葬儀費用の分割払いはできる?他の支払い方法や費用相場も解説!

葬儀費用の分割払いはできる?他の支払い方法や費用相場も解説!

葬儀にかかる費用は決して手軽に支払える金額ではありませんので、分割払いで支払いたいと考える方も多いのではないでしょうか。 今回、終活ねっとでは、葬儀費用の分割払いはできるのか、葬儀費用の支払い方法や費用相場について解説していきます。

最終更新日: 2020年12月01日

葬儀費用の分割払いについて

お金

葬儀費用の支払い方法にはどのような方法があるのでしょうか。
以前は、葬儀費用の支払いは現金で、しかも一括のみでの支払いというのが一般的でした。

しかし、葬儀にかかる費用の額が大きいことや、最近のキャッシュレス化の流れを受けて、葬儀費用の支払い方法も多様化しています。
葬儀費用の分割払いやその他の支払い方法に対応した葬儀社も増えてきていますので、必ずしも現金を用意する必要はなくなりつつあります。

今回、「終活ねっと」では、葬儀費用の分割払いについて、以下のようなポイントを中心に解説していきます。

  • 葬儀に必要な費用の相場について

  • 葬儀費用は分割払いで支払うことができるのか

  • 葬儀費用の分割払い以外の支払い方法について

  • 葬儀費用に充てることのできる補助金について

今回の記事を参考に、葬儀費用の支払い方法にはどのようなものがあるのか確認しつつ、終活をすすめるうえでの参考にしてみてください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀費用の相場

お金

葬儀を執り行うために必要な費用としてはどのくらいかかるのでしょうか。

一般的に、葬儀を執り行うために必要となる費用の平均としては、全国平均で約200万円とされています。
しかしこの金額は、一般的な葬儀、つまり、葬儀にかかる全ての儀式を執り行った場合に必要となる金額です。

最近では、様々なニースに対応するように葬儀の形式も多様化してきています。
また、従来のように大勢の参列者を招いて大きな葬儀を実施するケースも減ってきています。

葬儀費用の相場は、どのような葬儀を行うのか、葬儀の内容や葬儀の形式によっても違ってきます。
以下では、それぞれの葬儀形式の費用相場について解説していきます。

直葬

直葬は最も費用が抑えられる葬儀の形式となっています。
直葬は通夜や告別式などの儀式は行わず、火葬のみで葬儀とする形式です。

したがって、儀式を執り行うために必要となる費用がかからず最も経済的な葬儀の形式となります。
費用も約20万円〜40万円程度となっています。

「終活ねっと」では、直葬についての詳細な記事を用意しています。
以下のリンクから直葬についての記事をご参照いただき、直葬の詳細についてご確認ください。

一日葬

一日葬は、直葬に告別式をプラスしたイメージの葬儀となります。
つまり、告別式と火葬のみを行って葬儀とする形式です。

直葬は火葬のみとなりますので、どうしても故人との別れを惜しむという場を用意できません。
しかし一日葬では、告別式を実施しますので、直葬よりも故人との別れを惜しむ場がしっかり設けられています。

したがって、費用を抑えつつ告別式も実施できる葬儀形式といえるでしょう。

一日葬についても詳細な記事を用意しています。
以下のリンクから一日葬についての記事をご参照いただき、一日葬について確認してみてください。

家族葬

家族葬は、その名前の通り家族や親族のみで執り行う葬儀の形式です。
しかし最近では、家族や親族のみならず、親しい友人や知人もお呼びして実施する場合も増えてきています。

参列者が限られていたり、参列者の数が少ないという点で、以下で解説する一般葬よりも費用を抑えることができます。

費用としては60万円から150万円程度の範囲が相場となっています。

「終活ねっと」では、家族葬についても詳細な記事を用意しています。
以下のリンクから家族葬の記事をご参照いただき、理解を深めてみてください。

一般葬

一日葬は、一般的にイメージされる葬儀の形式です。
つまり、ご家族、ご親族、友人や知人のみならず、会社の関係者などもお呼びして通夜や告別式を盛大に執り行う形式の葬儀です。

一般葬では多くの参列者を招いて通夜や告別式、その後の会食なども行いますのでその分、費用は大きくなります。

費用は全国的な平均で約200万円程度となっていますが、参列者の数や葬儀の内容によっても費用は異なってきます。

葬儀費用にはいくらくらい必要で、費用の内訳や費用を安くする方法については、以下のリンクから詳細な記事をご参照いただけます。

併せて確認してみてください。

「終活ねっと」では、低価格・高品質の葬儀プランを分かりやすい料金体系でご案内しております。
一般葬のプランは、565,000円(税抜)よりご用意しており、「終活ねっと」の登録割で最大71,000円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



葬儀費用の分割払いはできる?

困った人々

上述した葬儀費用の相場をみても、葬儀に必要となる費用は決して気軽に支払える金額ではありません。

葬儀費用の支払いについてはこれまで、現金で一括での支払いが一般的であり、分割払いで支払うことはほとんどありませんでした。

しかし最近では、様々な理由から現金一括での支払いが困難な場合が増えてきています。
また、分割払いでの払い方法が一般的になってきた社会的なニーズも踏まえ、葬儀費用についても分割払いに対応した葬儀社が増えてきました。

現在では、ほとんどの葬儀社で分割払いに対応しています

葬儀費用を分割払いで支払う場合、クレジットローン会社の葬儀ローンを申し込んでの支払いとなりますので、毎月分割でローンを返済していくこととなります。
ローン会社からの借入となりますので、返済に当たっては金利が発生する点に注意しなければなりません。

また、ローン契約を結ぶためには審査が必要となります。
万が一審査に通らなかった場合、葬儀ローンの契約は結べませんので、その場合には、銀行のフリーローンなども検討する必要があります。

その他の葬儀費用の支払い方法

お金

分割払いでの支払い方法以外には、現金で支払う方法以外にクレジットカードでの支払いを検討する方もいらっしゃるでしょう。

では、葬儀費用の支払いにクレジットカードは対応しているのでしょうか。
また、葬儀費用を支払うタイミングは葬儀の前なのか後なのか、支払いのタイミングについても気になるところではないでしょうか。

以下では、葬儀費用を支払うタイミングクレジットカードでの支払いについて解説していきます。

葬儀費用は前払い?後払い?

葬儀費用を支払うタイミングは、一般的には葬儀後の後払いとなります。

葬儀では、事前に確認した参列者に変動が生じる場合があります。
葬儀当日に参列者の変動が生じた場合、参列者にお渡しする返礼品や通夜・告別式後の会食に必要な飲食代の追加の費用が発生します。

追加した費用も含めて最終的に発生した費用を支払うこととなりますので、葬儀費用は一般的には葬儀後の後払いとなります。

クレジットカード払いはできる?

最近では、社会的なキャッシュレスの流れも踏まえてクレジットカードでの支払いに対応した葬儀社が増えてきています。

クレジットカードに対応した葬儀社であれば、一括払いと分割払いを選ぶことができますので、費用の負担を軽くすることができるでしょう。
また、クレジットカードでの支払いにすることで、カードのポイントを貯めることができるというメリットもあるようです。

葬儀社側から見ると、クレジットカード支払いに対応することで費用の未払いを防ぐことができます。
したがって、クレジットカードでの葬儀費用の支払いが一般的となってきています。

以下の記事でも、葬儀代のクレジットカード払いについて詳しく紹介しておりますのでぜひあわせてご覧ください。

葬儀費用の補助について

お金

葬儀費用については、申請をすることで受け取ることができる給付金制度があります。
故人が国民健康保険に加入していたのか、社会保険に加入していたのかによって申請先が異なりますので注意が必要です。

また、補助金の給付を受けるためには申請が必要となりますので忘れず申請するようにしましょう。

以下で、葬儀費用の給付金について解説していきます。

国民健康保険の葬祭費

国民健康保険に加入していた場合、加入していた市区町村に申請することで補助金の給付を受けることができます。

給付金の額としては、各自治体によっても異なってきますが3万円〜7万円程度となっています。
申請の期限は、故人が亡くなった日から2年以内となります。

健康保険の埋葬料

故人が健康保険に加入していた場合、勤務先に申請するか社会保険事務所に申請することとなります。

受け取る埋葬料は、埋葬料を誰が受け取るかによって内容が異なってきます。
健康保険の被扶養者が受け取る場合であれば埋葬料として一律5万円が給付されます。
葬儀を施工する方が受け取る場合、埋葬費として一律5万円が給付されます。

葬儀費用の分割払いについてまとめ

お金

いかがだったでしょうか。
今回、「終活ねっと」では、葬儀費用の分割払いについて、葬儀費用の支払い方法にも触れつつ解説してきました。

今回の記事のポイントは以下のとおりです。

  • 葬儀費用の相場は全国の平均で約200万円程度となっているが、葬儀の形式によって相場は異なってくる。
    また、葬儀の参列者や葬儀の内容によっても費用は異なってくる。

  • 葬儀費用はクレジットローン会社の葬儀ローンを利用することで、分割で支払うことも可能。
    この場合、ローンの借入と同じなので、毎月の返済と金利に注意が必要。

  • 葬儀では参列者の追加などによって、追加で費用が発生する場合があるため、葬儀費用の支払いは、一般的には葬儀後の後払いとなる。
    支払い方法は現金一括のみではなく、クレジットカードでの支払いにも対応した葬儀社が増えてきている。

  • 各自治体や保険会社に申請することで補助金の給付を受けることもできる。
    故人が国民健康保険に加入していたのか、社会保険に加入していたのかによって申請先が異なるので事前に調べておくことが重要。

今回の記事を参考に、葬儀費用の支払い方法について整理しつつ葬儀に必要な費用についての理解を深めてみてください。

「終活ねっと」では、この他にも葬儀に関する様々な情報を紹介しております。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

以下の記事では、葬儀代の確定申告について紹介しております。
気になる方は、あわせてご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place DMMのお葬式で斎場を探す
DMMのお葬式で斎場を探す