葬儀代の相場はいくら?形式別の費用や葬儀代を抑える方法も解説!

葬儀代っていくらするの?普段接する機会が少ないだけに、意識する事も少ない問題です。しかし、突然行わなければならない事も多く、葬儀費用は終活における大きなテーマの一つです。葬儀代がいくらするのか、内訳や相場について、詳しく解説します。

目次

  1. 葬儀代の相場はいくら?
  2. 形式別の葬儀代の相場はいくら?
  3. 葬儀代の内訳はいくら?
  4. 葬儀代を安くする方法
  5. 葬儀代がいくらかについてまとめ

葬儀代の相場はいくら?

お金

葬儀代っていくらぐらいするのだろうと、疑問に思ったことはありませんか?
葬儀の費用については、普段接する機会は少ないですが、急に行わなければならない事もあります。

いざ葬儀を行う時になって慌ててしまわないように、葬儀代の相場を知り、費用の段取りをつけておくのも終活の1つと言えます。
今回終活ねっとでは、形式別の葬儀代の相場や内訳などについて、以下の点を中心に解説していこます。

  • 形式別の葬儀代の相場について
  • 葬儀代の内訳は?
  • 葬儀代を安くする方法

この内容を中心に解説していきます。

葬儀代がいくらぐらいするのか気になっている方は、ぜひ最後までお読みいただき終活の参考にして頂ければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

形式別の葬儀代の相場はいくら?

葬儀

一口に葬儀費用といっても、一般葬や家族葬など葬儀の形式でによっても相場は大きく変わります。
また、地域によっても葬儀費用には差があります。

葬儀費用の全国平均は、110〜120万程度と言われています。
ただ、この金額には読経料や戒名料などの寺院関係の費用や、参列者に振る舞う飲食代などの接待費は含んでいません。
一般的に、寺院関係の費用が50万程度、接待費が30万程度かかると言われていますので、葬儀全体にかかる支出としては200万円程度が相場という事になります。

また地域別の相場を見ると、平均葬儀費用が最も高いのが茨城、栃木、群馬、千葉県などの北関東エリアで、続いて、新潟、富山、石川、福井の日本海側の中部エリアです。
逆に中国地方や四国地方は、相対的に葬儀費用は安いようです。

このように、地域によっても葬儀費用にはバラツキがあり、また前述したように葬儀の種類によっても葬儀費用は大きく変動します。
それでは、形式別の葬儀費用について解説します。

直葬

直葬とは、お通夜や告別式をしないでご遺体をそのまま火葬する形式の葬儀です。
その為火葬式とも呼ばれ、火葬場で式を行い参列者も家族や親族など身内のみで行います。
家族葬とも似ていますが、家族葬はお通夜や告別式を行いますから、その点が大きく違います。

直葬の費用相場は、10〜30万円程度です。
お通夜や告別式も行わず、火葬のみを行う形式ですから自然と費用は抑えられます。

直葬の詳細や、費用がいくらぐらいかするのか、詳しい内訳などは下記の記事で紹介していますので合わせてお読みください。

こちらも読まれています

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

一日葬

一日葬とは、従来の葬儀のやり方からお通夜を省略した形式の葬儀の事です。
葬儀と告別式のみが行われますので、2日かかっていた葬儀が1日で済みます。
家族の負担が少なく、スケジュール的にも調整しやすい事から近年選ばれる方が増えている形式です。

一日葬の平均的な予算相場は30万円程度です。
お通夜を行わない分、かなり費用が抑えられるのが特徴です。
一日葬の場合、一般の参列者が少なくなってしまう事には注意が必要です。
従来の葬儀であれば、お通夜か告別式のどちらかに参列出来ますが、一日葬の場合は日中の告別式だけしか参列する機会がないので、参列者のスケジュール調整が出来ない可能性もあります。

一日葬の詳細や、費用がいくらぐらいするのか、内訳などは下記の記事で詳しく解説していますので合わせてお読みください。

こちらも読まれています

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!

一日葬って聞いたことがありますか?近年葬儀を簡略化する流れがありますが、その中で注目されているのが一日葬です。葬儀を1日で終わらせるため、家族の費用的・精神的な負担が軽減されます。この一日葬の費用について、今回はわかりやすく解説していきます。

家族葬

最近では家族や身内、親しい縁故知人のみで行う家族葬を選ばれる方も増えています。
家族葬の費用相場は150~160万程度です。
一般葬が寺院費用や接待費までを含めて200万程度かかる事を考えると、家族葬のほうが2~3割程度安いです。

家族葬の詳細や、費用がいくらぐらいするのか、詳しい内訳については下記の記事で詳しく解説していますので、合わせてお読みください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

一般葬

一般葬の費用平均は、上記で解説している通り約200万円程度かかります。
前述している通り葬儀費用は、地域や葬儀の内容などによっても大きく変動します。
葬儀の費用の詳細については、下記の記事で詳しく紹介していますので、合わせてお読みください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

葬儀代の内訳はいくら?

お金

葬儀費用には、たくさんの細かい支払い項目があります。
葬儀費用の概算を把握するには、合計でいくらの支出になるかを把握する必要があります。

葬儀全体にかかる支出は、大きく三つに分ける事ができます。
どの項目がいくらぐらいするのかを、説明します。

  • 葬儀一式の費用

    葬儀一式の費用は、葬儀の本体費用とも言われます。
    葬儀会社が病院まで遺体をお迎えに行ってくれる費用のほか、お通夜や告別式、葬儀にかかる費用も含まれます。
    他にも、火葬代やお骨上げ祭壇の形など、葬儀全体の進行にかかる費用です。

  • 寺院費用

    寺院費用とは、読経料や戒名料が主な支出です。

  • 飲食接待費用

    飲食接待費は、お通夜や告別式などの参列者の方たちに対し会食を振る舞う費用と、返礼品の費用です。
    平均的な相場は30万程度ですが、食事の内容やお酒の量によって変動します。

以上が大まかな内訳です。

ここからは、それぞれの詳細項目の費用がいくらくらいなのか、について解説します。

葬儀一式の費用

葬儀一式の費用とは、葬儀社へ払う費用です。
葬儀全体の支出に占める割合もこの費用が一番高く、平均で110~120万程度です。

お通夜や告別式の式場料や祭壇費用、火葬場の費用などが含まれています。
注意しなければならないのは、葬儀全体の支出としてはこの費用以外に寺院費用と飲食接待費用がある事です。

葬儀社からの見積もりには、寺院費用や飲食接待費用は入っていませんのでよく確認しましょう。
ここでは、葬儀一式の費用がいくらぐらいするのか、について説明します。

祭壇の費用

祭壇とは、葬儀の際に使われる壇のことを言います。
祭壇に故人の遺影写真や供え物などを飾る事によって、偲び供養する事ができます。

祭壇には白木祭壇と花祭壇の2種類があり、伝統的に白木祭壇が選ばれる事が多く、花祭壇は芸能人や経営者の社葬などの大規模な葬儀の時に選ばれていました。
しかし、レンタルするだけの白木祭壇に高い費用を払う事への疑問を持つ方も多く、家族葬などの小規模祭壇も増えてきた事から花祭壇を選択する方も増えてきました。

葬儀一式の費用の中でも、大きな割合を占めているのが祭壇費用です。
同じ種類の祭壇でもグレードによって、大きく金額が変わります。
祭壇費用には、主に祭壇本体の金額と人件費、その他メンテナンス費なども含まれていますが、祭壇本体の費用は、大きさや華やかさによって変わります。

白木祭壇

白木祭壇は、その昔ご遺体を入れた棺を輿(こし)に乗せて墓地まで運んでいた時代の風習が形を変えて残っているものです。
白木で作られた祭壇は輿をモチーフにした、厳かで重厚な作りになっています。

白木祭壇は、既に完成している祭壇をレンタルする形式ですので、費用も抑えられるイメージを持たれやすいですが、相場は10万から120万円のかなり幅があります。
これは、レンタル費用の他に人件費やメンテナンス費用も含まれているためです。

最近では、白木祭壇に花を飾った折衷祭壇や、キャンドルを使ったキャンドル祭壇なの、オリジナルな祭壇が選ばれる事もあります。

花祭壇

花祭壇とは、生花をあしらい、花の色や形を使ってデザインして作られた祭壇の事です。
とても華やかなのが特徴で、形が決まってしまっている白木祭壇とは違い、オリジナルのデザインにアレンジする事も可能です。

例えば、ゴルフが好きだった方であればゴルフ場をモチーフにた祭壇にしたり、海が好きだった方であれば、海をモチーフにした祭壇を作ったりする事もできます。
遺族の故人に対する想いが反映しやすいのが、選ばれている理由の一つです。

花祭壇の相場は、一般的なもので20万〜80万程度です。
価格に幅があるのは、生花を使うため大きさやデザインによって大きく変動するからです。
また、費用を押さえる方法として生花ではなく造花やプリザーブドフラワーを使う事も出来ます。

車両の費用

葬儀費用における車両費用は、大きく二つ寝台車と霊柩車に関わるものがあります。
寝台車と霊柩車は似ているようですが、実は目的が違います。

寝台車は、病院などの亡くなられた場所からご遺体をご自宅まで運んだり、ご自宅から葬儀会場まで運んだりする際に使用します。
一方で霊柩車は、葬儀場などから火葬場までご遺体を運ぶ際に利用します。

気になる霊柩車の利用料金ですが、実は霊柩車の料金設定は葬儀社だけでは自由に決められません。
葬儀社各社が国土交通大臣に届出を行い、その料金が適正であると認められて初めて料金設定が可能になります。
これは、霊柩運送が貨物自動車自動車運送事業法に基づいた、貨物事業にあたる事が理由です。

実際の料金の計算方法は、霊柩車の種類と走行距離によって決まります
相場の目安としては、同じ距離をタクシーで利用した際の10倍ぐらいの金額になります。

式場利用料

斎場(葬儀を行う式場)の利用料も、葬儀費用の大きな支出の一つです。
斎場の利用料は、斎場の種類によっても左右されます。
斎場の種類を大きく分けると次のようになります。

  • 公営の火葬場併設斎場
  • 公営の斎場
  • 民間の火葬併設斎場
  • 民間の斎場
  • 寺院斎場

大きくこの5種類に分かれます。
また、他にもご自宅や町内の公民館などのスペースを利用する事もあります。

人気が高いのは、費用が安く抑えられる公営の斎場、中でも火葬場を併設した斎場が人気です。
ただ、公営の特に火葬場を併設した斎場は数が限られています。
例えば、東京23区の場合だと、公営の火葬場併設斎場は1つしかありません。
その為時期によっては、斎場確保の為に数日かかる事もあります。

斎場利用料

現在では昔のように自宅で葬儀を行うことは少なく、ほとんどの方が公営か民営の斎場でお通夜や告別式を行います。
斎場には、各自治体が運営を行う公営のものと、葬儀会社や寺院などが運営している民間のものがあります。

費用が抑えられるのは公営ですが、利用できるのは地域に住んでいる方に限定されるなどの制約があります。
また公営の施設の場合、施設が古びていたりする場合もあったり、駅からの利便性が良くなかったりする場合もあります。

民間の斎場は、葬儀会社が運営しているケースが多く施設も新しく綺麗で、また顧客のニーズに合ったプランが用意されているのも特徴です。
民間に比べると予約もとりやすく、何日も待たないと葬儀がはじめられないといったケースは少ないです。

費用は公営の場合は、5~10万円程度です。
民間の場合は、運営会社によって変動しますが葬儀会社の場合10万円程度、寺院の斎場だと15~30万程度が相場です。
また、寺院の場合は檀家でない場合は値段があがる場合もあります。

火葬場利用料

火葬場には、公営と民営のものがあります。
地域によっては、公営しかないエリアもありますが、大きな都市部では両方あります。

公営の火葬場は、通常は亡くなった方の住民票がある場所の火葬場で行うのが一般的です。
他の場所にある火葬場でももちろん利用できますが、料金が割高になるケースがあります。
全国主要都市の火葬場の相場がいくらするのかを紹介します。

自治体名 市民・区民 市民・区民外
札幌市 49,000円 49,000円
東京(臨海) 40,000円 80,000円
名古屋市 5,000円 70,000円
熊本市 6,000円 36,000円

民営の場合は、住民票の有無は料金には関係ありませんが、公営と比べると料金は割高になる場合が多いです。
ただ、施設の公営に比べるときれいな場合も多く、火葬にかかる時間も短いのも特徴です。
民間に火葬場の使用料の目安は東京都の場合、5万円~15万円程度です。

供花の費用

供花(きょうか、くげ)とは、葬儀の際に祭壇に供える花の事を言います。
故人の霊が供養出来るように、願いを込めて贈られるものです。
従来の供花は、1対(2基)で飾られる事が慣習となっていましたが、最近では1基のみで贈られる事もあります。

供花には、故人の友人や知人が贈ってくれるものもありますし、喪主を含めた遺族が贈るものもあります。
喪主や遺族が供花をおくるのは故人が寂しくならないように、という願いを込めて贈られます。
通常は、喪主から遺族に対し供花を出して欲しい旨の相談をして、葬儀社へは喪主がまとめて依頼をして、葬儀が終わった後に精算をします。

供花の相場は、遺族側として出す場合は1基2万円程度からとなっています。

寺院費用

寺院費用とは、葬儀社へ払う葬儀一式の費用とは別に寺院へ払う費用の事です。
お布施とも言います。
寺院費用は、宗派や地域などによっても違い明確な相場が分かりづらいのも特徴です。
平均相場は50万程度とされていますが、寺院の格により大きく変動します。

寺院費用は大きく分けると、読経料、戒名料、御前料、お車代の4つです。
この内、読経料と戒名料が大きく寺院費用の9割を占めます。

読経料

読経料とは、お通夜や葬儀、法要などの際にお経をあげてもらうための費用を言います。
読経料はお寺への寄付という位置付けになりますので、正確な金額というのは決まっていない場合がほとんどです。
まれに、読経料を定めている寺院もあります。

寺院とのこれまでの付き合い方にもよりますが一般的な価格としては、15〜30万円程が相場です。

戒名料

戒名(かいみょう)とは、故人が仏様の弟子となったことを表す為の名前です。
仏の世界へと向かうに当たって、俗名のままでは行けないため、死者に対して戒名を付けると言われています。

宗派によって呼び方が違い、浄土真宗では法名(ほうみょう)とい呼びますし、日蓮宗では法号(ほうごう)と呼びます。
戒名料は、宗派や文字数によって変動します。

御膳料

お通夜での振る舞いや、精進落としの際に遺族や親族と一緒に僧侶が食事をしない時に渡すものです。
御前料の相場は、5,000円〜1万円程度です。
僧侶が会食に参加するかどうかは、事前に確認しておくようにしましょう。

お車代

僧侶の移動の際に、タクシーやハイヤーを利用した際に渡す費用です。
移動する距離にもよりますが、5,000円から1万円が相場です。

飲食接待の費用

飲食接待費とは、お通夜や告別式の際の会食の費用や返礼品の費用の事を言います。
返礼品については次の項で紹介しますので、ここでは飲食費について解説します。

葬儀の際の会食とは、お通夜ぶるまい(お通夜の後の会食)と精進落とし(告別式や火葬中の食事)です。
どこまでの人数分の食事を準備するかによって費用は変動しますが、家族葬であれば全員分を、一般葬であれば、参列者の半分が目安です。
料金は概ね、一人当たり5,000円が目安です。

返礼品の費用

返礼品とは、参列してくれた方へ対してお配りする御礼の品や礼状の事です。
1,000円程度のお茶やタオルから3,000円程度のギフトなどが多いです。

葬儀代を安くする方法

お金

これまで解説した通り、葬儀には様々な費用があり高額になってしまいがちです。
精神的にも余裕のない中で葬儀を仕切る事も多く、よく分からないまま高額の請求が来てしまったらどうしようと考える方は多くいます。

ケチる訳ではないけども、出来るなら無駄な出費は減らしたいというのも本音かと思います。
ここでは、そんな葬儀費用を少しでも抑える方法について紹介します。

葬儀形式を見直す

葬儀費用を抑える方法で効果的なのが、葬儀形式を見直すことです。
なんとなく葬儀ってお通夜をして、告別式をして、遺族と直接関係のない方にまで参列してもらって、というケースもあるでしょう。

これまで説明してきた通り、一般葬はやはり割高になってしまいます。
葬儀費用を抑えるのであれば、一日葬や直葬がオススメです。
形式的な一般葬に拘らないで、プランを見直すことも選択肢の一つです。

終活を行う方は、どういう葬儀を望んでいるか、元気なうちに家族とよく話し合っておくのも大切なことです。

オプションを減らす

大切なご家族を亡くした悲しみで、考える余裕のないままに病院指定の葬儀社に一任。
細かい見積もりを確認する余裕もなく、いざ請求を見て驚くというケースも少なくないです。

葬儀費用を抑える為にも、出来るだけ見積もりは複数社に依頼し、無駄なオプションは避けましょう。
葬儀社の提案するグレードアップや、種々のオプションは、家族ともよく話し合って決めましょう。

分割払いにする

葬儀代が一括で払うのが難しい場合、分割払いを利用する方法もあります。
銀行や信販会社が提供しているローンを利用するのが主な方法です。

一括ではなく毎月の支払いで少しづつ払えるのがメリットですが、ローンにする事によって利息がかかりますので、支払総額は増えますので注意が必要です。

葬祭扶助を受ける

大切な方が亡くなっても、経済的な理由から葬儀費用が捻出出来ない場合もあります。
そういう時には、国が葬儀費用を補助してくれる葬祭扶助という制度があります。

葬祭扶助とは生活保護法に基づいて支給されますので、支給には条件があります。
条件は、「遺族が最低限度の生活を維持できない場合」とされています。
故人が生活保護を受けていなくても、葬儀を行うほどの金品がない場合にも対象になるケースがあります。

葬儀代がいくらかについてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、葬儀代の相場について以下のことを解説してきました。

  • 葬儀の形式によって相場は大きく変動し、一般葬や家族葬にくらべて一日葬や直葬は費用が抑えられること。
  • 葬儀代の内訳は、「葬儀一式の費用」「寺院費用」「飲食接待費」があり、その中でも葬儀一式の費用が一番高額になること。
  • 葬儀代を安くする為には、葬儀の形式を見直したりオプションを減らす事が有効であること。

冒頭でも申し上げた通り、終活において葬儀費用の段取りをしておくことはとても大切な事です。
残された遺族が困らないように、どういった形式でどんな葬儀を望むのか、あらかじめ話し合っておくことで無用なトラブルを避ける事ができます。

終活ねっとでは、他にも葬儀の費用に関する記事を多数掲載しています。
ぜひそちらもご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

「葬儀代・いくら」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀代・いくら」についてさらに知りたい方へ

葬儀費用の内訳はいくら?葬儀費用の相場や支払い方法も解説!のサムネイル画像

葬儀費用の内訳はいくら?葬儀費用の相場や支払い方法も解説!

葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説のサムネイル画像

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法までのサムネイル画像

葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法まで

葬儀の費用がない場合はどうする?補助金や安くする方法をご紹介!のサムネイル画像

葬儀の費用がない場合はどうする?補助金や安くする方法をご紹介!

火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!のサムネイル画像

火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!

葬儀費用は経費にできる?経費になる項目とならない項目を解説!のサムネイル画像

葬儀費用は経費にできる?経費になる項目とならない項目を解説!

葬儀費用を形式別に比較!葬儀費用の内訳や費用を抑える方法を解説のサムネイル画像

葬儀費用を形式別に比較!葬儀費用の内訳や費用を抑える方法を解説

葬儀の予算の相場はいくら?形式別の予算や項目ごとの予算を解説!のサムネイル画像

葬儀の予算の相場はいくら?形式別の予算や項目ごとの予算を解説!

葬儀の種類別の費用相場はいくら?内訳や安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

葬儀の種類別の費用相場はいくら?内訳や安く抑える方法も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀代・いくら」についてさらに知りたい方へ

葬儀費用の内訳はいくら?葬儀費用の相場や支払い方法も解説!のサムネイル画像

葬儀費用の内訳はいくら?葬儀費用の相場や支払い方法も解説!

葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説のサムネイル画像

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法までのサムネイル画像

葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法まで

葬儀の費用がない場合はどうする?補助金や安くする方法をご紹介!のサムネイル画像

葬儀の費用がない場合はどうする?補助金や安くする方法をご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと