葬儀での行列の持ち物とは?持ち物の種類や参列する際の持ち物も解説

昔の日本では、葬儀の後に遺族や参列者がそれぞれ持ち物を持ち、行列を組みながら火葬場へと向かう風習がありました。今でも地方によっては行われている地域もあるそうですが、一体どのような行列なのでしょうか。今回はそんな葬儀での行列の持ち物について詳しく解説します。

目次

  1. 葬儀の行列での持ち物について
  2. 葬儀の行列・葬列とは
  3. 葬儀の行列での持ち物
  4. 葬儀に参列するときの持ち物
  5. 葬儀の行列での持ち物まとめ

葬儀の行列での持ち物について

葬儀

昔の日本では、葬儀の後に遺族や参列者がそれぞれ持ち物を持ち、行列を組みながら火葬場へと向かう風習がありました。
今でも地方によっては行われている地域もあるそうですが、一体どのような行列なのでしょうか。

今回終活ねっとでは、葬儀での行列の持ち物について詳しく解説していきます。

  • 葬儀の行列・葬列とは
  • 葬儀の行列での持ち物
  • 葬儀に参列するときの持ち物

以上の項目を中心に解説していきます。
葬儀の行列時の持ち物について詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀の行列・葬列とは

葬儀

葬儀の行列・葬列とは、遺族や参列者などが列を組みながら、故人のご遺体を火葬場や墓地に運ぶ「野辺送り」のことです。
現代ではほとんど行われていませんが、車が発達する明治時代辺りまでは当たり前のように行われていた風習でした。

大正時代の頃から車道が整備され始め、道路を占有してしまう葬列も禁止されるようになりました。
その後、柩をもっと効率よく運べる道具として霊柩車が誕生し、いよいよ葬列の風習は見られなくなりました。

現代では一部の地域でしか見られない風習ですが、古来より行われていた伝統的な文化の一つであることは覚えておきましょう。

葬儀の行列での持ち物

仏壇

葬儀の行列で持っていく持ち物をご紹介します。
地域によって持ち運ぶものが異なったり、並びの順番が違う場合もございますが、基本的にそれぞれの持ち物にはきちんと意味がありますので、一つ一つ確認していきましょう。

花輪

花輪とは、花をリング状に組み合わせて作ったものです。
よく新規テナントが開店したりすると、お祝いとして入り口に花輪が飾られることがありますが、葬儀においても式場の入り口に花輪を飾ることがあります。
葬儀の行列の際も、先頭に花輪が立つ事で故人の位置を周囲に知らせる役割を持ちます。

花の色は白を基調に作られることが多く、遠くからでも目立つように大きさは直径約2mほどあります。

提灯

普段は照明具として扱われる提灯ですが、葬儀では故人の魂を送ったり、迎え入れたりする目印として使われます。
また、葬儀後には近所の人に忌中を知らせる目印としても飾られます。

葬儀の行列では提灯を持つ人のことを提灯持ちといい、行列の先導役を担います。
使われる提灯は高張提灯といい、行列の後ろの方にも提灯が見えるように作られています。
野辺送りが終わったら、お墓の入り口に提灯を立てて目印とします。

龍辰

龍辰は文字通り、龍を形取ったものです。
西洋では邪悪な存在として描かれた龍(ドラゴン)ですが、東洋では守護神として描かれることが多く、日本でも古くから信仰の対象として扱われてきました。
葬儀の行列では、故人の魂が龍のように天高く昇りますようにという願いが込められています。

生花

生花は故人に供えるお花のことです。
花輪のような故人の居場所を知らせる目印の役割ではなく、故人を華やかに飾るお花なので造花ではなく生花が使われます。

花の種類は、白や黄色の菊の花やユリの花などが主流です。
また、バラなどの棘のある花や、慶事に使用される赤い花はNGとされていましたが、近年は故人が生前好きだった花を供えたいという要望が多く、バラの花も見受けられるようになりました。

盛り籠

盛り籠とは、果物やお線香などの定番のお供え物を一つの籠にまとめて盛り付けたもののことです。
葬儀の祭壇や家のお仏壇などに飾り付けられることが多いですが、葬儀の行列の際も持ち物として行列に加わります。
役割としては、故人のためというよりは故人の先祖に捧げるために供えられます。

導師

導師は葬儀を主となって執り行うお坊さんのことです。
宗派ごとに導師の役割は異なりますが、葬儀でお経を読んだり、戒名を授けるなどの基本的な役割は変わりません。

特徴的な宗派といえば、禅宗では火葬場で故人に引導を渡すという役割があります。
引導を渡すとは、故人の魂に死の事実を伝えることで死を認識させ、仏の道へと導くという禅宗特有の儀式のことです。
他の宗派でも様々な儀式がありますので、一度自身の宗派の儀式を調べておくと良いでしょう。

施主花(金蓮花)(1対)

施主花(金蓮花)は名前通り、金色の蓮をかたどった置物です。
葬儀の行列では、極楽浄土を表す役割を持っており、2名で1つずつ持ち運びます。
また、葬儀の行列以外でもお盆の盆花として祭壇の両脇に飾られています。

なぜ蓮の花が極楽浄土を表しているかというと、それは蓮の花の咲き方にあるとされています。
蓮はどんなに汚い泥水の中でも綺麗な花を咲かせることができる花であり、その姿が欲にまみれた世界で悟りを開こうとする仏教の考え方をそのまま表しています。

そんな蓮の姿がまさに、悟りを開いたものだけがたどり着くことができる極楽浄土を表すのにふさわしいと考えられているのです。

香炉

香炉とは、焼香をする際に抹香を焚くために用いる入れ物のことです。
葬儀の行列でも、火葬場やお墓でお香を焚く(焼香)ために持っていきます。

また、参列者は当たり前のように葬儀で焼香をしますが、実はこの行為には様々な意味が含まれています。
例えば仏様の食事のためであったり、古来では死者の臭いを消すためでもありました。

しかし現代の葬儀においては、自身についた穢れを取り除き、清らかな状態でお参りをするという意味が最もふさわしいでしょう。
今後はなんとなく形式的に行うのではなく、きちんと焼香の意味を知ったうえで、故人の成仏をお願いしてみてはいかがでしょうか。

御膳

御膳は故人の食事のことです。
仏教では戒律(ルールのようなもの)により殺生を禁じられているため、食事も生き物を殺さずに作る精進料理が基本となります。
そのため、御膳も白米、汁物、煮物などが中心となって盛り付けられます。

写真

写真とは故人の遺影のことです。
故人を象徴するものなので、位牌と並ぶ形で運ばれます。
葬儀の行列の風習が廃れた現代でも、出棺時には遺族の誰かが遺影を持っていくのが風習として残っています。

地域によって異なりますが、基本的には喪主以外の故人の家族か近親者の誰かが持っていき、少なくとも一般の参列者は持ち運びません。

位牌

位牌は故人の戒名や享年などが記された木の札です。
位牌は故人がこの世と繋がるための窓口のような役割を持っており、端的に言えば故人の分身のようなものです。

そのため、葬儀の行列の中でも最も重要なものとされているため、一般的に位牌を持つのは喪主であると決められています(地域によって異なる)。
また、遺影と同じく現代でも出棺時には喪主が遺影を持っていく風習が残っています。

ちなみに葬儀で用意される位牌は白木位牌という仮の位牌であり、四十九日が過ぎたら仮位牌はお寺に供養してもらい、自宅では本位牌を用意します。

名旗(めいき)

名旗は名前の通り、故人の名前が記された旗のことです。
宗教的な役割というより、どこの家の誰が亡くなったのかを周囲に知らせる社会的な役割を持っています。

特に明治時代の葬儀の行列は、現代とは違い派手で華やかに執り行うのが主流であったため、大々的に知らしめる旗が採用されたと考えられています。

天蓋(てんがい)

天蓋とは、お寺の祭壇や仏像の上部に吊るされている飾りのことです。
古来インドでは、相手に傘をさしかけることは敬意の表れであるとされていたため、それが発展して仏像に天蓋をかけるようになりました。

葬儀の行列でかける天蓋は人天蓋と呼び、仏像の上にかける仏天蓋とはまた異なりますが、敬意を表すという意味合いは同じです。
また、天蓋には魔除けの効果もあるとされており、無事に故人があの世へ行けるようにという役割も含まれております。

棺は故人のご遺体を納めるための箱です。
棺の種類は様々で、檜や桐などの天然素材のみで出来ているものから、ベニヤ板や合板などで形を作り、上から布を貼って補強をする布張棺などがあります。
また、近年ではエコ棺というダンボールで出来た棺など、時代に沿った形で棺も姿を変えています。

葬儀の行列の際は、そのまま棺を運ぶのではなく、輿というものに棺を納めてから担いで運んでいました。
大正時代には葬儀の行列が廃れ始めましたが、輿の風習は廃れずに、派手な輿を乗せた霊柩車が生まれました。

そして現代では派手な霊柩車もほとんど利用されなくなり、ほとんど普通の車と変わらない寝台車に乗せて棺を運ぶようになりました。

日がくし

日がくしは葬儀の行列で最も後ろに位置する(遺族・親族を除く)装具であり、名前の通り日よけの役割があります。

また、お寺の社殿の前の階段を覆うように伸びた屋根のことを、同様に日がくし(階隠し)と呼び、雨風から社殿を守る効果や、輿や参拝客を寄せる役割があるとされています。
つまり、天蓋の魔除けの効果と、日がくしの日よけの効果により、故人の棺を守るという役割があるのです。

葬儀に参列するときの持ち物

葬儀

葬儀に参列する際に必要な持ち物をご紹介します。
また、今回紹介する持ち物は、葬儀の方法や宗派によって異なる場合もございますので、参列する前に確認しておきましょう。

数珠

数珠は仏式の葬儀でのみ使われる仏具です。
本来はお坊さんが修行の際に、唱える念仏の数を数えるために使用されるものですが、葬儀では合掌をする際などに使用されます

宗派によって種類は様々ですが、他人の葬儀に参列する際は、基本的にほとんどの宗派で使える略式数珠で構いません。

また、他人の数珠を借りることはたとえ家族であっても好ましくありませんので、必ず自前のものを用意するようにしましょう。

ただし、数珠に関しては絶対に必要という訳ではありませんので、もし忘れてしまった場合などは数珠をつけずに参列をしても問題ありません。

バッグ

葬儀で持っていくバッグは、黒を基調とした地味な色のものを選びます。
それに加えて、きらびやかな金具や装飾などが付いていないシンプルなものが望ましいです。
素材は布製のものが最も望ましく、革製のバッグは殺生を連想させるため、葬儀の場には相応しくないとされています。

また、男性は手ぶらで参列するのが一般的なので、財布やハンカチなどは内ポケットに入れておくようにします。
どうしてもバッグが必要な場合は、黒を基調とした布製の小さなハンドバッグか、革製でないビジネスバッグなどが良いでしょう。

ハンカチ

ハンカチを持参する際は、黒か白のハンカチを選ぶようにしましょう。
また、紫やグレーなどの袱紗(香典を包む布)で使用される色であっても問題ありません。
ただし、赤や黄色などの派手な原色はNGです。

デザインは無地のものが最も望ましいですが、派手ではないシンプルなレースや刺繍ぐらいならば問題なく使用することができます。

素材は基本的にどれでも良いですが、あまり光沢のあるものはふさわしくありませんので、綿や布などを選ぶと良いでしょう。

香典

香典は故人の霊前に供える金銭のお供え物です。
本来はお香を持っていく風習がありましたが、時代の移り変わりにより現代の金銭が主流となりました。

香典の金額は故人との関係性や自身の年齢によって相場が変わりますが、あくまでも相場なので、それ以上でもそれ以下でも構いません。

ただし、3,000円以下を包んでしまうと、香典返しの返礼品を買う際に遺族側が赤字となってしまうため、香典返しを辞退しない場合は、最低でも5,000円は包むのがマナーです。
また、地方によっては1,000円〜3,000円程度を包むのが定番である地域もあるため、事前に自身の住んでいる地域の風習を確認するようにしましょう。

葬儀の行列での持ち物まとめ

葬儀

いかがだったでしょうか。
今回終活ねっとでは、葬列での持ち物や、参列時の持ち物をご紹介しました。
以下、今回の内容をまとめます。

  • 葬儀の行列・葬列とは、遺族や参列者などが列を組みながら、故人のご遺体を火葬場や墓地に運ぶ野辺送りのことである
  • 花輪は故人の位置を周囲に知らせる役割を持つ
  • 葬列で使われる提灯は高張提灯といい、行列の後ろの方にも見えるように作られている
  • 龍辰は故人の魂が龍のように天高く昇りますようにという願いが込められている
  • 生花は故人を華やかに飾るお花である
  • 盛り籠とはお供え物を一つの籠にまとめて盛り付けたものである
  • 導師は葬儀を主になって執り行うお坊さんのことである
  • 施主花は極楽浄土を表す役割を持っている
  • 香炉は焼香をする際に抹香を焚くために用いる入れ物のことである
  • 御膳は故人が食べる精進料理である
  • 葬列では喪主が位牌を持ち、遺影を喪主以外の遺族か親族が持つ
  • 天蓋は魔除け、日がくしは日よけの役割を持つ
  • 葬列では棺を輿に納めてから運ぶ
  • 数珠を持っていく際は、必ず自前のものを用意する
  • 葬儀で持っていくバッグは黒を基調とした地味な色のもので、派手な金具や装飾などが付いていない布製のものが望ましい
  • ハンカチを持参する際は、黒か白の色が望ましく、デザインも無地かシンプルなレースや刺繍のものを選ぶ
  • 香典は3,000円以下を包んでしまうと遺族側の赤字になってしまう恐れがあるので、5,000円以上が望ましい

今やほとんどの場所では行われていない葬列ですが、一部の地域によっては今でも行われています。
また、都内でも葬儀場と火葬場が併設している場所では、一つの敷地内で葬列を組むなどのサービスを取り入れている葬儀場もあります。

時代と共に葬儀が小規模化している現代ですが、もし葬列を組む機会があれば、きちんと行列の持ち物の意味などを理解した上で葬列を組むようにしましょう。

終活ねっとでは、他にも葬儀に関する記事を数多く掲載しております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

「葬儀・行列・持ち物」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・行列・持ち物」についてさらに知りたい方へ

葬儀へのお坊さんの手配方法や費用って?お坊さんへのお礼や挨拶までのサムネイル画像

葬儀へのお坊さんの手配方法や費用って?お坊さんへのお礼や挨拶まで

葬儀へ送る生花の金額相場は?種類ごとの相場や送り方も解説します!のサムネイル画像

葬儀へ送る生花の金額相場は?種類ごとの相場や送り方も解説します!

葬儀で頂いた生花のお礼の選び方や金額相場って?お礼状の文例まで!のサムネイル画像

葬儀で頂いた生花のお礼の選び方や金額相場って?お礼状の文例まで!

葬儀での遺族の服装を男性・女性ごとに解説!髪型・持ち物までご紹介のサムネイル画像

葬儀での遺族の服装を男性・女性ごとに解説!髪型・持ち物までご紹介

火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!のサムネイル画像

火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!

葬儀での娘の服装は?格式ごとの服装や靴・髪型についても解説!のサムネイル画像

葬儀での娘の服装は?格式ごとの服装や靴・髪型についても解説!

真言宗の葬儀のお布施の相場とは?お布施の書き方や包み方も解説!のサムネイル画像

真言宗の葬儀のお布施の相場とは?お布施の書き方や包み方も解説!

葬儀で数珠は必要か?宗教ごと必要性や持ち方、忘れた際の対処を解説のサムネイル画像

葬儀で数珠は必要か?宗教ごと必要性や持ち方、忘れた際の対処を解説

葬儀での生花マナーとは?生花の送り方やお返しのマナーを解説!のサムネイル画像

葬儀での生花マナーとは?生花の送り方やお返しのマナーを解説!

神式葬儀の服装って?喪主・参列者の服装や男女別の服装を解説!のサムネイル画像

神式葬儀の服装って?喪主・参列者の服装や男女別の服装を解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・行列・持ち物」についてさらに知りたい方へ

葬儀へのお坊さんの手配方法や費用って?お坊さんへのお礼や挨拶までのサムネイル画像

葬儀へのお坊さんの手配方法や費用って?お坊さんへのお礼や挨拶まで

葬儀へ送る生花の金額相場は?種類ごとの相場や送り方も解説します!のサムネイル画像

葬儀へ送る生花の金額相場は?種類ごとの相場や送り方も解説します!

葬儀で頂いた生花のお礼の選び方や金額相場って?お礼状の文例まで!のサムネイル画像

葬儀で頂いた生花のお礼の選び方や金額相場って?お礼状の文例まで!

葬儀での遺族の服装を男性・女性ごとに解説!髪型・持ち物までご紹介のサムネイル画像

葬儀での遺族の服装を男性・女性ごとに解説!髪型・持ち物までご紹介

火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!のサムネイル画像

火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと