お葬式と葬儀の違いとは?混じりやすい通夜・告別式との違いもご紹介

お葬式と葬儀の違いとは?混じりやすい通夜・告別式との違いもご紹介

何気なく使用している言葉にも、ちょっとした違いがあることがあります。たとえば、お葬式と葬儀です。同じように思えますが、違いはあるのでしょうか。この記事ではお葬式と葬儀の違いを、お通夜と告別式との違いを交えながら解説していきます。

2020-02-09

お葬式・葬儀の違いについて

困った人々

人が亡くなった時に行われる儀式に葬儀があります。
お葬式と言うこともあるように思います。
葬儀とお葬式との違いは何なのでしょうか。

日頃、何も気にせずに使用していますが本当の違いを知りたいものです。

そこで今回終活ねっとでは、お葬式と葬儀の違いを以下の項目を解説していきます。

  • お葬式・葬儀の違いは?

  • お通夜との違いは?

  • 告別式との違いは?

  • 葬儀参列時のマナーについて

混じりやすい通夜・告別式との違いも併せて解説してまいります。

お葬式や葬儀、お通夜や告別式という言葉に関しては、何気なくわかっているように使用しています。
実際はよく理解していない部分もあるのではないかと思えます。
しっかりとした違いを理解して、間違った使い方などすることがないように、ぜひ最後までご覧いただき、知識を深めていただければと思います。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

お葬式・葬儀の違いとは?

葬儀

お葬式にしても葬儀にしても、普通にいつも使用する言葉です。
使っている時は、ほぼ違いなど意識していないと言っても良いでしょう。
ここでは、お葬式と葬儀の意味と違いを解説します。

お葬式の意味

人が亡くなると、お通夜、葬儀、告別式が行われます。
そのうち、お葬式は葬儀と告別式の部分を指します。
言い換えれば、火葬をする当日に行われる儀式のことを指すということになります。

さらに、作法や礼式という意味も含まれています。
宗教的な儀礼や慣習、弔いの作法なども含めてお葬式と言うのです。

葬儀の意味

葬儀は葬祭儀礼のことを指します。
葬祭儀礼とは、逝去されてからお通夜や葬儀、告別式に火葬を経て四十九日法要や納骨という忌明けまでの儀式全般の事です。
このように葬儀は、お葬式よりも広義な意味での儀式のことを指すこともあります。

先述のように、お葬式は葬儀と告別式を合わせたものです。
その意味での葬儀は、親族により執り行われる宗教儀式を指します。

お葬式の中での親族のみによる弔いとは、お葬式の開式から親族による焼香までを指します。
親族の焼香後の一般参列による焼香から閉会までは告別式になります。

葬儀は宗教や宗派によって儀式の様が大きく変わります。
ただ、故人の冥福を祈り悼む事に変わりはありません。
最近では、故人の意思を尊重し冥福を祈るために、一般葬以外にも家族葬や一日葬などの独特な葬儀も増えてきています。

明確な違いはない

このように、お葬式と葬儀は微妙に違いがあります。
しかし、辞書などを調べてもお葬式は葬儀のこと、葬儀はお葬式のことと記されていることもあります。
明確な違いはないのです。

現実的には、お葬式も葬儀も類義語として使われているので、どちらを使っても間違いはないと言えます。
お葬式でも葬儀でも、言葉として間違った使い方をしていないし、マナー違反になるような言葉ではないということです。

本来の言葉の意味を知識として知っておくことは良いことです。
ただ、明確な違いがない以上、言葉の使い方に神経質になる必要もないと言えます。
大切なのは、どんな言葉を使うかではなく、故人を弔い、悼む気持ちだということです。

通夜との違いは?

葬儀

通夜は葬儀・告別式の前の日に行われるものということを知っている人は多いでしょう。
しかし、実際に、通夜の意味となると知っている人はどうでしょうか。
ここでは、通夜の意味と通夜の儀式の流れを理解しながら、通夜と葬儀・お葬式の違いを確認していきます。

通夜の意味

元々は、釈迦の入滅の際に弟子たちがお説法を夜通し語り、釈迦の死を悼んだということから「通夜」という言葉があります。
「通夜」は「夜伽(よとぎ)」と呼ばれることもあり、故人の冥福を祈り葬儀・告別式の前に、共に最後の別れの夜を過ごす儀式のことになります。

故人に一晩中寄り添うことで、線香やロウソクを絶やすことなく悪霊の侵入を防ぎます。
故人と落ち着いて過ごすことが出来る最後の夜になります。
故人を偲ぶ大切な時間になるのです。

近年は通夜の在り方も変わってきています。
友人や知人などは、時間を取りやすい通夜に参列する人が増えてきています。
葬儀・告別式よりも、通夜にお参りに来る人の方が多いというのも普通です。

また、通夜が夜通し行われることも減ってきており、「半通夜」で短時間で終わる場合が多くなっています。

通夜の儀式の流れ

一般的な通夜儀式の流れは以下のようになります。

  • 参列者着席

    祭壇に向かい右側が親族が座ります。

  • 僧侶入場

    一同合掌礼拝で開式します

  • 僧侶の読経

    30分ほどの読経になります。

  • 親族並びに会葬者の焼香

    葬儀社担当者の誘導で焼香開始。

  • 僧侶の法話

    僧侶の法話や説教を聞きます。

  • 僧侶退場

    僧侶退場後、喪主は挨拶をし、お開きになります。

  • 通夜振る舞い

    参列者への感謝を込めて1時間ほどの会食になります。

  • 棺守り

    線香とロウソクを絶やさないように夜通し棺に付き添います。

告別式との違いは?

葬儀

葬儀やお葬式とお通夜の区別はついても、葬儀やお葬式と告別式との違いをはっきりと分かる人は少ないかも知れません。
一般的に同じように扱う場合が多いからです。
ここでは、告別式の意味と告別式の流れを理解しながら、告別式と葬儀・お葬式の違いを確認していきます。

告別式の意味

先述のように、葬儀やお葬式は宗教的な儀式のことを指します。
一方、告別式は宗教的なものを指しません。
故人と親交があった友人や知人が最後の別れを告げる式が告別式になります。

別の言い方をすれば、僧侶主導で執り行われる儀式が葬儀で、喪主が主導でお別れの時間を作るのが告別式ということになるのです。

本来は葬儀と告別式は分かれて行われていました。
告別式は従来は、葬儀の後、墓地に遺骨を埋葬する前に行われたと言います。
葬儀とは全く違ったタイミングで行われていたのです。

ところが、火葬が一般的になってから現在のスタイルに変化していったようです。
最近では、時間の都合上、葬儀と告別式まとめて行ったり、分けずに行うことが普通になっています。
そのため、葬儀やお葬式と告別式が同じような意味で使われているのだと言えます。

また、最初に密葬として親族のみで葬儀を行い、別の日に一般参列者向けにお別れの会として告別式を行うことも増えてきています。

告別式の流れ

告別式は現在では葬儀と共に行われることが普通です。
告別式の流れは以下のようになります。

  • 参列者着席

    定刻前には着席します。

  • 僧侶入場

    合掌して僧侶をお迎えします。

  • 僧侶の読経・引導

    故人に戒名が授けられます。

  • 弔辞及び弔電

    弔辞をお願いする人には予め依頼しておきます。

  • 親族並びに会葬者の焼香

    喪主、遺族、親族、参列者の順で焼香します。

  • 僧侶退場

    合掌してお見送りします。

  • 閉式

    喪主による参列者へのお礼の後、司会者により閉会の辞を述べます。

先述のように、一般参列者が焼香を始めたタイミングから閉式までを一般的には告別式とし、開式から親族の焼香までは葬儀の扱いになります。

葬儀参列時のマナー

葬儀

葬儀に参列する場合は、様々なマナーがあります。
マナー違反とならないように一通りのことは常識として理解しておきたいものです。
ここでは、服装や持ち物や身だしなみを始め、香典や弔電なども含めて葬儀参列時のマナーに関して解説します。

服装

服装は男女ともに準礼服が基本です。
男性は黒色のスーツに、黒色のネクタイ、靴も靴下も黒色にしましょう。
女性も黒色のスーツやワンピース、アンサンブル、靴もタイツなども黒色にします。

なお、男女共に光沢のある黒色の服は避け、靴も金具などが付いた派手目なものは避けましょう。

持ち物

持ち物としては、先ず数珠を忘れないようにしましょう。
香典を入れる袱紗も必需品です。
不祝儀に向いている袱紗の色は紫や緑、グレーなどになります。

ハンカチは白か黒のフォーマル用のものを持ちましょう。
傘やコートなどを持参するときも派手な色の物は避け、地味目な色の物を持ちましょう。

身だしなみ

男性の髪型に関しては、さっぱりと清潔感がある髪型が良いです。
顔周りや耳を出すことを意識しましょう。

女性の場合は、様々な場面で髪がじゃまにならないように束ねましょう。
男性同様に清潔感がポイントです。

女性のメイクはナチュラルメイクにし、ネイルは外すか黒の手袋で隠すようにします。
アクセサリーは結婚指輪と真珠の一連のネックレス以外は、マナー違反になりますので気を付けましょう。

香典

香典はお通夜か葬儀・告別式に持参します。
不祝儀袋は無地で黒白または双銀の結び切りの水引のものを使います。

香典は不祝儀袋に入れ、表書きや名前などを書きます。
その際は、毛筆か筆ペンを用い、薄墨で書くのがマナーです。

表書きに関しては、仏式の場合は「御霊前」が一般的です。
ただし、浄土真宗の葬儀に関しては「御霊前」は使用できません。
「御仏前」を使用します。

お金に関しては、香典袋を開いた時にお札の顔が見ないように裏向きに揃えて入れます。
新札は基本的に入れません。
新札しかない場合は、一度折りたたんで戻して入れると良いでしょう。

弔電

弔電は、従来からあるNTTから申し込むことも出来ますが、インターネットサービスでも申し込みができます。
気を付けたいのは、弔電の送り先は故人宛ではなく喪主宛だということです。
喪主を事前に確認し、間違いがないように送りましょう。

また、弔電の中で使用される敬称は、喪主から見ての故人との関係性で呼びますので注意しましょう。
葬儀・告別式が始まる3時間前までには届くように送ることがマナーです。

お葬式・葬儀の違いのまとめ

葬儀

お葬式と葬儀の違いとは何か、混じりやすい通夜・告別式との違いに関して、おわかりいただけたでしょうか。

今回終活ねっとでは、お葬式と葬儀の違いとは何かについて以下のことを解説してきました。

  • 葬儀とお葬式に明確な違いはないが、お葬式は葬儀と告別式のことを指し、葬儀は葬祭儀礼のことで、逝去されてから忌明けまでの儀式全般を指している。

  • お通夜は葬儀・告別式の前日に行われ、故人との最後の夜を過ごす儀式のことを指しており、お葬式や葬儀とは違った儀式である。

  • 告別式はお葬式や葬儀と同じような意味で使用されることが多いが、告別式は宗教的なものを指しておらず、故人と親交があった友人や知人が最後の別れを告げる式が告別式になる。

  • 一般的な葬儀では、開式から親族の焼香までを葬儀と呼び、一般参列者の焼香時から閉式までを告別式と呼ぶのが正式である。

  • 葬儀参列時にはマナーがあり、服装や持ち物、身だしなみから香典や弔電に至るまで気を付けないといけないことは多い。

葬儀とお葬式では厳密には違いがあるものの、同様に使用してもマナー違反になるようなことはないことがわかりました。
お通夜は、故人との最後の夜を遺族と過ごす大切な儀式であることも納得できました。
葬儀と告別式が同じように言われるのは、元々、分かれて行われていた儀式が一つで行われているからだったのです。

わかっているつもりでも、わかっていない事は多いようです。
この記事が葬儀全般に関しての知識を増やす一助になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、他にも家族葬に関する記事を多数掲載しております。
ぜひ合わせてお読みください。

以下の記事では、葬儀の費用はいくらかを、費用の内訳や安くする方法と併せて解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「お葬式・葬儀・違い」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料