1日で終わる葬儀とは?通夜は行わない?1日葬の流れや費用を解説!

高齢化や遠方に住む親族など様々な事情により、お通夜をせずに1日で葬儀を終える1日葬を扱う葬儀会社が増えています。1日葬とはどのような葬儀なのでしょうか?今回は、1日葬の流れや費用について詳しく解説します。ぜひ御覧ください。

目次

  1. 1日で終わる葬儀について
  2. 1日で終わる葬儀「1日葬」とは?
  3. 1日葬の流れ
  4. 1日葬のメリット
  5. 1日葬のデメリット
  6. 1日葬にかかる費用はいくら?
  7. 1日葬を行う際のポイント
  8. 1日で終わる葬儀のまとめ

1日で終わる葬儀について

葬儀

一般的に、葬儀は2日間にかけて行われるイメージを持つ人がほとんどなのではないかと思います。
高齢化や親族が遠方に住むなどさまざまな事情から、お通夜を省略して葬儀だけを行いたいといった要望が増えてきました。
そういった声を受け、葬儀会社では1日葬というプランを扱うことが増えています。

1日葬とは、具体的にどのような葬儀を行う形式なのでしょうか?
もし、一般的な葬儀と比べて流れや費用など何か違いがあれば知りたいですよね。

今回の終活ねっとでは、1日で終わる葬儀について以下のようなさまざまな疑問を詳しく解説してまいります。

  • 1日葬とはどんな葬儀なのか?直葬や家族葬との違いは?
  • 1日葬ではどのような流れで葬儀が行われる?
  • 1日葬のメリットやデメリットとは?
  • 1日葬にかかる費用はどのくらい?
  • 1日葬を行うポイントってあるの?

1日葬をお考えの方だけでなく、さまざまな形式の葬儀を知っておきたい方にもお役立ていただける内容になっております。
ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

1日で終わる葬儀「1日葬」とは?

葬儀

1日で葬儀が終わる場合、お通夜はどうなっているのでしょうか?
直葬や家族葬との違いにも触れながら、1日葬について見ていきます。

1日葬では通夜はどうするの?

1日葬は、お通夜はしないで告別式から葬儀を始めるお葬式です。

一般的な葬儀は夕方からお通夜が始まり、翌日に告別式と火葬がありました。
多くの1日葬では午前中から告別式、午後に火葬及び精進落しがあり、1日で葬儀が終了します。

直葬・家族葬との違い

1日で葬儀を行うお葬式は、1日葬の他にも直葬があります。

直葬は葬儀会場でお通夜や葬儀告別式を行わず、火葬場でお経をあげて弔います。
直葬には近親者のみ数人が参列し、亡くなった人と火葬場でお別れをするシンプルな方式です。
1日葬と直葬の違いは、葬儀会場で祭壇を立てて葬儀告別式を行うかどうかという点で異なります。

それでは、1日葬と家族葬にはどんな違いがあるのでしょうか?
家族葬は、親族や家族などごく親しい人が参列する小規模なお葬式です。
一般的に家族葬は、2日間でお通夜や告別式を行う方式を意味することがほとんどです。

ただ、1日葬は家族葬を1日のみの葬儀としたお葬式と考え、家族葬の一つとしている葬儀会社もあります。
ご希望の葬儀を葬儀会社に伝えるときには、家族葬と1日葬の意味を間違えないよう確実に伝えてください。

1日葬の流れ

葬儀

次に1日葬の流れをご紹介します。
流れは以下のようになります。

  • 亡くなった人をご自宅や安置できる場所へ

    病院では、亡くなった人を長く安置しておくことができません。
    必要な書類を受け取って退院の手続きが終わったら、亡くなった人の搬送の手続きが必要になります。
    葬儀会社が決まっている場合は、連絡先に寝台車の手配を依頼しましょう。

    葬儀会社が決まっていない場合、病院から葬儀会社を紹介される場合があります。
    紹介された葬儀会社に1日葬がないなど希望にそぐわなければ、寝台車のみをお願いすることも可能です。
    その場合でもなるべく早く1日葬のプランがある葬儀会社を決定することが必要です。

    亡くなった人は自宅に安置できれば自宅へ、そうでなければ安置できる場所を葬儀会社に相談します。

  • 葬儀会社との打ち合わせ

    葬儀会社の担当の人に1日葬を希望することを伝え、打ち合わせをします。
    法律により亡くなってから24時間は火葬ができないと定められているため、1日葬は早くても翌日より後の日にちになることが多いようです。
    喪主を決め、葬儀会場と火葬場の日程から葬儀の日にちが決まります。

    そして親族に亡くなったことを伝えて参列できるかどうかを確認し、葬儀の席数や精進落しの数を決定していきます。

  • 通夜はせずに告別式の前日を過ごす

    1日葬では告別式の前日にお通夜をせず、自宅に安置されている場合は自宅で家族で静かにお別れをします。
    葬儀会場などに安置されている場合、一緒に過ごせるかどうかは葬儀会社によって対応が異なりますので担当の人に確認が必要です。

  • 告別式及び式中初七日

    葬儀当日は午前中から告別式が始まり、お焼香や読経が行われます。
    告別式の中では続いて式中初七日法要が行われることが多いようです。
    葬儀が終了したら出棺の儀式のあと火葬場へと移動します。

  • 御遺体を火葬、お骨上げ

    亡くなった人を火葬し、お骨上げを行います。
    地域や習慣または火葬場の規模により、火葬場の待合室で精進落しの会食が行われる場合もあります。

  • 精進落しの会食

    お骨上げが終わったら、精進落しの会食をする会場へと移動します。
    会食が終わったら1日葬の日程が終了です。

1日葬のメリット

葬儀

1日葬にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
以下の点から最近多くの人に選ばれています。

ご遺族・参列者の負担が軽減される

1日で葬儀が終わる1日葬のメリットとして、お通夜の準備や参列などが無くなってご遺族や参列者の負担が軽くなるという点があります。

ご遺族は家族が亡くなると葬儀の準備を整え、すぐにお通夜を行うことになります。
夕方から行われるお通夜、そして通夜振る舞いや参列した人へのご挨拶など、ご遺族は忙しく休む暇がありません。

お通夜が終わっても、葬儀会社などによって蝋燭を絶やさないよう寝ずの番をする場合があります。
布団で身体を休められない寝ずの番は、特に高齢のご遺族に負担がかかるでしょう。
慌ただしくなりがちなお通夜をしないことで、ご遺族が故人とゆっくりお別れの準備ができるのがメリットの一つです。

また、遠方から葬儀に参列する親族にも、1日葬のメリットがあります。
遠方の親族は訃報を受けた際、お通夜から参列を考えるとかなり急いで交通機関の手配をしなければなりません。
日程によってはかなり厳しい移動になり、予約が取れない場合もあります。

お通夜の後に泊まる場所がなければホテルを予約しますが、当日など日程が迫っていると厳しくなるでしょう。
葬儀が1日葬であれば、遠方の親族の負担が減らせます。

葬儀費用を抑えられる

メリットのひとつとして葬儀費用を抑えられることが挙げられます。
葬儀費用には通夜振る舞いや精進料理の費用が含まれています。
お通夜に参列していただいた方には、通夜振る舞いをお出しします。

一般葬ではお通夜に参列される人数は把握しにくいため、通夜振る舞いのお料理は多めに見積もって準備することがほとんどでしょう。
家族葬でも、親族の人数分の通夜振る舞いが必要です。
1日葬にしてお通夜をしなければ、通夜振る舞いの費用がなくなります。

また1日葬ではお坊さんに来ていただく回数が1回になるため、お布施の費用負担が低くなる場合もあります。
お布施については檀家かどうか、地域や宗旨宗派により異なりますので、地元の親族や葬儀会社の担当者など詳しい事情をご存知の方にお尋ねください。

返礼品が1日分少なく済む

お通夜や告別式では、受付で会葬御礼の返礼品をお渡しします。
一般的な葬儀ではお通夜に参列する人の数が多いと考え、返礼品を多めに依頼しておくことが多いでしょう。

返礼品にかかる費用は地域などにより異なりますが、1日葬にすれば1日分だけを用意すれば良いために全体の費用負担が軽くなります。

1日葬のデメリット

葬儀

1日葬にはメリットが多くありますが、その半面デメリットもあります。
1日葬をお考えになるときは、以下の点について問題が無いかをチェックしてみてください。

参列者が弔問しづらい

亡くなった人との関係や地域の習慣などにより、お通夜と告別式2日間ではなくお通夜のみに弔問して哀悼の意を表したいという場合が多くあります。

仕事や学校がある人は、お通夜の方が参列しやすいでしょう。
お通夜のない1日葬では告別式のみのため、場合によっては弔問ができなくなるのがデメリットです。

香典の収入が少ない

1日のみの葬儀でお通夜がない場合、告別式に参列できない人は来ることができません。
そのため、お香典が2日間にかけて行う葬儀よりも少なくなります。
また、1日葬では親族のみで葬儀を行うことが多く、お香典を辞退することが少なくないようです。

一般的な葬儀であれば多くの人が弔問されるので、お香典から葬儀や香典返しの費用を出すことができます。
一般的な葬儀と比べると、お香典が少ないという点がデメリットといえるでしょう。

2日分の葬儀費用がかかる可能性がある

葬儀会社や葬儀会場により、1日葬でも2日分の葬儀費用がかかる可能性があります。
1日葬は午前中から告別式が始まりますが、葬儀の準備を行うために前日から会場を借りる場合が少なくないからです。

1日葬のプランが前日から告別式を準備する段取りになっていると、葬儀会社の担当の人にかかる費用や会場を借りる費用が2日分になります。
すると、当初想定していたよりも費用がかかってしまうのがデメリットのひとつです。

1日葬を選んで費用を抑えたいと考えている場合、葬儀費用が2日分かかると後々不満が残ってしまいかねません。
1日葬を考えるときには、葬儀会社に何日分の費用がかかるかを遠慮せずにお尋ねください。

1日葬にかかる費用はいくら?

葬儀

1日葬にかかる費用は、葬儀会社に支払う葬儀費用とお坊さんへのお布施です。
1日葬で多い葬儀プランは35万円前後からです。

それに加えて、会葬御礼の品と精進落としのお料理の費用が参列者の人数分かかります。
1日葬に10人の参列者がある場合、会葬御礼品を一つ500円として5千円、精進落しが一人5千円のお料理として5万円、他飲み物の費用です。
ただし、会葬御礼や精進落しの費用は地域により異なります。

1日葬は葬儀会社によってかなり格安な料金のプランもありますが、仏具や写真、火葬場までのマイクロバスにかかる費用の追加が必要な場合があります。
また葬儀会場は公営ならプラン内で済みますが、そうでない場合は追加料金がかかる場合があるのでご確認ください。

お坊さんへのお布施は、菩提寺があれば地元の親族に相談するのが確実でしょう。
お寺さんとのお付き合いがないときは葬儀会社から紹介をしていただくことができます。
その場合は葬儀会社から教えられる通りにお布施を準備すれば大丈夫です。

なお、以下の記事では葬儀の費用についてより詳しくご紹介しています。
ご興味がありましたら、こちらも参考になさってください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

1日葬を行う際のポイント

葬儀

1日葬は近年増加してきた新しい形式の葬儀です。
そのため、親族の理解や菩薩寺への確認も大切なポイントとなります。

まず大切なのが菩薩寺への確認です。
お寺によってはお通夜を行わない1日葬はできない場合があります。
葬儀でのお経はお通夜と告別式それぞれに意味があり、全てを唱える必要があるなど考え方はさまざまです。
1日葬を検討したいときは、一番先に菩薩寺に確認しましょう。

次に、親族の理解を得ることも大切になってきます。
「亡くなった人や遺族が1日葬を希望している」と説明していても、地域や宗旨宗派により納得されない場合があるからです。
「手を抜いているわけではなく、心をこめて故人とゆっくりお別れをしたいから」と心からの理解をお願いしましょう。

1日で終わる葬儀のまとめ

葬儀

今回の終活ねっとでは、1日葬について詳しく解説してまいりました。
1日葬についてまとめると、以下のようになります。

  • 1日葬ではお通夜をせずに告別式から始まるお葬式である。
    直葬と比べると、祭壇を立てて告別式を行う点が異なる。
    1日で終わる葬儀だが、広義の家族葬ともいえる。
  • 1日葬の流れは、まず1日葬のプランがある葬儀会社を決めることから始める。
    1日葬のプランや追加する点をチェックし、参列者の人数を決定する。
    葬儀当日は、午前中に告別式及び式中初七日が行われる。
    午後は火葬場へ移動し火葬及びお骨上げを終え、精進落しの会食をする。
  • 1日葬のメリットは、ご遺族や参列者の負担の軽減、葬儀費用を抑えられる、返礼品が1日分少なくなるという3点がある。
  • 反対に1日葬のデメリットは、参列者が弔問しづらい、香典が少なくなる、場合により2日分の葬儀費用がかかる可能性がある3点である。
  • 1日葬にかかる費用には葬儀会社への支払いとお坊さんへのお布施がある。
    1日葬の葬儀費用のプランは、多くが35万円前後からとなっている。
    それに加えて会葬御礼と精進落しの会食費用が参列された人数分必要になる。
    お坊さんへのお布施は、菩提寺か否かにより異なる。
  • 1日葬を行う際のポイントは、まず第一に菩提寺に確認して1日葬が可能かどうか確認することである。
    次に親族の理解を得ることも大切である。

1日葬は現代の家族の形に合った新しい葬儀です。
1日葬のメリットやデメリットを上げましたので、それぞれを比べながら検討なさってください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

シェアする

「1日・葬儀」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「1日・葬儀」についてさらに知りたい方へ

一日葬のメリットとデメリットを解説します!注意点についてもご紹介のサムネイル画像

一日葬のメリットとデメリットを解説します!注意点についてもご紹介

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

一日葬ってどんな葬儀?費用はいくら?特徴や流れ、香典の有無も解説のサムネイル画像

一日葬ってどんな葬儀?費用はいくら?特徴や流れ、香典の有無も解説

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!のサムネイル画像

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!

葬儀代を安くする方法とは?家族葬などを一般の葬儀代と比較して紹介のサムネイル画像

葬儀代を安くする方法とは?家族葬などを一般の葬儀代と比較して紹介

家族葬の規模はどのくらい?家族葬の平均参列者数や会場の規模を紹介のサムネイル画像

家族葬の規模はどのくらい?家族葬の平均参列者数や会場の規模を紹介

家族葬の形式や規模、流れとは?一般葬との費用や内容の比較もご紹介のサムネイル画像

家族葬の形式や規模、流れとは?一般葬との費用や内容の比較もご紹介

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介のサムネイル画像

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介

家族葬と一般葬の違いとは?それぞれの特徴や費用の違いを詳しく紹介のサムネイル画像

家族葬と一般葬の違いとは?それぞれの特徴や費用の違いを詳しく紹介

家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説のサムネイル画像

家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「1日・葬儀」についてさらに知りたい方へ

一日葬のメリットとデメリットを解説します!注意点についてもご紹介のサムネイル画像

一日葬のメリットとデメリットを解説します!注意点についてもご紹介

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

一日葬ってどんな葬儀?費用はいくら?特徴や流れ、香典の有無も解説のサムネイル画像

一日葬ってどんな葬儀?費用はいくら?特徴や流れ、香典の有無も解説

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!のサムネイル画像

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!

葬儀代を安くする方法とは?家族葬などを一般の葬儀代と比較して紹介のサムネイル画像

葬儀代を安くする方法とは?家族葬などを一般の葬儀代と比較して紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと