仏滅の日の通夜などの葬儀は避けるべき?六曜との関係もご紹介

仏滅の日の通夜などの葬儀は避けるべき?六曜との関係もご紹介

仏滅というと縁起が悪そうだから葬儀などは避けるべきだと思われる方が多いかと思います。本当に仏滅の日には通夜や葬儀を避けるべきなのでしょうか?今回はそんな仏滅に葬儀や通夜を行うことについて、仏滅の意味や避けるべき日についてあわせて解説をしていきます。

最終更新日: 2020年02月09日

通夜を仏滅にやることについて

葬儀

通夜や葬儀を行うのに避けるべき日はあるのでしょうか?
仏滅や友引はなんとなく縁起が悪そうだから避けた方が良さそうというイメージを持っている方も少なくないかと思います。
では、本当に仏滅の日に葬儀や通夜を避けるべきなのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、仏滅とは何なのかご紹介した上で仏滅に通夜や葬儀を行ってもいいのか解説していきます。
また、友引や大安に通夜や葬儀を行う場合についても合わせて解説していきます。

  • 仏滅とは

  • 葬儀を仏滅にやってもいいの?

  • 仏滅でなく友引の日に火葬場が休み?

  • 通夜・告別式の両方友引を避けるの?

以上の項目を軸に解説していきます。
仏滅や友引の日に葬儀や通夜を行うことについて疑問をお持ちの方はぜひ最後までご覧いただき、参考にしていただければと思います。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

仏滅とは?

困った人々

「仏滅」というと、なんとなく何かを行う日にするのを避けようと思うかもしれません。
そもそも仏滅とは何なのでしょうか?
仏滅や六曜について解説していきます。

六曜のひとつ

まず、六曜というのは、暦の日付を「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」の6種類の吉凶日にわけ、それぞれに意味を持たせたものです。
仏滅は六曜のひとつなのです。

六曜のそれぞれの意味とは

では六曜それぞれにはどういった意味があるのでしょうか?
それぞれご紹介していきます。

  • 先勝

    「先んずれば即ち勝つ」という意味を持っています。
    ことを済ませるなら早ければ早い方が良いといった意味です。

  • 友引

    もともとは「供引き」として、勝負がともに引き分けになるという意味でした。
    現代では友を引くという字から、災いや災難が友人に影響を及ぼす・友を引き連れていくといった意味も持っています。

  • 先負

    文字通り先勝とは反対に、「先んずれば即ち負ける」という意味です。
    早くことを済ませるのではなく、静かに過ごすことが良いとされています。

  • 仏滅

    何かを行うにはあまりよろしくないとされていて、六曜の中で最も悪い日となっています。
    ただしもともと「物滅」という字が使われていたともされ、物事が一度滅び新たに始まるといった意味も持っています。

  • 大安

    「大いに安し」という字の如く、何事を行うにも良いとされている日です。
    六曜の中で最も良い日です。

  • 赤口

    何をしてもいい結果が出ないとされています。
    ただし、午の刻である午前11時頃から午後1時ごろまでは吉とされています。
    何かを行う場合はその時間帯に行うのが良いでしょう。

葬儀を仏滅にやってもいいの?

葬儀

六曜のなかで一番悪い日とされる仏滅ですが、物事が一度滅び新たに始まるという意味も持つことがわかりました。
では、通夜や葬儀は仏滅の日にしてもいいのでしょうか?
何事を行うにも良いとされる大安や、友引の日の通夜や葬儀についても解説します。

仏滅の日は葬儀を避ける必要なし

仏滅の日にお祝い事などを行うのは避けた方が良いとされています。
しかし、通夜や葬儀はお祝いではなく、故人を偲び見送るための儀式です。
そのため仏滅だからといって葬儀を避ける必要はありません。

また、六曜は中国で誕生したものだといわれています。
日本では仏式で通夜や葬儀を行うことが多いですが、仏教はインドから伝わったとされていますので葬儀は六曜とは関係ないのです。
宗派によっては気にする場合もあるかもしれませんので、仏教以外の場合は確認した方が無難です。

大安、友引の日の葬儀はどう?

では、六曜で一番いいとされる大安や友引に葬儀を行うのはどうなのでしょうか?
解説していきます。

大安

大安に通夜や葬儀を行うことに問題はありません
もともと何事を行うにも良い日とされていますので気にしなくても大丈夫です。

友引は避けられることも

友引は上記でご紹介したように「災いや災難が友人に影響をもたらす・友を引き連れていく」という意味を持っています。
縁起の悪いことを友人に引き寄せてしまうという考えが一般的に定着しているため、現在では友引は避けられることが多いです。

仏滅でなく友引の日に火葬場が休み?

葬儀

友引は縁起が悪いため葬儀を行うことを避ける方が多いのは上記で解説してきました。

仏滅の日に葬儀を避ける必要はありません。
そのため仏滅の日だからといって火葬場がお休みであるということはあまりありません。

ただし、一般的には友引の日に葬儀を行わないことが通例となっているため、それに合わせて火葬場や葬儀社が友引の日にお休みをしている場合が多いです。
最近だと、友引の日であることを気にしない方が増えてきていますので、友引に休まない火葬場も増えてきています。
葬儀や通夜の日程を決める際は必ず火葬場の定休日は確認しておく方がいいでしょう。

また、友引の日に通夜を行う場合は友引が終わった翌日が葬儀となります。
友引明けは友引に葬儀を行うのを避けた方々で火葬場が込み合う場合があるため注意が必要です。

通夜・告別式の両方友引を避けるの?

葬儀

通夜・告別式ともに友引を避けるのが無難と言えます。
ただし、特に友引であることを気にしないのであれば行っても問題ありません。

参列者や親族などに確認をとっておくのも良いかもしれません。

通夜を仏滅にやることについて

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、仏滅に葬儀を行うことについて以下のことを解説してきました。

  • 仏滅とは?

    仏滅とは六曜のひとつです。
    何かを行うのにあまりよろしくないとされる日となっています。
    「物滅」ともされ、物事が一度滅び新たに始まるという意味も持っています。

  • 葬儀を仏滅にやってもいいの?

    仏滅の日に避けるべきなのはお祝い事関連だけです。
    そのため仏滅の日は葬儀を避ける必要はありません。
    六曜の中で一番良い日とされる大安の日も葬儀を避ける必要はありませn。

    ただし、友引の日は葬儀は避けられることが多いです。
    友引は「友を引く」という字から「災いや災難が友人に影響を及ぼす・友を引き連れていく」といった意味を持っています。
    一般的にはそういった考えが定着しているため縁起が悪いとされ葬儀を避ける場合が多いです。

  • 仏滅の日ではなく友引の日に火葬場が休み?

    仏滅の日に葬儀を避ける必要がないため火葬場は休みではないことが多いです。
    ただし友引の日は葬儀が避けられることが多いため、合わせて火葬場が休みの場合があります。
    最近では友引であることを気にしない方が増えてきているため、友引の日に合わせてお休みをしない火葬場が増えてきています。

    なお、友引の日に通夜を行い翌日に葬儀を行う場合は、友引に葬儀を行うのを避ける方々が多く火葬場が混雑する可能性があります。
    火葬場の空き状況や低級には通夜や葬儀を行う際に確認をとっておいた方が無難です。

  • 通夜・告別式の両方友引を避けるの?

    友引に通夜や告別式を行うのを嫌う方もいますので両方とも友引を避けるのが良いでしょう。
    可能であれば参列者や親族などに友引の日に通夜や告別式を行ってもよいのか確認をとるのが無難です。

仏滅だからと言って葬儀を避ける必要がない、ということに驚かれた方もいるのではないでしょうか?
仏滅に対して最初に持っていたイメージが変わったかと思います。

葬儀にはマナーや日程、喪主の挨拶など気にしなければならない点が多数あります。
この記事を読むことで、葬儀にお悩みの方へ少しでもお力になれれば幸いです。

「終活ねっと」では、ほかにも葬儀の費用や日程に関する記事も多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事