耳にします。

このような高額のご香典の場合、半返しの香典返しは逆に失礼にあたります。
いただいたご香典の4分の1から3分の1を目安にした香典返しが適切です。
なお、高額のご香典に対する香典返しでは、カタログギフトがよく選ばれています。

終活ねっとでは、特に高額なご香典をいただいた場合の対応について、詳しい解説を掲載しています。
ぜひそちらの記事にも目を通していただければ幸いです。

こちらも読まれています

高額な香典を頂いた際の香典返しはどうする?おすすめの品物を紹介!

香典を頂いたら香典返しをするのが一般的ですが、親戚の方から高額な香典を頂き、香典返しで悩まれた方もいるのではないでしょうか。今回は高額な香典を頂いた際の香典返しについて、おすすめの品物と香典返しのマナーについてご紹介します。

香典返しはどこで買うのが良い?

葬儀

香典返しは葬儀のうえで欠かせないしきたりですので、失礼のないように心を込めて選びたいものです。
返礼品を多く扱うお店ならば、香典返しの品物が何がいいのかといった質問に丁寧に対応してもらえます。
ここでは香典返しの品物をどこで選べばよいのか、おすすめをご紹介します。

デパート・百貨店

デパート・百貨店で香典返しを選ぶメリットは、老舗ならではの安心感です。
デパートでの包装の仕方に信頼感を置いている方もいらっしゃるため、どなたにも納得いただける香典返しの品物を選ぶことができます。

お菓子やお茶といった食べ物を贈る場合も、選び抜かれた専門店の味を香典返しとして選ぶことができます。
香典返し選びに定評のあるデパート・百貨店は、次のとおりです。

  • 伊勢丹
  • 三越
  • 高島屋
  • 小田急百貨店
  • 京急百貨店
  • 京阪百貨店
  • 京王百貨店
  • 京王百貨店
  • 西武百貨店
  • 東急百貨店

ネットショップ・ギフトショップ

ネット時代の到来によって、どんなものでもネット注文ができるようになっています。
店舗に出向く必要がないことから、ネットショップとギフトショップに香典返しをまとめて注文する方は年々増えています。
それぞれのショップでは、香典返しとして人気の品物をランキング形式で表示していて、もらって嬉しいものが一目でわかるようになっています。
また、熨斗やラッピングも希望の形式を選べます。
香典返し選びに定評のあるネットショップ・ギフトショップは、次のとおりです。

  • アマゾン(amazon)
  • 楽天市場
  • ヤフーショッピング
  • イオンショップ
  • ギフトジャパン
  • リンベル

なお終活ねっとでは、香典返しの購入先として定番と言えるデパートとギフトショップについて、詳しい解説を掲載しています。
ぜひそちらの記事もご覧いただければ幸いです。

こちらも読まれています

香典返しはどこで買うべき?デパートやギフトショップの特徴を解説!

通夜や葬儀の際に香典をいただいたら、そのお礼として香典返しをするのが一般的です。しかし香典返しの品をどこで買うべきなのか、迷う方も多いのではないでしょうか?そこで今回は香典返しはどこで買うのかについて、デパートやギフトショップごとの特徴を解説していきます。

香典返しにおすすめの品物・タブーな品物

困った人々

香典返しの品物は、定番品がある一方で、贈ってはダメなものもあります。
ご香典の返礼品とはいえ、香典返しはせっかくの贈り物ですので、どなたにも喜ばれる品物を選びたいものです。
ここでは、幅広い世代から口コミで良い評判があるおすすめの品物とタブーな品物をご紹介します。

おすすめの品物

香典返しは不祝儀における返礼品です。
不祝儀を繰り返さないようにという気持ちから、香典返しの品物は、食べたり飲んだりしてなくなるいわゆる「消えもの」を選ぶのがしきたりです。

お菓子

ある程度の保存ができる消えものとして、お菓子は香典返しの定番です。
かつては和菓子が人気商品の中心でしたが、贈答品としての洋菓子の種類が増えたことから、現在ではお好みのお菓子を選ぶスタイルになっています。
生菓子よりも賞味期限の日にちが長い焼き菓子が、香典返しには特におすすめです。
クッキー・チョコレートといったスイーツやせんべいなどが人気です。

終活ねっとでは、香典返しの金額ごとにおすすめのお菓子をご紹介する記事も掲載しています。
500円から1000円の値段から3000円以上まで、さまざまなお菓子をご紹介しています。
ぜひそちらの記事もご参照いただければと思います。

こちらも読まれています

香典返しに人気のお菓子をご紹介!金額ごとのおすすめやマナーを解説

お菓子は香典返しによく選ばれる品物ですが、お菓子の種類は非常に多いため、何を贈れば喜んでもらえるか悩む方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、香典返しにおすすめの和菓子と洋菓子をそれぞれ金額ごとにご紹介します。また、香典返しに関するマナーも解説します。

お茶・紅茶

保存ができて、どのお宅でも飲んでいただける消えものとして、お茶や紅茶は香典返しの定番となっています。
嗜好の変化から、コーヒーや紅茶と緑茶の詰め合わせも人気です。
お茶・紅茶は予算に応じて、さまざまな贈答セットの形で販売されています。
ある程度の日持ちがする点も、香典返しに向いているポイントです。

なお終活ねっとでは、香典返しとしてお茶に人気がある理由や、香典返しにお茶を選ぶ際のポイントを解説しています。
ぜひそちらの記事もご参照いただければと思います。

こちらも読まれています

香典返しにお茶が人気な理由は?お茶の選び方やおすすめの品物を解説

葬儀でいただいた香典には、後日香典返しを贈ります。香典返しにお茶が選ばれることが多いということは知っていても、意外とその理由は知らないもの。今回は、香典返しとは?なぜお茶が選ばれるのか?選び方は?など、香典返しに関する常識をわかりやすく解説いたします。

ハンカチ・タオル

どのお宅でも必ず使う生活用品を香典返しとする方法もあります。
ハンカチやタオルは消耗品として、誰にあげても喜ばれる日用品です。
2000円から3000円のバスタオルから1000円前後のハンドタオルまで、値段に幅がある点もハンカチ・タオルがおすすめの理由の一つです。
国産品へのこだわりから、現在は今治タオルに注目が集まっています。

終活ねっとでは、香典返しにハンカチを贈る場合のメリットについて、詳しい解説を掲載しています。
ぜひそちらの記事もご参照いただければ幸いです。

こちらも読まれています

香典返しにハンカチを贈るメリットは?おすすめの品物や贈り方を紹介

香典返しにいただくことの多いハンカチですが、選ばれる理由はご存知ですか?今回は誰もが悩む香典返しの品物の中で、特にハンカチが人気な理由を解説していきます。香典返しにどのようなものが良いかお悩みの方はぜひご覧ください。

商品券

20000円あるいは30000円以上といった高額なご香典をいただいた場合、半返しを目安として香典返しの品物を選ぶのは意外と難しいものです。
10000円を超える価格帯でのお菓子やお茶は、かなりの大きさになり、もらったら困る量になってしまうことも考えられます。
そこで身内の方に贈る場合に限り、香典返しとして商品券を選ぶ方もいらっしゃいます。
商品券には、相手の方に好きなものを選んでいただけるメリットがあります。

ただし、ここで気を付けたいのが、商品券がマナー違反になるケースです。
目上の方やご年配の方に商品券を香典返しとして贈るのはマナー違反です。

終活ねっとでは、香典返しに商品券を贈るときのマナーについて、さらに詳しい解説を掲載しています。
ぜひそちらの記事もご覧いただければと思います。

こちらも読まれています

香典返しに商品券を贈るのは失礼?送り方やオススメの商品券もご紹介

香典返しに何を贈るべきなのか悩んでしまうという方も多いですよね。それでは、香典返しとして商品券を贈ることは大丈夫なのでしょうか?今回は、香典返しとして商品券を贈ることの可否や、香典返しの基本的なマナーについて紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

クオカード(QUOカード)

クオカード(QUOカード)は全国57000店以上で買い物できる便利なプリペイド式のカードです。
好きなときに好きなものを買えるため、受け取った方にとっては嬉しい品物と言えます。

商品券と同じように相手の方に金額がわかってしまうデメリットはあるものの、カード一枚の手軽さと全国で使える利便性から、香典返しとしてクオカードを贈る方は着実に増えているようです。

クオカードは公式オンラインストアまたは全国の販売店で購入できます。
熨斗への名入れサービスもあり便利です。

なお終活ねっとでは、香典返しにクオカードを贈るときの注意点について、解説を掲載しています。
無難な香典返しとしてクオカードを贈る方法についても説明しています。
ぜひそちらの記事もご覧いただければ幸いです。

こちらも読まれています

香典返しにクオカード(QUOカード)を贈るのは失礼?注意点を解説

香典返しといえば、お菓子・タオルなどが定番です。近年では、クオカード(QUOカード)などの商品券を贈るという人も増えているそうですが、お金を返礼品とするのはマナーに反しないのでしょうか。今回はそんな香典返しにクオカードを贈るのは失礼かどうかを解説します。

カタログギフト

カタログギフトは、受け取った方が自由に選べるギフトとして、すっかり定番となっています。
人気の高いグルメを特集したグルメカタログギフトも好評です。

カタログギフトは、贈られた方が好きなときに好きな品物の受け取りができます。
また、商品券やクオカードと違って、カタログギフトは、詳細な値段がわかりにくい点も大きなメリットです。
香典返しの品物として贈ることができない牛肉や魚といった生ものも、ギフトカタログであれば自由に選ぶことが可能です。

カタログギフトは、各デパート・スーパー・ギフト専門店・ネットショップなどで扱っています。
だいたい3000円から50000円までさまざまな価格帯で販売されています。

なお終活ねっとでは、香典返しにおすすめのカタログギフトについて、金額相場やマナーを解説しております。
ぜひそちらの記事もご参照いただければと思います。

こちらも読まれています

香典返しにおすすめのカタログギフトを紹介!金額相場やマナーも解説

近年では香典返しにカタログギフトを選ぶ方が増えています。香典返しにカタログギフトを選ぶ事で、贈る側と受け取る側の双方にメリットがあるのが人気の理由と言えるでしょう。こちらの記事では、おすすめのカタログギフトや、香典返しの金額相場やマナーについてご紹介します。

タブーな品物・ふさわしくないもの

香典返しでは、贈ってはいけないタブーな品物がいくつかあります。
知らずにこれらの品を贈ってしまうことのないよう気をつけましょう。

  • お肉

    生の肉を指します。四つ足生臭ものは避けるしきたりです。

  • お魚

    四つ足生臭ものは避けることから、生の魚も香典返しにはできません。

  • お酒

    嗜好品の代表的なものですが、不祝儀にふさわしくないとされています。

  • かつお節・昆布

    いずれも祝儀の場面での引き出物であるため、香典返しにはできません。
    昆布はよろこぶを連想させることから、香典返しにはタブーとされています。

香典返しの熨斗(のし)・掛け紙

葬儀

香典返しの品物は、包装紙の外側に掛け紙をかけて贈るのが正式なマナーです。
ここでは熨斗紙(のし紙)と掛け紙の違いについて、また掛け紙の書き方についてご説明します。

選び方

熨斗(のし)は古来から贈り物に付ける風習がありますが、あわびを延ばした熨斗鮑(のしあわび)が発祥のため、おめでたい事での贈り物だけに付けるのがしきたりです。

熨斗と水引が印刷された紙を熨斗紙、水引だけが印刷された紙を掛け紙と呼んで区別しています。

香典返しで付ける熨斗紙は、水引だけが印刷された掛け紙を使います
掛け紙の水引は黒白結び切りですが、関西の一部では黄白結び切りの地域もあります。

仏教式の葬儀では、白い紙の無地、または蓮の花が印刷された掛け紙が使われます。

また、香典返しの掛け紙は、内のしと外のしの2種類の掛け方があります。
品物に掛け紙をかけてから包み紙を使って包むことを内のし、品物を包装紙で包んでから掛け紙をかけることを外のしと呼びます。
相手の方に直接香典返しを手渡しするときは外のしで、郵送で香典返しを送るときは内のしとするのが一般的です。

書き方

香典返しに付ける掛け紙は、書き方にしきたりがあります。
ここでは知っておきたいしきたりを詳しくご説明します。

薄墨で書く

掛け紙の表書きは、薄い墨を使って筆で書くようにします。
これは涙が硯に落ちて墨が薄くなったことを意味するためです。

四十九日が忌明けにあたるため、弔事に区切りが付いたとして、香典返しの表書きは濃い墨で書くという考え方もあります
しかし、まだ悲しみが癒えていないことを表して、薄い墨で書くことが多いようです。

表書きの書き方

掛け紙の表書きは「志」として、下段に贈り主の名前を〇〇家と書き入れます。
「志」には気持ちという意味があり、香典返しとしてお礼の気持ちを込めることを表しています。
「志」は仏教やキリスト教といった宗教の形式を問わず、表書きにできます。

なお関西の一部では、忌明けを迎える満中陰という言葉から、表書きを「満中陰志」と書く地域もあります。
また、西日本の一部では葬儀当日に返礼品をお渡しする場合に「粗供養」と書く地域もあるようです。
どの表書きにするのか気になる場合は、地元の方に確かめておくとよいでしょう。

葬儀がキリスト教式または神道式だった場合、香典返しの掛け紙の表書きは「偲び草」と書くのが一般的です。

名前の書き方

掛け紙の名前ですが、〇〇家と書く代わりに、喪主の方の名前をフルネームで書くこともできます。
地域に同じ苗字の方が多い場合などは、フルネームで書いた方がわかりやすいと言えます。

このように香典返しの熨斗については、細かいしきたりが多くあります。
終活ねっとでは、香典返しに付ける熨斗の意味やマナーについて、さらに詳しい解説を掲載しています。
ぜひそちらの記事もご覧いただければと思います。

こちらも読まれています

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

香典返しを贈る時、のしはどうすればよいのでしょうか。あまり贈る機会がないため、どうすればよいか分からない方もお見えになるのではないでしょうか。ここでは、香典返しののしの選び方や表書きの書き方などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

香典返しを贈る時期・タイミング

困った人々

香典返しをいつまでに贈るのかは、宗教や地方によっても異なります。
一般的には、四十九日の法要が済んだ後に贈りますが、初七日の法要が済んだ後に贈る場合もあります
また、葬儀が済んだ約1か月後を目安に贈る場合もあります。
贈る時期を知っておけば、香典返しの手配を余裕を持って行うことできます。

終活ねっとでは、香典返しの時期について詳しい解説を掲載しています。
ぜひそれらの記事もご参照いただければと思います。

こちらも読まれています

香典返しをするのに望ましい時期はいつ?宗教・地方ごとに解説!

葬儀などで香典をいただいた場合は、包んでくれた方に対して感謝の気持ちを込めて香典返しをする必要があります。香典返しといえば適切な時期が問題となりますが、実は宗教や地方によってさまざまです。そこで今回は香典返しの適切な時期を宗教や地方ごとに解説していきます。

香典返しに添える挨拶状・お礼状

葬儀

香典返しの品物を贈るときは、挨拶状・お礼状を付けるのが正しいマナーです。
挨拶状・お礼状には、本来であれば直接うかがって香典返しの品をお渡しするところ、一軒ずつ回ることが難しいため挨拶状で代わりとさせていただくと書いておくと丁寧な印象になります。
挨拶状・お礼状の文面は、例文を参考にして書くようにすると失礼がありません。

挨拶状・お礼状の文例・例文

香典返しの品に沿える挨拶状・お礼状は、葬儀の形式に従って、宗教別に文章を考える必要があります。
共通の決まりとしては、「、」と「。
」の句読点を打たずに文章を書きます

ここでは具体的に例文の形で見ていきましょう。

宗教別の文例・例文

葬儀の9割近くは仏教の形式で行われますが、神道式とキリスト教式の場合もそれぞれに挨拶状の文章を変えるようにします。
宗教別の例文は次のとおりです。

仏教

亡くなった方は身内ですので、逝去という言葉は使わずに死去と書くようします。

謹啓
ご尊家益々御清祥のこととお喜び申し上げます
このたび 亡父〇〇儀 死去にあたりご丁重なるご厚志を賜り心よりお礼申し上げます
おかげをもちまして この度〇〇(戒名)忌明けの法要を滞りなく済ませました
つきましては追善の供養の品をお届けいたしますのでご芳志のお礼としてご受納下さいますようお願い申し上げます
本来であれば直接お会いしてお礼申し上げるべきところですが
まずは略儀ながら書中をもってお礼方々ご挨拶申し上げます
敬具
神教

神道式での葬儀の場合、四十九日の法要に該当するのは五十日祭となります。

謹啓
このたび 亡父〇〇帰幽にあたり 
御多忙の折にもかかわりませずご会葬ならびに過分なる玉串料を賜り 有難く厚くお礼申し上げます
当日は取り込み中にてみなさまへの心配りが至りませず失礼いたしました
お蔭をもちまして五十日祭を滞りなく相済ませましたことをご報告させていただきます
つきましては偲び草のお印までに心ばかりの品をお送りいたしました
何卒御受納下さいます様お願い申し上げます
本来なら直接お会いしてお礼申し上げるべきところですが
書中をもってご挨拶にかえさせていただきます
敬具
キリスト教

葬儀を終えた後は、キリスト教式では特に決まった法要や儀式はありません。
ただし、カトリックの場合は約1か月後に命日祭を行い、プロテスタントの場合はご遺族の希望に沿って礼拝のときに神への祈りが捧げられます。
命日祭・礼拝をするタイミングで、香典返しと挨拶状・お礼状を贈るのが一般的です。
キリスト教のカトリックの形式での例文は次のとおりです。

この度 亡○○〇〇(故人の氏名) 帰天に際しまして
ご懇篤なる御弔意とを格別の献花を賜り 誠に有難くお礼申し上げます
また当日は取り込み中にてみなさまへの心配りが至りませず 大変失礼いたしました
お陰をもちまして
〇月〇日五十日祭を滞りなく営みその後納骨を済ませてまいりました
つきましては偲び草として心ばかりの品をお送りいたしました
ご芳志のお礼としてお納めいただきたくお願い申し上げます
つきましては早速拝眉のうえお礼申し上げるべきところですが
書中をもってお礼のご挨拶にかえさせていただきます

関係性別の文例・例文

宗教別のほかに、喪主の方と故人との関係性によっても挨拶文の内容は変わってきます
ここでは、代表的な3つのケースの例文をご紹介します。

家族・親族・親戚

親しき中にも礼儀ありということわざのとおり、血縁関係のある家族や親族宛てでも、挨拶状では礼儀正しい格式の言葉づかいをします。
例文は次のとおりです。

拝啓
亡父〇〇儀 永眠の際は丁寧なお心遣いを賜り誠にありがとうございました
葬儀の際は 取り込み中にて万事不行き届きにて申し訳なく存じております
おかげをもちまして○月○日に〇〇院〇〇〇〇居士四十九日の法要を相営むことができました
生前に故人が賜りましたご厚情に対し 心よりお礼申し上げます
つきましては 供養のしるしに心ばかりの品をお送りいたしましたのでお納めくださいませ
本来であれば拝眉の上ご挨拶申し上げるべきところ
略儀ながら書中をもちまして お礼かたがたご挨拶申し上げます
敬具
友人

故人と親しい間柄だった友人の方には、挨拶状で生前のエピソードに簡単に触れるのもよいでしょう。
例文は次のとおりです。

拝啓
先般 亡父 ○○○○儀 永眠の際は丁寧なお心遣いを賜り誠にありがとうございました
お蔭をもちまして◯月◯日に四十九日の法要を滞りなく済ませることができました
父も若き頃の仲間に会えて喜んでいることでしょう
つきましては 供養のしるしに心ばかりの品をお送りいたします
何卒ご受納賜りたくお願い申し上げます
早速拝眉の上お礼申し上げるのが本意ではございますが
略儀ながら書中を持ってごあいさつ申し上げます
敬具
会社の上司・同僚・部下

会社の方に向けての香典返しは、故人がお世話になった会社の場合と、喪主の方がお世話になっている会社の場合とがあります。
挨拶状の例文は次のとおりです。

謹啓
時下ますます御清祥のこととお喜び申し上げます
先般 亡夫○〇〇○儀 永眠に際しましては
ご丁重なご弔詞ならびにご香料を賜り 有難く厚く御礼申し上げます
おかげをもちまして 本日○○院○○○○○信士四十九日法要を滞りなく相営みました
つきましては 供養のしるしに心ばかりの品をお届けいたします
何卒ご受納いただければ幸いに存じます
本来であれば拝眉の上お礼申し上げるべきところ
略儀ながら書中を持ちまして謹んでご挨拶申し上げます
敬具

香典返しの添え状として、挨拶状の書き方にも気を配りたいものです。
終活ねっとでは、香典返しの挨拶状について詳しい文例と注意点を解説しております。
ぜひそちらの記事もご参照いただければと思います。

こちらも読まれています

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典を頂いたら必要になるお返しですが、香典のお返しに添えられる挨拶状はどのようにすればいいのか悩むところです。香典返しの挨拶状の作成には書き方などいろいろと注意しなければならないこともあります。ここでは香典返しに使える挨拶状の文例や注意点を解説します。

挨拶状・お礼状は印刷できる?

香典返しに付ける挨拶状・お礼状は、香典返しの品物の購入先で印刷をしてもらえます
デパートやギフト専門店では、丁寧な言い方の挨拶状の定型文を用意しています。
また例文を無料ダウンロードして、ご自分のプリンターで挨拶状・お礼状を印刷することもできます。

終活ねっとでは、香典返しの挨拶状について詳しい記事を掲載しています。
挨拶状の文面を自作する場合の書き方についても解説しております。
ぜひそれらの記事もご参照いただければ幸いです。

こちらも読まれています

香典返しの挨拶状の印刷を頼むには?自作の場合の印刷や書き方を解説

葬儀後一段落したら、香典返しの挨拶状を出すのがマナーです。挨拶状の印刷はどのようにしたらよいのか、文例や書き方のマナ―もよく分からないという方も多いと思います。この記事では香典返しの挨拶状について、印刷の頼み方、自作の場合の印刷や書き方などを解説します。

会社・職場への香典返しはどうする?

葬儀

会社や勤め先からご香典をいただいた場合、香典返しがどうすればよいのでしょうか。

もし、同僚の立場で個人としてのご香典をいただいた場合は、通常どおりの香典返しを行います
一方、〇〇部署一同というように同僚の方々からご香典をいただいた場合は、デパ地下のお菓子などの菓子折りをお返しするのがおすすめです。
社内の慶弔規定に基づいて会社からご香典をいただいた場合は、香典返しは行う必要がありません。

このように会社・職場への香典返しはケースによって対応の仕方が異なります。
終活ねっとでは、聞く機会の少ない会社への香典返しについて、注意点やマナーを掲載しています。
ぜひそちらの記事もご参照いただければと思います。

こちらも読まれています

会社への香典返しは必要?贈る場合の注意点やマナー、金額相場を解説

ご香典と香典返しに関してはさまざまなマナーがあります。今回は会社からご香典を頂いた場合の香典返しについて詳しく解説いたします。ご遺族の立場として会社の方に香典返しを贈る際の品物の選び方や注意点など、ぜひ知っておきたい香典返しの正しいマナーについてです。

香典返しを辞退する・辞退された場合

葬儀

事情により香典返しを受け取らないで辞退する場合、あるいは辞退される場合があります。

香典返しを辞退する場合

葬儀でご香典を渡したものの香典返しは辞退したいという方がいらっしゃいます。
これは、ご遺族の方に余計な負担をかけたくないという場合や公的な立場にあるため贈答品を拒否するといった場合です。
香典返しを辞退したいときは、香典袋もしくはご香典を入れる封筒に「香典返しをご遠慮させていただきます」の文言を書くようにします。
これによって香典返しを断る返礼不要の意思を表示できます。

香典返しを辞退された場合

香典返しを辞退された方にも、香典のお返しとしてのお礼をするのがマナーです。
おすすめは、お中元やお歳暮など後からの機会に贈答品を発送して贈る方法です。

終活ねっとでは、香典返しを辞退された方への対応について、詳しい解説を掲載しています。
ぜひそちらの記事もご参照いただければと思います。

こちらも読まれています

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説

ご遺族の負担を減らしたい、香典返しが不要な場合、香典返しを辞退するにはどうすればよいのでしょうか?また、香典返しが不要な方にはどのように対応すべきなのでしょうか?香典返しを辞退する方法、ご辞退された方への対応をご紹介します。

香典返しをいただいたらお礼は必要?

困った人々

では香典返しをいただいた場合に、喪主の方へのお礼は必要でしょうか。
喪主が目上の人に当たる場合は、どのような対応をすればよいでしょうか。

基本的にお礼はいらない

香典返しはご香典の返礼として贈るものです。
返礼品に対する返礼となると、きりがありませんので、原則として香典返しへのお礼はいりません

お礼をする場合の言葉・例文

お礼はいらないものの、香典返しは宅急便や郵便で届く場合がほとんどです。
受け取ったら「届きました」という連絡を喪主の方にしておくとよいでしょう。

メール

香典返しを受け取った旨の連絡とお礼は、メールで済ますことができます。
メールは手軽なメッセージとして、先方も負担にならずに連絡を受けることができます。

先ほど忌明けのご挨拶のお品が届きました。
ご丁寧なお品も送って頂き、却って恐縮しています。
その後 いかがされているかなと思いメールしました。
ご家族の皆さんも落ち着かれた頃でしょうか。
大変だと思うけど、どうか無理なさらずに。

電話

電話でお礼を伝えるやり方もあります。
声を聞くことができて、ご遺族の近況がわかるメリットがあります。

今日お香典返しが届きました。ご丁寧な品を、恐れ入ります。
その後いかがでしょうか。
ご家族の皆様大変だと思いますが、お身体を壊さないようお過ごしください。

ハガキ

香典返しのお礼をハガキに書いて送るやり方もあります。
電話番号が分からない場合でも送ることができます。

拝啓
梅の蕾がほころぶ季節となりました。 
本日、ご供養のおしるしを頂戴いたし、ペンを取りました。
ご丁寧なお心遣いをいただきまして恐縮しております。
その後いかがお過ごしでしょうか。
深いお悲しみが瘉えるまでには時間がかかるかと存じますが、一日でも早く明るい笑顔を取り戻されることをお祈り申し上げます。
季節の変わり目ですが、どうぞご自愛下さい。
敬具

香典返しに関する基礎知識まとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、香典返しに関する基礎知識について、ひと通り解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。
香典返しをする際に覚えておきたいポイントは以下の通りです。

  • 香典返しでは、ご香典に対するお礼として消えものやカタログギフトなどを贈る
  • 香典返しは半返しが基本である
    高額なご香典をいただいた場合は、4分の1から3分の1返しを目安にする
  • 香典返しはデパート・ネットショップ・ギフトショップなどで注文できる
  • 香典返しにおすすめの品物は、お菓子・お茶や紅茶・ハンカチやタオル・商品券・クオカード・カタログギフト
    肉や魚の生もの・お酒・昆布などは香典返しにはタブーである
  • 香典返しの熨斗は、包装紙の外側に掛け紙をかけて贈る
    黒白結び切りの水引だけが印刷された掛け紙を使う
    掛け紙の表書きは「志」と薄い墨で書く
    名前はフルネームまたは〇〇家と書く
  • 香典返しを贈る時期は、四十九日の法要が済んだ後が最も一般的である
  • 香典返しには挨拶状・お礼状を添える
    挨拶状の例文は宗教や故人との関係性によって異なる
    挨拶状は印刷が可能である
  • 慶弔規定によるご香典の場合は、会社・職場への香典返しは不要である
  • 香典返しを辞退する場合は、香典袋または封筒に遠慮する旨を記入しておく
    もし香典返しを辞退されたら、お中元やお歳暮などで返礼する
  • 香典返しへのお礼は基本的に不要であるが、メール・電話・ハガキで香典返しのお礼を伝えると丁寧である

香典返しについての知識を押さえておけば、いざという場合にも慌てずに済みます。
今回の記事を皆様の終活に役立てていただければ幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

1 2 3 4 ... 10

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

「香典返し」に関連する記事

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

新着記事

葬儀に関する最新の記事です

葬儀で目にするリボンとは?服装では適切か、遺影のリボンを解説のサムネイル画像

葬儀で目にするリボンとは?服装では適切か、遺影のリボンを解説

授乳中の喪服はどう用意する?レンタル・手持ちで済ませる方法も解説のサムネイル画像

授乳中の喪服はどう用意する?レンタル・手持ちで済ませる方法も解説

弔電と花をどちらも送りたい時はどうする?例文や供花についても解説のサムネイル画像

弔電と花をどちらも送りたい時はどうする?例文や供花についても解説

告別式と通夜の違いとは?どちらに参列するかや香典についても解説!のサムネイル画像

告別式と通夜の違いとは?どちらに参列するかや香典についても解説!

告別式に持っていく香典とは?書き方や金額相場について詳しく解説!のサムネイル画像

告別式に持っていく香典とは?書き方や金額相場について詳しく解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと