年末年始に葬儀はできる?年末年始の葬儀の日程や内容、注意点を解説

人の死は突然やってくるものです。普通でも葬儀を執り行うとなると段取りなど大変なものですが、年末年始に亡くなると葬儀を行うことは出来るのでしょうか。この記事では年末年始に葬儀はできるのかについて、葬儀の日程や内容、注意点を解説していきます。

目次

  1. 年末年始の葬儀について
  2. 年末年始に葬儀はできる?
  3. 年末年始の葬儀の日程
  4. 年末年始の葬儀の内容は変わる?
  5. 年末年始に亡くなった際にやること
  6. 年末年始に葬儀を行う場合の注意点
  7. 年末年始に亡くなった場合の年賀状
  8. 年末年始の葬儀に関するまとめ

年末年始の葬儀について

困った人々

年末は新年を迎える準備で慌しく過ぎ去り、年始は多くの企業が休みを取り日本中が休日モードに入ります。
そんな年末年始でも人の死はやってくることがあります。
年末年始でも葬儀を執り行うことは出来るのでしょうか。

年明けはお祝いムードが蔓延している中、葬儀など行えないようにも思えますし、葬儀社も休みなのではないかと思ってしまいます。

そこで今回終活ねっとでは、年末年始の葬儀は出来るのかどうかを葬儀の日程や内容、注意点などを交えながら以下の項目を解説していきます。

  • 年末年始に葬儀はできる?

    年末年始に葬儀を執り行うことが可能かどうかを解説します。

  • 年末年始の葬儀の日程について

    年末年始ならではの葬儀の日程の決め方について解説します。

  • 年末年始の葬儀の内容は変わる?

    年末年始の葬儀は通常時の葬儀と違いがあるのかを解説します。

  • 年末年始に亡くなった時にやることについて

    年末年始に亡くなった場合にやらなくてはいけないことを解説します。

  • 年末年始に葬儀を行う場合の注意点について

    ご遺体の安置方法などの年末年始だから注意しておきたいことを解説します。

  • 年末年始に亡くなった場合の年賀状はどうする?

    年賀状の対応について解説します。

年末年始の葬儀に関して詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧いただき、理解を深めていただければと思います。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

年末年始に葬儀はできる?

葬儀

年が明けると誰しもが新年を祝い明るいムードになります。
ほとんどの企業は年末から年始にかけてお休みを取っています。
そんな時でも、人が亡くなると葬儀を執り行うことは可能なのでしょうか。

人はいつ亡くなるかわかるものではありません。
そのため、葬儀社に関しては年中無休で営業しています。
つまり、年末年始でも関係なく連絡を取ることはできるのです。

ところが、火葬場に関しては多くの場合、12月30日頃から1月3日頃まで休業になります。
年末年始は火葬ができないのです。
これは年末年始は葬儀ができない時期があることを意味しています。

早くても1月の4日からでないと葬儀は行えないことになるのです。
火葬場が休みでも火葬の予約をしないといけないので葬儀場とは早めに連絡を取り、段取りを組みましょう。

年末年始の葬儀の日程

葬儀

年末年始は葬儀を執り行うことは火葬場が休みのため難しいということがわかりました。
では、年末年始に亡くなった人の葬儀の日程はどのように決めたら良いのでしょうか。
ここでは、年末年始の葬儀の日程について解説します。

基本的には三が日後に

火葬場が休みかどうかを考えなければ、お正月の三が日でも葬儀をしてはいけないという決まりはありません。
考えようによっては、先に葬儀だけを済まして火葬は4日以降にするという方法もできないことはありません。
しかし、現実的には年末年始に亡くなった人の葬儀は三が日後に行うべきです。

どこの家庭でも三が日は予定が入っているものです。
葬儀に参列をしていただくという観点から見ても4日以降に葬儀を行うべきだと言えます。

なお、通常の場合と比べるとご遺体の火葬までの日数が大きく空くことになります。
葬儀場と蜜に連絡を取り、ご遺体の保全には気を回して対策を取りましょう。

松の内の7日後に行う場合も

お正月は、それこそ日本中に祝賀ムードが漂います。
そんな時期に葬儀をするということは良いのだろうか、松の内の7日までは葬儀を行いたくないと考える人も多いようです。
しかし、ご遺体を何日も保全するのは難しくなってきますし、遺族の負担も大きくなります。

そのような場合は、年末年始のうちに近親の遺族のみで密葬を行い、松の内の7日以降に本葬、或いはお別れ会を行うということもできます。

おめでたい正月の慶事の中、葬儀に参列していただくことを避けることができるので良い選択だと言えるのではないでしょうか。
ただし、7日以降に本葬やお別れ会を行うとしても、日程は早めに決めて参列していただく予定の方には早々に一報を入れておきましょう。

年末年始の葬儀の内容は変わる?

葬儀

年末年始に葬儀を行うとしたら、葬儀の内容は変わるのでしょうか。
お正月という慶事があるので何となく通常とは違ってくるのではないかと感じてしまいます。
しかし、実際は年末年始の葬儀であっても葬儀内容に変わりが出ることはありません

一般的な葬儀であれば、お通夜式があって葬儀式・告別式があるという流れになります。
葬儀社やお寺関係などに関しても、年末年始だから特別料金を取られるということもありません。

実際の葬儀としては、前述のように近親の遺族のみで密葬を年末年始に行い、本葬やお別れ会は落ち着いてから後日行う場合が多いという点が通常の葬儀の場合と違ってくることとなります。

年末年始に亡くなった際にやること

困った人々

年末年始に身近な人が亡くなると、タイミング的にどうするれば良いのかわからないことが多数出てきます。
それでも呆然としているわけにもいきません。
やるべきことはやって葬儀に備えることが必要です。

ここでは、年末年始に亡くなった際にやることを解説します。

葬儀社への連絡

年末年始に亡くなると、色々な場所がお休みしているイメージが有るので戸惑います。
火葬場も休業しているので明らかに通常時の葬儀は出来ない可能性が増してくるのです。
そんな中でも葬儀社は1年中24時間無休で営業しています。

身近な人が亡くなった場合、年末年始であっても直ぐに葬儀社に連絡をしましょう。
葬儀社の担当者は年末年始の葬儀に関しても慣れていますし、段取りもよく理解しています。
ご遺体の保存方法や様々な疑問点も含め担当者とよく相談をして今後の予定などを決めて行くと良いでしょう。

できれば、葬儀社も1社のみに連絡するのではなく、数社には連絡をして見積もり等を取り葬儀を依頼する葬儀社を決めましょう。

死亡届の提出

年末年始でも対応をしてもらえることに対しては手続きを進めていきましょう。
役所に関しては年末年始でも夜間・休日窓口で一部業務を受け付けています。
死亡届も、その一つです。

葬儀社が手続きをしてくれる場合もありますが、死亡届を提出し死亡火葬許可証をもらってきましょう。

年末年始に葬儀を行う場合の注意点

葬儀

年末年始は1年の中でも特別な時期です。
街中が祝賀ムードが漂い、多くの人が一斉に休みを取るような時期は他にありません。
そのため、葬儀を行うのであれば年末年始だからこそ気に留めておきたいことも幾つかあるのです。

ここでは、年末年始の葬儀を行う場合の注意点を解説します。

事前にお坊さんに相談しておく

年末年始であっても、お寺のお坊さんに相談をすることは可能です。
ご逝去された際には、葬儀社への連絡と共に菩提寺のお坊さんにも事前に連絡を入れておきましょう。

ただ、年末年始はお坊さんも多忙のはずです。
すんなりと希望する日程で葬儀を行えるかどうかはわからないことは覚悟しておきましょう。
それでも、早めに連絡をしていればお坊さんも段取りが付きやすくなるでしょう。

菩提寺がなく連絡するお坊さんもないという場合は、葬儀社にその旨を伝えましょう。
葬儀社の方でお坊さんを手配してくれます。

金融機関の休み

銀行を始めとする金融機関も年末年始は休業になります。
銀行窓口は完全に閉まっており、ATMは利用できるものの、場合によっては取扱できない時間帯なども出てくる可能性はあります。

葬儀代の支払い等は年末年始には不要かも知れませんが、病院への支払いやお坊さんへのお布施などで入り用になる可能性があります。
手元にはいつもより多めの金を持ち合わせておくほうが良いでしょう。

ご遺体の安置方法

ご遺体の安置には腐敗防止のために、どの季節であってもドライアイスや保冷室を利用するのが一般的です。
通常時期の葬儀であれば、ご逝去されてから葬儀が終わるまでは2、3日程度を見ておけば良いので適量のドライアイスや保冷室で対応していれば十分です。

しかし、年末年始となると早くても1月4日にしか葬儀を行うことは出来ません。
その上、年明けは火葬場の混雑が予想され、場合によっては空きが出るまで数日待つ必要も出てきます。

そうなると、タイミングによってはご逝去から葬儀までに10日以上かかる事も出てくることになります。
かなりの量のドライアイスや保冷室の利用が必要になり、費用もかさむ可能性があります。
葬儀社によっては、エンバーミングというご遺体の長期保存ができる処置をされる場合もあります。

年末年始に亡くなった場合の年賀状

困った人々

年末年始に身内が亡くなった場合の年賀状の対応は幾つかのタイミングによって違ってきます。

通常、年内に身内が亡くなっていれば喪中ハガキを送り、年始の欠礼をお知らせします。
しかし、年末の押しせまった時期に亡くなった場合ですと、すでに年賀状を投函していることもあるでしょう。
その場合は、そのまま特に対応をする必要はありません。

通常通り年賀状をやり取りすればよいです。
年が明けて、松の内が明けてから親しい人には寒中見舞いとして不幸があったことを知らせれば良いのです。

同じタイミングで年賀状をまだ出していなかった場合は、喪中ハガキを出して年内に相手に届くようならハガキを出しましょう。
もしも、喪中ハガキを出しても年内には届かないようなタイミングであれば、ハガキは投函せずに松の内が明けてから寒中見舞いを送り、身内に不幸があったことを伝えましょう。

年始に亡くなった場合は、出してしまった年賀状に対処する必要はありません。
出していない人からの年賀状を受け取った時は、やはり松の内が明けてから寒中見舞いを送り身内の不幸を伝えましょう。

年末年始の葬儀に関するまとめ

葬儀

年末年始に葬儀はできるのか、日程や内容と注意点に関しておわかりいただけたでしょうか。

今回終活ねっとでは、年末年始の葬儀について以下のことを解説してきました。

  • 年末年始の葬儀は火葬場の休みの兼ね合いもあり12月30日~1月3日の間は葬儀を行うことは出来ないということ。
  • 年末年始の葬儀の日程は、基本的に三が日後に行うことになり、場合によっては松の内が明けてから行うこともあるということ。
  • 年末年始の葬儀の内容は通常と変わらないが、葬儀自体は年末年始に密葬を近親者で行い、後日落ちついてから本葬を行うことが多いということ。
  • 年末年始に亡くなった場合にやることは、葬儀社へ連絡をして葬儀の段取りを相談することと死亡届を役所に提出することだということ。
  • 年末年始に葬儀をする際の注意点はお坊さんへの連絡と、金融機関の休みに対する対処、ご遺体の安置方法だということ。
  • 年末年始に亡くなった場合の年賀状の対応はタイミングによって違ってくるということ。

年末年始に亡くなった場合は火葬場の休みの影響で12月30日から1月3日は葬儀は行なえないことがわかりました。
早くても1月4日、火葬場の混雑具合などによってはご逝去から10日以上も空いてしまう可能性もあります。
死亡届やお坊さんへの連絡など早めに対処しておくべきことも忘れてはいけないことだと理解できました。

いずれにしても、年末年始の葬儀に関しては葬儀のプロである葬儀社と相談を蜜にすることが大切だと言えそうです。

終活ねっとでは「年末年始の葬儀」に関する記事以外にも、葬儀に関して詳しく解説した記事を多数掲載しています。

ぜひそちらの方もご覧ください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

以下の記事では、葬儀の費用はいくらかかるか、費用の内訳や安くする方法をより詳しく解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・年末年始」に関連する記事

  • 葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像

    葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

    身近な人が亡くなったとき、葬儀の日程を決めなくてはなりません。急いで決めなくてはならない状況で、どのようなことに気を付けて決めればよいのでしょうか?この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目や、決まった日程のお知らせについてを紹介しております。

  • 葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

    葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

    誰にでも必ず最期の時は訪れます。その際に葬儀を行うわけですが、葬儀をいつやるべきなのかというのは事前に予定を組めないため、わかりにくいものです。そこで、今回は葬儀をいつ行うのかについてご紹介するとともに、お布施の手渡しや香典返しのタイミングも解説いきます。

  • 葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説

    葬儀は誰にとっても慣れないものですが、納得のいく葬儀を行うためには、葬儀社をどう選ぶかが重要になります。今回の終活ねっとでは、葬儀社の選び方について詳しく説明します。選び方のポイントの他にも、葬儀社を選ぶタイミングや費用の項目もあわせて紹介していきます。

  • 葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイントのサムネイル画像

    葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイント

    葬儀に参列したことはあっても、葬儀を行うにはどんなことを準備すればいいのわからない方が多いと思います。この記事では、葬儀までの準備や準備を行う際のポイント、終活についてもご紹介します。ぜひ一緒に確認し、いざというときに焦らないよう準備しましょう。

  • 葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像

    葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

    人はいつか亡くなります。身近な方が亡くなったときにどう対応したらいいのでしょうか。通夜・葬儀の日程を決めるには?通夜・葬儀・告別式はどういった流れですすめていくのか?など、今回はいつか必ずやってくる葬儀の日程の決め方やマナー、流れについて解説をしていきます。

  • 葬儀の手続きの流れは?葬儀の費用相場や生活保護受給者の場合も解説のサムネイル画像

    葬儀の手続きの流れは?葬儀の費用相場や生活保護受給者の場合も解説

    実際に葬儀を行う時には、葬儀社を決めるだけでなく様々な手続きが必要となります。いざという時には、何から手をつければいいのが、どのような流れで進めていけばいいのか困惑する人も多いでしょう。今回は、葬儀の手続きの流れ、手続きの代行や費用の支給手続きをご紹介します。

  • 葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

    葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

    人生の中では参列する側としての葬儀だけでなく、喪主側としての葬儀を経験する日が来ることもあるかもしれません。そんなとき、一体どんな準備をすれば良いのか知りたい方もいるのではないでしょうか?今回はそんな葬儀の準備や流れ、また服装マナーについても解説していきます。

  • 逝去から葬儀までかかる日数は?葬儀までの流れや忌引の日数も解説のサムネイル画像

    逝去から葬儀までかかる日数は?葬儀までの流れや忌引の日数も解説

    大切な人が亡くなった後、遺族の方は葬儀の準備や手続きなどに追われることになります。ですが、逝去されてから葬儀までどのように進みどれくらいの日数がかかるのかなどわからないことが多くあります。今回、終活ねっとでは葬儀に要する日数について解説していきます。

  • 葬儀方法や良い葬儀会社の選び方とは?数珠や遺影写真の選び方も解説のサムネイル画像

    葬儀方法や良い葬儀会社の選び方とは?数珠や遺影写真の選び方も解説

    最近では終活として、ご自身の葬儀について考え始める人も増えているようですが、ご家族に万が一のことが起きた際にも葬儀方法などわかっていた方が安心です。今回は、意外と知らない人も多い葬儀方法や良い葬儀会社の選び方、合わせて数珠や遺影写真の選び方も解説していきます。

  • 葬儀代が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と低価格に抑える方法のサムネイル画像

    葬儀代が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と低価格に抑える方法

    人が亡くなると葬儀を行うことになります。思いがけないタイミングで亡くなってしまうと葬儀代を払えないことも起こり得る話です。そんな時はどうすればよいのでしょうか?この記事では、葬儀代が払えない場合の解決方法を葬儀代の相場と低価格に抑える方法と併せて解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・年末年始」についてさらに知りたい方へ

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイントのサムネイル画像

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイント

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

葬儀の手続きの流れは?葬儀の費用相場や生活保護受給者の場合も解説のサムネイル画像

葬儀の手続きの流れは?葬儀の費用相場や生活保護受給者の場合も解説

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

逝去から葬儀までかかる日数は?葬儀までの流れや忌引の日数も解説のサムネイル画像

逝去から葬儀までかかる日数は?葬儀までの流れや忌引の日数も解説

葬儀方法や良い葬儀会社の選び方とは?数珠や遺影写真の選び方も解説のサムネイル画像

葬儀方法や良い葬儀会社の選び方とは?数珠や遺影写真の選び方も解説

葬儀代が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と低価格に抑える方法のサムネイル画像

葬儀代が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と低価格に抑える方法

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・年末年始」についてさらに知りたい方へ

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイントのサムネイル画像

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイント

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと