神式の葬儀費用は一般葬儀より安い?費用・内訳や葬儀のマナーを紹介

神式の葬儀費用は一般葬儀より安い?費用・内訳や葬儀のマナーを紹介

日本で行われる葬儀の多くは仏教に則った仏式の葬儀です。しかし古くからの民間信仰として栄えてきた神道における神式の葬儀も行われています。葬儀費用は宗教によって大きく異なる部分が多々あります。今回は神式葬儀の費用相場について内訳や特徴を仏式と比較してご紹介します。

2019-10-29

神式の葬儀の費用について

困った人々

神式の葬儀の費用がどのくらいかかるか、ご存知ですか?
そもそも仏式のお葬式の費用もはっきりわからないという方も多いのではないでしょうか。
他にも神式の葬儀について、マナーや特徴など知りたいことは色々ありますよね。

今回終活ねっとでは、神式の葬儀費用について以下の項目についてまとめてみました。

  • 神式の葬儀費用とその内訳について

  • 仏式の葬儀費用とその内訳について

  • 神式の葬儀の特徴色々

  • 神式の葬儀参列時のマナーについて

神式の葬儀の内容では、普段あまり耳にする機会がない神式の儀式それぞれの名前と意味合い、儀式のお作法の説明もさせていただきました。
是非最後までお読み下さい。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

神式の葬儀とは?

神棚

神道で執り行われる葬儀は「神式葬儀」または「神葬祭(しんそうさい)」といわれます。
神道では「人の死」は違う世界への旅立ちではなく、亡くなった人の魂は、残った子孫の繁栄を見守る存在になると考えられます。
この考えに基づき、私たちを守ってくださる存在に死者の魂を導く儀式が神式での葬儀です。

神式の葬儀の費用はどのくらい?

気になる神式葬儀にかかる費用と内訳を調べてみました。
最初に結論をお伝えしますと、大体ですが30〜50万円の費用がかかると言われています。
これは、葬儀費用と玉串料を含んだ金額です。

それでは、費用の内訳を見ていきましょう。

戒名料・法要がないから仏式より安い?

仏式葬儀の中でメインとなる戒名料の平均費用は、宗派や戒名のランクにより違いがありますが、おおよそ「20〜100万円」といわれています。

仏式の葬儀での戒名料は神式では不要となります。
これを理由に神式の葬儀費用が仏式より安いと考える方が多いようです。

仏式の法要である通夜、告別式、初七日の読経で僧侶にお渡しする「お布施」は「20〜50万円」が相場といわれています。
ただ、この費用は地域、宗派、僧侶の人数により大きな違いがあります。
神式葬儀でも神主への玉串料をお渡ししますので、内容を比較してみましょう。

神主への玉串料がかかる

神式の葬儀でも仏教のお布施と同じ意味を持つ玉串料を神主にお渡しします
仏教でいう葬儀の法要を神式では「霊祭(みたままつり)」と呼びます。
亡くなった翌日は「翌日祭」、十日ごとに「十日祭」「二十日祭」「三十日祭」「四十日祭」、忌明けの「五十日祭」と続きます。
十日祭までの一式の葬儀で神主(二人)にお渡しする費用は、最低20万円が相場と言われています。
他にお車代もお渡しするのが一般的です。
料金の規定がある神社もありますので、事前に確認しておくと安心です。

一般的に自宅、墓前、斎場で行う霊祭、翌日祭と十日祭、五十日祭には神主を招きます。

玉串料の金額相場や玉串料の書き方については、以下の記事で詳しく紹介しております。
あわせてご覧ください。

式年祭に別途費用がかかる

五十日祭に続き、「式年祭」と呼ばれる儀式が行われます。
一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭と続けられます。
最近では、三十年祭をもって「まつりあげ」とするのが一般的です。
一年祭等の神主(一人)への玉串料の相場は3万円とされています。

神式が安いというわけでない

神式と仏式の葬儀を比較すると、一番大きな違いは戒名にかかる金額になります。
しかし、神主にお渡しする玉串料の費用に関しては、仏式のお布施と大きな相違はないようです。
葬儀にかかる費用と、お別れをしてくださる方々の人数による会食等の費用を比較してみると、どうやら神式が大きく下回るということではなさそうです。

一般の仏式の葬儀代とその内訳は?

困った人々

それでは、仏式の葬儀費用はどのくらいかかるのか、その内訳も合わせてみていきましょう。

まず、葬儀費用は大きく分けて3つに分けられます。

1つ目は、仏式葬儀のメインとなる、僧侶による読経と、戒名を頂くことです。
これらの僧侶に渡すお布施としての金額が少なくても20〜30万円です。
お寺の宗派により多少異なりますが、僧侶のランク、人数、戒名の長さにより費用が多くなります。

2つ目の費用として、葬儀本体のための費用があります。
葬儀本体の費用に含まれるものは、斎場など葬儀会場の使用料、祭壇や棺、式場設置費など、葬儀を行うために必要な項目と火葬場の利用料です。
この他に、令状印刷、写真代、自動車送迎費もここに含まれます。
これらの金額も斎場の規模、項目のランクにより費用が大きく変わります。

3つ目の費用は飲食に関わるもので、通夜振る舞い、告別式の後の精進落としの料理、飲み物の他、返礼品にかかる費用です。
こちらも人数、葬儀会場のランクによって大きく変わってきます。

以上の3点の平均費用を合わせるとおよそ200万円前後となります。

以下の記事では、葬儀費用や費用を安くする方法も詳しく解説しています。
詳しく知りたいという方は合わせてご覧ください。

神式の葬儀の特徴とは?

葬儀

神式葬儀のマナーについてご説明します。

神道の葬儀にはいくつか耳慣れない儀式があります。
仏教でいう「通夜」に変わる儀式として「直会の儀」、故人との最後のお別れをする「玉串奉天」、亡くなってすぐに行われる「神棚封じ」といわれる儀式です。
通夜祭の会場に入る前に、手と口を清める手水(ちょうず)の儀を行います。
これは、神社に入るときに行っている手順の通りです。

それぞれの内容をみていきましょう。

直会の儀(なおらいのぎ)

直会とは、祭壇にお供えしたお神酒やお供え物を下げたあと、いただくことを意味します。
神式では、祭壇にお供えすることにより、お供え物に神の恩頼が宿ると考えます。
直会をいただくことにより、神様と一体になり、お守りいただくことができると考えるのです。
現在では、「直会の儀」として、故人とのお別れの葬儀後、神主や世話人への感謝を表す宴の席として行われています。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

玉串奉奠とは、仏式の葬儀中の「焼香」にあたる儀式と考えるとわかりやすいです。
玉串に自分の心を乗せて、神様に捧げるという意味を持つ作法です。
玉串とは、榊の枝に紙垂(しで:しめ縄に付いている互い違いに折られた白い紙)を付けたものです。

玉串奉奠の作法では、神社での作法と同じように、二礼二拍一礼します。

神棚封じ(かみだなふうじ)

神棚封じとは、家族が亡くなった時、神棚に穢れが入らないように、神棚に半紙を貼って封じることをいいます。
神道では、人が亡くなることを「穢れ」とみなし、残された人の生きる気力が減退したりすると考えるためです。
同じ理由で、神社では葬儀の儀式は行われません。

神式の葬儀の費用のまとめ

お金

今回終活ねっとでは神式の葬儀費用について、下記のことを説明しました。

  • 神式の葬儀費用は玉串料で約30〜50万円、その他に飲食費用他がかかります。

  • 仏式葬儀の費用は戒名料に20〜100万円、お布施に約20〜50万円、その他に飲食費用他がかかります

  • 神式の葬儀と一般の葬儀を比較してみたところ、違うのは戒名料の有無だということがわかりました。

  • 耳慣れない神式の葬儀についてご説明しました。

  • 神式葬儀に参加するときのマナーをお伝えしました。

行われる割合が少ない神式葬儀についての費用について、少し明確になったかと思います。
葬儀についての選択のお役に立てると嬉しいです。

終活ねっとではこの他にも、葬儀についての記事を多数掲載していますので、是非ご活用ください。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

神式の葬儀での服装や香典のマナーについては以下の記事でも詳しく紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「神式・葬儀・費用」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料