葬儀の日程の聞き方は?聞く際の注意点や連絡手段についても解説

葬儀の日程の聞き方は?聞く際の注意点や連絡手段についても解説

葬儀の知らせはいつも突然です。身近な人の訃報を受けた時に、葬儀日程を知りたいけれど聞き方がわからなくて困っている方も多いでしょう。今回終活ねっとでは、葬儀日程の聞き方やその際の注意点、ふさわしい連絡手段についてお伝えします。ぜひ最後までお読みください。

最終更新日: 2020年12月17日

葬儀日程の聞き方について

困った人々

親族や友人、会社関係の知人などあなたの身近な人が他界された場合、ご遺族から直接あなたに葬儀日程の連絡があることが多いと思います。

しかし訃報をご遺族以外のところから耳にした場合、葬儀日程を自分から聞いてもよいのか、またその際の聞き方について悩んでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回「終活ねっと」では、葬儀日程を聞いてもよいのかどうかという疑問やその聞き方、葬儀日程を聞く際の注意点についてくわしくご紹介します。

  • 葬儀の日程は自分から聞いても問題ない?

  • 葬儀の日程を聞く際に注意すべきこと

  • 葬儀日程をメールで聞くのは失礼なの?

以上の事をお伝えしていきます。
葬儀日程の聞き方やマナーについてお悩みの方はどうぞ最後までお付き合い頂き、今後の参考にしていただければ幸いです。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀の日程は聞いてもいい?

人々

大切な人や身近な人の訃報を耳にしたら、ぜひ葬儀に参列して最後のお別れをしたいと思うものですよね。

しかしあなたと故人とは親しい間柄であっても、あなた自身はご遺族と面識がなく、こちらの連絡先をご存知ない場合もあります。
そのような場合は葬儀日程の連絡をご遺族から直接受けることは難しいでしょう。

また、ご遺族が葬儀の準備に忙しくて故人の関係者すべてに連絡できないということもありえます。

そのような場合は故人との親交の深さにもよりますが、一般的には直接こちらからご遺族に電話をかけて葬儀の日程を尋ねても失礼にはあたりませんのでご安心下さい。

ただ、ご遺族は大切な人を亡くされたばかりで深い悲しみの中におられます。
電話ではご遺族への配慮の行き届いた聞き方をすることがとても大切です。

葬儀の日程を聞く時の注意点

葬儀

ご経験のある方はおわかりのことと思いますが、大切な方が他界された直後、ご遺族は悲しみに浸る間もなくさまざまな手続きや葬儀の準備に追われ、非常に慌ただしくなってしまいます。
そのため、よほど親しい間柄である場合以外は、ご遺族に余計な負担をかけないよう電話でお悔やみの言葉を伝えることは控えるべきです。

やむを得ず直接ご遺族に電話をかけて葬儀の日程を聞く時は、何よりもご遺族への配慮を大切にした聞き方を心がけましょう。
葬儀日程を聞く際の注意点がいくつかありますので、ぜひ参考にしてください。

聞き方と聞く内容

電話をかけたら、まず自分の名前を名乗ってから故人との関係を簡単に伝えます。

そしてお悔やみの言葉を伝えます。
お悔やみの言葉についてはのちに解説していきます。

あなたなりのお悔やみの言葉を伝える事ができたら、ここで葬儀の日程と場所を簡潔に聞きます。
せっかく聞いた情報を忘れてしまうことのないようにメモを取ることをおすすめします。

またもし聞けるようであれば、宗教や宗派を聞いておくと香典袋やしきたりの違いに対応できます。
葬儀の日程と場所が分かったら、お礼の言葉を述べて短めに切り上げましょう。
相手の方が電話を切るのを待つとよいですね。

ご遺族になるべく負担をかけない聞き方をしようとする心遣いが一番大切です。

お悔やみの言葉

自分の名前と故人との関係を簡単に伝えたら、お悔やみの言葉を伝えましょう。
お悔やみの言葉を伝えずにいきなり用件に入るのは、大変失礼にあたりますので気をつけてください。

電話で伝えるお悔やみの言葉としては、「この度はお悔やみ申し上げます」、「突然のことで言葉も見つかりません、お悔やみ申し上げます」などのシンプルに気持ちを伝えられる言葉を選ぶとよいでしょう。

また葬儀の日程の聞く際、「お辛いところをお尋ねすることになり申し訳ありませんが、今後の日程はお決まりでしょうか」、「もしよろしければお別れに伺いたいのですが、この後の日程はお決まりでしょうか」といった表現の聞き方がよいでしょう。

お悔やみを伝える際は、ありきたりな表現で言葉は少ないくらいの方がちょうどよいです。
間を持たせようとしてその場にふさわしくない余計なことを喋ってしまわないように気をつけましょう。

電話でのお悔やみの言葉についてのマナーや文例を詳しく知りたい方は以下のリンクを参考にしてみてください。

死因などを聞くことは避ける

電話での会話に限らず、葬儀の際でも故人の死因を話題にすることはマナーに反します。

ついこの間お会いした時は元気だった方が急にお亡くなりになったときや、まだ若い方が他界された時などは、亡くなってしまった理由を知りたいと思う場合もあるかと思いますが、ご遺族のお気持ちを大切に考えて死因を聞くことは避けましょう

たとえ丁寧な聞き方をしたとしても、お亡くなりになった理由を聞くことはマナー違反です。

使ってはいけない言葉

電話でのやり取りでは、葬儀の際と同じように忌み言葉を避けます。

一般的によく知られている重ね言葉(たびたび・かさねがさね・いろいろ、など)や、不吉なことを連想させる言葉(消える・落ちる・とんでもないこと・大変、など)は使わないようにしましょう。
不幸が続くことを思わせる言葉(続く・再び・追う・繰り返し、など)にも注意が必要です。

また、生死に関する言葉にも気をつけましょう。
「死ぬ」「死亡する」などの直接的な表現は避け、「亡くなる」「逝去される」といった言葉に置き換えます。
つい言ってしまいがちな「生きていた時は」という表現は、「生前は」「お元気だった頃は」というようにソフトな言い回しにするとよいでしょう。
ご遺族の気持ちに寄り添った言葉選びを心がけることが大切です。

葬儀で使ってはいけない言葉についてさらに詳しく知りたい方は以下のリンクを参考にしてみてください。

葬儀日程をメールで聞くのは失礼?

困った人々

ここまで葬儀日程の聞き方についてご紹介してきました。
ではここで、連絡手段についてご説明します。

普段メールをよく使っているな方なら葬儀日程をメールで聞きたいと思うかもしれません。
電話に比べてメールを送る時間帯をあまり気にしなくてよいという利点もあります。

しかし、葬儀日程をメールで聞くのは控えた方がよいでしょう。
ご遺族のことを気遣って正しい聞き方をしたいですよね。
特別な事情がある場合を除いては、やはり電話で直接確認することをおすすめします。

例外として、最近はご遺族からメールで訃報の連絡を受け取ることもありますが、その場合はメールでお悔やみの言葉と共に葬儀の日程を伺っても失礼にはあたりません

葬儀日程の聞き方についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、葬儀の日程の聞き方のマナーや注意点について解説しました。

  • 葬儀の日程を電話で聞いても失礼にはあたらない。

  • 電話では、お悔やみの言葉を伝え、葬儀日程と場所を聞き、お礼を述べて長くならないように電話を切る。

  • もし聞けるようであれば、宗教や宗派を聞いておくと香典袋やしきたりの違いに対応できる。

  • 死因を聞くのは避け、「忌み言葉」や直接的な生死の表現は使わないように注意する。

  • 葬儀日程をメールで聞くことは避けたほうがよいが、ご遺族からメールで訃報の連絡があった場合は失礼にあたらない。

突然大切な人の訃報を知った時は誰でも動揺してしまうものです。
生前の出来事が懐かしく思い出され、感謝と共に最後のお別れをしたいと望む方は多いことでしょう。

一刻も早く葬儀の日程を知りたいという気持ちももちろんあると思いますが、深い悲しみの中にいるご遺族の気持ちを思いやった聞き方が必要です。

電話では相手の顔が見えないためつい一方的に話してしまいがちですが、こんな時こそ一呼吸おいた大人の配慮ある聞き方を心がけたいものですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
皆さまの今後に参考になれば大変嬉しく思います。

「終活ねっと」ではこの他にも、葬儀やお墓について詳しくまとめて掲載しています。
こちらの記事は、葬儀の費用相場や安くする方法について分かりやすくまとめていますので、ぜひお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事