一日葬とは一体何?その特徴や費用、流れ、マナーなどをとことん解説

一日葬とは一体どのような葬儀なのでしょうか。近年行われる割合が増加している一日葬に関して、その特徴を紹介するだけでなく、一日葬を行うメリット・デメリットは何か、どのような流れで行われるのか、一般葬と比べてどれだけ費用を抑えられるかなど、詳しく解説していきます。

目次

  1. 一日葬について
  2. 一日葬とは
  3. 一日葬の流れ・時間について
  4. 一日葬にかかる費用相場
  5. 一日葬における香典
  6. 一日葬の注意点
  7. 一日葬でのマナー
  8. 一日葬まとめ

一日葬について

葬儀

大切な人を見送る大切な儀式であるお葬式ですが、近年ではその在り方が多様化しています。
特に最近ではお葬式を行う際にかかる金銭的、体力的負担を軽減するためにも従来のものより簡略化された葬儀形式も多く見られるようになりました。

今回終活ねっとでは、そうした葬儀の形式の一つである、一日葬について詳しく解説していきたいと思います。

  • 一日葬とは

    一日葬とはどのような葬儀のことを指すのか。その特徴や一日葬が行われるようになった背景、家族葬や直葬との違いについても説明します。

  • 一日葬のメリット・デメリット

    一日葬を行うにあたってしっかりと把握しておきたいメリットとデメリットについて紹介します。

  • 一日葬の流れ・時間

    一日葬を行う際の日程や、どのようなスケジュールで行われるのかといった流れについて解説します。

  • 一日葬の費用相場

    一日葬の費用相場について、一般葬との比較をしながら解説します。

  • 一日葬における香典

    一日葬における香典の注意事項やその相場に関して紹介していきます。

  • 一日葬の注意点

    一日葬を行うにあたって気を付けるべき注意点を紹介していきます。

  • 一日葬でのマナー

    一日葬でのマナーを、参列者側、主催側の両方に着目して解説していきます。

この記事を読めば一日葬についてのほとんどがわかるように広く、深く説明していきますので、最後までお読みいただけますと幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

終活ねっとのお葬式ではご希望・状況にあわせて、低価格葬儀から豪華葬儀までわかりやすいセットプランをご用意しております。追加費用がかかる場合は、丁寧に詳細を説明させていただきます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

一日葬とは

葬儀

一日葬とは果たしてどのような葬儀なのでしょうか?
その名前から、一日で行う葬儀ということはわかるかもしれませんが、具体的にはどのように執り行われるのでしょうか。

ここでは一日葬の特徴やそのような葬儀が行われるようになった背景などを解説していきます。

一日葬の特徴

仏式で葬儀を執り行う際は通夜式を行い、その翌日火葬や告別式を行うことが一般的です。
しかし今回解説していく一日葬は、通夜式を省略し火葬や告別式を一日で行う葬儀形態です。

参列者も近しい人に限ることが多いため比較的小規模で行うことも多く、親族の負担を軽減することができる葬儀となっております。
ただし、あくまで通夜式を省略した一日で行う葬儀を指すため、会社関係の人や友人に参列してもらうような規模であっても一日葬と呼びます。

葬儀をできるだけシンプルに行いつつも、告別式までは省略しないため大切な人とのお別れの時間を取ることができることが特徴として挙げられます。

一日葬の割合増加の理由は?

近年増加している一日葬ですが、なぜその割合が増加しているのでしょうか。
その理由はいくつか挙げられますので、一日葬増加の理由を解説していきたいと思います。

高齢化の影響

まず考えられるのは、葬儀にかかる金銭的、身体的な負担を軽減させる傾向が強くなってきていることが挙げられます。
ご存知の通り日本では少子高齢化が進んでいます。
ご高齢で亡くなった方の配偶者が喪主を務めるなど、高齢者が葬儀を取り仕切る場合も増えてきています。

また、参列者についても高齢者の割合が増加していると言えるでしょう。
もし遠方から通夜式、告別式の両方に参列しようとする場合、宿泊をする必要があります。
宿泊の負担なども考えると、一日で葬儀を行う方が負担を軽くすることができます。

価値観の変化

その他の理由としては、葬儀に対する価値観の変化があります。
地域差もありますが、近年では宗教やしきたりに縛られないで比較的自由な形で葬儀を行う人が増えています。

宗教的なしきたりを重要視するのであれば、通夜を行いその後火葬・告別式を行うという流れを遵守するところですが、こうした流れの中で従来の葬儀の形を簡略化することへの抵抗感が少なくなっていると言えるでしょう。

一日葬と家族葬や直葬との違い

冒頭でも触れたように、近年では従来より簡略化された葬儀形態が人気になりつつあります。
一日葬の他にも参列者が少なかったり行程を省略することで葬儀を簡略化している形態がございますので、今回はそうした葬儀の形態を、一日葬との違いを交えながら紹介していきたいと思います。

家族葬とは

家族葬とは、親族や極親しい友人など、近い間柄の人のみが参列する葬儀のことを指します。

規模は小さいものとなりますが、通夜から告別式にかけて葬儀で行う内容は一般的な葬儀で行う内容と変わりありません
一日葬では通夜式を省略してしまうため一日葬と家族葬とはこの点が違いますね。

家族葬に関してさらに詳しく知りたい方は、以下の記事も併せてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬とは?他の葬儀形式との比較から香典や返礼品についても解説

最近よく見聞きする家族葬とはどんな内容があるのでしょうか?葬儀料金はどうなっているのでしょうか?家族葬で葬儀をするのに役立つ情報をまとめてみました。

直葬とは

直葬とは、ご逝去の後に火葬のみを行う葬儀形式のことを指します。
通夜式を行わないだけでなく告別式も行わない非常にシンプルな葬儀形態となっております。

一日葬と違い告別式を行うこともないため、金銭的な負担や精神・体力的な負担は大きく抑えられますが、その一方で故人とのお別れの時間を十分に取ることができないという面もあります。

一日葬に関しては以下の記事で詳細な説明をしておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

こちらも読まれています

直葬という葬儀の内容とは?直葬の割合や費用、参列者の服装も解説!

最近、直葬という葬儀形式が増えています。直葬とはどういう葬儀なのでしょうか。また葬儀の流れやマナー、費用はどのようになっているのでしょうか。そこで今回終活ねっとでは、直葬という葬儀について、直葬の内容・費用・服装などを含め分かりやすく解説していきます。

葬儀

一日葬は新しい葬儀の形であるため、一日葬を検討している人は必ずそのメリットとデメリットを事前に考慮するようにしましょう。

一日葬は説明した通り一日のみで全ての儀式を行うため、金銭的や精神面、体力面での負担を軽くすることができるというメリットがあります。

一方で故人を偲ぶ時間が短くなったり、周囲の人の理解を得ることが難しかったりといったデメリットもあります。

メリットやデメリットに関する詳細を以下の記事で解説しておりますので、興味のある方はぜひ参照してください。

こちらも読まれています

一日葬のメリットとデメリットを解説します!注意点についてもご紹介

一日葬というお葬式を耳にしたことはありますか?一般的なお葬式とはどんな点が違っているのでしょう。メリットの他にもデメリットがあれば、知っておきたいと思いますよね。 今回は、一日葬のメリットやデメリットについて詳しくご紹介します。ぜひご一読ください!

一日葬の流れ・時間について

葬儀

一日葬は通夜を省略した葬儀の形態だという説明をしてきましたが、実際の一日葬のスケジュールはどのようになっているのでしょうか。
ここでは一日葬の所要時間やスケジュール、日程に関して説明をしていきたいと思います。

所要時間・流れ

一日葬にかかる時間はその規模や告別式会場と火葬場の立地、段取りなどによって変わりますが、4~6時間ほどが一般的なケースです。

葬儀を行うにあたって、当日だけでなくその前からすべきことはたくさんありますので一日葬がどのような流れで行われるかを見ていきましょう。

安置・打ち合わせ

日本の法律では逝去後24時間が経たないうちは火葬を行うことができません。
そのため亡くなったその日に葬儀を行うことはなく、まずはご遺体を安置することになります。
自宅で安置する場合や葬儀社や葬儀場が保有する安置所で安置する場合もあります。

ご遺体の搬送が終わったら、葬儀社との打ち合わせを行います。
打ち合わせでは希望の形式や予算、場所などを綿密に確認するようにしましょう。


一日葬を行う場合は一日葬への理解のあるお寺の僧侶に読経や戒名をお願いするなどの注意が必要です。

また、親族や職場など各所への連絡もこのタイミングで行います。
葬儀の規模や誰に声をかけるかについては故人の遺志を尊重しつつ遺族間でしっかり話し合いを行い決めるようにしましょう。

告別式・火葬前日

後述しますが、一日葬は告別式を午前から行う場合が多く、そのため準備は前日から取り掛かります。
このとき会場を借りておく必要がありますので一日葬であっても会場利用にかかる費用は2日分になりますので注意してください。

通夜を行わない一日葬では、故人との最後の夜を家族だけでゆっくりと過ごすことができます。

告別式・火葬

一般葬では通夜の前にご遺体を納棺します。
しかし一日葬では通夜を行わないため告別式の前に納棺の儀式を行うことになります。

納棺の後、告別式が始まります。
基本的には告別式の段取りは一般的な葬儀と同じと考えて良いでしょう。

告別式が終了したら出棺となり、火葬場に移動します。
火葬場が告別式の会場と併設の場合はそのまま移動となりますが、火葬場が離れた場所に位置している場合はマイクロバスなどの準備も必要ですので気をつけましょう。

火葬の前、最後の儀式として納めの式を行った後ご遺体を火葬します。
1時間ほど参列者は控室で待機し、火葬後は骨上げを行い一日葬の全てが終了となります。

地域によっては火葬と告別式の順序が逆の場合もありますので、前もって確認しておきましょう。

初七日法要・精進落とし

本来であれば亡くなった日を1日目としたとき、7日目に初七日法要を行います。
しかし近年では、一日葬に限らず初七日法要は火葬の後その日のうちに行うということが増えてきています。

一般的には火葬後に精進落としという食事の席を設けますが、一日葬の場合は必ずしも精進落としのを行うとは限りません。
精進落としを行う場合は精進落とし終わるとついに解散となります。

一日葬の行われる時間帯は?

一般的な葬儀とは行程が大きく異なる一日葬ですが、一日葬は何時から行われることが一般的なのでしょうか?

1日の中で告別式や火葬などを行うわけですので、告別式は比較的早い時間帯の10~12時頃から開始することとなります。

所要時間は先ほども説明した通り全体で5、6時間かかるため、11時からの開始と考えると、すべてが終わるのは16時頃になるでしょう。

一日葬にかかる費用相場

お金

一日葬は一般的な葬儀よりも簡略されたものであるため、比較的安い費用で行うことができます。

一般葬の平均相場はおよそ195万円と言われていますが、一日葬では約30万~40万円が平均相場となっています。

一日葬にかかる費用相場やその内訳などについて以下の記事で詳細にご説明しておりますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

こちらも読まれています

一日葬にかかる費用はいくら?費用の内訳や一日葬の注意点まで解説

みなさんは一日葬という言葉を聞いたことがありますか?近年葬儀を簡略化する流れがありますが、その中で注目されているのが一日葬です。しかし、実際にはどのくらいの費用がかかるのか知る機会は少ないですよね。今回は、一日葬の費用や注意点など詳しく解説していきます。

一日葬における香典

葬儀

一日葬が行われる場合、香典は一般的な葬儀と同じように考えて良いのでしょうか?

一日葬では香典や供花を辞退するケースが多くなっています。
訃報を知らせる際や葬儀の案内を行う際に香典や供物を辞退する旨を伝えられた場合は香典は不要です。

そうでない場合は一般的なお葬式と同様に香典を用意するようにしましょう。

香典についてのマナーや金額相場に関しては以下の記事で説明しておりますのでぜひご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

日本では葬儀のときに香典として現金を香典袋に包んで渡す習慣があり、今では当たり前のことになっています。ですが、そもそも香典とは何なのでしょうか?葬儀のときに渡す香典について、また香典袋の書き方や香典を渡すときのマナーについても解説します。

一日葬の注意点

困った人々

一日葬は一般的な葬儀の内容を省略して行うものであるため、それに伴い注意しなくてはならないこともあります。

一日葬を行うことを考えている方は、後悔などないように事前にしっかりと注意事項を確認しておきましょう。
さて、それでは一日葬の注意点を紹介していきます。

親族や友人・知人とのトラブルに注意

一日葬では通夜を行わないため、故人を弔う機会が一日減るという考え方もできます。
一般葬であれば二日のうちどちらかに参列できるという人も、一日葬のために参列が叶わない人も出てきてしまいます。

また、小規模で葬儀を行うために参列者を身近な人に限る場合はさらに注意が必要であり、葬儀に参列できなかった人との間でトラブルが起きないよう気を配るようにしましょう。
具体的には、訃報を伝えるときに故人の遺志で小規模で静かに葬儀を行いたい旨を説明し、一日葬を行うことへの理解を得るようにするのが良いでしょう。

親族の中には宗教やしきたりを重要視している人がいるということも考えられます。
そうした人からは一日葬への理解を得ることが難しいかもしれませんので、しっかりとした話し合いもなく一日葬を実施してしまうとその後のトラブルに繋がる恐れがあります。

故人を送り出す大切な儀式ですので、もめごとが起こらないように注意しましょう。

菩提寺との事前の話し合いは必須?

菩提寺によっては一日葬に反対されることもあり得ます。
そうした場合、供養や納骨を拒否されてしまうこともあります。

菩提寺の僧侶とは必ず事前に話し合いをするようにしましょう。

お布施の相場は一般葬と違う?

一日葬においてお布施は必要なのでしょうか?
通夜式を行わないため、その分お布施の金額を少額にするものなのでしょうか?

お布施とはそもそも読経や戒名を頂いたことに対する感謝の印として僧侶にお渡しするものであり、その回数が多いから高額であったり少ないから少額になるようなものではありません。

そのためお布施の相場は一般葬と変わらないと考えましょう。

お布施に関する詳しい説明を以下の記事で行っています。
興味のある方はぜひご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀で渡すお布施の書き方は?金額相場や渡し方・包み方まで解説!

葬儀が始まるまでにご遺族が準備することは山のようにあります。葬儀の準備の1つとしてお布施がありますが、書き方についてはご存知でしょうか。この記事では、葬儀で渡すお布施の書き方や金額相場などを解説していきます。

弔問対応が大変になる場合も

一日葬は小規模に行われ、参列者は身近な少数の人に限られるケースが一般的です。
そのため葬儀の場での負担を軽減することが可能であり、そうしたことを理由に一日葬を選ぶ人が増えてきています。

ただし参列者が少ない分、その後の弔問者が増える可能性があることに注意をしなくてはいけません。
負担を軽くするために一日葬を選んだつもりが、後日の弔問対応が多くなることでかえって負担が増えてしまう恐れも十分ありますので一日葬を検討する際はこうした点にも注意しましょう。

一日葬でのマナー

葬儀

比較的新しい形の葬儀形式の一日葬ですが、参列する際に気を付けるべきマナーはあるのでしょうか。
また、主催側も注意すべきマナーはあるのでしょうか。

ここからは、一日葬に参列・主催する際のマナーについて見ていきましょう。

一日葬での服装や持ち物は?

一日葬に参列する際の服装についてのマナーを見ていきましょう。

一日葬であっても、服装や持ち物に関しては一般葬と同様に考えて問題ないでしょう。
ただし、先述の通り一日葬では香典や供物を辞退している場合があるためその点は注意するようにしましょう。

また、一般的には通夜式にあたる葬儀前夜の服装に関しては華美でない地味な服装であれば特に決まりはありません。

葬儀に参列する際の服装に関しては以下の記事で詳細に解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。

こちらも読まれています

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装について調べてみました。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しときましょう。

お知らせ状は要確認

葬儀に関するお知らせが届いた場合はその内容をしっかりと確認するようにしましょう。

一日葬の形式で葬儀を行っているのであれば香典や供花を辞退している可能性も比較的高いです。
香典返しなど気を遣わせてしまうことがあるので香典を辞退されている場合はその通りにするのが無難でしょう。

参列者への返礼品は必ず用意

一日葬では香典や供物を辞退することが多いと解説してきましたが、香典を受け取らない場合であっても参列者への返礼品は必須です。

自分で準備をすることも可能ですが、葬儀社が準備を代行してくれる場合もありますので、事前の打ち合わせの際に返礼品に関してもしっかり確認するようにしましょう。

一般的に返礼品は後に残らない消耗品を選ぶのが良いとされています。
また、返礼品をお渡しする際には一緒にお礼状を添えるようにしましょう。

一日葬まとめ

葬儀

いかがだったでしょうか。
今回終活ねっとでは一日葬について解説をしてきました。
以下に今回のポイントをまとめたのでご確認ください。

  • 一日葬は一般葬から通夜を省略して1日で告別式、火葬を行う葬儀の形態。
  • 近年の高齢化の影響や宗教やしきたりへの価値観の変容によって一日葬が執り行われる割合は増加してきている。
  • 一日葬では1日だけで葬儀の全行程を行うので喪主や参列者の負担を減らすことができる。また、火葬のみを行う直葬と比較すると故人を見送る時間もある程度確保することができるというメリットもある。
  • 一日葬は1日のうちに告別式、火葬を行うため午前から式を行うことが多く、全体の所要時間は4~6時間程度。
  • 一般葬の費用相場が約195万円であるのに対し、一日葬の費用相場は約30~40万円。
  • 一日葬では香典を辞退するケースが比較的多くあるため一日葬に参列する場合は注意する。
  • 一日葬は通夜を省略する葬儀形態であるため親族、友人・知人とのトラブルや、菩提寺とのトラブルが生じる可能性がある。
  • 葬儀に参列できなかったために弔問者が増え、かえって負担が増えてしまうこともある。
  • 一日葬の場合でも服装や持ち物に関するマナーは一般的な葬儀と同じ。ただし香典や供花については辞退している可能性があるためお知らせ状をしっかり確認する。

一日葬は新しい葬儀の形態ですが、時代の流れに合うものとも考えられるため今後ますます行われる割合が増えそうです。

終活ねっとではこの他にも葬儀に関する解説や情報を多数掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

1 2 3 4

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

「一日葬」に関連する記事

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-403-556
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料
事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引