葬儀は何時間かかる?葬儀の流れや逝去から葬儀までの流れも解説

急な身内の不幸で葬儀を取り仕切ることになることがあると思います。葬儀には何時間くらいかかってどのような流れがあるのか、ご存じでない方も多いのではないでしょうか。今回は、葬儀は何時間ほどかかるのかだけでなく、葬儀当日の流れや逝去から葬儀までの手順もご説明します。

目次

  1. 葬儀は何時間かかる?
  2. 葬儀のおおまかな流れ
  3. 葬儀は何時間かかる?
  4. 逝去から葬儀までの流れ
  5. 葬儀に何時間かかるのかまとめ

葬儀は何時間かかる?

葬儀

みなさんは、葬儀に何時間の時間が必要なのかご存じですか?
身内に不幸が起こった場合は、不慣れながらも葬儀を取り仕切る必要に迫られます。
日常生活の中ではあまり葬儀に関して考える機会はないので、いざ葬儀といっても当日の流れやかかる時間について不安になってしまいますよね。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀は何時間ほどかかるのかについて以下の項目を解説していきます。

  • ご臨終から通夜までの流れは?
  • 告別式の流れは?
  • 葬儀には何時間くらいかかるの?
  • 逝去から葬儀までの流れは?

親しい身内の不幸は本当に悲しいことです。
葬儀全体の流れはどうなっているのか、何時間くらいかかるのか、慌てることのないよう参考知識として、今のうちに知っておきましょう。

詳しく解説いたしますので、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀のおおまかな流れ

葬儀

葬儀にかかる時間を把握するためには、大まかな流れを知っておく必要があります。
ご臨終から葬儀終了までの大まかな流れは以下のとおりです。

  • ご臨終
  • ご遺体の搬送・安置
  • 納棺
  • 通夜
  • 葬儀・告別式

それぞれの詳細な内容に関して、以下の章で具体的にご説明します。

葬儀は何時間かかる?

困った人々

葬儀という言葉には、使い方によってその範囲が違ってきます。
1つは、ご逝去後の通夜から火葬まで一連の流れを指して全体を葬儀と表現する場合があります。
また、通夜後の葬儀・告別式のみを指す場合、また、僧侶に読経を上げていただく葬式のみを狭義に指す場合などがあります。

今回は、通夜および葬儀・告別式の2つの儀式に関して主なスケジュールと何時間ぐらいかかるのかをご説明します。

通夜のスケジュール

通夜とは、葬儀・告別式の前日に親族や親しい知人・友人が集まって故人との別れを惜しむ儀式です。
本来は文字通りに夜を通して行われる儀式でしたが、現在では何時間もかけて通夜を行うと列席者の時間的な都合などにも影響するので、一般的に2~3時間で行われるようになりました。

このような現在の形式を半通夜と呼びます。
ご臨終から通夜を執り行うまでのスケジュールをご説明します。

納棺

病院でご臨終を迎えた場合には医師より死亡が宣告され、死亡診断書が発行されます。
ご臨終後、遺体を安置し葬儀の方向性が決定したら納棺にうつります。

納棺の手順は以下のとおりです。

  • 清拭(せいしき)

    故人の体を拭き清めます。
    ご遺体を風呂に入れて清める「湯灌」(ゆかん)という儀式が以前では一般的でしたが、現在では少し簡易的な清拭で済ませる場合が多くなっています。
    湯灌を行う場合は、別途そのための準備が必要となり、費用も別途発生します。
    事前に葬儀社のご担当に相談してください。

  • 死装束(しにしょうぞく)

    故人が冥土に旅立つための着物が死装束です。
    仏教式では白色和服である経帷子(きょうかたびら)が基本です。
    しかし、現在では伝統的な死装束にこだわらず、故人が好きだった洋服を着せるなど自由な形式で問題はありません。
    ただ、浄土真宗では死者は浄土に旅立たずに成仏するので死装束は着せません。

  • 納棺

    故人を棺に納めます。
    ご親族の手で行うものでしたが、現在では葬儀社のご担当や納棺師という専門の方に依頼することが多くなりました。

  • 副葬品のお納め

    ご遺体と同時に、故人が愛用していたものや思い出の品などを副葬品として棺の中に納めます。
    ただし、燃えににくい素材のものやプラスチック、密閉された缶など納めてはいけない品もありますので事前に確認が必要です。

通夜

納棺後、葬儀・告別式の前日に通夜を行います。

今回は夜通し行われる通夜ではなく、半通夜の場合の流れをご説明します。
通夜は18時もしくは仕事終わりでの弔問を考えて、19時からの開始が一般的です。

  • 準備

    会場の設営は葬儀社の担当が行います。
    供花設置の順番やお礼状、返礼品などの準備に怠りがないか確認し、受付、会計、会場までの道案内などそれぞれの役割の担当者なども事前に相談の上決定します。

  • 受付

    受付では芳名帳に記帳いただき、香典をお受け取りします。
    その際、終了後にお渡しする返礼品の受け取り札などをお渡しします。
    同時に受付では会計係が香典の金額と芳名帳を確認し、リストを作成するなどの作業が発生します。

  • 開式、僧侶入場

    喪主を筆頭に、近い身内が順番に祭壇の横に着席します。
    祭壇に向かって右側がご親族、左側が職場関係者、友人・知人などが着席します。
    着席がほぼ完了した時点で僧侶が入場し、通夜式がはじまります。

  • 読経・ご焼香

    宗派によって長さは違いますが、おおよそ20分~30分程度の読経を僧侶が行います。
    読経の後半には、進行役に促されてご焼香を行います。
    ご焼香は喪主、身内・親族が行い、その後故人との関係が深かった順番に行っていきます。

  • 法話

    読経終了後、短時間で僧侶よりお話があります。
    世情、仏教説話の他にも事前にお話をした故人の人となりに触れていただけることもありますので親族は耳を傾けてください。

  • 僧侶退場、通夜式の終了

    法話が終了すると僧侶が退場し、通夜式は終了です。
    進行役は、参列者を通夜振る舞いの席に誘導します。

  • 通夜振る舞い

    お酒やご飲食を用意して参列者への感謝の気持ちをあらわすと共に、故人の思い出などを語って故人の死を悼みます。
    通夜振る舞いは長くても1時間程度で切り上げ、喪主がご挨拶を行います。
    参列された方は一旦は通夜振る舞いの席に着き、わずかでも箸を付けるのが礼儀です。

  • 棺守り

    通夜振る舞いが終了し参列者がすべて帰られた後も、身内は会場に残り線香が途切れないように棺守りを行います。
    多くの葬儀会場では棺守りのために宿泊可能になっています。

現在では、通夜式は何時間もかかるような式典ではなくなりました。
式典終了後の棺守りが、本来の通夜の名残といえるかもしれません。

告別式とその後のスケジュール

続いて告別式の流れをご説明します。
葬儀と告別式はほぼ同義語として理解される場合がありますが、本来は以下のような違いがあります。

  • 葬儀

    葬送儀礼の略です。
    日本では多くの場合が仏教式で執り行われ、故人を冥土に送り出すための儀式です。

  • 告別式

    親族や親しい知人・友人が故人の死を惜しむ式典です。
    宗教的な色合いはなく、社会的な式典です。

一般的には葬儀と告別式は連続して行われ、双方を総称して告別式と呼称する場合が多くなってきました。
葬儀・告別式にかかる時間は1時間程度と考えましょう。

では、その流れと内容を具体的に説明します。

遺族集合

葬儀開始は午前10時頃が一般的ですが、参列者で早い方は30分以上前にお見えになります。
遺族は葬儀当日は受付や案内などのお手伝いをする場合があり、また、そのための事前の打合せもあるので、少なくとも葬儀開始時間の1時間前までには集合するよう心がけます。

お手伝いいただく親族には、当日式典終了まで何時間くらいかかるのか事前に伝えておくほうが安心です。

葬儀・告別式

受付は葬儀開始の30分前には開始できるように準備します。
10時開始の場合の葬儀・告別式の具体的な進行は以下のとおりです。

時間 内容
9:30 受付開始
9:50 親族、参列者入場、着席
10:00 僧侶入場、葬儀開始
10:00~10:20 読経
10:20~10:25 弔電披露
10:25~10:40 ご焼香
10:45 僧侶退場
10:50 喪主挨拶
11:00 葬儀・告別式終了

出棺

喪主の挨拶にて葬儀・告別式が終了後、火葬場に向けての出棺となります。
その前に親族や親しい方が故人の棺の周囲に集まり、献花を行い最後の別れを惜しみます。

その後、親族を含めた親しい知人男性が集められ6名ほどで棺を持ち、霊柩車に運びます。
出棺の際は、位牌を持った喪主と遺影を持った親族が棺の後に続きます。
棺を霊柩車に載せた後に、喪主と遺族が並び参列者へのご挨拶を行い、出棺となります。

火葬

出棺後は、火葬場でご遺体を荼毘に付します。
火葬場では、何時間くらいのスケジュールになるのでしょうか。
火葬の主な流れは以下のとおりです。

  • 受付

    火葬場に到着したら、役所より発行された「火葬許可書」を提出します。
    分骨などを希望する場合は事前に葬儀者の担当に相談をして、分骨用の小さい骨壷をご用意いただくようにしましょう。

  • 納め式

    位牌と遺影を火葬炉前の祭壇に飾ります。
    準備ができたら、僧侶に最後の読経をあげていただきます。

  • 火葬

    火葬には、1時間~2時間程度の時間がかかります。
    終了までは、火葬場内の待合所で待機します。

収骨

火葬終了後に再び火葬炉の前に集まり、遺骨を骨壷に移す骨上げを行います。
骨上げは喪主から始まり、関係の近い遺族から順番に行います。
骨あげの順番は、歯から始まり足から頭への順番で行い、最後に喪主が喉仏を収めます。

また最近では、火葬のみの葬儀という葬儀の形を選択する方も増えてきました。
火葬のみとなると、かかる時間や費用なども変わってきます。
こちらの記事には、火葬のみの葬儀に関しての内訳やメリット、デメリットなどを詳しく解説しておりますのでぜひ合わせてお読みください。

こちらも読まれています

火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!

近年、身内だけで葬儀を執り行う家族葬や、宗教色を無くした無宗教葬など様々な葬儀が注目されています。その中でも、通夜や葬儀を執り行わず、火葬のみを行う葬儀をご存知でしょうか。今回はそんな火葬のみを執り行う葬儀の平均費用相場や、注意点・マナーなども解説します。

逝去から葬儀までの流れ

葬儀

ここまで、葬儀に関する流れをご説明しました。
それでは、ご臨終から葬儀までの期間にはどのような流れがあるのでしょうか。
簡潔にご説明します。

逝去

病院でご臨終を迎えた場合には、医師から死亡宣告がなされます。
その後、死亡診断書と死亡届が発行されます。
死亡届は地元の役所に提出し、火葬許可書を受け取る必要があります。

遺体安置

病院で亡くなった場合には、霊安室に長時間ご遺体を安置しておくことができません。
そのため、数時間の間にご遺体を搬送する必要があります。
多くの場合はこの時点で葬儀を委託する葬儀社を決定し、寝台車の手配を依頼します。

ご遺体の安置場所は基本的にはご自宅となりますが、最近ではマンションなどの住宅事情と近隣への配慮から葬儀施設の安置所を利用する場合も多くなっています。

搬送後は、ご遺体を布団に寝かせます。
一般的には仏教式の習慣に習って、ご遺体は北枕に安置し、香炉、蜀台、枕飯、枕団子などをそろえた枕飾りを用意し、僧侶によって枕経を読経していただきます。

打ち合わせ

ご遺体の搬送、安置後に葬儀社と葬儀・告別式に何時間くらいかかり、どのような準備が必要なのか具体的な打合せを行います。

主な打合せ項目は以下のとおりです。

  • 葬儀の形式
  • 葬儀日程と場所
  • 葬儀費用
  • 決定した形式に伴う準備物
  • 葬儀案内の手配

仏教式による一般的な葬儀のほか、家族葬や一日葬、直葬など葬儀の形式も多様化しています。
故人と家族の意思を尊重し、しっかりと相談して決めてください。

納棺

ご遺体を安置し葬儀社との打合せが終了した後、通夜までの間に故人を棺に収める納棺を行います。
納棺する棺も装飾やグレードによって内容や費用も様々です。

普段はあまり知識がない棺ですが、故人の社会的地位や予算などを考慮して棺を選ぶようにしましょう。
具体的な納棺の手順は、前段に記した通りです。

また、以下の記事では通夜や葬儀の日程の決め方について詳しく掲載しておりますので、ぜひご参考にしてください。

こちらも読まれています

お通夜や葬儀の日程の決め方は?六曜との関係やお葬式の流れも解説

身近な方が亡くなったあと、すぐにお通夜や葬儀の日程を決めなければいけません。とはいっても、どんなことを考慮して日程を決定するべきなのでしょうか?今回はお通夜や葬儀の日程の決め方から、避けるべき日、お通夜や葬儀・告別式の流れを紹介していきます。

葬儀に何時間かかるのかまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。

今回終活ねっとでは、葬儀に関わるスケジュールや流れに関して、何時間くらいかかりどのような流れがあるのか詳しくご説明しました。
まとめると以下の通りです。

  • ご臨終から葬儀までの大まかな流れは、ご臨終~ご遺体の搬送・安置~納棺~通夜~葬儀・告別式である。
  • 通夜は葬儀・告別式の前夜に行うもので、以前は夜を通して行ったが、現在では19時頃に始まり2~3時間程度で行い、これを半通夜と呼ぶ。
  • 葬儀と告別式は本来は別の式典だが、現在ではほとんどの場合同時に執り行う。
  • 葬儀・告別式は、通常午前中に始まり1時間~2時間程度のスケジュールで、告別式終了後は続いて出棺を行う。
  • 出棺後は火葬場でご遺体を荼毘に付す。
    火葬の時間は1時間~2時間程度で、火葬終了後には骨壷にお骨を収める骨上げを行う。
  • 火葬終了後に埋葬許可書を受け取る。

喪主として葬儀を取り仕切る機会はあまりないので、葬儀には何時間かかり、どのような準備が必要なのか詳しい知識を持っている方も多くないと思います。
葬儀の進行は親族や委託した葬儀社と十分な打合せを行い、遺漏のないように進行しましょう。

また終活ねっとでは、葬儀に関する記事を数多く掲載しています。
下記の記事では葬儀に関する費用を詳しくご説明しています。
ぜひこちらも合わせてお読みください。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・何時間」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・何時間」についてさらに知りたい方へ

告別式と通夜・葬儀・葬式の違いって?それぞれの流れをご紹介のサムネイル画像

告別式と通夜・葬儀・葬式の違いって?それぞれの流れをご紹介

お通夜に遅れるのは大丈夫なの?遅れる場合のマナーについても解説!のサムネイル画像

お通夜に遅れるのは大丈夫なの?遅れる場合のマナーについても解説!

亡くなった当日は通夜をしていい?通夜までの準備や当日の流れも解説のサムネイル画像

亡くなった当日は通夜をしていい?通夜までの準備や当日の流れも解説

葬儀にかかる時間ってどのくらい?スケジュールについても解説しますのサムネイル画像

葬儀にかかる時間ってどのくらい?スケジュールについても解説します

告別式の所要時間はどのくらい?告別式の流れについても解説します!のサムネイル画像

告別式の所要時間はどのくらい?告別式の流れについても解説します!

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!のサムネイル画像

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介しますのサムネイル画像

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介します

葬儀・通夜・告別式の流れや違いって?日程や持ち物・マナーを紹介!のサムネイル画像

葬儀・通夜・告別式の流れや違いって?日程や持ち物・マナーを紹介!

お通夜と葬儀の違いとは?服装や挨拶の違いなどについても解説!のサムネイル画像

お通夜と葬儀の違いとは?服装や挨拶の違いなどについても解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・何時間」についてさらに知りたい方へ

告別式と通夜・葬儀・葬式の違いって?それぞれの流れをご紹介のサムネイル画像

告別式と通夜・葬儀・葬式の違いって?それぞれの流れをご紹介

お通夜に遅れるのは大丈夫なの?遅れる場合のマナーについても解説!のサムネイル画像

お通夜に遅れるのは大丈夫なの?遅れる場合のマナーについても解説!

亡くなった当日は通夜をしていい?通夜までの準備や当日の流れも解説のサムネイル画像

亡くなった当日は通夜をしていい?通夜までの準備や当日の流れも解説

葬儀にかかる時間ってどのくらい?スケジュールについても解説しますのサムネイル画像

葬儀にかかる時間ってどのくらい?スケジュールについても解説します

告別式の所要時間はどのくらい?告別式の流れについても解説します!のサムネイル画像

告別式の所要時間はどのくらい?告別式の流れについても解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと