臨終後の通夜・葬儀のマニュアルとは?流れやマナーについてご紹介

葬儀は急に多くのやるべきことが発生するので、流れを説明してくれるマニュアルが欲しくなります。緊急時にまとまった情報源を備えておくと、時間を大幅にロスすることなく対応することができます。今回の記事では、通夜・葬儀の流れやマナーをマニュアル化してお伝えします。

目次

  1. 葬儀のマニュアルについて
  2. 葬儀までの流れ
  3. 葬儀を行う前の準備マニュアル
  4. 通夜のマニュアル
  5. 葬儀のマニュアル
  6. 葬儀後のマニュアル
  7. 受付のマニュアル
  8. 司会のマニュアル
  9. 葬儀のマニュアルのまとめ

葬儀のマニュアルについて

葬儀

葬儀を行うときは、誰でもその段取りを教えてくれる人がそばにいてほしいものです。
葬儀の流れをまとめた情報があればいいのですが、大抵の場合は葬儀社の方から説明を受けないと把握できず、覚えてしまうほど慣れる機会が多いものでもありません。

故人の遺志やご遺族の意向を尊重するのが一番とはいえ、わかりやすい指標の存在は大きいです。
今回、終活ねっとでは葬儀のマニュアルを以下のようにまとめてみました。

  • 葬儀までの流れについて
  • 葬儀を行う前の準備段階のマニュアル
  • お通夜全体のマニュアル
  • 葬儀全体のマニュアル
  • 受付についてのマニュアル
  • 司会についてのマニュアル

次に行うことは何なのか、おおまかにでも把握しておくと、細かい調整にも自信をもって対応できるようになります。
葬儀の全体像を掴むためにも、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀までの流れ

介護

故人が亡くなった直後から、葬儀の対応は始まります。
病気などで死期を悟っている状況なら予想もしやすくなりますが、不慮の事故などの場合もありますので、若く健康な方も一度は手順を考えておくと備えになります。

臨終後から葬儀までの大まかな流れは以下の通りです。

  • 臨終
  • 清拭後、霊安室へ移動
  • 葬儀社を選び、遺体を搬送
  • 枕飾り・湯灌・死装束に着替えさせる
  • 納棺

以下でこれらの流れについて詳しく解説していきます。

臨終後の流れ

臨終を迎えたかどうかは、医師が判定を行います。
現在の日本でご遺体を運搬できないケースや、臨終前に病院に行けないケースはごく少数ですので、ほとんど病院からのスタートとなります。

公的手続き

死亡の判定が下されると、担当の医師から死亡診断書(老衰・病死以外の場合は死体検案書も)を受け取ります。
死亡診断書をもとに、故人に対する課税の停止や年金受給の停止手続きを行います。
葬儀の手続きと並行になりますが、主な公的手続きは以下の通りです。

種類 期限
死亡届 7日以内
火葬許可申請書 7日以内
世帯主変更届 14日以内
国民健康保険の返却・喪失届 14日以内
国民年金受給停止 14日以内
厚生年金受給停止 10日以内

地域によっては手続きに時間がかかることも多いので、遺族内で可能な限り助け合うようにするのが無難です。

臨終後の体のケアやその他の準備

臨終後は末期の水などの風習が行われることもありますが、基本的にはまず「清拭」というご遺体を綺麗にする作業が行われます。
医師・看護師などの医療関係者が行う工程で、医療器具の取り外しや衛生的な問題に対応するための最低限の処置がとられます。

次に、死化粧が施されることがあります。
死化粧があるかどうかは病院によってまちまちで、葬儀社へ依頼すれば可能としているところもあります。

この後は、ご遺体が病院の霊安室に移されることとなります。
このときから故人は医療関係者の担当範囲外となり、遺族と葬儀社で対応を進めることとなります。
同時にほとんどの場合、近隣で利用できる葬儀社をいくつか紹介されることとなります。

病院内で遺族がご遺体に直接対応することはほぼなく、手続きに必要な書類の受け取りや故人の使用していた遺品の回収などが中心となります。
ここから先は葬儀社選びとなり、葬儀を見据えた納棺まで一連の流れとなります。

納棺までの流れ

臨終後に葬儀社を選んだら、次は自宅か斎場の安置所にご遺体を搬送します。
主に葬儀社の方の手によって行われ、搬送先ではすぐ納棺とならず布団に安置されることになります。

この次には、枕飾りや枕勤めが行われます。
枕飾りは簡易な儀式用具を備える工程で、ほとんどの葬儀社のプランに含まれています。
枕勤めは僧の方がお経を読む、参列者が平服でもいい緊急性の高い儀式ですが、プランによって有無の差があり、最近では省略されることも多いです。

これらを終えると、ご遺体をお風呂に入れる湯灌(ゆかん)が行われます。
湯灌も必須ではなく専用設備と作業員が工程ですので、葬儀社の方と話し合ってするかどうかを決めておきます。

最後に、故人を死装束に着替えさせます。
この工程もまずプランに含まれていますが、今では伝統的な白の巡礼服だけでなく、各々の好みの服を着せることも多くなっています。
簡単に相談した上で行うこととなるでしょう。

以上のことをすべて終えて、ようやく納棺となります。
納棺は従来遺族の手で行っていたものですが、近年は葬儀社で専門としている方が行うケースが主流となっています。

次は葬儀と火葬となり、斎場のスタッフや葬儀社の方とともに進行していくことになりますが、納棺前までの流れもほとんど葬儀社の方と打ち合わせて行うこととなります。

葬儀を行う前の準備マニュアル

お金

納棺までもなかなか休める時間がなく忙しいですが、葬儀の形も早急に決めなければなりません。
心情的にあまり考えたくはないものの、失敗や後悔のないようにするためには事前に正確に検討しておくことが重要です。

葬儀を行う前に必要な準備は以下の通りです。

  • 葬儀の種類を決める
  • 葬儀社・斎場を決める
  • 喪主を決める
  • 参列者の範囲を決め、案内を出す

以下でこれらの項目について詳しく解説していきます。

葬儀の種類を決める

まず、葬儀の種類をどれにするのかを決めていきます。
故人が特定の宗派での葬儀を希望していた場合は、なるべく尊重して執り行いたいところです。
葬儀の種類にこだわる様子がなく、菩提寺なども心当たりがない場合は、下記の種類を選択肢と考えて柔軟にご検討ください。

仏式(一般葬)

日本でもっとも多いのは、仏式による葬儀です。
一般的で身近な形態であり、葬儀を取り扱っている寺院が全国各地に存在しており、依頼して都合をつけるのに困らない点も大きな利点です。

宗派が多く存在するため、故人やご遺族の家庭にあった宗派を選ばないといけない点には、やや難があります。
代表的なもののおおよその概要を表にしておきます。

宗派 概要
浄土宗 徳を積んで極楽浄土への往生を願う、一般にイメージされやすい教理の宗派
浄土真宗 誰でも即成仏するという教え、異質ながら庶民的な宗派
天台宗 延暦寺が総本山、法華経と厳しい修業が特徴の密教
真言宗 空海が長安で学んだ密教を重視する宗派
日蓮宗 教えの廃れる「末法観」があり、ひたすら題目を唱えることを推奨する宗派、他宗派との関係が敏感なことがままある
曹洞宗 もっぱら座禅にうちこむことで悟りを得るとする宗派、禅宗
臨済宗 師と弟子の問答「公案」で悟りを得る社交的な宗派、禅宗

他にも黄檗宗・華厳宗・律宗・融通念仏宗・時宗などが存在しますが、自ら寺院を探さない限りは、表にある規模の大きめな宗派から選ぶこととなるでしょう。
宗派によって儀式の作法や手順が変わってくるだけでなく、寺院への交通事情もかかわってくるので、候補は先に考えておきたいところです。

家族葬

一般葬ほどの規模を望まない場合は、家族葬という選択肢をとることもできます。
近年増えている葬儀の形であり、少ない親族やごく近しい知人のみで行います。
ご香典・会食・法要といったものをなるべく省略して規模を小さくし、負担を軽減するのが目的です。

親族がもともと少ないなら自然と家族葬に収まることもありますが、参列を考えている親戚や知人が多い場合は配慮が必要です。
通知状の手配や近所への連絡は確実に、文面にも十分気を配りましょう。

劇的にとまではいきませんが、総費用は一般葬より安くなる傾向にあります。
ご香典を辞退する場合はその分の収入がなく、読経代や火葬代など一般葬と予算が変わらないものもあります。

一般葬は50名前後となることも多いですが、家族葬は多くても30名程度の規模となります。
費用を安くするというより、必要なところだけを抑える小さめの葬儀と捉えておきましょう。

家族葬については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬はどんな人におすすめ?おすすめポイントや注意点も紹介

近年、注目をされている葬儀のスタイルに家族葬があります。一般葬にないメリットが支持をされているようです。家族葬とはどのような葬儀なのでしょうか。この記事では、家族葬はどんな人におすすめか、おすすめポイントや注意点と共に解説していきます。

密葬

密葬は家族葬と混同されがちですが、実際には意図が違う葬儀です。

昔からある葬儀の形のひとつで、故人が有名人で参列者が大勢になりそうな場合、少人数の親族を中心に先に行う葬儀のことを指します。
家族葬はお通夜から本葬までセットで家族葬と呼びますが、密葬は後日に他の人の参列の場となる本葬を控えることが前提の葬儀であり、この点で区別されます。

最近はその境界も曖昧になっていて、本葬を行わない密葬という形も見られるようになっています。
どちらにしても、密葬は故人は政治家や企業の代表といった有力人物であったときに、近しい人だけで先に行う葬儀としての意味合いで使われる言葉で、家族葬とは異なります

密葬を検討するときは、葬儀にかかわれるご遺族の人数や周囲の状況も限定されています。
葬儀社をよく検討し、守秘義務を守り相互連絡を慎重に行っていただけそうなところを選びましょう。

直葬

直葬はもっともシンプルな葬儀形態であり、「火葬式」と呼ばれるものもほとんど同じといえます。
宗教儀式を可能な限り省略し、基本的に火葬のみで完結させる葬儀です。

お通夜や本葬というものを行わないので、参列者もほぼ少人数の親族のみとなります。
直葬を選択する方は経済的事情を理由とする方がもっとも多いですが、葬儀の意義に疑問のある方、身寄りや参列者のいない方などのケースもあります。

一切の儀礼を伴わず、お別れの時間も非常に短くなるため、心情的に家族葬より理解されにくく、あまり広まっていない形態でもあります。
時間・金銭面の負担は段違いに軽くなりますが、故人の生き様とご遺族の状況を見て、本当に悔いが残らないかよく考えてから決めましょう。

葬儀の依頼先・場所を決める

葬儀社を決める際にも、注意する点がいくつかあります。

会場の規模によって相場が決まってくるので、参列者の数は早めに算出して見当をつける必要があります。
葬儀社の方に連絡をつける前に、大体の人数を想定しておきましょう。

先述した葬儀の種類で希望のものがあるかの他には、式場や斎場に参列者が向かいやすいかどうかも重要です。
式場と火葬場が離れている場合は、葬儀の時間だけでなく、その間の霊柩車の運搬費もかかってきます。

葬儀社を選ぶ際には、会場までの交通の便や、設備の状況も確認しておきましょう。
足腰の弱い方や体調を崩しやすい方のために、バリアフリーや冷暖房・休憩所のしっかりしているところを選んでおくと安心できます。

喪主を決める

葬儀を行うときは、必ず式の担当者となる喪主を決めます。
「施主」はお布施を主だってする人のことで、費用の代表管理者を指しますが、ほとんどの場合は喪主と兼任するため同じように扱われます。

従来の家制度が重視されていた頃の葬式では、墓の管理も担う長男が務めるのが一般的でした。
今では核家族化や価値観の変化により、故人と実生活でもっとも近かった親族が務めるケースも出てきています。

現在の一般的な候補としては、配偶者、年長の実子の順に喪主となることがほとんどです。
各家庭の状況を鑑み、お互い無理なく葬儀を行えるように相談しながら決めましょう。

葬儀のお知らせを親族・知人へ

葬儀社と喪主が一通り決まったら、通知を行うこととなります。
遠くの親族や故人の関係者すべてをチェックするのはかなり時間がかかるため、喪主以外の方もできる限り協力しておきましょう。

案内状は参列をお願いする方に、通知状は辞退をお願いするときに使うなどの使い分けも必要です。
文面の書き方については、葬儀社の方のマニュアルを参考にできる他、終活ねっと内にも詳細を解説した記事がございます。

通夜のマニュアル

葬儀

次は、お通夜のマニュアルを解説していきます。
全体の流れとしては、葬儀の手順を簡単にしたようなものとなります。

通夜の流れ

通夜の大まかな流れは以下の通りです。

  • 設営・進行の確認
  • 受付
  • 僧侶入場・読経
  • 焼香
  • 喪主の挨拶
  • 通夜振る舞い

まず葬儀社の方と打ち合わせて、受付の担当や返礼品、供花の取り扱いなどを決めていきます。
式場の設備や司会進行の手順確認も同時に行っておきます。

受付を終えて時間がきたら、葬儀社の方が呼びかけを行い、僧の方が入場してお通夜が始まります。
読経が終わると焼香となり、故人と近しい人の順にお線香をあげていきます。

焼香を済ませたら、僧の方から法話がある場合があります。

すべての儀式を終えると僧の方が退場し、喪主の挨拶となります。
挨拶に長々とした生前の話などは必要なく、簡潔に感謝を述べて後日の葬儀の案内などにつなげていきます。

会食がある場合は、挨拶の後に席があることを伝えて参列者の案内に移ります。
頃合いを見計らって喪主がお開きを告げ、親族以外は会場から退席することとなります。

本来の意味である伝統的なお通夜を行う場合は、遺族のみで火を絶やさず寝ずの番をする棺守りがここから始まります。

通夜の際の喪主のマナー・注意点

お通夜の概要は以上ですが、喪主を務めるときの注意点にも触れておきます。

服装

お通夜の服装は、喪主であっても略喪服でかまいません。
急な不幸で時間のないときに式に臨んでいるので、遺族側も参列者側も準備の控えめなものでいいと考えられています。

男性ならダークスーツ、女性なら黒無地のワンピースやスーツでも大丈夫でしょう。
葬儀のときにも同じとなるので、金属の目立つ装飾品などは使わないようにしておきましょう。

喪主挨拶

喪主の挨拶は端的に、忌み言葉を使わないようにします。
挨拶の例を示しておきます。

例:お通夜の挨拶
「本日はお忙しいところご弔問いただき、誠にありがとうございました。
 皆様に見守られ、故人もさぞ喜んでいることと思います。

 〇〇は去る〇月×日に、〇〇病院にて息を引き取りました。
 生前に皆様よりご厚情を賜り、〇〇が幸せに人生を歩めたことに、深く感謝しております。
 葬儀は明日の〇〇時より、××にて執り行います。
 別室に粗餐(そさん)を用意いたしましたので、どうぞ故人を偲びながら召し上がりください」

参列への感謝・生前お世話になったことに対しての感謝・葬儀や通夜振る舞いの通知(ない場合も言及)は必須項目となります。
参列への感謝を述べた後、故人の思い出話を挟むこともあります。

挨拶はメモを用意して見ながらでもかまいませんので、要点を間違いなく伝えきるようにしましょう。

葬儀のマニュアル

葬儀

葬儀のマニュアルも解説していきます。
儀式的にはこちらのほうが正式なものとなるので、手順や作法がやや多くなります。

葬儀の流れ

葬儀の流れについては以下の通りです。

  • 遺族・葬儀社間で予定を確認する
  • 受付
  • 読経
  • 弔電の紹介
  • 焼香
  • 閉式・出棺
  • 火葬・骨上げ
  • 初七日法要・精進落とし

開式の1時間前を目安に遺族や葬儀社の方で集まり、予定の確認を行います。
通夜は儀式の性格や参列者の都合上夕方に行いますが、本葬となる葬儀は日中に行うことが多いです。

一般葬の場合、通夜より参列者数が多くなりがちなので、受付係の交代やお茶出しなどの人員には余裕をもたせておきましょう。

僧侶の入場とともに、司会者が開式を宣言して葬儀を始めていきます。
読経は通夜より若干長くなることもありますが、大きく変わらない時間で終わります。
その後に弔電や弔辞の紹介が行われます。

次はご焼香となります。
お通夜のときと同じで、故人と関係性の近い喪主・遺族・一般参列者の順に行います。

焼香を済ませたら閉式となり、出棺の準備に移ります。

火葬場に到着したら最後の別れを行い、僧の方がいる場合は読経をあげてもらい、次いで火葬を行います。
火葬には40分~1時間半程度かかるので、ご遺族や同行者は別室で待機となります。

火葬が終わったら骨上げを行い、骨壺に遺骨を収めたものを喪主が預かります。
この後に、初七日の法要や精進落とし(会食)といった行事をまとめて行うことが多いです。

葬儀の際の喪主のマナー・注意点

葬儀のときのマナーや注意点は以下となります。

服装

伝統的なマナーでいえば葬儀の喪主は正喪服を着ることになりますが、現在ではそこまで重視されず、準備の大変さも考慮されます。
とはいえ、喪主は他参列者より格の高い服装であることが推奨されますので、正喪服の次となる準喪服で葬儀を行うことが多くなっています。

男性の場合はブラックスーツ、女性の場合はブラックフォーマルが適しているでしょう。
どちらも取り扱いは多様な品があるので、略喪服より黒が濃く、弔事でしか使われないものを選びましょう。

喪主挨拶

葬儀の喪主の挨拶例も記しておきます。
状況に合わせ、適した文章に修正しながらご利用ください。

例:葬儀(告別式)の挨拶
「本日はお忙しいところ、母○○の葬儀にご会葬くださり、誠にありがとうございます。
 皆様からお別れの挨拶を賜り温かく見送られて、故人もさぞかし喜んでいることと存じます。

 母が長年〇〇として活躍できたのも、ひとえに皆様方のご厚情の賜物であり、深く感謝いたしております。
 お陰様で、母も念願だった××を達成させることができ、心より喜んでおりました。
 今後とも故人同様、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶と代えさせていただきます。

 本日は、誠にありがとうございました。
 ささやかではございますが、精進落としのお膳を用意いたしましたので、後に召し上がっていただければと存じます」

会葬への感謝・存命時の出来事への感謝・今後の予定に触れる点などは同じです。
葬儀の挨拶でもメモを準備していて大丈夫ですので、葬儀社の方からアドバイスをもらいながら文章を用意しておきましょう。

葬儀後のマニュアル

葬儀

葬儀が終わり一息ついた後も、行わなければならないことがたくさんあります。
落ち着いて行動できるように、葬儀後の流れも確認しておきましょう。

葬儀社などへの支払いを済ませる

まず優先して取り組まなければならないのは、葬儀社への支払いやお布施の支払いです。
葬儀社から請求書が届き次第速やかに支払いましょう。

お布施も当日渡すことができていない場合は、すぐに渡しに行きます。
葬儀社、菩提寺以外に支払い漏れがないかもよく確認しましょう。

香典返し

香典を受け付けた場合、香典返しが必要になります。
四十九日法要の前までに返すのが好ましいでしょう。

香典返しは受け取った金額の3割〜半額を目安に贈ります。
香典返しの内容については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しにおすすめの品物は?人気のギフトカタログ6選をご紹介!

葬儀でお香典をいただいたら後日、香典返しを送るのがマナーです。しかし、いざその時には相手に何を送れば良いのか迷う方も多いかもしれません。また一般的にどんな品物が香典返しとしておすすめなのでしょうか?今回は香典返しにおすすめの品物やカタログギフトをご紹介します。

四十九日法要

四十九日法要は死後49日目までに行えばよいとされています。
そのため、早めに都合の良い日を決定し、通知しましょう。

葬儀に大勢が参列した場合でも、四十九日法要に呼ぶのは遺族や近親者のみであるのが一般的です。
僧侶に同行してもらい、法要と会食を行うのが一般的です。

参列者への引き出物も必要となります。

受付のマニュアル

葬儀

受付でやることについても、まとめられた概要を確認しておきましょう。

通夜

お通夜の受付係が担当することを、列挙する形のマニュアルにすると、以下となります。

  • 1時間前には会場に到着しておき、準備を始める。
  • 弔問客に挨拶を行う。
  • 芳名帳への記帳をお願いする。
  • ご香典を受け取り、管理する。
  • 返礼品を渡す。
  • 供花が来た場合は、記帳した後に会場を受け持つ担当者に取り次ぐ。
  • 冬なら衣類の預かりなどを行い、会場へ案内する。

事務用品や返礼品については、葬儀社の方とも話をして段取りを整えていきます。
ある程度の時間座り続けることになるので、空調や休憩のタイミングも考えておきましょう。

葬儀

葬儀の場合の受付も、やることはお通夜の受付とほとんど同じです。

  • 1時間前には会場に到着しておき、準備を始める。
  • 弔問客に挨拶を返して対応する。
  • 芳名帳への記帳をお願いする。
  • ご香典を受け取り、名前を確認した後に会計係に渡す。
  • 返礼品を渡す。
  • 弔電や供花が来た場合は、記帳して会場の担当者に取り次ぐ。
  • 冬なら衣類の預かりなどを行い、会場へ案内する。

本葬のときは参列者が多くなりやすく、負担も増えるので役割を分担することが勧められます。
具体的には、お金の計算をする会計係を2人用意したり、葬儀社の方に案内係を頼むといったことになります。
仕事関係で親族以外の方が多く参列する場合は、親族と親族以外で受付を分けることもあります。

司会のマニュアル

葬儀

司会についても、行事の区切りとなる挨拶以外にもやることがあります。

通夜

挨拶は前述の例文を参考に手を加えれば大丈夫ですが、都度アナウンスをする必要もあります。
ケース別に例を示しておきます。

例:席を詰めるようお願いするとき
「本日はお忙しい中、故〇〇のお通夜にご会葬下さいまして、誠にありがとうございます。ご足労いただいた皆様には恐縮と存じますが、前のお席がまだ空いております。宜しければどうかお詰めいただくよう、ご案内申し上げます」
例:お通夜の開始を告げるとき
「ただいまより、故〇〇のお通夜を執り行います」
例:喪主ではないときに司会進行するとき
「以上をもちまして、故〇〇(親族でない場合は様をつける)のお通夜を終了いたします。お通夜の閉式にあたり、喪主になり代わりまして、深く御礼申し上げます」

立場を鑑みて、適切な言葉を選ぶ必要があります。
繰り返し言葉や敬語の使い方にも気をつけたいので、ある程度のパターンを想定しておきましょう。

葬儀

葬儀のときの司会も、基本は同じで忌み言葉を避け、混乱が起こらないように参列者へ通知や誘導を行います。

例:携帯電話のオフ・マナー設定を促すとき
「本日はお忙しい中、故〇〇の葬儀にご足労いただき、誠にありがとうございます。
 携帯電話をお持ちの方にご案内いたします。
 お手数をおかけしますが、葬儀の進行のため、携帯電話の電源をお切りになりますか、着信をマナー設定に切り替えられますよう、よろしくお願い申し上げます」
例:弔電を読み上げるとき
「それではただいまより、本葬儀に寄せられました弔電を、ご霊前へ謹んで拝読申し上げます」

司会といっても、行事の進行を主だって取り仕切るというより、必要なタイミングでのみ声をかけて状況を整える役割がほとんどといえます。

僧の方や葬儀社の方には経験がありますので、誘導がある場合はそのまま任せておくと、式自体もスムーズに進みます。
葬儀社の方から対応マニュアルをもらえることもあり、そちらも参考になります。

葬儀のマニュアルのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回、終活ねっとがまとめた葬儀のマニュアルの記事について、内容を簡単に整理すると以下となります。

  • 葬儀までに、臨終後の病院内での処置、納棺までの葬儀社とのやり取りなどがある。
    公的機関の書類手続きの期限に注意すること。
    病院内での処置では特別変わったことをしないが、納棺までの処置は葬儀社に頼むことによって内容が変わる。
  • 納棺が終わったら、葬儀の種類を決める。
    一般葬・家族葬・密葬・直葬などの種類がある。
    最終的な葬儀社(他の業者含む)と喪主を決め、通知を行っていく。
  • お通夜も葬儀も、1時間前からの準備から始まり、読経とご焼香を行う流れとなる。
    お通夜ならその後に通夜振る舞いの会食を行うことがある。
    葬儀では火葬が行われ、初七日法要や精進落としの会食を行うことがある。
  • 受付で行われることは決まっているので、参列者数や受け持つ時間に応じて無理のない人員を割くこと。
    司会は忌み言葉を避けつつ、必要なアナウンスを丁寧に伝えることを心がける。

葬儀のマニュアルとなるものを手元にもっておけば、チェックリストとして活用でき、手続きも滞りなく進められるようになります。
全体像を把握しながら葬儀を執り行うために、ぜひこの記事を助けとしていただければ幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

終活ねっとでは、他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。
ぜひ合わせてお読みください。

こちらも読まれています

葬儀代を安くする方法とは?家族葬などを一般の葬儀代と比較して紹介

葬儀の費用はできるだけ安く済ませたいところですが、いざ葬儀を行うと結構なお金がかかってしまいますよね。しかし、実は葬儀代を安く済ませることができる方法がいくつかあるのです。今回は葬儀代を安くする方法を、ほかの葬儀と比較しながら紹介します。

シェアする

「葬儀・マニュアル」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・マニュアル」についてさらに知りたい方へ

葬儀の際のお別れの言葉の内容は?弔辞の例文や寄せ書きについて解説のサムネイル画像

葬儀の際のお別れの言葉の内容は?弔辞の例文や寄せ書きについて解説

葬儀を身内だけで行う理由やメリット・デメリットは?相場費用も紹介のサムネイル画像

葬儀を身内だけで行う理由やメリット・デメリットは?相場費用も紹介

葬儀用の封筒の選び方や書き方とは?宗派ごとの違いや金額相場も紹介のサムネイル画像

葬儀用の封筒の選び方や書き方とは?宗派ごとの違いや金額相場も紹介

仏式の葬儀の流れとは?臨終後告別式までの流れと神式との違いを紹介のサムネイル画像

仏式の葬儀の流れとは?臨終後告別式までの流れと神式との違いを紹介

葬儀でのお花の手配の方法は?お花の種類と相場費用についてもご紹介のサムネイル画像

葬儀でのお花の手配の方法は?お花の種類と相場費用についてもご紹介

葬儀で使う用具の名前と用途は?神式葬儀での用具や購入方法もご紹介のサムネイル画像

葬儀で使う用具の名前と用途は?神式葬儀での用具や購入方法もご紹介

葬儀の流れ・香典のやり方とは?日蓮宗や曹洞宗などの葬儀もご紹介のサムネイル画像

葬儀の流れ・香典のやり方とは?日蓮宗や曹洞宗などの葬儀もご紹介

葬儀は亡くなってから何日後?遺体の保存方法や葬儀までの流れも解説のサムネイル画像

葬儀は亡くなってから何日後?遺体の保存方法や葬儀までの流れも解説

お葬式と葬儀の違いとは?混じりやすい通夜・告別式との違いもご紹介のサムネイル画像

お葬式と葬儀の違いとは?混じりやすい通夜・告別式との違いもご紹介

葬儀とお葬式の意味の違いは?葬儀の流れや服装・香典マナーをご紹介のサムネイル画像

葬儀とお葬式の意味の違いは?葬儀の流れや服装・香典マナーをご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・マニュアル」についてさらに知りたい方へ

葬儀の際のお別れの言葉の内容は?弔辞の例文や寄せ書きについて解説のサムネイル画像

葬儀の際のお別れの言葉の内容は?弔辞の例文や寄せ書きについて解説

葬儀を身内だけで行う理由やメリット・デメリットは?相場費用も紹介のサムネイル画像

葬儀を身内だけで行う理由やメリット・デメリットは?相場費用も紹介

葬儀用の封筒の選び方や書き方とは?宗派ごとの違いや金額相場も紹介のサムネイル画像

葬儀用の封筒の選び方や書き方とは?宗派ごとの違いや金額相場も紹介

仏式の葬儀の流れとは?臨終後告別式までの流れと神式との違いを紹介のサムネイル画像

仏式の葬儀の流れとは?臨終後告別式までの流れと神式との違いを紹介

葬儀でのお花の手配の方法は?お花の種類と相場費用についてもご紹介のサムネイル画像

葬儀でのお花の手配の方法は?お花の種類と相場費用についてもご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと