家族葬の基礎知識(流れ・相場費用・香典・服装)を全て解説!

最近注目を集めている、家族葬に関する基礎知識を全て紹介します。そもそも家族葬とはどんな葬儀か、家族葬が選ばれる理由や家族葬にかかる費用を紹介します。また、一般葬とは異なる、複雑な香典マナーや参列の範囲など、読めば家族葬の全てを理解できる記事になっています。

家族葬について

葬儀

近年、注目されている小規模の葬儀形態である家族葬とは一体どんな葬儀なのでしょうか。

この記事では、家族葬のメリット・デメリットや費用をはじめ、具体的な流れやマナーまで家族葬に関するあらゆる情報を全て集約いたしました。

ぜひ最後までご覧いただき、家族葬の疑問点を解決してください。
また、ぜひ終活ねっとの家族葬をご利用ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬とは

家族葬とは、家族や近しい親族、仲の良い友人だけが参列する小規模の葬儀形態のことです。
近年家族葬は注目を浴びており、都市部を中心に家族葬を選択する方が増えております。

ここでは、どうして従来の葬儀でなく家族葬が選ばれるようになったのか、他の葬儀との違いは何かについて紹介しております。
また、家族葬を選ぶにあたってのメリット・デメリットも解説しております。

家族葬が選ばれる理由

家族葬が選ばれる理由としては主に、時間の使い方や費用にあります。
また、家族葬が選ばれる社会的な背景には少子高齢化があげられます。

以下の記事では、家族葬が選ばれる背景と理由に関して詳しく紹介しております。
詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介

昔と違い、現代ではさまざまな形の葬儀が行われています。その中から家族葬を選ぶのには、どのような理由があるのでしょうか。この記事では、家族葬が選ばれる理由や注意点などを解説しています。その他の葬儀と比較して解説しておりますのでぜひ最後までご覧ください。

メリット・デメリット

家族葬を選択する際には、上で紹介した家族葬の良い面だけでなく注意すべきデメリットも把握して選ぶことが大切になります。

葬儀はやり直すことができない、故人様にとってもご遺族にとっても大切な儀式となりますので後悔のないようにメリット・デメリットを理解した上で判断しましょう。

以下の記事では、家族葬のメリット・デメリットについて詳しく紹介しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

家族葬について、お考えになったことはありますか? お葬式が多様化する現代、家族葬を選ばれる方も増えているとか。 ただ、今までになかった様式なので、さまざまなメリット、デメリットがあります。 ここでは家族葬についてデメリットをも含め、詳しくご説明をさせていただきます。

その他の葬儀形態との違い

現代では葬儀の形態も多様化しておりますが、家族葬以外の葬儀にはどのような特徴があるのでしょうか。
ここでは、一般葬、密葬、一日葬・火葬のみの葬儀と比較しました。

一般葬との違い

一般葬とは、従来から行われてきた一般的な葬儀形態のことです。
ここでは、葬儀の費用について家族葬と比較を行いたいと思います。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

密葬との違い

密葬もその名の通り、親しい人のみで密かに営む葬儀のことですが、家族葬とどのように違うのでしょうか。
以下の記事では、家族葬と密葬の違いを明確に解説しております。
密葬の費用についても紹介しているのでぜひご覧ください。

こちらも読まれています

密葬とは?家族葬との流れ・費用の違いや注意点、直葬についても紹介

近年、家族葬という葬儀形式で葬儀を執り行う家庭が増えてきました。少人数で静かに葬儀を執り行える家族葬ですが、密葬とは何がどう違うのでしょうか?今回は密葬とは何か、家族葬と密葬の流れ・費用の違いや注意点、また直葬という葬儀形式についても紹介していきます。

一日葬・火葬のみとの違い

最後に、一日葬と火葬のみの葬儀について紹介いたします。
一日葬とは、通夜を行わずに告別式と火葬を一日で行う葬儀形態のことです。

また、一日葬よりもシンプルな火葬のみの葬儀についても、以下の記事で解説しております。
火葬のみの葬儀は直葬とも呼ばれ、家族葬と同様、需要が高まっています。

気になる方は、以下の記事をぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説

最近では参列者を親族と近親者に絞った家族葬が一般的になってきました。また家族葬では葬式で二日かかってしまい、遠来者に負担をかけてしまうことから1日葬という葬儀も提案されています。今回、家族葬と1日葬の違いや葬儀の流れやメリット・デメリットを解説いたします。

こちらも読まれています

火葬のみの家族葬とは?メリット・デメリットや服装のマナーを解説!

火葬のみの家族葬は近年注目されている新しいお別れの形です。一般葬と比べてどのような違いがあるのでしょうか?今回は火葬と直葬の違いを明確にした上で、火葬のみの家族葬におけるメリット・デメリットや実際の葬儀の流れと当日の服装マナーについて紹介します。

家族葬にかかる費用

家族葬の最大の特徴として費用を抑えられる点がありますが、実際に家族葬の費用はどのくらいかかるのでしょうか。

家族葬にかかる費用の相場

家族葬の費用の相場は約150〜160万円と言われております。
一般的な葬儀では約200万円かかるといわれているので、費用を抑えることはできます。

しかし、家族葬では費用に関して注意すべき点があります。
以下の記事では、家族葬の費用面での注意点や支払い方法についても紹介しているのでぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

家族葬にかかる費用の内訳

家族葬では大きく分けて、3つの項目において費用がかかります。

葬儀一式の費用

葬儀一式の費用に含まれるものは、祭壇費や式場利用費、お棺にかかる費用のことです。
その他にも、香典をいただいた場合の返礼品の費用や供花の費用が含まれています。

家族葬では参列者の人数が少ないことから、式場利用費を一般葬より抑えることができます。
また、返礼品も香典をお断りすることで準備する必要がなくなります。

飲食接待費

飲食接待費とは、精進落としや通夜振る舞いの費用のことです。
家族葬の場合は、この飲食接待費も人数が少ないため、低価格に抑えることができます。

また、高い葬儀社に頼まないで自分たちで準備することで、費用を抑えられるのも家族葬ならではと言えます。

以下の記事では、家族葬での飲食を自分たちで準備する場合について詳しく解説しております。
オススメの料理やお料理の必要性について詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の場合お料理は用意する?オススメ料理や注意点も紹介!

近年葬儀を行う際に、家族葬を選択される方が増えてきています。自由な形式で行うことができる家族葬ですが、その場合お料理を用意する必要があるのでしょうか?この記事では、家族葬でのお料理の必要性、オススメ料理及び注意点をご紹介していきます。

寺院への費用

家族葬にかかる費用の3つ目は寺院への費用です。
ここでは、家族葬のお布施の費用に関して紹介します。

家族葬では、故人や遺族の希望で葬儀の内容を変更できるため、読経の回数によってはお布施の費用を抑えられる場合があります。
以下の記事では、具体的にお布施の金額に関してまとめてありますのでぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬のお布施の金額相場はいくら?内訳やお坊さんへの渡し方も解説

親族を中心として執り行う家族葬は葬儀の新しいかたちとして注目を集めています。では、家族葬のお布施の金額相場はどのくらいなのでしょうか?今回はお布施の金額相場とその内訳について、お布施を渡す際のマナーや法事・法要のお布施についても触れながら、解説していきます。

また、この寺院への費用が不要である無宗教葬というのも家族葬と同様、需要が高まっております。
寺院への支払いがいらない、無宗教葬についてはこちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お経なし・戒名なしで家族葬はできる?直葬や無宗教式家族葬をご紹介

葬儀の形式が多様化してきた近年では、親族や親しい方だけで行う家族葬も一般的なものになりました。家族葬を行う際にお経なし、戒名なしで葬儀を行ってもいいものなのでしょうか。今回終活ねっとではお経なし、戒名なしで家族葬ができるのか解説していきます。

家族葬への参列について

家族葬に参列できるのは、近親者や親しい友人など限定された方のみですが具体的に参列者の範囲はどこまでなのでしょうか。

ここでは、参列者の範囲の決め方や参列の断り方まで詳しく紹介しております。
ぜひお読みください。

参列者の範囲はどこまで?

家族葬の参列者の範囲はどこまでなのでしょうか。

実は、参列者の範囲に明確な決まりはありません。
ご遺族の方・故人の方が、呼びたい方に参列のお願いをすることが多いです。

以下の記事では、家族葬の参列に声を掛ける範囲を喪主側・参列者側に分けてそれぞれから詳しく解説しております。

こちらも読まれています

家族葬の参列の範囲は誰まで?ご遺族・参列者側それぞれから解説

最近は家族葬を選択される方も増えています。家族葬は、本当に親しい人の範囲だけを呼ぶので故人を偲ぶ時間をゆっくりと持つことのできる葬儀と言われています。今回は家族葬の参列の範囲について、ご遺族・参列者側それぞれの視点から解説します。

義両親は呼ぶべき?

配偶者の両親など、義両親は家族葬に参列するのは当然のことなのでしょうか。
以下の記事で、義両親を家族葬に呼ぶべきかについて解説しております。

気になる方は、ぜひお読みください。

こちらも読まれています

家族葬に義両親を招待するのは当然?断るケースや方法も紹介!

最近、新しい葬儀の形として定着しつつあるのが家族葬です。親族のみで穏やかに故人を送ることのできる葬儀として注目を集めています。しかし、義両親を呼ぶべきかお悩みの方もいるのではないでしょうか。今回は家族葬に義両親を呼ぶべきかや、香典についてもまとめました。

参列者の範囲の決め方

参列者の範囲を決めることは家族葬をすすめる上で、一番判断が難しく、トラブルの原因になると思われます。
ここでは家族葬の参列者の範囲の決め方を2つご紹介いたします。

目安の人数を決める

家族葬の参列の人数は、平均すると10〜30人です。
その中で、ご遺族で話し合って、大体の目安の人数を決めると参列者の範囲が自ずと決まることがあります。

以下では、家族葬の人数や範囲について紹介しております。

こちらも読まれています

家族葬って何人で行うものなの?家族葬に呼ぶ人数の平均をご紹介

家族葬は家族や近しい人のみで行う葬儀で、手軽に執り行うことができるイメージがあります。手軽な葬儀として人気ですが、一般の葬儀と違い喪主側で人数や呼ぶ範囲を決めるので、今後の付き合いを考えると難しいところがあります。今回は家族葬の参列者の人数について紹介します。

故人の終活ノートを参考にする

家族葬への参列者の範囲の決め方にもうひとつ、故人の終活ノートを参考に決めるという方法があります。
故人が葬儀に呼びたい人をあらかじめノートに書き残しておくことで、故人様の最後の願いを叶えることができます。
また、参列者選びに迷うことがないのでトラブルなく家族葬を行うことができます

これらより、家族葬を生前からご希望のご家族は終活のひとつとして、終活ノートを書くことをおすすめいたします。

以下の記事では、終活ノートの書き方や注意点を紹介しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

終活ノートについて書き方や内容についてわかりやすく解説します!

終活ノートやエンディングノート。皆さん、一度は耳にされたことがあるかと思います。漠然とはわかっていても、書き方や書く項目などがわからず、なかなか手をつけられない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、終活ノートの書き方や内容について詳しく解説いたします。

参列の断り方

家族葬は、親しい人のみが参列できる葬儀のため、全ての希望者が参列できる訳ではありません。
故人の知り合いや親族へ、家族葬の参列を断るにはどのようにしたらいいのでしょうか。
ここでは、家族葬の参列をお断りする場合の伝え方と文例を紹介しております。

ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬への弔問を上手く辞退しましょう!香典の辞退の仕方も解説!

最近は家族葬が増えてきましたね。家族葬の場合は、弔問や香典などを辞退することが多いです。しかしはっきりと弔問を辞退すると伝えても良いものなのでしょうか?失礼にはあたらないのでしょうか。家族葬への弔問を上手く辞退する方法をご紹介します。

次の家族葬には出席する?

続いて、自分が家族葬に参列してもいいのか、それぞれの場合に分けて紹介していきます。
家族葬の場合、ご遺族の許可なく参列するのはマナー違反にあたりますので、きちんと判断をして失礼のないように注意しましょう。

親族・家族以外の家族葬

まずはじめに参列の判断が難しい、親族・家族以外の家族葬について紹介いたします。
どの家族葬でも共通して、ご遺族の方から参列のお願いがあった場合のみ参列することができます。
また家族葬の報告を受けた際に、葬儀の具体的な日時や場所が示されていない場合は基本的に参列することは難しいと考えましょう。

友人の家族葬

友人の家族葬は、ご遺族からの参列のお願いがない場合、勝手に参列することはできません。
以下の記事では、友人の家族葬に関する細かい情報を掲載しております。
ご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬に友人は参列できる?参列の判断基準やマナー、弔問対応も紹介

家族葬は最近行われることが増えてきた葬儀スタイルの一つです。家族葬には遺族や親族ではなく、親しい友人だったというような関係の人でも参列することはできるのでしょうか?今回は家族葬に友人は参列できるかどうかや参列の判断基準、マナーについて紹介していきます。

友人の親の家族葬

友人の親の家族葬は、故人と特別親交がある場合以外、参列できない可能性が高いです。
ここでは、参列できない場合の弔意の表し方も掲載しております。
ぜひ参考にしてください

こちらも読まれています

友人の親の家族葬は参列すべき?香典の金額や他の弔意の示し方も紹介

近年、家族葬で葬儀を行う方が増えていますが友人の親の告別式が家族葬だった場合、参列してもいいのか、また香典は渡すべきなのか悩むところです。今回は友人の親が家族葬の場合の参列や香典を渡すかどうかの判断基準や香典の金額相場、その他弔意の表し方について紹介します。

同僚の家族葬

同僚の場合はどうでしょうか。
同僚の家族葬については、以下の記事で詳しく紹介しております。

同僚の親や同僚の配偶者についても解説しております。
あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

職場の同僚の家族葬には参列するべき?香典を贈る際のマナーも紹介!

葬儀を家族葬で行う人が増えています。職場の同僚の家族葬の場合はどう対応したら良いのでしょうか。一般葬に慣れていると対応をどうするべきか考えてしまいます。この記事では職場の同僚の家族葬には参列するべきかを香典を贈る際のマナーと共に解説していきます。

同僚の親の家族葬

同僚の親が家族葬を行う場合はどうでしょうか。
以下の記事では、同僚の親の家族葬について解説しております。

あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

同僚の親の家族葬に香典は必要?葬儀後の弔問マナーや線香作法も紹介

家族葬は最近主流になってきたこともあり、馴染みのない葬儀ではないでしょうか?もし同僚の親の家族葬に呼ばれた際、香典やマナーについて不安に思う方も多いかと思います。今回は同僚の親の家族葬に関して、香典と葬儀後の弔問マナーやお線香の作法について紹介していきます。

上司の家族葬

上司の家族葬も、他の家族葬と同様、参列の依頼があった時のみ参列することができます。

しかし、一般的には家族葬に故人の部下を参列させることは珍しいと思われます。
かなり関係の深い上司・部下関係や、家族ぐるみで親交があり、参列のお願いをされた場合を除き、参列することは難しいでしょう。

上司の親の家族葬

上司の親の家族葬も同様に、参列者の数を限定させて行う家族葬に参列することは難しいと思われます。
葬儀の日時や場所が具体的に示されていない場合や、参列のお願いがない場合には家族葬に参列することはできません。
もし、どうしても上司の親に弔意を示したい場合は、後日お悔やみのお手紙を書いたり、後日の弔問に伺ったりしましょう。

部下の家族葬

部下の家族葬もこれまで上記で説明した家族葬と同じく、参列のお願いがある場合のみ参列することができます。
しかし、家族葬という形式を取っている以上、部下の家族葬に参列できる可能性はとても低いと言えます。

娘の嫁ぎ先の家族葬

娘の嫁ぎ先の家族葬の場合は、参列していいものなのでしょうか。
娘の嫁ぎ先の家族葬への参列は、場合によります。

ですからご自身で判断するより、あらかじめ遺族の方の確認をとることが大切だと言えます。
許可なく参列してしまうことで、迷惑になってしまう場合があるからです。

以下の記事では、娘の嫁ぎ先の家族葬に参列していいのかについて詳しく解説しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

娘の嫁ぎ先の家族葬には参列していいの?香典や供花についても解説!

近年、家族や親しい知人のみで行う家族葬を選ぶ方が増えてきています。では、娘の嫁ぎ先で家族葬があった場合、娘の実家は参列していいのでしょうか。今回の記事では、娘の嫁ぎ先での家族葬のマナーについて詳しくご紹介します。

親族の家族葬

続いて、親族の家族葬はどうでしょうか。
親族の家族葬への参列はトラブルの元となることが多いので、自分が参列できるかの確認を心がけましょう。
また、参列をお願いする場合でもトラブルが起きないように呼ぶ範囲には注意しましょう。

嫁の親の家族葬

嫁の親の家族葬には参列していいのでしょうか。
以下の記事で詳しく解説しております。

ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬に嫁の親は参列する?香典相場や服装マナー、弔問について解説

最近、家族葬を行う方が増えてきています。家族葬は身内だけで行うことが多いですが、家族葬に嫁の親は参列をするのでしょうか?今回は家族葬の際に嫁の親は参列するのか、香典の相場や服装のマナー、弔問に関してもあわせて紹介していきます。

孫の配偶者の家族葬

では、孫の配偶者の場合どうでしょうか。
一般に言われている、家族葬に参列できる範囲である2親等の範囲に孫の配偶者は含まれるのでしょうか。
以下で孫の配偶者の家族葬に参列してもいいかについて詳しく解説しております。

あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬に孫の配偶者は参列する?家族葬の範囲や香典について解説!

近年、家族葬でとりおこなうお通夜やお葬式が増えています。孫の配偶者として「家族葬」と伝えられた場合、どのようにすればいいのでしょうか?今回は孫の配偶者が家族葬に参列するかどうかの判断基準から、参列する場合の服装やマナーについてご紹介します。ぜひご覧ください。

近所の家族葬

近所の方の家族葬に参列することはできるのでしょうか。
訃報の連絡がなくても、自宅で家族葬を行っていることを知った場合に参列できるのか、判断に困りますよね。

ここでは、近所の家族葬に参列してもいいのか、香典は準備すべきかについて紹介しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

ご近所が家族葬をした場合、香典は必要?葬儀に参加した方がいいの?

最近よく目にする家族葬は、参列者が身内だけの小規模な葬儀です。基本的に家族葬の参列者は親族ですが、ご近所が家族葬をする場合、香典は包むべきなのでしょうか?今回は、ご近所の家族葬に参列するべきか、香典は必要か、喪家はご近所にどのように通知するべきかを解説します。

遠方の家族葬

一方で、訃報を知ったところで簡単に参列できない遠方の家族葬への対応はどのようにするのが正解なのでしょうか。
香典は送ってもいいのでしょうか。

以下の記事で遠方の家族葬への対応について紹介しております。
ご覧ください。

こちらも読まれています

遠方の家族葬に参列できない場合の対応とは?香典・弔問マナーを紹介

親戚から突然の訃報に慌ててしまうことはありませんか。遠方で家族葬に参列できない場合、どのような対応をすることが適切なのでしょうか。今回終活ねっとでは、遠方のため家族葬に参列できないときの適切な対応、そして香典・弔電マナーについてご説明していきます。

家族葬の流れ

続いて、家族葬の流れについて紹介いたします。
日程の決め方や、実際の通夜・告別式の流れ、喪主なしでも家族葬を行うことができるのかについて紹介いたします。

日程

御身内の方がなくなったら、どのような段取りで葬儀をしたらいいでしょうか?
ご遺体を安置するスペースの問題などから、亡くなったらなるべく早く葬儀社を手配して葬儀への準備をしなければなりません。

以下の記事では、家族葬の日程の決め方や安置の方法について解説いたします。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!

最近、家族葬という葬儀の形が増えています。小さなお葬式なので費用が安くなりやすく、近親者のみで故人をゆっくりと送れるため、人気を集めているようです。では家族葬の日程はどうやって決めたらよいでしょうか?今回は家族葬の日程・流れや遺体の安置方法について解説します。

通夜・告別式

ここでは実際に葬儀を行う日である、通夜・告別式の流れを紹介しております。
家族葬の通夜・葬儀の細かいスケジュールやどのくらい時間がかかるのかについて、紹介しております。
あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の流れって?家族葬の日程や葬儀の時間、かかる費用も紹介

近年、家族葬という言葉を耳にする機会も増えてきました。しかし家族葬について流れや費用など、よく知っている方は少ないのではないでしょうか。今回は家族葬の詳しい内容や、日程ごとの具体的な流れを解説します。また、所要時間や費用についてもご紹介します。

受付

家族葬は参列者が身内のことが多く、人数も少ないです。
したがって、参列者を把握するのが一般葬より簡単になりますが、家族葬でも受付を準備する必要はあるのでしょうか?
以下では、家族葬の受付について、受付は必要なのか、また誰に頼めばいいかについて解説しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬で受付を任された時はどうする?準備や挨拶の仕方もご紹介!

最近では葬儀の形態も多様化しており、家族葬や自然葬などが増えてきています。家族葬での受付を任された場合、すぐに対応できる方は多くはないのではないでしょうか。今回は家族葬における受付を任された場合について、準備や挨拶の仕方などに触れつつご紹介します。

司会

続いて、葬儀の流れをスムーズに進行させるための司会についてです。
家族葬での司会は誰に頼み、どのように依頼すればいいのでしょうか。
以下の記事では、家族葬の司会について詳しく解説しております。

ぜひ、ご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の司会は誰がやる?司会の決め方や家族葬の流れについてご紹介

近年、家族葬を選択される方が増えてきました。家族葬の司会とは誰がするのでしょうか。また、司会はどのように決めたらよいのでしょうか。今回は、司会の決め方の基準や家族葬の流れ、家族葬を行う際のメリットやデメリットなどについて紹介します。

席順

家族葬の席順については、どのように決めればいいのでしょうか。
実は、席順は故人との結縁の深さに関係しています。
また、精進落としなどの食事の際には席順が変わったり、家族葬の場合は席順を決めなくてもよい場合があります。

以下の記事で家族葬の席順について詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬にも席順の決まりってあるの?食事の席や一般葬との違いも解説

近年になって行われることが多くなった葬儀の形態に家族葬が挙げられます。故人のご遺族やご親族だけで行われる家族葬ですが、一般葬に比べて規模が小さくても席順は重要です。今回は、家族葬で決めるべき席順について、食事の席や一般葬の場合との違いも含めて見ていきます。

焼香

以下の記事では、家族葬の焼香について紹介しております。
焼香のやり方や、焼香の種類、焼香をやる順番について解説しております。

あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬での焼香について、やり方や弔問の可否、マナーを解説します!

時代が進むにつれ、葬儀にはさまざまな形式が生まれており、家族葬というものもあります。しかし、家族葬で行う焼香とはどんなものでしょうか。この記事では、家族葬での焼香について、やり方やマナーなどを解説していきます。

喪主なし

家族葬は、喪主なしでも行うことができるのでしょうか?

以下の記事では、家族葬は喪主なしでもできるのか、また喪主の挨拶の例文や喪主が気をつけるべきことについて解説しております。

こちらも読まれています

喪主なしでも家族葬はできる?喪主の挨拶の例や注意点についても解説

一般的に葬儀を執り行う際、喪主は必ず必要です。しかし、家族葬という身内や親しい人のみで執り行われる葬儀であれば、喪主なしで行うことは可能なのでしょうか。今回は、喪主なしでも家族葬はできるのかを明らかにし、加えて家族葬における喪主の役割について解説していきます。

家族葬の案内・通知の仕方

家族葬を行う場合の案内・通知の仕方はどのようにすればいいでしょうか?
参列をお願いする方と、参列を辞退したい方をはっきりと区別させて認識の間違い防ぐためには、案内・通知の仕方に工夫が必要です。

案内

実は、家族葬の案内は参列をお願いする方に向けて送ることが多いです。
参列を辞退したい場合に葬儀の前に訃報を伝えてしまうと、家族葬であるのにも関わらず参列してしまう場合があるからです。

混乱を防ぐためにも、葬儀の前には家族葬に参列してほしい方のみ案内を出しましょう。
案内の文面については、以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬案内の文面はどう書けばいい?例文や連絡方法についても紹介

近年、家族葬を執り行う人が増えていますが、家族葬の案内の文面はどのようなものがふさわしいのでしょうか?今回は家族葬の案内の文面について、詳しく解説していきます。また、家族葬の連絡方法や香典の取り扱いなどについてご紹介します。

報告

一方で、家族葬に参列できなかった方への報告の仕方はどうすればいいのでしょうか。
訃報の連絡が遅れてしまったことへの謝罪を含めて、葬儀が無事に執り行えたことを報告するにはどのような文面にしたらいいのでしょうか。

以下では、葬儀の事後報告の文面を含む、家族葬の際に使える文面を紹介しており

こちらも読まれています

家族葬に関する文例を一挙紹介!事後報告や喪中はがきについても解説

家族葬は家族や親しい人のみでゆっくり執り行える葬儀です。しかし訃報や事後報告などは同じようにしなければなりません。そこで今回は家族葬に関する文例を一挙に紹介いたします。訃報の連絡、事後報告の文例に加え、喪中はがきやお悔やみの手紙の文例も紹介いたします。

新聞

家族葬でも、故人の訃報を新聞を通じて知らせることができます。
ここでは、家族葬の際に訃報を新聞に掲載するメリットやデメリット、また掲載するタイミングについて詳しく解説しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬のお知らせは新聞に掲載するべき?メリット・デメリットも解説

アットホームに故人とお別れが出来る家族葬を遺言で希望する方も多くなってますが、いざとなるとわからないことも多々出てきます。家族葬の場合に、新聞のお悔やみ欄への掲載をすべきかどうかや、掲載をするメリット・デメリット、タイミングなどについてご紹介します。

喪中ハガキ

家族葬の場合の喪中ハガキはどのように書いたらいいのでしょうか。
以下では喪中ハガキの書き方について、文面や注意点についても紹介しております。
あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の喪中はがきの文面・文例とは?書き方や送る際の注意点も解説

わたしたちは家族が亡くなったとき喪に服すかと思います。喪中には挨拶状として喪中はがきが用いられます。では、喪中はがきの書き方をご存知でしょうか?家族葬の喪中はがきの文面・文例をご紹介します。家族葬の喪中はがきの書き方や送る際の注意点に関しても解説していきます。

家族葬での会社関係の対応

家族葬での会社関係の対応はどのようにするのが正しいでしょうか。
ここでは、家族葬での正しい会社関係の対応について紹介しております。

会社への連絡の仕方

家族葬を会社へ連絡する場合の手段や文例はどのようにすればいいのでしょうか。

ここでは、会社への連絡の仕方について紹介します。

メール

家族葬の連絡をメールでしてもいいのでしょうか。
実は、家族葬の連絡をメールですることはタブーではありません。
むしろ、電話や口頭で伝えるより伝達ミスが少ないという理由から、メールが連絡の手段になることは多いです。

以下では、家族葬を会社にメールで伝える際のポイントや例文について詳しく解説しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬を会社にメールで伝えるには?伝えるべきポイントや例文も紹介

家族葬に参列しなければならない場合、会社にはどのように連絡すれば良いのでしょうか?メールで大丈夫なのか、何を伝えるべきなのかと心配は尽きません。今回は、会社に家族葬を伝える連絡方法や内容、会社にメールを送る場合の具体的な例文をご紹介します。

文例

家族葬を会社に連絡する際の文例はどのようにすればいいでしょうか?
会社内向けの訃報の連絡や、電話や書面で伝える際の文面については以下の記事で紹介しています。

あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬を会社にメールで伝えるには?伝えるべきポイントや例文も紹介

家族葬に参列しなければならない場合、会社にはどのように連絡すれば良いのでしょうか?メールで大丈夫なのか、何を伝えるべきなのかと心配は尽きません。今回は、会社に家族葬を伝える連絡方法や内容、会社にメールを送る場合の具体的な例文をご紹介します。

忌引き

忌引き休暇は、家族葬でも取得できる会社がほとんどです。
しかし、忌引きをもらえる日数は故人との関係によって異なります。

証明

忌引き休暇を申請する際は、喪主や遺族の他に、参列者も証明が必要になります。
忌引き休暇を取得するための証明については、以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の忌引き休暇の日数は?休暇申請のマナーや注意点を解説!

最近、家族葬を営まれる方が増えてきましたが、忌引き休暇の申請はどのように行えばいいのでしょうか?今回はそんな家族葬を行うと決めた時、勤め先に忌引き休暇を申請する際の注意点やマナー、連絡の際の例文や必要書類などについて解説します。

会社名義の香典・慶弔金

家族葬では基本的に香典はお断りしますが、会社名義の香典は会社の福利厚生で受け取れる可能性があります。
会社名義の香典や、そのお返しについては以下の記事で詳しく紹介しております。
ご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬での会社からの香典はもらっていい?お返しについてもご紹介

近年、家族葬を行う方が増えてきています。家族葬の際に香典は受け取るべきなのでしょうか?今回は家族葬での会社からの香典は受け取るべきなのか、お返しや家族葬を行うことを会社へどう連絡すべきかなど、家族葬の際の会社からの香典対応について解説していきます。

取引先への対応

会社を数日間休む際には、取引先への連絡も必要になります。
業務に差し支えが出ないように、しっかりと取引先にも連絡をし、職場に復帰した際に困らないように配慮しましょう。

以下の記事で取引先への対応について掲載しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬でも職場への連絡は必要?連絡の仕方や香典返しの対応もご紹介

近年、家族葬を行う方が増えてきています。近親者だけで行うのが特徴の家族葬ですが、そんな家族葬の場合でも、職場への連絡は必要なのでしょうか?今回は家族葬でも職場への連絡は必要なのかを中心に、連絡の仕方や香典返しの対応についてもご紹介していきます。

家族葬に参列する際の服装マナー

続いて、家族葬に参列する際の服装マナーについて紹介いたします。
喪主を含む遺族や参列者の服装は、一般葬のときと同じでいいのでしょうか。

平服・普段着

家族葬の案内に「平服でお越しください」とあるとき、普段着で行ってよいのでしょうか。
ここでは、普段着でお越しくださいと言われた場合の服装マナーについて紹介いたします。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬での平服とは?普段着ではない?家族葬での服装のマナーを解説

比較的自由な葬儀の1つとして家族葬が注目を集めています。そんな家族葬で普段着を着用することは問題ないのでしょうか?また、家族葬における平服とは何かご存知でしょうか?今回は家族葬での平服と普段着について、家族葬で気をつけたいマナーにも触れつつ解説していきます。

喪服

家族葬も基本的には喪服を着用しますが、喪主と参列者は同じ喪服を着用してはいけません。
喪服にはグレードがあり、参列者が喪主より高いグレードの喪服を着てはいけないのです。

以下の記事では、家族葬の喪服について喪服がない場合の対応と同時に解説しております。
あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬は喪主も参列者も喪服を着るべき?喪服がない場合の対応も紹介

近年、お葬式を身内のみの家族葬で行う人が増えています。ある程度自由なスタイルで行うことができる家族葬ですが、家族葬で参列者・喪主は喪服を着るべきなのでしょうか。今回は、家族葬における服装のマナーを、喪服の種類などついてもご紹介しながら解説していきます。

家族葬の香典

続いて、家族葬の香典について紹介いたします。
家族葬の中で、もっとも厄介なのが香典に関するマナーです。

以下で詳しく解説いたしますので、お読みください。

家族葬に香典は必要なのか

そもそも、家族葬に香典を送ってもいいのでしょうか。
考え方は色々ありますが、一番大切なのは喪主やご遺族の意思・考えを尊重することです。
以下の記事では、家族葬に香典を準備するか迷った場合の対応や供花などについて紹介しております。
ぜひ、ご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬での葬儀に香典を送ってもいいの?供花・弔電についてもご紹介

最近では葬儀に家族葬を選択する方も増えています。家族葬は家族や親族や親しい友人たちとゆっくりと故人を偲ぶ時間が持てる葬儀の形ですが、香典や供花や弔電などに家族葬ならではのマナーがあります。今回は家族葬での香典のマナーについて、供花・弔電とあわせてご紹介します。

香典を渡す場合

ここでは、香典を渡す場合のマナーについて解説いたします。
はじめに、香典の書き方についてです。

香典の書き方

香典を送る際の表書きや香典袋は、一般葬のときと変わらないのでしょうか。
以下の記事では、香典袋の表書きや下段の名前の書き方、内袋の書き方など香典を準備する際に必要な情報を全て集約しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の香典の書き方とは?宗教別の表書きや香典マナーも紹介します

最近増えてきている葬儀形式である家族葬。家族葬においても香典の書き方やマナーは、一般的な葬儀のものと同じなのでしょうか。今回、終活ねっとでは、家族葬の香典の書き方について、宗教別の表書きや香典のマナーについても紹介していきます。

渡すタイミング

香典をご遺族に渡す際には、大きく3種類の渡し方があります。

家族葬の当日

葬儀に呼ばれて、当日に香典を渡す場合の正しい渡し方については以下の記事をご覧ください。
渡す際の所作や注意点を説明しております。

こちらも読まれています

家族葬の香典の渡し方とは?香典の金額相場と注意点についても解説!

近年、家族葬を選ばれる方は増えています。ところで、家族葬の香典の渡し方をご存知でしょうか?いざというときのために、ぜひこの機会に香典の渡し方を確認してみてください。今回は香典の渡し方だけでなく金額相場や書き方についても解説しています!

家族葬の後日

家族葬の後日に、香典を渡してもいいのでしょうか。
以下の記事では、家族葬の香典を後日渡す場合について詳しく解説しております。

あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の後日香典を渡してもいい?渡し方やマナーについても解説

一般的に葬儀の参列には香典を持参するものです。参列できなかった場合は、後日香典をお渡しすることも珍しくありません。では、最近増えてきている家族葬ではどうなのでしょう。この記事では、家族葬の後日香典を渡してもいいかを、渡し方やマナーと併せて解説していきます。

郵送で送る

また、遠方での家族葬の場合など何らかの事情により、郵送で香典を送りたい場合については以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の香典は郵送できる?手紙は添える?送り方や金額相場も紹介!

家族葬は近年注目されている小規模な葬儀です。そんな中、家族葬に招かれた一方で様々な事情で参列できないという方もいらっしゃるかと思います。今回はそんな方に向けて香典は郵送することができるのか解説します。香典には手紙を添えるかといったお話や、郵送の方法も紹介!

関係別香典の金額相場

香典の金額も一般葬と同じく、故人との関係によって包む金額が変わります。
また、家族葬は故人との関係が深いことが多いので金額が高くなることが多いです。

以下の記事では、家族葬の香典に包む金額相場を詳しく紹介しております。
ご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の香典に包む金額はいくら?参列時の服装・香典マナーもご紹介

最近では近親者を中心にした規模の小さい家族葬が増えてきています。 家族葬で執り行うと連絡をもらった場合、香典などはの金額はいくら包めばいいのでしょうか。 今回終活ねっとでは、家族葬での香典の金額や、参列時の服装マナーについて解説していきます。

孫でも、家族葬の香典は準備するものなのでしょうか。
以下では故人との関係別に、孫は香典を準備すべきかについて解説しております。

こちらも読まれています

家族葬は孫も香典を用意する?故人との関係別に香典の相場も紹介

身内を家族葬でお送りする場合、お葬式に慣れていない孫世代は、香典は必要か?いくら包んだらよいのか?と分からないことだらけだと思います。今回は孫の香典の金額の他、故人との関係や年齢ごとの金額の相場、家族葬だからこそ心得ておきたい香典のマナーを解説いたします。

香典返し・返礼品

家族葬で香典をいただいた場合の香典返しや返礼品は必要なのでしょうか。
また、どんな品物を送ればいいのでしょうか。

以下の記事で、家族葬での返礼品・香典返しについて紹介しております。
あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬での会葬返礼品・香典返しはどうする?おすすめの品物も紹介!

家族葬では、家族やごく親しい親族だけで集まって葬儀を行います。家族葬をすると決めたものの、会葬返礼品や香典返しはどのようにすればいいのか、悩む方もいらっしゃるでしょう。この記事では、返礼品の解説やおすすめの品物についても紹介しています。

家族葬を香典なしで行う方法

家族葬では、お返しの負担をなくすことから、香典をお断りする場合があります。

ここでは、香典を辞退したい場合のお断りを伝える方法について詳しく解説しております。
香典を辞退する際に使える文例も紹介しているので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬での香典・弔問の辞退を伝える方法は?使える文例もご紹介

家族葬で香典・弔問を辞退するという形式は、比較的新しいスタイルです。そのため、家族葬でどのように香典・弔問を辞退すればよいか、迷われる方も多いでしょう。この記事では、そのような方々のために、香典・弔問を辞退するタイミングや使える文例をご紹介します。

香典を辞退された場合はどうする?

参列者側が、香典を辞退された場合はどのように弔意を伝えればいいのでしょうか。
この記事では、香典を辞退された場合の代わりのものや、後日家族葬を知った場合の対応について詳しく解説しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬で香典を辞退された時の代わりとは?オススメや渡し方も紹介

家族葬では香典を辞退されることが一般的です。そうは聞いても、本当に何もしなくてもよいのか、代わりが必要なのではと不安になってしまうのではないでしょうか。この記事では家族葬で香典辞退された時の代わりについて、おすすめや渡し方を併せて解説します。

家族葬のお供え

家族葬のお供えには、どんなものが適しているのでしょうか。
また、送り方のマナーについても解説いたします。

供花・花輪・お花

家族葬のお供えとしてお花を送ってもいいのでしょうか。
花のお供え物には、供花や枕花など様々な種類があります。

供花や枕花は、一口にお供えのお花と言っても用途が異なります。
供花は実際に葬儀の場面で飾られるお花を指すのに対し、枕花は通夜までの安置の際に亡くなった方の枕元に置いてお供えをします。

家族葬にお花のお供えを検討される場合には、ぜひ以下の記事をご覧になってください。

こちらも読まれています

家族葬に贈る供花について!贈り方やマナーなども詳しく教えます!

近年家族葬が増え、お葬式の参列や供花についても考え方が変化してきています。この変化の中で、家族葬に供花を贈りたいけれど、贈り方やマナーが分からないという声をよく耳にします。この記事では、そのような方々のために家族葬の供花の方法やマナーについて解説します。

こちらも読まれています

家族葬に枕花を贈ってもいい?贈り方マナーやもらった時の対応も紹介

葬儀に必要なものは数多くありますが、必ずご遺族に贈られてくるのがお花です。しかし、家族葬で執り行われる葬儀には、枕花をプレゼントしてもいいのでしょうか。この記事では、家族葬に枕花を贈ってもいいのか、贈る際のマナーなどについて解説しています。

お花代

お花代の書き方については以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀のお花代の書き方について解説!表書きや金額なども

親しい人やお世話になった人が亡くなった時、香典だけでなくお花代も準備したいもの。しかし突然の訃報に慌てることなく対処できますか? お花代の金額や書き方は?香典と一緒に包んでもいいの?などお花代の相場や書き方などを解説していきますので是非最後までお読みください。

弔電・電報

家族葬の際に、弔電・電報は送っていいものなのでしょうか。
以下では、家族葬に弔電を送る際のマナーを解説しております。

また、会社からの弔電をお断りする場合について解説した記事もございますので、ぜひあわせてお読みください。

こちらも読まれています

家族葬での弔電について送り方やマナー、断り方などを解説します

近年増えている家族葬。家族葬に弔電はどのように送ればよいのでしょうか?また、どのようにお断りをすればよいのでしょうか?家族葬での弔電について、送り方やマナー、断り方などを解説していきます。弔電のマナーを学び、いざという時に困らないようにしておきましょう。

こちらも読まれています

家族葬の弔電辞退は会社へどう伝えればいいの?会社側の対応も解説!

家族葬において弔電を受け取らないこと場合はしばしばありますが、はたして失礼に当たらないのでしょうか。また家族葬の弔電辞退を伝える際、会社へはどのように伝えればよいのでしょうか。今回の記事では、訃報を受け取った会社側の対応も含めて解説していきます。

果物

家族葬のお供えに、果物があることをご存知ですか。
以下の記事では、家族葬のお供え物としての果物について紹介しております。
ぜひ、ご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬のお供え物に果物はいい?弔問のマナーや供物の相場などを解説

家族葬は基本的に遺族・親族を中心として行われる葬儀です。参列する場合でも香典は辞退されることが多くなります。ではお供え物に果物を贈るのはいいのでしょうか?この記事では、家族葬のお供え物に果物は適しているのかを中心に、弔問のマナーなどについても解説していきます。

お線香

今までは、お線香をお供えとして送ることは定番でした。
しかし、お線香は家庭ごとの宗派や好きな香りが違うことから、最近ではお線香をお供えしない場合があります。

また、香典の代わりに線香代としてご遺族に渡すこともあります。
以下の記事では、線香代について詳しく紹介しております。
あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の際のお線香代とは?渡してはいけないケースや渡し方も紹介

家族と近親者のみで行う家族葬を選ぶ方が増えています。家族葬ではご香典の代わりにお線香代をお渡しすることがあります。渡してもよいケースと渡してはいけないケース、金額の相場や渡し方など、お線香代についてなど、お線香代について詳しく解説いたします。

家族葬でよくあるトラブル

家族葬はまだ一般的な葬儀でないため、すべての人が理解・納得できるとは限りません。
ここでは、家族葬で反対されてしまう状況や家族葬でよくあるトラブルを紹介しております。
また、後悔しない家族葬にするためのポイントもあわせてご覧ください。

親族に反対された場合

家族葬が反対されてしまうことも珍しくはありません。
家族葬を反対される状況や、反対されてしまった場合の対応については以下の記事で紹介しております。

こちらも読まれています

周囲に家族葬を反対されたら?対応やトラブル対策についても紹介!

最近では、家族や親族だけで執り行われる家族葬が注目されていますが、そんな家族葬を検討したいと思ったときに周りから反対をされたらどうすればよいのでしょうか?今回は、周囲に家族葬を反対されたらどうすれば良いのか、対応やトラブル対策について解説します。

トラブル事例

家族葬によくあるトラブルには大きく3つの種類があります。

  • 親戚・親族関係
  • 金銭トラブル
  • 近所トラブル

実際にあったこれらのトラブルの詳しい事情や、トラブルを未然に防ぐ方法については以下の記事で説明しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬でのトラブルとその予防策とは?参列者の範囲やマナーもご紹介

近年需要が高まっている家族葬ですが、比較的新しい葬儀の形式なのでまだ一般にマナーが認知されておらず、トラブルも多く聞かれます。今回、家族葬のトラブルの前例や予防策に関して詳しくご紹介しますので、ぜひ最後までお読みになってスムーズな葬儀に役立ててください。

後悔しないためには

家族葬で後悔をしないためにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。
以下の記事では、家族葬で後悔しないために気をつけるべきポイントについて紹介しております。

こちらも読まれています

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介

家族葬は新しいお葬式の方式です。後悔やトラブルを避けるには、どのような点に気をつけていけばいいのでしょうか?今回の終活ねっとでは、家族葬にまつわるトラブル事例やメリット、デメリットから、後悔のない家族葬を行うための心構えについてまとめました。

家族葬での挨拶と例文

ここでは家族葬での挨拶とその例文について、それぞれのパターンに分けて紹介していきます。

お悔やみ

家族葬を知った場合に、お悔やみを伝える際の文例については以下の記事で紹介しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬ってどうお悔やみを伝えるの?参列の代わりにできる事を紹介

家族葬とは、身内間のみで行う葬儀です。一般的な葬儀と違い、参列できる人が限られている家族葬ですが、どのようにすれば遺族にお悔やみを伝えることができるのでしょうか。今回はそんな家族葬のような直接参列ができない葬儀でお悔やみを伝える方法などをご紹介します。

挨拶状

家族葬を行う喪主側が出す挨拶状は、誰にどのタイミングで出すかが大切になります。
以下の記事では、家族葬の挨拶状の書き方やポイントについて紹介しております。

こちらも読まれています

家族葬の挨拶状の書き方とは?文例や書く際のポイントもご紹介します

家族葬とは、近親者のみで故人を弔う葬儀のことです。近年増えてきた家族葬ですが、挨拶状をどのように書いたら良いのか迷われる方も多い事でしょう。終活ねっとでは、挨拶状の文例や記入時の注意点など分かりやすく紹介させていただきます。ぜひ、最後までご覧ください。

喪主

身内の方だけが集まる家族葬でも、喪主の挨拶は必要なのでしょうか。
以下の記事では、家族葬での喪主挨拶の必要性や挨拶の際の例文を詳しく紹介しております。

こちらも読まれています

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介します

家族葬は身内だけで簡単に行える葬儀ですが、喪主の挨拶は必要です。家族葬で喪主が挨拶するタイミングや内容は一般の葬儀と違うこともあります。今回は、家族葬で喪主が挨拶をするタイミングや文例について紹介します。

弔辞

家族葬で弔辞を依頼したい場合や、依頼された場合はどうしたらいいのでしょうか。
ここでは、家族葬の弔辞のマナーや伝えるべき内容を紹介しております。

こちらも読まれています

家族葬の弔辞は必要?誰がするべき?伝えるべきことやマナーも解説!

弔辞は故人に対する哀悼の意を表現するためのものです。そんな弔辞は家族葬では必要なのでしょうか?今回は、家族葬における弔辞の必要性について解説していきます。さらに、弔辞は誰が読むべきなのか、どんな内容にしたら良いのか、弔辞についてのマナーについても紹介します。

家族葬の後日弔問

家族葬が終わった後に、遺族以外の人が弔問してもいいのでしょうか。
ここでは、葬儀の後日にご家庭に弔問する際のマナーについて詳しく説明しております。
ぜひ、ご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬後に遺族以外の人が弔問してもいいの?断り方やマナーをご紹介

家族葬では、一般的な葬儀と違う点がいくつかあります。弔問辞退もそのひとつです。「家族葬のとき弔問して良いのか?」「家族葬を開くが弔問の断り方がわからない」など、家族葬でのお悩みをお持ちの方も多いと思います。今回は、家族葬の弔問について詳しく解説します。

家族葬の法要

家族葬の法要は、基本的には一般葬と変わりはないです。
ここでは、葬儀後の法要ごとにマナーや流れを見ていきたいと思います。

四十九日

以下の記事では、家族葬の四十九日法要の流れや服装について詳しく解説しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説します

葬儀の形が多様化している昨今、家族葬を選ばれる方も増えています。家族葬と一般葬では、四十九日法要の仕方も違ってくるのでしょうか?ここでは、家族葬を営んだ場合の四十九日法要について、服装や香典を含め、詳しくご説明をします。

新盆・初盆

忌明けを過ぎてから初めて迎えるお盆をさす、新盆は一般の葬儀と変わりはあるのでしょうか。
以下の記事では、家族葬の場合の新盆を紹介しております。
あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬後の新盆は普通と違う?香典や無宗教の場合についても紹介

最近の葬儀の形として家族葬を執り行う事が多くなってきました。家族葬後の新盆はどうすればいいのか疑問に思ってる人が多いと思います。新盆の意味とは?家族葬後の香典や無宗教の場合などについて詳しく紹介していきたいと思います。

一周忌

最近では、一周忌を家族だけで行うことも珍しくありません。
家族のみで行う一周忌の内容や、家族のみならではの気をつけるべきポイントについて解説しております。
あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の一周忌法要の内容とは?家族のみで行う一周忌のマナーを解説

近年増えている家族葬ですが、一周忌法要はどうすればいいのか困ってしまいませんか。家族だけでいいのか、誰を呼ぶべきか家族葬の一周忌を正しく行うためのマナーを知っておかないといけません。そんな不安を解消するために、家族葬の一周忌法要の内容を詳しく解説いたします。

家族葬にお坊さんは必要?

お坊さんをお呼びする葬儀は、仏式の葬儀のみです。
無宗教葬では、お坊さんを呼ばなくても葬儀を行うことができます。

しかし、お坊さんを呼ばないことで発生するトラブルもあるので、以下の記事で注意点を確認してください。

こちらも読まれています

お坊さんなしで家族葬は可能?無宗派家族葬の内容・流れや特徴を紹介

最近急増している家族葬は、遺族の負担を抑えることができる以外にも、自由度が高いことが特徴です。では、お坊さんなしの家族葬はできるのでしょうか。この記事ではお坊さんなしで家族葬は可能なのかを、無宗派家族葬の内容・流れや特徴と共に解説します。

無宗教式

無宗教式の家族葬の流れや特徴については、以下の記事で詳しく紹介しております。

こちらも読まれています

無宗教葬儀のやり方や特徴・流れとは?行う側・参列側別で解説します

日本は無宗教の方が多くいらっしゃいます。皆さんはその場合の葬儀のやり方をご存知でしょうか。今回は無宗教の場合の葬儀のやり方から無宗教の葬儀に参列をしないといけない場合のマナーなどを解説させていただきます。

また、無宗教式の家族葬ではお坊さんへのお布施の費用を準備する必要がありません。
そのため、一般的な家族葬より費用を抑えられる場合が多いです。
無宗教式の家族葬の費用については以下をクリックしてください。

家族葬を執り行う斎場

家族葬を行う場所はどこがいいのでしょうか。
家族葬を執り行う場所や斎場の選び方については以下の記事で紹介しております。

ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀・家族葬の場所の選び方は?各場所のメリット・デメリットを紹介

葬儀・家族葬はどこで行うことができるのかご存知でしょうか。葬儀・家族葬を行う場所にはそれぞれ特徴があり、故人の生前の性格や考え方に合わせて選ぶことができます。この記事では葬儀・家族葬の場所選びの基準と場所によるメリット・デメリットをご紹介いたします。

家族葬についてまとめ

いかがでしたでしょうか。
家族葬についてご理解いただけたでしょうか。

終活ねっとでは、この他にも家族葬に関する情報をたくさん掲載しております。
ぜひあわせてご覧ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

1 2 3 4 ... 10

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

「家族葬」に関連する記事

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

新着記事

葬儀に関する最新の記事です

通夜見舞いの袋ってどうするの?書き方マナーや香典との関係も解説!のサムネイル画像

通夜見舞いの袋ってどうするの?書き方マナーや香典との関係も解説!

お通夜での名刺のマナーとは?代理人の場合や香典についても解説!のサムネイル画像

お通夜での名刺のマナーとは?代理人の場合や香典についても解説!

香典の御仏前と御霊前の違いとは?仏前への香典や供物の置き方も解説のサムネイル画像

香典の御仏前と御霊前の違いとは?仏前への香典や供物の置き方も解説

香典袋の中袋にお札はどう入れる?お札の入れ方や中袋の包み方を解説のサムネイル画像

香典袋の中袋にお札はどう入れる?お札の入れ方や中袋の包み方を解説

香典返しに添えるメッセージとは?送り方や関係別の文例もご紹介!のサムネイル画像

香典返しに添えるメッセージとは?送り方や関係別の文例もご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと