葬儀での座席の順番に決まりはある?親族の席順や家族葬の場合も解説

葬儀での座席の順番に決まりはある?親族の席順や家族葬の場合も解説

葬儀には故人のご遺族から一般会葬者まで様々な人が参列しますが、その中で葬儀での自分の座席の順番について疑問を持たれた方は多いのではないでしょうか?今回はそんな葬儀での座席の順番の決まりについて詳しくご紹介します。

最終更新日: 2020年02月16日

葬儀での座席について

困った人々

葬儀には故人のご遺族から、生前故人と親しかった一般会葬者の方まで様々な人が参列します。
そんな中、葬儀中に自分が座るべき座席について戸惑われた方は多いのではないでしょうか?

葬儀には様々な決まりごとがありますが、座席についても同じで、自分の立場や故人との間柄によって座る座席の場所も変わってきます。

今回「終活ねっと」では、葬儀での座席の順番にについてご紹介しています。

  • 葬儀での座席の席順。

  • 葬儀での親族の座席。

  • 家族葬の場合に座席の順番に決まりはある?

  • 葬儀での焼香の順番。

以上の項目を軸に解説していきます。
ぜひ最後までご覧いただき、葬儀での自分が座るべき座席位置を確認してください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀での座席の席順

葬儀

日本には席次でのマナーで上座、下座というの物があります。
これは座る位置によって相手への敬意であったりおもてなしの心を表すというものです。

一般的に上座には目上の方であったりお客様にあたる人が座り、下座にはお客様などをもてなす側の人が座ります。
そんな上座、下座が葬儀の座席にも存在しており、最前列の祭壇に一番近い席が上座、それとは逆に座席の後ろ側、祭壇から一番遠い席が下座になっています。

祭壇に近い座席ほど上座の席であると覚えれば間違えることはないでしょう。

祭壇に向かって右側

一般的に葬儀会場は、中央部分に祭壇に向かうための通路を作り、その左右に座席を配置する場合が多いです。

そして中央の通路から右側の席は親族が座る席となっており、最前列の通路側の席に、喪主の人から順番に座っていきます。
座席の数や参列者の人数によっては一般会葬者側の席が埋まってしまうことがあるのでその場合は、親族の後ろの席に一般会葬者の方が座ることもあります。

祭壇に向かって左側

中央の通路から左側は一般会葬者の席になっています。
右側の親族席とは逆で、中央の通路に近い席が右側になるので最前列の右側の席から順番に座っていきます。

一般的に上座には葬儀委員長などのご遺族以外の葬儀関係者が座り、友人・知人、会社関係者のように故人と関係が深かった順に座っていきます。

葬儀での親族の座席

葬儀

親族の座席の最前に座るのは喪主になります。

喪主の方は親族席の通路側の最前列の席に座るのが一般的です。
これは焼香を行う順番の関係や、葬儀中に行う挨拶などをスムーズに行うための配慮として通路側の最前列に座ります。

喪主は葬儀中に参列者の前に立って挨拶をする場面も多いのですが、その際に遠くの席から祭壇前まで歩いていてはどうしても時間が掛かってしまいます。

また焼香の際に喪主に対して一礼を行うときも、遠くの席に座っていたり、喪主がどこに座っているかわからないと参列された方々が困ってしまうので、喪主は人目につき易い通路側の最前列に座ります。
そして喪主から順番に親族の席順が決まっていきます。

親族の席順

親族の席順は故人との血縁関係が濃い順によって決まります。
故人の配偶者が喪主の場合は故人の配偶者が最前列に座ることになります。
そしてその後に故人の長男や長女、故人の兄弟姉妹、故人の配偶者の兄弟のような順番で座っていくことになります。

故人の配偶者がご高齢で長男が喪主を務めるような場合は、喪主である長男が最前列に座ります。

席順は家族ごとに座るのが一般的ですが、長男が喪主を務めるような場合は長男のみが前列に座り、その家族は少し後ろの席に座るような場合もあります。

親族側に座る親族の範囲

親族側に座る親族の範囲に細かい決まりはないのですが、基本的に故人の血縁者であれば親族側の席に座るのが望ましいでしょう。
ですが座席数によっては座れない親族がでてきてしまう可能性もありますし、地域や一族の風習や慣わしによっても親族の座る範囲は変わってきます。

すべての親族が座れても親族の数が多い場合、故人の兄弟姉妹の座る席が下座の方になりすぎてしまうときなどは席順を調整したりする場合もあり、また親族の間柄よりも年長者を優先して席順を決める場合もあります。

こういったことはトラブルの原因になりやすいので事前に親族間でしっかり相談することが大切です。

家族葬の場合に座席の順番に決まりはある?

困った人々

ご遺族の意向によっては、普通の葬儀ではなく家族葬という葬儀を執り行う場合もあります。

家族葬というのはご遺族と故人と親しかった人たちのみが参列する葬儀のことをいいます。
家族葬は小規模な葬儀のため、自由が利くことが多く、声をかける範囲に決まりがなく呼ぶ人を限定することができます。

そのため葬儀の際の席順にも決まりがなく、自由に決めることができます。

家族葬については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

葬儀での焼香の順番

葬儀

喪主が通路側の最前列に座るのは葬儀をスムーズに行うためでしたが、葬儀の席順には焼香を行う順番も関係しています。

ご遺族から焼香を行う

葬儀で焼香を行う際、故人と血縁関係が濃い順番に行われます。
親族の席順も故人との血縁関係が濃い順番に決まっていたのは葬儀を合理的に行うためでもあります。

喪主から順番に席を立ち焼香を行なっていき、ご遺族の焼香が終わると次は一般会葬者の順番になります。
こちらも親族の席順と同じように、一般会葬者の席の最前列の方から順番に焼香を行います。

焼香の仕方

  • 焼香台の前まで移動します。

  • ご遺族に一礼した後、遺影に一礼をします。

  • 右手でお香(抹香)をつまみ、香炉の炭の上にくべます。

  • 合唱して一礼をします。

  • 少し下がりご遺族に一礼した後、自分の席に戻ります。

焼香をする回数や決まりが宗派によって違うので事前にしっかり確認しておきましょう。

葬儀での座席についてまとめ

お墓

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、葬儀での座席の順番について以下のことを解説してきました。

  • 葬儀の座席には上座と下座がある。

  • 祭壇に向かって右側がご遺族の座る席で、左側が一般会葬者の座る席である。

  • 最前列中央には喪主が座り、その後は故人と血縁関係が濃い順番に座ることになる。

  • 家族葬の場合、席順に特別な決まりはない。

  • 焼香を行う順番はご遺族側の上座に座ってる人から順番に行う。

葬儀の座席には上座と下座があり適当に座っていいわけではありません。
もし迷ってしまったり席順がわからなかった場合はしっかり周りの人に確認することが大事です。

「終活ねっと」では、他にも多数の記事を掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事