家族葬の基礎知識(流れ・相場費用・香典・服装)を全て解説!

最近注目を集めている、家族葬に関する基礎知識を全て紹介します。そもそも家族葬とはどんな葬儀か、家族葬が選ばれる理由や家族葬にかかる費用を紹介します。また、一般葬とは異なる、複雑な香典マナーや参列の範囲など、読めば家族葬の全てを理解できる記事になっています。

2019-10-06

家族葬について

葬儀

近年、注目されている小規模の葬儀形態である家族葬とは一体どんな葬儀なのでしょうか。

この記事では、家族葬のメリット・デメリットや費用をはじめ、具体的な流れやマナーまで家族葬に関するあらゆる情報を全て集約いたしました。

ぜひ最後までご覧いただき、家族葬の疑問点を解決してください。

家族葬とは

家族葬とは、家族や近しい親族、仲の良い友人だけが参列する小規模の葬儀形態のことです。
近年家族葬は注目を浴びており、都市部を中心に家族葬を選択する方が増えております。

ここでは、どうして従来の葬儀でなく家族葬が選ばれるようになったのか、他の葬儀との違いは何かについて紹介しております。
また、家族葬を選ぶにあたってのメリット・デメリットも解説しております。

家族葬が選ばれる理由

家族葬が選ばれる理由としては主に、時間の使い方や費用にあります。
また、家族葬が選ばれる社会的な背景には少子高齢化があげられます。

以下の記事では、家族葬が選ばれる背景と理由に関して詳しく紹介しております。
詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

メリット・デメリット

家族葬を選択する際には、上で紹介した家族葬の良い面だけでなく注意すべきデメリットも把握して選ぶことが大切になります。

葬儀はやり直すことができない、故人様にとってもご遺族にとっても大切な儀式となりますので後悔のないようにメリット・デメリットを理解した上で判断しましょう。

以下の記事では、家族葬のメリット・デメリットについて詳しく紹介しております。
ぜひご覧ください。

その他の葬儀形態との違い

現代では葬儀の形態も多様化しておりますが、家族葬以外の葬儀にはどのような特徴があるのでしょうか。
ここでは、一般葬、密葬、一日葬・火葬のみの葬儀と比較しました。

一般葬との違い

一般葬とは、従来から行われてきた一般的な葬儀形態のことです。
ここでは、葬儀の費用について家族葬と比較を行いたいと思います。

密葬との違い

密葬もその名の通り、親しい人のみで密かに営む葬儀のことですが、家族葬とどのように違うのでしょうか。
以下の記事では、家族葬と密葬の違いを明確に解説しております。
密葬の費用についても紹介しているのでぜひご覧ください。

一日葬・火葬のみとの違い

最後に、一日葬と火葬のみの葬儀について紹介いたします。
一日葬とは、通夜を行わずに告別式と火葬を一日で行う葬儀形態のことです。

また、一日葬よりもシンプルな火葬のみの葬儀についても、以下の記事で解説しております。
火葬のみの葬儀は直葬とも呼ばれ、家族葬と同様、需要が高まっています。

気になる方は、以下の記事をぜひご覧ください。

家族葬にかかる費用

家族葬の最大の特徴として費用を抑えられる点がありますが、実際に家族葬の費用はどのくらいかかるのでしょうか。

家族葬にかかる費用の相場

家族葬の費用の相場は約150〜160万円と言われております。
一般的な葬儀では約200万円かかるといわれているので、費用を抑えることはできます。

しかし、家族葬では費用に関して注意すべき点があります。
以下の記事では、家族葬の費用面での注意点や支払い方法についても紹介しているのでぜひご覧ください。

家族葬にかかる費用の内訳

家族葬では大きく分けて、3つの項目において費用がかかります。

葬儀一式の費用

葬儀一式の費用に含まれるものは、祭壇費や式場利用費、お棺にかかる費用のことです。
その他にも、香典をいただいた場合の返礼品の費用や供花の費用が含まれています。

家族葬では参列者の人数が少ないことから、式場利用費を一般葬より抑えることができます。
また、返礼品も香典をお断りすることで準備する必要がなくなります。

飲食接待費

飲食接待費とは、精進落としや通夜振る舞いの費用のことです。
家族葬の場合は、この飲食接待費も人数が少ないため、低価格に抑えることができます。

また、高い葬儀社に頼まないで自分たちで準備することで、費用を抑えられるのも家族葬ならではと言えます。

以下の記事では、家族葬での飲食を自分たちで準備する場合について詳しく解説しております。
オススメの料理やお料理の必要性について詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

寺院への費用

家族葬にかかる費用の3つ目は寺院への費用です。
ここでは、家族葬のお布施の費用に関して紹介します。

家族葬では、故人や遺族の希望で葬儀の内容を変更できるため、読経の回数によってはお布施の費用を抑えられる場合があります。
以下の記事では、具体的にお布施の金額に関してまとめてありますのでぜひご覧ください。

また、この寺院への費用が不要である無宗教葬というのも家族葬と同様、需要が高まっております。
寺院への支払いがいらない、無宗教葬についてはこちらの記事をご覧ください。

家族葬への参列について

家族葬に参列できるのは、近親者や親しい友人など限定された方のみですが具体的に参列者の範囲はどこまでなのでしょうか。

ここでは、参列者の範囲の決め方や参列の断り方まで詳しく紹介しております。
ぜひお読みください。

参列者の範囲はどこまで?

家族葬の参列者の範囲はどこまでなのでしょうか。

実は、参列者の範囲に明確な決まりはありません。
ご遺族の方・故人の方が、呼びたい方に参列のお願いをすることが多いです。

以下の記事では、家族葬の参列に声を掛ける範囲を喪主側・参列者側に分けてそれぞれから詳しく解説しております。

義両親は呼ぶべき?

配偶者の両親など、義両親は家族葬に参列するのは当然のことなのでしょうか。
以下の記事で、義両親を家族葬に呼ぶべきかについて解説しております。

気になる方は、ぜひお読みください。

参列者の範囲の決め方

参列者の範囲を決めることは家族葬をすすめる上で、一番判断が難しく、トラブルの原因になると思われます。
ここでは家族葬の参列者の範囲の決め方を2つご紹介いたします。

目安の人数を決める

家族葬の参列の人数は、平均すると10〜30人です。
その中で、ご遺族で話し合って、大体の目安の人数を決めると参列者の範囲が自ずと決まることがあります。

以下では、家族葬の人数や範囲について紹介しております。

故人の終活ノートを参考にする

家族葬への参列者の範囲の決め方にもうひとつ、故人の終活ノートを参考に決めるという方法があります。
故人が葬儀に呼びたい人をあらかじめノートに書き残しておくことで、故人様の最後の願いを叶えることができます。
また、参列者選びに迷うことがないのでトラブルなく家族葬を行うことができます

これらより、家族葬を生前からご希望のご家族は終活のひとつとして、終活ノートを書くことをおすすめいたします。

以下の記事では、終活ノートの書き方や注意点を紹介しております。
ぜひご覧ください。

参列の断り方

家族葬は、親しい人のみが参列できる葬儀のため、全ての希望者が参列できる訳ではありません。
故人の知り合いや親族へ、家族葬の参列を断るにはどのようにしたらいいのでしょうか。
ここでは、家族葬の参列をお断りする場合の伝え方と文例を紹介しております。

ぜひご覧ください。

次の家族葬には出席する?

続いて、自分が家族葬に参列してもいいのか、それぞれの場合に分けて紹介していきます。
家族葬の場合、ご遺族の許可なく参列するのはマナー違反にあたりますので、きちんと判断をして失礼のないように注意しましょう。

親族・家族以外の家族葬

まずはじめに参列の判断が難しい、親族・家族以外の家族葬について紹介いたします。
どの家族葬でも共通して、ご遺族の方から参列のお願いがあった場合のみ参列することができます。
また家族葬の報告を受けた際に、葬儀の具体的な日時や場所が示されていない場合は基本的に参列することは難しいと考えましょう。

友人の家族葬

友人の家族葬は、ご遺族からの参列のお願いがない場合、勝手に参列することはできません。
以下の記事では、友人の家族葬に関する細かい情報を掲載しております。
ご覧ください。

友人の親の家族葬

友人の親の家族葬は、故人と特別親交がある場合以外、参列できない可能性が高いです。
ここでは、参列できない場合の弔意の表し方も掲載しております。
ぜひ参考にしてください

同僚の家族葬

同僚の場合はどうでしょうか。
同僚の家族葬については、以下の記事で詳しく紹介しております。

同僚の親や同僚の配偶者についても解説しております。
あわせてご覧ください。

同僚の親の家族葬

同僚の親が家族葬を行う場合はどうでしょうか。
以下の記事では、同僚の親の家族葬について解説しております。

あわせてご覧ください。

上司の家族葬

上司の家族葬も、他の家族葬と同様、参列の依頼があった時のみ参列することができます。

しかし、一般的には家族葬に故人の部下を参列させることは珍しいと思われます。
かなり関係の深い上司・部下関係や、家族ぐるみで親交があり、参列のお願いをされた場合を除き、参列することは難しいでしょう。

上司の親の家族葬

上司の親の家族葬も同様に、参列者の数を限定させて行う家族葬に参列することは難しいと思われます。
葬儀の日時や場所が具体的に示されていない場合や、参列のお願いがない場合には家族葬に参列することはできません。
もし、どうしても上司の親に弔意を示したい場合は、後日お悔やみのお手紙を書いたり、後日の弔問に伺ったりしましょう。

部下の家族葬

部下の家族葬もこれまで上記で説明した家族葬と同じく、参列のお願いがある場合のみ参列することができます。
しかし、家族葬という形式を取っている以上、部下の家族葬に参列できる可能性はとても低いと言えます。

娘の嫁ぎ先の家族葬

娘の嫁ぎ先の家族葬の場合は、参列していいものなのでしょうか。
娘の嫁ぎ先の家族葬への参列は、場合によります。

ですからご自身で判断するより、あらかじめ遺族の方の確認をとることが大切だと言えます。
許可なく参列してしまうことで、迷惑になってしまう場合があるからです。

以下の記事では、娘の嫁ぎ先の家族葬に参列していいのかについて詳しく解説しております。
ぜひご覧ください。

親族の家族葬

続いて、親族の家族葬はどうでしょうか。
親族の家族葬への参列はトラブルの元となることが多いので、自分が参列できるかの確認を心がけましょう。
また、参列をお願いする場合でもトラブルが起きないように呼ぶ範囲には注意しましょう。

嫁の親の家族葬

嫁の親の家族葬には参列していいのでしょうか。
以下の記事で詳しく解説しております。

ぜひご覧ください。

孫の配偶者の家族葬

では、孫の配偶者の場合どうでしょうか。
一般に言われている、家族葬に参列できる範囲である2親等の範囲に孫の配偶者は含まれるのでしょうか。
以下で孫の配偶者の家族葬に参列してもいいかについて詳しく解説しております。

あわせてご覧ください。

近所の家族葬

近所の方の家族葬に参列することはできるのでしょうか。
訃報の連絡がなくても、自宅で家族葬を行っていることを知った場合に参列できるのか、判断に困りますよね。

ここでは、近所の家族葬に参列してもいいのか、香典は準備すべきかについて紹介しております。
ぜひご覧ください。

遠方の家族葬

一方で、訃報を知ったところで簡単に参列できない遠方の家族葬への対応はどのようにするのが正解なのでしょうか。
香典は送ってもいいのでしょうか。

以下の記事で遠方の家族葬への対応について紹介しております。
ご覧ください。

家族葬の流れ

続いて、家族葬の流れについて紹介いたします。
日程の決め方や、実際の通夜・告別式の流れ、喪主なしでも家族葬を行うことができるのかについて紹介いたします。

日程

御身内の方がなくなったら、どのような段取りで葬儀をしたらいいでしょうか?
ご遺体を安置するスペースの問題などから、亡くなったらなるべく早く葬儀社を手配して葬儀への準備をしなければなりません。

以下の記事では、家族葬の日程の決め方や安置の方法について解説いたします。
ぜひご覧ください。

通夜・告別式

ここでは実際に葬儀を行う日である、通夜・告別式の流れを紹介しております。
家族葬の通夜・葬儀の細かいスケジュールやどのくらい時間がかかるのかについて、紹介しております。
あわせてご覧ください。

受付

家族葬は参列者が身内のことが多く、人数も少ないです。
したがって、参列者を把握するのが一般葬より簡単になりますが、家族葬でも受付を準備する必要はあるのでしょうか?
以下では、家族葬の受付について、受付は必要なのか、また誰に頼めばいいかについて解説しております。
ぜひご覧ください。

司会

続いて、葬儀の流れをスムーズに進行させるための司会についてです。
家族葬での司会は誰に頼み、どのように依頼すればいいのでしょうか。
以下の記事では、家族葬の司会について詳しく解説しております。

ぜひ、ご覧ください。

席順

家族葬の席順については、どのように決めればいいのでしょうか。
実は、席順は故人との結縁の深さに関係しています。
また、精進落としなどの食事の際には席順が変わったり、家族葬の場合は席順を決めなくてもよい場合があります。

以下の記事で家族葬の席順について詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

焼香

以下の記事では、家族葬の焼香について紹介しております。
焼香のやり方や、焼香の種類、焼香をやる順番について解説しております。

あわせてご覧ください。

喪主なし

家族葬は、喪主なしでも行うことができるのでしょうか?

以下の記事では、家族葬は喪主なしでもできるのか、また喪主の挨拶の例文や喪主が気をつけるべきことについて解説しております。

家族葬の案内・通知の仕方

家族葬を行う場合の案内・通知の仕方はどのようにすればいいでしょうか?
参列をお願いする方と、参列を辞退したい方をはっきりと区別させて認識の間違い防ぐためには、案内・通知の仕方に工夫が必要です。

案内

実は、家族葬の案内は参列をお願いする方に向けて送ることが多いです。
参列を辞退したい場合に葬儀の前に訃報を伝えてしまうと、家族葬であるのにも関わらず参列してしまう場合があるからです。

混乱を防ぐためにも、葬儀の前には家族葬に参列してほしい方のみ案内を出しましょう。
案内の文面については、以下の記事をご覧ください。

報告

一方で、家族葬に参列できなかった方への報告の仕方はどうすればいいのでしょうか。
訃報の連絡が遅れてしまったことへの謝罪を含めて、葬儀が無事に執り行えたことを報告するにはどのような文面にしたらいいのでしょうか。

以下では、葬儀の事後報告の文面を含む、家族葬の際に使える文面を紹介しており

新聞

家族葬でも、故人の訃報を新聞を通じて知らせることができます。
ここでは、家族葬の際に訃報を新聞に掲載するメリットやデメリット、また掲載するタイミングについて詳しく解説しております。
ぜひご覧ください。

喪中ハガキ

家族葬の場合の喪中ハガキはどのように書いたらいいのでしょうか。
以下では喪中ハガキの書き方について、文面や注意点についても紹介しております。
あわせてご覧ください。

家族葬での会社関係の対応

家族葬での会社関係の対応はどのようにするのが正しいでしょうか。
ここでは、家族葬での正しい会社関係の対応について紹介しております。

会社への連絡の仕方

家族葬を会社へ連絡する場合の手段や文例はどのようにすればいいのでしょうか。

ここでは、会社への連絡の仕方について紹介します。

メール

家族葬の連絡をメールでしてもいいのでしょうか。
実は、家族葬の連絡をメールですることはタブーではありません。
むしろ、電話や口頭で伝えるより伝達ミスが少ないという理由から、メールが連絡の手段になることは多いです。

以下では、家族葬を会社にメールで伝える際のポイントや例文について詳しく解説しております。
ぜひご覧ください。

文例

家族葬を会社に連絡する際の文例はどのようにすればいいでしょうか?
会社内向けの訃報の連絡や、電話や書面で伝える際の文面については以下の記事で紹介しています。

あわせてご覧ください。

忌引き

忌引き休暇は、家族葬でも取得できる会社がほとんどです。
しかし、忌引きをもらえる日数は故人との関係によって異なります。

証明

忌引き休暇を申請する際は、喪主や遺族の他に、参列者も証明が必要になります。
忌引き休暇を取得するための証明については、以下の記事をご覧ください。

会社名義の香典・慶弔金

家族葬では基本的に香典はお断りしますが、会社名義の香典は会社の福利厚生で受け取れる可能性があります。
会社名義の香典や、そのお返しについては以下の記事で詳しく紹介しております。
ご覧ください。

取引先への対応

会社を数日間休む際には、取引先への連絡も必要になります。
業務に差し支えが出ないように、しっかりと取引先にも連絡をし、職場に復帰した際に困らないように配慮しましょう。

以下の記事で取引先への対応について掲載しております。
ぜひご覧ください。

家族葬に参列する際の服装マナー

続いて、家族葬に参列する際の服装マナーについて紹介いたします。
喪主を含む遺族や参列者の服装は、一般葬のときと同じでいいのでしょうか。

平服・普段着

家族葬の案内に「平服でお越しください」とあるとき、普段着で行ってよいのでしょうか。
ここでは、普段着でお越しくださいと言われた場合の服装マナーについて紹介いたします。
ぜひご覧ください。

喪服

家族葬も基本的には喪服を着用しますが、喪主と参列者は同じ喪服を着用してはいけません。
喪服にはグレードがあり、参列者が喪主より高いグレードの喪服を着てはいけないのです。

以下の記事では、家族葬の喪服について喪服がない場合の対応と同時に解説しております。
あわせてご覧ください。

家族葬の香典

続いて、家族葬の香典について紹介いたします。
家族葬の中で、もっとも厄介なのが香典に関するマナーです。

以下で詳しく解説いたしますので、お読みください。

家族葬に香典は必要なのか

そもそも、家族葬に香典を送ってもいいのでしょうか。
考え方は色々ありますが、一番大切なのは喪主やご遺族の意思・考えを尊重することです。
以下の記事では、家族葬に香典を準備するか迷った場合の対応や供花などについて紹介しております。
ぜひ、ご覧ください。

香典を渡す場合

ここでは、香典を渡す場合のマナーについて解説いたします。
はじめに、香典の書き方についてです。

香典の書き方

香典を送る際の表書きや香典袋は、一般葬のときと変わらないのでしょうか。
以下の記事では、香典袋の表書きや下段の名前の書き方、内袋の書き方など香典を準備する際に必要な情報を全て集約しております。
ぜひご覧ください。

渡すタイミング

香典をご遺族に渡す際には、大きく3種類の渡し方があります。

家族葬の当日

葬儀に呼ばれて、当日に香典を渡す場合の正しい渡し方については以下の記事をご覧ください。
渡す際の所作や注意点を説明しております。

家族葬の後日

家族葬の後日に、香典を渡してもいいのでしょうか。
以下の記事では、家族葬の香典を後日渡す場合について詳しく解説しております。

あわせてご覧ください。

郵送で送る

また、遠方での家族葬の場合など何らかの事情により、郵送で香典を送りたい場合については以下の記事をご覧ください。

関係別香典の金額相場

香典の金額も一般葬と同じく、故人との関係によって包む金額が変わります。
また、家族葬は故人との関係が深いことが多いので金額が高くなることが多いです。

以下の記事では、家族葬の香典に包む金額相場を詳しく紹介しております。
ご覧ください。

孫でも、家族葬の香典は準備するものなのでしょうか。
以下では故人との関係別に、孫は香典を準備すべきかについて解説しております。

香典返し・返礼品

家族葬で香典をいただいた場合の香典返しや返礼品は必要なのでしょうか。
また、どんな品物を送ればいいのでしょうか。

以下の記事で、家族葬での返礼品・香典返しについて紹介しております。
あわせてご覧ください。

家族葬を香典なしで行う方法

家族葬では、お返しの負担をなくすことから、香典をお断りする場合があります。

ここでは、香典を辞退したい場合のお断りを伝える方法について詳しく解説しております。
香典を辞退する際に使える文例も紹介しているので、ぜひご覧ください。

香典を辞退された場合はどうする?

参列者側が、香典を辞退された場合はどのように弔意を伝えればいいのでしょうか。
この記事では、香典を辞退された場合の代わりのものや、後日家族葬を知った場合の対応について詳しく解説しております。
ぜひご覧ください。

家族葬のお供え

家族葬のお供えには、どんなものが適しているのでしょうか。
また、送り方のマナーについても解説いたします。

供花・花輪・お花

家族葬のお供えとしてお花を送ってもいいのでしょうか。
花のお供え物には、供花や枕花など様々な種類があります。

供花や枕花は、一口にお供えのお花と言っても用途が異なります。
供花は実際に葬儀の場面で飾られるお花を指すのに対し、枕花は通夜までの安置の際に亡くなった方の枕元に置いてお供えをします。

家族葬にお花のお供えを検討される場合には、ぜひ以下の記事をご覧になってください。

お花代

お花代の書き方については以下の記事をご覧ください。

弔電・電報

家族葬の際に、弔電・電報は送っていいものなのでしょうか。
以下では、家族葬に弔電を送る際のマナーを解説しております。

また、会社からの弔電をお断りする場合について解説した記事もございますので、ぜひあわせてお読みください。

果物

家族葬のお供えに、果物があることをご存知ですか。
以下の記事では、家族葬のお供え物としての果物について紹介しております。
ぜひ、ご覧ください。

お線香

今までは、お線香をお供えとして送ることは定番でした。
しかし、お線香は家庭ごとの宗派や好きな香りが違うことから、最近ではお線香をお供えしない場合があります。

また、香典の代わりに線香代としてご遺族に渡すこともあります。
以下の記事では、線香代について詳しく紹介しております。
あわせてご覧ください。

家族葬でよくあるトラブル

家族葬はまだ一般的な葬儀でないため、すべての人が理解・納得できるとは限りません。
ここでは、家族葬で反対されてしまう状況や家族葬でよくあるトラブルを紹介しております。
また、後悔しない家族葬にするためのポイントもあわせてご覧ください。

親族に反対された場合

家族葬が反対されてしまうことも珍しくはありません。
家族葬を反対される状況や、反対されてしまった場合の対応については以下の記事で紹介しております。

トラブル事例

家族葬によくあるトラブルには大きく3つの種類があります。

  • 親戚・親族関係

  • 金銭トラブル

  • 近所トラブル

実際にあったこれらのトラブルの詳しい事情や、トラブルを未然に防ぐ方法については以下の記事で説明しております。
ぜひご覧ください。

後悔しないためには

家族葬で後悔をしないためにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。
以下の記事では、家族葬で後悔しないために気をつけるべきポイントについて紹介しております。

家族葬での挨拶と例文

ここでは家族葬での挨拶とその例文について、それぞれのパターンに分けて紹介していきます。

お悔やみ

家族葬を知った場合に、お悔やみを伝える際の文例については以下の記事で紹介しております。
ぜひご覧ください。

挨拶状

家族葬を行う喪主側が出す挨拶状は、誰にどのタイミングで出すかが大切になります。
以下の記事では、家族葬の挨拶状の書き方やポイントについて紹介しております。

喪主

身内の方だけが集まる家族葬でも、喪主の挨拶は必要なのでしょうか。
以下の記事では、家族葬での喪主挨拶の必要性や挨拶の際の例文を詳しく紹介しております。

弔辞

家族葬で弔辞を依頼したい場合や、依頼された場合はどうしたらいいのでしょうか。
ここでは、家族葬の弔辞のマナーや伝えるべき内容を紹介しております。

家族葬の後日弔問

家族葬が終わった後に、遺族以外の人が弔問してもいいのでしょうか。
ここでは、葬儀の後日にご家庭に弔問する際のマナーについて詳しく説明しております。
ぜひ、ご覧ください。

家族葬の法要

家族葬の法要は、基本的には一般葬と変わりはないです。
ここでは、葬儀後の法要ごとにマナーや流れを見ていきたいと思います。

四十九日

以下の記事では、家族葬の四十九日法要の流れや服装について詳しく解説しております。
ぜひご覧ください。

新盆・初盆

忌明けを過ぎてから初めて迎えるお盆をさす、新盆は一般の葬儀と変わりはあるのでしょうか。
以下の記事では、家族葬の場合の新盆を紹介しております。
あわせてご覧ください。

一周忌

最近では、一周忌を家族だけで行うことも珍しくありません。
家族のみで行う一周忌の内容や、家族のみならではの気をつけるべきポイントについて解説しております。
あわせてご覧ください。

家族葬にお坊さんは必要?

お坊さんをお呼びする葬儀は、仏式の葬儀のみです。
無宗教葬では、お坊さんを呼ばなくても葬儀を行うことができます。

しかし、お坊さんを呼ばないことで発生するトラブルもあるので、以下の記事で注意点を確認してください。

無宗教式

無宗教式の家族葬の流れや特徴については、以下の記事で詳しく紹介しております。

また、無宗教式の家族葬ではお坊さんへのお布施の費用を準備する必要がありません。
そのため、一般的な家族葬より費用を抑えられる場合が多いです。
無宗教式の家族葬の費用については以下をクリックしてください。

家族葬を執り行う斎場

家族葬を行う場所はどこがいいのでしょうか。
家族葬を執り行う場所や斎場の選び方については以下の記事で紹介しております。

ぜひご覧ください。

家族葬についてまとめ

いかがでしたでしょうか。
家族葬についてご理解いただけたでしょうか。

終活ねっとでは、この他にも家族葬に関する情報をたくさん掲載しております。
ぜひあわせてご覧ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

「家族葬」に関連する記事

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

よく読まれている記事一覧

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料