浄土宗の葬儀で唱えられるお経とは?浄土宗で読まれる経典も解説

浄土宗の葬儀で唱えられるお経とは?浄土宗で読まれる経典も解説

浄土宗の葬儀に出席された経験のあるかたは多いですが、葬儀で唱えられるお経について気を配っことはありますか?一口にお経と言っても様々な種類があり、それぞれ内容は異なるのです。この記事では、浄土宗のお経や経典について詳しく解説していきます。ぜひご一読ください。

最終更新日: 2020年12月17日

浄土宗の葬儀のお経について

葬儀

葬儀でお経が唱えられるのはよく見られる光景ですが、お経の内容は各宗派や寺院ごとに異なるということはご存知でしょうか?
また、同じ宗派でも通夜・葬儀・火葬場のお別れの場とでは、種類の異なるお経が読まれるというケースも散見されるのです。
漫然と聞いているとどれも同じものに聞こえてしまうかもしれませんね。
ですが、お経の内容や唱える順番にもそれぞれ意味があります。

では、浄土宗の葬儀ではどのようなお経が唱えられているのでしょうか?
どれくらいの種類があり、内容にどのような意味が込められているのかなど、わからないことはたくさんありますね。
今回「終活ねっと」では、浄土宗の葬儀で唱えられているお経について詳しく解説していきます。

  • 浄土宗の教えとは

  • 浄土宗の葬儀で唱えられるお経について

  • 浄土宗の経典は?

この記事では、以上の点を中心に浄土宗のお経を解説していきます。
浄土宗の経典についてもご紹介いたしますので、ぜひ最後まで目を通しお役立てください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

浄土宗の教え

葬儀

お経とは、サンスクリット語で「要約」・「簡略化した説明」という意味を持つ「スートラ」という言葉を漢訳し、日本語の発音をあてはめたものです。
語源が示すように、浄土宗のお経には浄土宗の教えが詰まっているのです。
では、浄土宗とはどのような教えを広めている宗派なのでしょうか。

浄土宗は、法然を宗祖とする大乗仏教の宗派の一つです。
教義の特徴としては、専修念仏を中心とする点が挙げられます。
専修念仏とは、ただひたすらに「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えることを言います。
雑念を捨てて念仏を唱え続けることで、魂の安らぎを追及するという考えです。

お坊さんの修行というと、座禅を組んで瞑想する様子を思い浮かべる方も多いかと思いますが、浄土宗ではこのような修行の一切を否定しています。
生活の中で念仏に触れ続けることで、仏の御名とともにあり続けることが仏の救済に近づくことであり、最も重要であると説いています。
この考えを他力本願といいますが、現在よく使われる他者に依存して成り行き任せにする、という意味とは用法が異なりますのでご注意ください。

浄土宗の葬儀で唱えられるお経

葬儀

では、浄土宗の教えについて知っていただいたところで、浄土宗の葬儀で唱えられるお経について解説していきます。
日本のお経は仏教の発祥の地であるインドから中国を経由して伝わったものです。
その数は膨大で、正確な数は把握されていません。

膨大な数のお経の中から読まれるお経は場にあったものが選ばれます。
浄土宗の葬儀では、主に以下のお経が唱えられています。

香偈と三宝礼

香偈(こうげ)は、僧侶がお勤めの初めに唱えるお経です。
このお経で心身を清めてから勤行に入ります。
日本仏教では、宗派の別なく唱えられることが多い、共通のお経となっています。
以下が香偈の全文です。

願我身淨如香炉
願我心如智慧火
念念焚焼戒定香
供養十方三世仏

「私の体が香炉のようにきよらかでありますように、私の心が智慧の火のようでありますように。
一念を込めて香を焚いて、あらゆる仏さまにご供養いたします」といった意味合いが込められています。

三宝礼(さんぼうらい)は、徳を讃える偈文です。
以下が三宝礼の全文です。

一心敬礼十方法界常住仏
一心敬礼十方法界常住法
一心敬礼十方法界常住僧

「十方法界にいらっしゃる仏・法・僧を一心に敬います」と念じます。

開経偈

開経偈(かいきょうげ)とは、仏さまや菩薩さまの徳を讃える文言で、読経を行う前に唱えます
仏典に頻出する16音節を一定のリズムに乗せて暗誦します。
読経の枕詞のようなものと考えるとわかりやすいのではないでしょうか。
以下が開経偈の全文です。

無上甚深微妙法
百千万劫難遭遇
我今見聞得受持
願解如来真実義

「仏さまが悟られた真理には百千万生まれ変わろうとも到達することは難しいでしょう。
ですが私は今仏さまの教えに出会い触れることができました。
その真理に到達することを願います」といった訳がされます。
また、日蓮宗ではまた違った読まれ方をしています。

阿弥陀経

阿弥陀経は、極楽浄土の在り方や、衆生は極楽へ行くことをいかに願うべきか、といったことを説いているお経です。
浄土三部経のひとつに数えられています。
「南無阿弥陀仏」と繰り返し唱えるのが特徴で、お経中でも聞きなじみのあるかたも多いのではないでしょうか。
多くのお経はお釈迦様の問いに対して、弟子が返答するという形式で構成されているのですが、この阿弥陀経は、お釈迦様が一方的に教えを説く独特の形式となっていることが特徴です。
以下は阿弥陀経の冒頭部分です。

如是我聞
一時仏在 舎衛国 祇樹給孤独園
与大比丘衆 千二百五十人倶
皆是大阿羅漢 衆所知識
長老舎利弗 摩訶目ケン連 摩訶迦葉
摩訶迦旃延 摩訶倶チ羅 離婆多
周利槃陀伽 難陀 阿難陀 羅ゴ羅
驕梵波提 賓頭盧頗羅堕 迦留陀夷
摩訶劫賓那 薄拘羅 阿ヌ楼駄
如是等 諸大弟子
・・・

四誓偈

四誓偈(しせいげ)は、「無量寿経」という経典の一説を抜粋したものです。
阿弥陀様が法蔵比丘の時分に誓い立てた4つの誓願について言及しています。
浄土宗の勤行で広く用いられるお経です。
以下は四誓偈の冒頭部分です。

我建超世願 必至無上道
斯願不満足 誓不成正覚
我於無量劫 不為大施主
普済諸貧苦 誓不成正覚
・・・

「私は困難な48の願をかけ、深い悟りの境地へ達します。
私は永遠に慈悲の心を施すものとなり、貧しい者たちを救い続けます。
私は悟りの境地へ達し、極楽浄土の救い主となります。
仏さまがそうであるように、私の慧啓もまたすべてを照らす光であるように努めます。

といった内容となっています。

真身観文

真身観文は、「観無量寿経」で説かれる定善十三観の中の第九観について説くお経です。
勤行や浄土宗で執り行われる法要でよく用いられるお経の一つとなっています。
以下は真身観文の冒頭部分です。

佛告阿難及韋提希
此想成已次当更観
無量寿佛身相光明
阿難当知
無量寿佛身如百千万億
夜摩天閻浮檀金色
・・・

仏陀が2人の弟子に、「第8観の修行を終えたのちに次にあなたたちは仏の偉大さとその大きさを知ることになるでしょう」述べている内容です。

摂益文

摂益文(しょうやくもん)は、真身観文の一部からとった文節です。
以下が摂益文の全文となります。

光明徧照
十方世界
念仏衆生
摂取不捨

「如来様の放つ光は世の中のすべてを等しく照らし、生きとし生けるものすべての念仏を聞いておられます」という教えを説いています。

総回向偈・総願偈

総回向偈(そうえこうげ)は、法要の正宗分という段階の最後に読まれるお経です。
以下が総回向偈の全文です。

願 以此功徳
平等 施一切
同発 菩提心
往生 安楽国

「功徳を積んで、そのすべてを生きとし生けるものに施し、皆でともに極楽浄土へ行くことができますように」、という内容です。

総願偈(そうがんげ)もまた、正宗分で読まれるお経です。
四弘誓願を基としたお経です。

衆生無辺誓願度
煩悩無辺誓願断
法門無尽誓願知
無上菩提誓願証
自他法界同利益
共生極楽成佛道

以上が総願偈の全文となります。
「生きとし生けるものすべてを救済し、無量の煩悩をすべて断ち、尽きることのない法門のすべてを知り、無上のさとりに必ず達すると誓い、みなでご利益を分け合って一緒に極楽へ行きましょう」と説いています。

三身礼・送仏偈

三身礼(さんじんらい)は、総願偈の次に唱えるお経です。
阿弥陀さまの3つの功徳「光明摂取」「本願成就」「来迎引接」を讃え、帰依することを誓う文です。
以下が三身礼の全文となっています。

南無西方極楽世界
本願成就身阿弥陀仏
南無西方極楽世界光明摂取身
阿弥陀仏南無西方極楽世界来迎引接身
阿弥陀仏

「西方の極楽世界にいらっしゃる修行を成就された阿弥陀さま、光を照らし生きとし生けるものお救いしてくださる阿弥陀さま、浄土へ導き迎え入れてくださる阿弥陀さま、あなたの元へ帰依いたします」という意味があります。

送仏偈(そうぶつげ)は浄土宗における法要の最後に読み上げる偈文です。
仏さまをお見送りをする内容となっています。
以下が全文です。

請仏随縁還本国
普散香華心送仏
願仏慈心遥護念
同生相勧尽須来

「香を焚き、花を撒いて仏さまをお見送りします。
国元へ帰られた後も慈悲の心で私たちをお導きください。
浄土へ旅立ったみなさまもどうか私たちをお守りください」との意です。

浄土宗の経典

仏壇

経典とは、お経の内容の基になった仏様のお説教を記録した書物で、仏教においては聖典とされています。
こちらでは、浄土宗で特に重視されている経典について内容とともにご紹介していきます。

無量寿経

無量寿経は、大乗仏教全般における重要な経典の一つです。
サンスクリット語で「極楽の荘厳」という意味を持つ「スカーヴァティー・ヴィユーハ」が原本です。

浄土教の根本経典のひとつで、法蔵菩薩が誓願を立てこれを達成し、阿弥陀さまとなり極楽へ至った様子が説かれています。

観無量寿経

観無量寿経も浄土教の根本経典に数えられており、開祖法然により浄土三部経に選ばれています。
古代インド地方の王族の争いを皮切りに、お釈迦さまが極楽世界や阿弥陀仏について解説する13の説法が主な内容となります。

阿弥陀経

阿弥陀経も同様に、浄土教の根本経典であり、浄土三部経のひとつに位置付けられています。
1世紀ころに北インドで編纂されました。
極楽浄土の荘厳さや、極楽世界に行けるように願うことの大切さが説かれています。

浄土宗の葬儀のお経についてまとめ

仏壇

今回「終活ねっと」では、浄土宗の葬儀のお経について詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
この記事の内容を以下にまとめます。

  • 浄土宗の教えとは

    浄土宗では、ひたすら念仏を唱え続ける「専修念仏」を教義の根幹としている。
    「南無阿弥陀仏」と唱え続けることで仏に近づき、魂の救済を得るという考えである。

  • 浄土宗の葬儀で唱えられるお経について

    葬儀で唱えられるお経である香偈・三宝礼・開経偈などを紹介し、その内容や意味について解説した。

  • 浄土宗の経典は?

    浄土宗の根本経典である「無量寿経」「観無量寿経」「阿弥陀経」を紹介した。

葬儀で唱えられているお経は、独特のリズムと言葉運びで綴られるので、聞いていてもよくわからないという方が大半かと思います。
ですが、その内容には意味があり、それぞれの宗派の教えが詰まっているということがわかると、また違った姿が見えてくるのではないでしょうか。

故人との最後のお別れの場である葬儀を意義深いものにするためにも、お経の意味を見直してみることは大変有意なことです。
この記事がその一助となれれば幸いに思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

「終活ねっと」では、ほかにも葬儀や仏教に関する記事を多数公開しています。
下記のリンク先では、葬儀の費用の内訳や、費用を抑える方法について解説しています。
ぜひこちらも併せてご覧下さい。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place DMMのお葬式で斎場を探す
DMMのお葬式で斎場を探す