葬儀と通夜の日程の決め方とは?注意点や六曜との関係も解説!

自分の家族が亡くなってしまった時、葬儀や通夜はいつ行うのが正しいのでしょうか?突然のことでもあたふたせずにいたいですよね。今回は葬儀・通夜の日程を決めるにあたっての注意点や、実際の日程の例、「友引」や「大安」など、六曜との関係も紹介していきます。

目次

  1. 葬儀と通夜の日程について
  2. 死亡から通夜・葬儀までの日数
  3. 葬儀と通夜の日程の決め方
  4. 葬儀・通夜の日程と六曜の関係
  5. 葬儀と通夜の日程まとめ

葬儀と通夜の日程について

葬儀

ご家族が亡くなってしまった時、葬儀や通夜はいつおこなうのがよいのでしょうか。
葬儀や通夜の日程を決めるために何が重要か、突然のことで慌ててしまうかもしれませんよね。

通夜と葬儀、告別式は何時ごろに開始したらいいの?通夜や葬儀に向いていない日がある?、遠方に住む親族がいる場合はどうしたらいい?など、疑問をお持ちではないでしょうか。

今回終活ねっとでは、葬儀と通夜の日程について、葬儀と通夜の日程を決める時の注意点や実際の例を、以下の項目を中心に解説していきます。

  • 死亡から通夜・葬儀までの日数

  • 葬儀・通夜の日程の決め方

  • 告別式の開始時間

  • 僧侶の予定

  • 火葬場の空き状況

  • 親族のスケジュール

  • 葬儀・通夜の六曜との関係

通夜や葬儀の日程はほとんどが突然に決めなくてはならないものだと思います。
故人を心地よく送り出すためにも、ぜひ最後までお読みください。

終活ねっとでは、状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランを安心の定額でご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

死亡から通夜・葬儀までの日数

困った人々

故人が死亡した日を1日目とした場合には2日目に通夜、3日目に葬儀・告別式・火葬という一般的な流れがあります。
つまり、逝去から葬儀まではおおよそ3日かかることになります。

ただし、遠方の親戚の都合や、僧侶の都合、火葬場の空き状況などで通夜までの日数が伸びる場合を想定しておいてください。
その他にも、地域の風習や亡くなった時間によって、当日に通夜をおこなう場合もあるそうです。

葬儀と通夜の日程の決め方

葬儀

死亡から何日後に通夜・葬儀をおこないましょう。
という、明確な決まりはありません。

しかしご遺体が腐敗していくことを考えると、長い期間自宅に置いておくこともできませんよね。

それでは一例をご紹介したいと思います。
地域性もあるとは思いますが、参考までにご覧ください。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

50代 男性

父が亡くなったのを確認し、はじめに弟へ連絡をしました。
ついで葬儀社へ連絡。
到着後、ご遺体を自宅へ移動させました。

檀家であるお寺に電話し、父が亡くなったことを報告しました。
予定をうかがい、翌日以降の日程を確認しました。

その他、各親戚にも報告を済ませ、葬儀社、僧侶と打ち合わせをしました。

友引ではなく、遠方に住んでいる親戚も、翌日の夕方にはこちられに来られるようでしたので、翌日の午後6時から通夜。
その翌日の午前10時から葬儀、告別式という日程を決めました。

火葬の手続きは葬儀社の方が代行してくれました。
葬儀、告別式が終わり次第、出棺し火葬場へむかうことになりました。

これはスムーズに日程を決めることができた例です。

それでは、一例をもとに、葬儀と通夜の日程の決め方についてポイントなどを紹介していきます。

告別式の開始時間帯

告別式の開始時間帯は地域にもよりますが、午前の開始がほとんどのようです。
葬儀・告別式を合わせて1~2時間執り行われます。

告別式は葬儀の後、家族や近親者が故人とゆっくりとお別れするための儀式になります。
棺に花を供え、故人の顔を見ることができる最期の時です。

葬儀のかわりとして告別式がおこなわれる場合もあります。

故人の仕事仲間やご近所がメインでおこなわれる通夜との違いがあるようですね。

僧侶の予定

僧侶を呼んで通夜・葬儀をおこなう場合は、僧侶とのスケジュール調整が必要です。

葬儀の日程を決める際には僧侶の都合が優先になってきます。
お寺への連絡は速やかにしましょう。
どうしても都合がつかない場合は、同じ宗派のお寺を紹介してくれる場合もあるので、相談してみましょう。

お寺への連絡は、故人のお墓があるお寺をおすすめします。

入るお墓が決まっていた場合、違うお寺にお願いしたことで納骨できなかった例があるそうです。
注意しましょう。

火葬場の空き状況

ご遺体を火葬する場合、火葬場への連絡も必要になってきます。
火葬は、死亡後24時間が経ったご遺体でないとできません。

火葬をするためには、火葬許可証というものが必要です。
故人の死亡届・死亡診断書を市区町村の役所に提出すると、受け取ることができます。

葬儀社が手続きを引き受けてくれるところが多いので、確認しておきましょう。

予約制の場合、地域の火葬場に希望する日付と時間を伝えましょう。
先着順の場合は順番待ちをすることになります。

どちらにせよ、早めに問い合わせておいて損はないと思います。
しかし、友引の日を休業日にしている火葬場が多いので、前後の込み具合を考えておきましょう。

近年では、地域によっては火葬場が足りないという問題もあるため、連絡が遅くならないように注意しましょう。

親族のスケジュール

通夜・葬儀に参列するべき親類縁者が海外や、飛行機の距離に住んでいる場合、到着を待つ必要があります。
葬儀の日程を決める際には親族のスケジュールも把握しておくことが大切です。
とくに、故人の配偶者や故人の子供とその家族、故人の兄妹、などの方たちが参列できるように日程をくむのがよいでしょう。

ここ近年では、親族だけで葬儀を執り行う家族葬を選ぶ家庭が増えています。
家族だけで静かに故人を偲びたい、という気持ちのあらわれのようにも思います。

しかし故人や家族が多くの参列者を望んだ場合は、なるべく参列できるように考えたいものです。

葬儀・通夜の日程と六曜の関係

葬儀

入籍は大安に、友引の日はお葬式を避けるべきという話を聞いたことはありませんか?

カレンダーをみると、日付と曜日の他に小さく「先勝(せんしょう)」「友引」「先負(せんぶ)」「仏滅(ぶつめつ)」「大安」「赤口(しゃっこう)」の6つが順に書かれていると思います。

冠婚葬祭においては気にする方もいるのではないでしょうか。

これらは「六曜」(ろくよう・りくよう)と呼ばれる歴注の一種になります。
歴注とは、暦の上での吉凶の基準などを記したものです。

中国で発祥したといわれており、占いのようなものになります。
日本では戦後に広く知られるようになったもののようです。

それではそれぞれの六曜と通夜・葬儀の関係について説明していきましょう。

友引

友引は『良くも悪くもなく、決着のつかない日』といわれています。

それではなぜ、お葬式を避けたほうがよいのでしょうか?
他者を冥土へ引き込む、死を誘うという俗説があるのです。

本来仏教との関係はないようですが、通夜・葬儀の日程には避けておくのがよいでしょう。

大安

大安は六曜の中で最も吉とされる『何をするにも絶好の日』といわれています。
結婚式や入籍などが大安に好まれる理由がわかりますね。

しかし様々な説があり、『何もせず、安らかに過ごすべき日』という意味あいもあるようです。

一方で、大安にお葬式はよくない、と耳にしたことがあるかもしれません。
おめでたい吉日に不謹慎なのではないか、と考える人もいるようです。

あまり気にすることもないようですが、可能であれば参列者のことを考えて避けておくのがよい日だと思います。

先勝

先勝は『早くにことを済ませるべき日』といわれています。
そのため午前は吉、午後が凶であるそうです。

急を要するもの、訴訟などには吉日とされていることもあります。

先負

先負は、先勝とは反対に『慌てず待つのがよい日』といわれています。
午前は凶、午後が吉となります。

訴訟や争いなどを避けたほうがよいともいわれています。

仏滅

仏滅は『何をするにも大凶とされる日』といわれています。

本来仏滅というのは、「虚亡」「空亡」という別の言葉が使われていたそうです。

時代の流れと共に虚亡=むなしい日、つまり、すべてが滅する日「物滅」となり、当て字のように「物」の部分が「仏」に変化したといわれています。

仏滅の日は仏が滅するほどの大凶日、と混同されがちです。
ですが物滅の意味としては『一度、物事が整理され、再スタートをきるにはふさわしい日』というものがあるそうです。

赤口

赤口は『牛の刻(うしのこく)を除いた時間を凶とする日』といわれています。

十二時辰(じゅうにじしん)という一日をおおよそ2時間ずつで分けた時間の表現方法があります。
近代以前の日本などで使われていたものです。

牛の刻は、正午前後、すなわち大体午前11時~午後1時ごろになります。
赤の字が使われていることから、火や血が連想され、火事やケガに注意するべきとも考えられているそうです。

仏滅よりも、赤口日が最も不吉だといわれています。

その他に「しゃっく」と読まれることもあります。

葬儀と通夜の日程まとめ

人々

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは葬儀と通夜の日程について、日程を決める時の注意点や六曜との関係などを解説してきました。

  • 死亡から通夜・葬儀までは3日ほどかかる。

  • 葬儀・告別式は午前におこなう場合がおおい。

  • 僧侶には速めに連絡し、日程を調整をする。

  • 火葬の手続きは葬儀社に確認し、予約制か先着順かを把握しておく。

  • 海外や、遠方に住む親族の到着を待つ。

  • 友引日、できれば大安日を避けた日程にする。

親族やお寺などへの迅速な連絡をすることで、日程決めがしやすくなりそうですね。

六曜との関係も、ご解いただけたでしょうか。

知識も大切ですが、家族、親戚と相談できる関係であることも必要のように感じます。
終活の1つとして、残る方々に伝えておくこともよいかもしれません。


終活ねっとでは、他にも法要・葬式に関する記事を掲載しております。
ぜひそれらもご覧になってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・通夜・日程」に関連する記事

  • 葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

    葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

    身近な人が亡くなった時、多くの日本人は仏教の作法に則って葬儀を執り行うことと思います。実際に葬儀を行うことになったとき、どう日程を決めればよいのでしょう。この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目を紹介しております。

  • 大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像

    大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと・行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りがわからない人も実は多くいます。今回は大安に葬儀はおこなっていのか?などご紹介します。

  • 亡くなった当日は通夜をしていい?通夜までの準備や当日の流れも解説のサムネイル画像

    亡くなった当日は通夜をしていい?通夜までの準備や当日の流れも解説

    人が亡くなった当日に通夜をすることはルールやマナー的に問題はないのでしょうか。また、喪主と参列者のどちらも通夜当日のことについては気になる点があるでしょう。そこで今回は、亡くなった当日の通夜に加え、通夜の流れや準備についても解説していきます。

  • 葬儀の日程と六曜の関係とは?詳しく説明します!のサムネイル画像

    葬儀の日程と六曜の関係とは?詳しく説明します!

    カレンダーで「仏滅」や「大安」の文字を見たことはありませんか。これらは六曜と言われており、中国が起源とされています。六曜は葬儀にも深く関係します。六曜を知れば、葬儀の際に役立つこと間違いなしです。今回は六曜と葬儀の関係について解説します。

  • 家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!のサムネイル画像

    家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!

    最近、家族葬という葬儀の形が増えています。小さなお葬式なので費用が安くなりやすく、近親者のみで故人をゆっくりと送れるため、人気を集めているようです。では家族葬の日程はどうやって決めたらよいでしょうか?今回は家族葬の日程・流れや遺体の安置方法について解説します。

  • 仏滅に葬儀をしてもいいの?葬儀の日程や六曜についても解説します!のサムネイル画像

    仏滅に葬儀をしてもいいの?葬儀の日程や六曜についても解説します!

    葬儀を友引に行ってはいけない、という話を聞いたことがある方は多いでしょう。では、仏滅に葬儀を行ってもいいのでしょうか?今回の記事では、葬儀と仏滅の関係を解説します。また、葬儀の一般的な日程や六曜についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

    葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

    誰にでも必ず最期の時は訪れます。その際に葬儀を行うわけですが、葬儀をいつやるべきなのかというのは事前に予定を組めないためわかりにくいものです。そこで、今回は葬儀をいつ行うのかについてご紹介するとともに、お布施の手渡しや香典返しのタイミングも見ていきます。

  • 通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!のサムネイル画像

    通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!

    愛する身内の方が亡くなった場合、日を置くことなく通夜や葬儀が行われます。いずれも故人とのお別れや見送りをするうえでは欠かせません。ところで皆さんは通夜と葬儀の違いはわかりますか?今回はぜひ知っておきたい通夜や葬儀との違いや、マナーや費用も含めて見ていきます。

  • 葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説のサムネイル画像

    葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説

    葬儀についてはさまざましきたりがあります。友引や仏滅といった暦は葬儀の日程とどのような関係があるのでしょうか。このほかに葬儀の日程を決める時に気をつけたいのはどのようなマナーでしょうか。葬儀と暦の切っても切れない関係についてわかりやすくご説明いたします。

  • 葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像

    葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

    人はいつか亡くなります。身近な方が亡くなったときにどう対応したらいいのでしょうか。通夜・葬儀の日程を決めるには?通夜・葬儀・告別式はどういった流れですすめていくのか?など、今回はいつか必ずやってくる葬儀の日程の決め方やマナー、流れについて解説をしていきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・通夜・日程」についてさらに知りたい方へ

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像

大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

亡くなった当日は通夜をしていい?通夜までの準備や当日の流れも解説のサムネイル画像

亡くなった当日は通夜をしていい?通夜までの準備や当日の流れも解説

葬儀の日程と六曜の関係とは?詳しく説明します!のサムネイル画像

葬儀の日程と六曜の関係とは?詳しく説明します!

家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!のサムネイル画像

家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!

仏滅に葬儀をしてもいいの?葬儀の日程や六曜についても解説します!のサムネイル画像

仏滅に葬儀をしてもいいの?葬儀の日程や六曜についても解説します!

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!のサムネイル画像

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!

葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説のサムネイル画像

葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・通夜・日程」についてさらに知りたい方へ

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像

大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

亡くなった当日は通夜をしていい?通夜までの準備や当日の流れも解説のサムネイル画像

亡くなった当日は通夜をしていい?通夜までの準備や当日の流れも解説

葬儀の日程と六曜の関係とは?詳しく説明します!のサムネイル画像

葬儀の日程と六曜の関係とは?詳しく説明します!

家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!のサムネイル画像

家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと