葬儀で行う納棺の儀式とは?意味や手順、立ち会う際の服装もご紹介!

葬儀で行う儀式にはさまざまな意味が込められています。葬儀では納棺の儀式も行うのですが、どのような内容かご存知でしょうか。この記事では、葬儀で行う納棺の儀式について解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. 葬儀で行う納棺について
  2. 葬儀で行う納棺の儀式とは?
  3. 納棺の儀式はいつ行う?
  4. 納棺の儀式の手順
  5. 神式の納棺の儀式
  6. 納棺の儀式に立ち会う際の服装
  7. 納棺の際に豆腐を食べる?
  8. 日本以外の国での納棺の儀式
  9. 葬儀で行う納棺のまとめ

葬儀で行う納棺について

葬儀

葬儀は故人との別れを惜しみながら、見送るための儀式です。
そのため、葬儀でご遺族や参列者が行う焼香、お坊さんが故人を悼むために行う読経など、1つ1つにさまざまな意味が込められています。
葬儀ではその内の1つに「納棺」と呼ばれる儀式も行うのですが、一体どのような内容なのかご存知でしょうか。

納棺という言葉自体は葬儀関連の話で聞いたことはあっても、詳細なことは知らないという人の方が多いです。
それに付随して、「神道形式の場合とどう違うのか」「納棺の際はどんな服を着ればいいのか」など、疑問に思う点は次から次へと湧いて出ることと思います。

今回の終活ねっとでは、葬儀で行う納棺の儀式について、

  • 納棺の儀式とはなにか
  • 納棺の儀式を行うタイミング
  • 納棺の儀式の内容
  • 神道形式の納棺の儀式とは
  • 納棺の儀式で着用する服は?
  • 納棺時に豆腐を食べるのは本当か
  • 海外の納棺の儀式

以上のことを解説していきます。
海外の納棺の儀式では、アメリカと韓国の場合について触れていますので、ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀で行う納棺の儀式とは?

葬儀

お通夜や葬儀で行うことを理解されている人は多いことでしょう。
しかし、納棺の儀式についてはあまりピンとこない人もいます。
多くの人の目に触れる儀式ではないため、それも当然のことと言えます。

そもそも納棺とは何か、納棺の儀式はどのように始まったのかについて、一緒に見ていきましょう。

納棺の意味

納棺とは棺の中にご遺体を納める儀式のことを指していて「納棺の儀」という呼び方もあります。
火葬するにしろ、土葬するにしろ、ご遺体をずっと放置しておくことはできないでしょう。
そこでご遺体をできるだけ綺麗な状態に整えた後、棺に納めるのです。

身なりを整え、棺にさまざまなものを入れるのは、故人があの世へ旅立つための準備だと言われています。
以前まではご親族や葬儀会社が行っていた儀式ですが、近年では納棺のプロと言われる「納棺師」にお任せすることが増えてきました。
納棺師を養成するための専門学校もあり、需要が増加傾向にあることが分かります。

納棺師を題材にした映画の影響で納棺師を志す人も多いようです。

納棺の儀式の歴史

意外に思われるかもしれませんが、納棺の儀式の歴史はあまり長いものではありません。
納棺の儀式が始まる発端になったのは、1954年に起きた船の沈没事故です。
事故でお亡くなりになった船員や乗客たちのご遺体は、葬儀会社と一般人が協力してご遺族の元へ届けました。

この事故で葬儀会社が行っていた納棺作業のことを知った人々が、葬儀会社の代わりに納棺作業を請け負う仕事を始めるようになったのです。
納棺師は上記のような経緯で生まれた仕事であり、宗教が由来になっているわけではありません。
さらに「ご遺体へ直接触れる仕事」「死に近い仕事」ということもあり、一部では納棺師に対して抵抗を感じる人もいるとされています。

納棺の儀式はいつ行う?

葬儀

納棺の儀式が行われるタイミングは、お通夜が始まる前です。
故人がお亡くなりになってから、お通夜や葬儀を行うまでには時間があります。
お通夜は弔問客の対応や葬儀の準備などで慌ただしいため、その前に納棺の儀式を行う人が多いようです。

ただ、宗教的な決まりはないため、納棺の儀式をいつ行うかについての詳しいことは葬儀会社と話し合って決めます。
例えば「ご遺体に何もせず、ただ安置している状態が申し訳ない」とご遺族が考えている場合、なるべく早い段階で納棺の儀式が行われます。
「故人と近しい関係のご親戚が全員集まってからが良い」という場合は、儀式を行うタイミングがお通夜の直前ということもあります。

納棺の儀式の手順

葬儀

ご遺体を棺の中に入れるまでに、やっておくことがいくつかあります。
そして地域によって多少の前後はあるものの、納棺の儀式の流れはある程度決まっています。
事前に流れを把握しておき、余裕をもって納棺の儀式に臨んだ方が良いでしょう。

ここでは納棺の儀式の手順についてご紹介します。

末期(まつご)の水

末期の水とは、故人の口を水で潤す儀式のことです。
この儀式は「死に水を取る」「末期の水をとる」などと言います。
末期の水は故人がお亡くなりになった場所、もしくはご遺体を自宅に搬送した上で行われます。

当然ながら故人が自力で水を飲むことはできないため、新品の筆や菊の葉っぱ、箸でつまんだ脱脂綿などに水を含ませます。
そして上の唇、下の唇の順になぞり、口元を湿らせていくのです。
これをご親族の中でも一番親しかった人から順に行います。

末期の水は仏教の教祖である仏様が入滅の直前に喉の渇きを訴えたことが由来とされています。
ただ、地域や宗派によっては末期の水をやらない場合もあるので事前の確認が必要です。

湯灌

末期の水の後は湯灌(ゆかん)を行います。
湯灌とは故人の身体を水で洗う儀式です。
湯灌はご遺体を綺麗な状態にする以外にも、生前の穢れや煩悩を水で清めるという意味があります。

かつては呪術として故人の魂を蘇らせるなどの意味が込められていたとされています。
湯灌の方法としては、浴槽にご遺体を入れて清める、ガーゼにアルコールを含ませて身体を拭いていくことなどが挙げられるでしょう。
後者の方法は「湯灌ではない」と否定する人も少なからずいます。

しかし、現代では多くの人が病院でお亡くなりになるため、看護師がご遺体を清拭する場合もまた多いのです。
そのため「この方法も湯灌に変わりない」という考えもあるようです。

死化粧・死装束への着替え

湯灌の次は死化粧と死装束です。
文字通り、故人のご遺体に化粧と装束を施します
男性の場合はひげを剃る、女性の場合は薄化粧をして身なりに気を遣います。

ご遺族が希望すれば、生前の化粧品を使って行うことも可能です。
死化粧は納棺師や地域などによって、やり方が違う場合もあります。
例えば「化粧はせず、ありのままの姿で見送りたい」「刃物を故人にあてる行為は良くない」などが挙げられます。

仏教の死装束では経帷子(きょうかたびら)や手甲(てっこう)などを着けていきます。
近年では故人が好きだった服を着せる場合もあります。

死装束の詳細に関しては、以下の記事で解説していますのでご覧ください。

こちらも読まれています

死装束の着せ方について解説!死装束の意味や海外の死装束もご紹介!

遺体を棺に入れる際には死装束を着せますよね。その着せ方には一般的な決まりがあります。ではなにをどのように着せるのが正解なのでしょうか?そこで今回は死装束について、その意味や着せ方を中心に詳しく解説します。ぜひ最後までお読みください。

納棺

ご遺体の死化粧と死装束が終わった後は納棺をします。
ご遺体を仰向けにした状態で棺の中へ入れます
そしてあの世へ旅立つ故人に持たせたいもの、生前気に入っていたものなどを入れましょう。

別れ花(わかればな)とも呼ばれている納棺花や写真、手紙など入れるのは基本的に燃えやすいものです。
金属類やガラスなどの燃えにくいものは、火葬に時間がかかったり、中途半端に燃え残ったりする可能性があります。

また、重要な点として燃えやすいかどうかに関わらず、周囲の人に入れても良いかどうかの確認を事前に取りましょう。
特に写真などは「写っている人が故人に連れ去られてしまう」と考える人もいるためです。

神式の納棺の儀式

神社

仏教と神道では、納棺の儀式が行われるタイミングや内容に大きな違いが見られます。
神道で納棺の儀式を行うタイミングは、仏教のお通夜にあたる通夜祭の前です。
ただ、神道は通夜祭の前に行う儀式が仏教よりも多く、正確には故人がお亡くなりになった後に行われる枕直しの儀の後になります。

納棺の儀式で棺を入れる前にご遺体を清める部分は仏教と同じです。
棺に入れる際は、新しい布団の上にご遺体を寝かせ、死装束は全体的に白い「神衣」を着せます。
棺に蓋をした後は祭壇の中央に運び、神様へのお供え物を置きます。

水で手や口を清めた後、故人と近しい人から順に二礼・二拍手・一礼、最後に喪主が同じことを再び繰り返して終了です。

納棺の儀式に立ち会う際の服装

葬儀

お通夜前はまだ喪服を着用する段階ではありません。
しかし、故人のご遺体を納棺する儀式に立ち会うなら、喪服の方が良いのではないかと悩まれる人はたくさんいらっしゃることでしょう。
実は納棺の儀式を行う場所やタイミングで服装は変わってきます。

自宅で行う場合は地味な普段着で構いません。
自宅には身内しかいないため、服装を気にする必要がないからです。

葬儀会場で行う場合やお通夜が始まる直前の場合は喪服を着用してください。
喪に服していることが周囲に伝わりやすいですし、すぐに喪服が必要になるためです。

納棺の際に豆腐を食べる?

困った人々

一部の地域では、納棺の儀式の際に豆腐を食べるところがあります。
納棺式の前にご家族やご親戚が全員で豆腐を分け合って食べるという風習です。

昔から続いている風習のためか、理由は定まっておらず、さまざまな説があります。
「豆腐を故人と思いながら食べ、多くの人の中に故人の存在を残す」「白い物を食べることで身体を清める」などが挙げられます。

日本以外の国での納棺の儀式

困った人々

日本の納棺の儀式にはやるべきことが意外と多いことを先述しました。
国内だけでも地域や宗教によって納棺のやり方は変わります。
それならば、他の国ではどのような納棺の儀式が行われているのでしょうか。

ここでは日本以外の国で行っている納棺の儀式についてご紹介します。

アメリカの場合

アメリカでは納棺師のことを「エンバー」といい、事故などで損傷したご遺体を元の姿に復元させる技術などを持っています。
また、キリスト教が多いアメリカでは死装束という専用の服はなく、生前に好んで着ていた服を選ぶことが多いようです。

韓国の場合

日本では故人がお亡くなりになった後、ご遺体は自宅か葬儀会場へ搬送され、ご遺族がそばにいる機会は多いです。
しかし、韓国では葬儀会場の入棺室という部屋に搬送された後、納棺の儀式にあたる「入棺式」が始まるまで会うことができません

葬儀で行う納棺のまとめ

葬儀

いかがでしょうか。
今回の終活ねっとでは、葬儀で行う納棺の儀式について、以下のことを解説してきました。

  • 納棺は棺の中にご遺体を納める儀式。
    納棺の儀式の歴史は1954年に起きた船の沈没事故をきっかけに始まった。
    納棺を行うタイミングは決まってないがお通夜の前が一般的。
  • 納棺の儀式の流れは末期の水、湯灌、死化粧・死装束を施した後に納棺する。
    末期の水は故人の口を潤し、湯灌は身体を洗い清め、死化粧と死装束で身なりを整え、ご遺体の入った棺の中に花や手紙などの副葬品を入れる。
  • 神道の納棺は枕直しの儀の後に行われる。
    棺の中に布団、死装束は「神衣」、手と口を清めた後に祭壇で関係者が拝礼を行う。
  • 納棺に立ち会う際の服装は場所が葬儀会場なら喪服、自宅なら普段着でも問題ない。
    一部の地域では、納棺の儀式の前に豆腐を分け合って食べる風習がある。
  • アメリカには専用の死装束がない、韓国では納棺の儀式にあたる「入棺式」が始まるまで故人と会うことができない。

納棺の儀式には1つ1つにきちんとした意味が込められていることが分かりました。
ご遺族が故人とのんびり過ごすことのできる最期の時間でもあります。
後で「こうすれば良かった」などと思わないように、できることは全てやっておきましょう。

終活ねっとでは、他にも葬儀に関する記事を数多く掲載しております。
以下の記事では葬儀にかかる費用について、具体的な分かりやすい解説をしています。
ご興味があればこちらも合わせてご覧ください。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・納棺」に関連する記事

  • おくりびとの仕事ってどんな内容?給料やおくりびとになる方法も解説のサムネイル画像

    おくりびとの仕事ってどんな内容?給料やおくりびとになる方法も解説

    「おくりびと」と聞いて映画を思い出す方は多いですよね。おくりびとは納棺師という仕事です。ではおくりびと(納棺師)の仕事はどんな仕事なのでしょうか?今回終活ねっとではおくりびとの仕事内容を中心に給料やおくりびとになる方法まで解説します!

  • おくりびとアカデミーにお邪魔してきました!のサムネイル画像

    おくりびとアカデミーにお邪魔してきました!

    今回は東京都の納骨堂 迦楼塔東京にある納棺師の人材育成を行っているおくりびとアカデミーにお邪魔してきました。取材させていただいた木村さんが納棺師になったきっかけや、おくりびとアカデミー設立のきっかけについて話していただきました。

  • 神社の葬儀のやり方について解説!特有の儀式やマナーから費用までのサムネイル画像

    神社の葬儀のやり方について解説!特有の儀式やマナーから費用まで

    初詣や結婚式、お参りなどで足を運ぶことの多い神社ですが、神社に依頼をして葬儀をすることができることをご存知でしたか。今回は神社に依頼をして葬儀をする場合の儀式の内容、神社の葬儀のマナー、かかる費用などについて詳細に解説をさせていただきたいと思います。

  • 葬儀から火葬までの順番が違うことがある?通夜と葬儀の流れも解説のサムネイル画像

    葬儀から火葬までの順番が違うことがある?通夜と葬儀の流れも解説

    一般的な葬儀では順番が通夜・葬儀・火葬となっていると多くの方は考えるでしょう。このように葬儀ではさまざまな面で「順番」が決まっており、それを知っておくことは大切です。今回は葬儀の中の順番について、通夜や葬儀の詳しい流れとあわせて見ていきましょう。

  • 葬儀の納棺師の仕事とは?納棺師と納棺の関わりや専門学校もご紹介のサムネイル画像

    葬儀の納棺師の仕事とは?納棺師と納棺の関わりや専門学校もご紹介

    皆さんは、納棺師というお仕事をご存知でしょうか?葬儀の納棺師とは故人の体を清め、死装束を整え、納棺するお仕事のことをいいます。今回終活ねっとでは、葬儀の納棺師というお仕事の詳細、納棺との関わりや納棺師になるための専門学校などもあわせて紹介していきます。

  • 湯灌を行う意味とは?納棺師との違いや費用相場・湯灌の流れを解説!のサムネイル画像

    湯灌を行う意味とは?納棺師との違いや費用相場・湯灌の流れを解説!

    亡くなった方を葬儀でお見送りするということであれば、なるべくきれいな姿にしておきたいと考えるのは人情というものでしょう。葬儀に先立って行われる湯灌(ゆかん)は故人のご遺体を清めるための行為です。湯灌を行う意味や流れとはどのようなものなのでしょうか?

  • 平安時代の葬儀のやり方とは?葬儀の流れやお墓、葬儀屋も解説のサムネイル画像

    平安時代の葬儀のやり方とは?葬儀の流れやお墓、葬儀屋も解説

    日本の首都が京都に移ってからのおよそ400年間が平安時代で、華やかな貴族文化が花開いた時代でした。平安時代については歴史の教科書で必ず触れられていますが、当時の葬儀の形についてはあまりよく知られていません。今回は平安時代の葬儀について見ていきます。

  • 告別式の流れって?葬儀との違いや参列者・喪主のマナーまで全て解説のサムネイル画像

    告別式の流れって?葬儀との違いや参列者・喪主のマナーまで全て解説

    告別式はどういうことをするものなのでしょうか。 告別式の流れや日程の決め方・準備のし方、当日の服装のマナーなどが分からないと、戸惑うかもしれませんね。 この記事では、告別式について、通夜・葬儀との違い、流れや参列者・喪主のマナーを含め全てを分かりやすく解説します。

  • 遺体の安置はどうする?管理や搬送の方法などの葬儀までの流れを解説のサムネイル画像

    遺体の安置はどうする?管理や搬送の方法などの葬儀までの流れを解説

    通夜や葬儀が執り行われるまでの間、遺体はどこに安置しておくのでしょうか。住宅事情から故人を自宅に連れ帰ることが難しい場合もあります。今回は葬儀までの遺体の安置をどうするかについて解説します。死後の遺体の管理や搬送の方法など、葬儀までの流れも紹介します。

  • 故人の死亡から葬儀までの日数とは?形式別の日数や決め方を解説!のサムネイル画像

    故人の死亡から葬儀までの日数とは?形式別の日数や決め方を解説!

    故人が亡くなることで、死亡届の提出から葬儀を執り行うまでの準備等で日数がかかります。またほとんどの場合、喪主を経験されたことが無い方が多いのではないでしょうか?ここでは故人の死亡から葬儀までにかかる日数、及び葬儀日程の決め方について詳しく解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・納棺」についてさらに知りたい方へ

おくりびとの仕事ってどんな内容?給料やおくりびとになる方法も解説のサムネイル画像

おくりびとの仕事ってどんな内容?給料やおくりびとになる方法も解説

おくりびとアカデミーにお邪魔してきました!のサムネイル画像

おくりびとアカデミーにお邪魔してきました!

神社の葬儀のやり方について解説!特有の儀式やマナーから費用までのサムネイル画像

神社の葬儀のやり方について解説!特有の儀式やマナーから費用まで

葬儀から火葬までの順番が違うことがある?通夜と葬儀の流れも解説のサムネイル画像

葬儀から火葬までの順番が違うことがある?通夜と葬儀の流れも解説

葬儀の納棺師の仕事とは?納棺師と納棺の関わりや専門学校もご紹介のサムネイル画像

葬儀の納棺師の仕事とは?納棺師と納棺の関わりや専門学校もご紹介

湯灌を行う意味とは?納棺師との違いや費用相場・湯灌の流れを解説!のサムネイル画像

湯灌を行う意味とは?納棺師との違いや費用相場・湯灌の流れを解説!

平安時代の葬儀のやり方とは?葬儀の流れやお墓、葬儀屋も解説のサムネイル画像

平安時代の葬儀のやり方とは?葬儀の流れやお墓、葬儀屋も解説

告別式の流れって?葬儀との違いや参列者・喪主のマナーまで全て解説のサムネイル画像

告別式の流れって?葬儀との違いや参列者・喪主のマナーまで全て解説

遺体の安置はどうする?管理や搬送の方法などの葬儀までの流れを解説のサムネイル画像

遺体の安置はどうする?管理や搬送の方法などの葬儀までの流れを解説

故人の死亡から葬儀までの日数とは?形式別の日数や決め方を解説!のサムネイル画像

故人の死亡から葬儀までの日数とは?形式別の日数や決め方を解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・納棺」についてさらに知りたい方へ

おくりびとの仕事ってどんな内容?給料やおくりびとになる方法も解説のサムネイル画像

おくりびとの仕事ってどんな内容?給料やおくりびとになる方法も解説

おくりびとアカデミーにお邪魔してきました!のサムネイル画像

おくりびとアカデミーにお邪魔してきました!

神社の葬儀のやり方について解説!特有の儀式やマナーから費用までのサムネイル画像

神社の葬儀のやり方について解説!特有の儀式やマナーから費用まで

葬儀から火葬までの順番が違うことがある?通夜と葬儀の流れも解説のサムネイル画像

葬儀から火葬までの順番が違うことがある?通夜と葬儀の流れも解説

葬儀の納棺師の仕事とは?納棺師と納棺の関わりや専門学校もご紹介のサムネイル画像

葬儀の納棺師の仕事とは?納棺師と納棺の関わりや専門学校もご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと