葬儀後にするお寺へのお礼とは?金額相場や書き方についても解説!

葬儀後にするお寺へのお礼とは?金額相場や書き方についても解説!

葬儀を執り行う際、お世話になっているお寺や菩提寺のお願いする場合、お礼をお渡しする必要があります。しかし実際にお渡しするお礼の金額や、相場について知らない人も多いのではないでしょうか?ここでは、葬儀でお渡しするお寺へのお礼や金額相場について詳しく解説します。

最終更新日: 2020年12月17日

葬儀でのお寺へのお礼について

困った人々

葬儀を執り行うにあたり、日頃からお世話になっているお寺や菩提寺を利用する場合、お寺へのお礼としてお布施をお渡しする必要があります。

しかしお礼の相場や、お布施とされる内訳にはさまざまな種類があることを、ご存じない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回「終活ねっと」では、葬儀後にお寺にお渡しするお礼や、それぞれの金額相場などについて以下に沿って詳しく解説していきます。

  • 葬儀でのお寺へのお礼とは何か?

  • お寺へのお礼の種類や金額相場は?

  • 葬儀でのお寺へのお礼の書き方について

  • お寺へお渡しする際のお礼の包み方

  • 葬儀後のお寺へのお礼参りとは?

これからご説明させて頂く内容としまして、お寺を利用される場合にはとても参考になるかと思いますので、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

「DMMのお葬式」では、必要なものを厳選した低価格かつ高品質なセットプラン5つの葬儀形式からお選びいただけます。

「DMMのお葬式」ついて詳しくはこちらをご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀でのお寺へのお礼とは

お金

葬儀を執り行う際、特に仏教の場合におきましてはお寺のお坊さんにお越し頂き、亡くなられた方を供養してもらうために、読経や戒名などをお願いするケースがほとんどです。
このとき葬儀費用以外にお坊さんへのお礼、つまりお布施をお渡しする必要があります。

このお布施に関しましては実際の相場が不明確であることから、葬儀費用の次に悩まれる方も多いようです。
もし菩提寺があれば、檀家をされているご身内の中で相場に詳しい人に相談したり、お寺の事務局でご確認されてみてはいかがでしょうか。

反対に菩提寺が無い場合や、葬儀社からお寺をご紹介して頂くのであれば、後にトラブルにならないためにも、あらかじめ紹介先のお寺やお坊さんにご相談されることをおすすめします。

お寺へのお礼の金額相場

お金

お寺へのお礼の金額相場としまして、2017年日本消費者協会・葬儀についてのアンケート調査によりますと、全国平均が約47万円とされています
このお寺へのお礼のことを一般的にはお布施と言いますが、さまざまなお布施の内訳として、読経料・戒名料・お車代・御膳料があります。
ここではそれぞれの意味や、葬儀にお越し頂いたお坊さんにお渡しする平均相場について見ていきましょう。

読経料

読経料とは葬儀や法要などの際に、お寺の住職さんやお坊さんにお経を読み上げて頂いた後にお渡しするお布施のことを言います。
この読経料はお経を読むことの労働に対する対価のイメージが強いことから、基本的には違和感を唱えるお寺やご僧侶の方が多いので、極力控えるようにしましょう。

また葬儀などの場合における相場として、通夜及び告別式の合計額にはなりますが、平均で10万円から15万円が一般的とされているようです。

しかし読経料の金額は基本的には決まっていないため、お気持ちとしてお渡しする程度でも構わないのですが、お寺側としてはこのお布施代で成り立っているのが現状です。
特に先祖代々からお世話になっている菩提寺であれば、それなりの金額を包むことをおすすめします。

戒名料

戒名(かいみょう)とは亡くなった方が極楽浄土に行く際に、僧侶に付けてもらう名前のことを言い、宗派によって位が変わってきます。
この戒名の位は故人やご遺族が勝手に決めることが出来るわけではありません
これまでの社会的地位や、お寺への貢献度により大きく関わってきますので覚えておきましょう。
また宗派別及び位ごとに戒名料の相場は異なりますので、以下にまとめました。

宗派 信士・信女 居士・大姉 院信士・院信女 院居士・院大姉
浄土真宗 10~30万円 50万円~
浄土宗 30~40万円 50~70万円 70万円~
天台宗 30~50万円 50~70万円 80万円~ 100万円~
臨済宗 30~50万円 50~80万円 100万円~ 100万円~
曹洞宗 30~50万円 50~60万円 100万円~ 100万円~
日蓮宗 30万円前後 50万円~ 100万円~

これらの相場はあくまでも目安であり、お住いの地域のお寺や菩提寺によって異なります。
実際の戒名料につきまして、例えばお付き合いのある菩提寺をお持ちであれば、住職の方に直接お伺いされたほうが良いかもしれません。
また菩提寺とのお付き合いが無い場合は、最寄りの葬儀会社に聞かれることをおすすめします。

お車代

葬儀の場所に直接、ご住職の方にお越しいただく場合、交通費としてお布施とは別にお車代を準備する必要があります。
このお車代の平均相場として5,000円~10,000円と言われていますが、菩提寺が遠方の場合、それ以上掛かることもありますので注意が必要です。
しかし自家用車を用いてご自身で菩提寺に出向き、ご住職の送り迎えをされるのであれば、お車代を支払う必要はありません。

御膳料

御善料とは葬儀に参列して頂いたご僧侶がスケジュールの都合上、会食などに参加できなかった場合に、お食事代の代わりとしてお渡しするお布施のことを言います。
この御膳料の一般的な相場は5,000円~10,000円とされるケースが多いようです。
もしご僧侶に食事会にもご参加して頂いた場合には、御膳料をお渡しする必要はありませんので知っておきましょう。

下記の記事では、葬儀のマナーに関する様々な情報を紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

葬儀でのお寺へのお礼の書き方

葬儀

お礼をお渡しする場合、基本的には封筒に包みますが、その際封筒に記入する文字や書き方について詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。
また葬儀などでお寺やお坊さんに、お渡しする場合のお礼の書き方にはいくつかのルールやマナーがあります。
ここでは葬儀の際に用いられるお礼の書き方や、名前の記入方法について詳しく解説させていただきます。

表書き

葬儀の際にお寺やお坊さんに謝礼としてお礼を封筒に包んでお渡しするのですが、この封筒に記載する文字のことを表書きと言います。
実際には、はっきりとした決まりはないので、何も記載せずにそのままお渡ししても良いとされています。
しかし表書きに文字を書く場合には、一般的に「お布施」や「御布施」などを使用し、その下の名前には○○家や喪主のお名前をフルネームで記載します。

この表書きにお経料や御礼・戒名料・寸志・志などを使用するのは、あまりおすすめできません。
なぜかと言いますと、お寺やご僧侶から読経や戒名などをして頂くことは、対価やサービスではないという考えが由来とされているようですので注意が必要です。

濃い墨で書く

表書きに文字を書く場合には、毛筆を使用するのが望ましいとされていますが、市販の筆ペンなどを使ったとしても特に問題はありません。
また、文字に使用する墨には薄い墨と濃い墨の2種類がありますが、お布施などのお礼をお渡しする場合、一般的には濃い墨が用いられます。

もし市販の筆ペンを利用されるのであれば、薄墨と濃墨の両方が販売されているため、誤って薄墨タイプの筆ペンをご購入されないよう注意が必要です。

これに対して薄墨は、香典袋の際に用いるのが良いとされています。
この理由には突然の訃報という出来事で、筆で文字を書く際に、涙で墨の色が薄くなってしまったと言う意味合いから来ているようですので知っておきましょう。

名前の書き方

表書きの名前の書き方には、いくつかの作法やルールがあります。
喪主が代表して名前を出す場合には、表書きの下にフルネームで記入します。
もし、ご家族全員で代表したいとお考えであれば○○家と苗字を使用し、封筒の裏側に喪主のお名前を記載することも可能です。

代表者が複数人である場合、お布施の文字の下に目上の方のお名前が中心となるよう記入し、ほかの方のお名前は左側に沿って書いていきます。
また複数人で連名書きが可能なのは、最大で3名までとされていますので知っておきましょう。

さらに代表される方が3名以上であれば、中心となる代表者の方のお名前を記載し、すぐ左横に他一同、若しくは外一同と書き添えるのが一般的とされています。

お寺へのお礼の包み方

葬儀

お寺やお坊さんに葬儀でお世話になったお礼として、お布施を用意しますが、ここではお札の包み方についてご紹介いたします。
このほか、お布施に使用するお金は新札でもいいのか、また封筒にお金を入れる際の向きや、お布施をお渡しするタイミングについても合わせて見ていきましょう。

封筒に包む

お布施などのお礼をお渡しする場合の方法として、奉書紙(ほうしょがみ)に包むか、白い封筒を利用するなどの選択肢があります。

奉書紙を使う場合、直(じか)に奉書紙にお札を包むのではなく、まずは半紙や白い包紙などでお金を包み、その上から奉書紙で包み込むようにします。
この奉書紙には裏面と表面があり、ツルツルした面が表面で、ザラザラした面は裏面となっていますので覚えておきましょう。

もし奉書紙が無ければ、封筒を利用することもできますが、二重の造りになっている封筒は使わないのが一般的とされています。
この理由として二重の封筒には、不幸が重なると言うことから縁起が悪いとされていますので、あらかじめ一重の封筒を用意しておくことをおすすめします。

新札を使ってもいい?

葬儀の際にお渡しするお礼として、新札を使ってもいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。
お布施としてお礼をお渡しする場合には、新札はもちろん旧札を使ったとしても特に問題はありません

ただし喪主としてではなく、個人として葬儀に参列する場合には、旧札がおすすめです。
これは葬儀で新札を使うことは、あらかじめ不幸を予測していたと捉えられることが由来とされています。
しかし取り急ぎお手持ちに新札しか無いのであれば、意図的にお札に折り目を付けるなどしてお渡しするようにしましょう。

お金の入れ方

お札を封筒に入れる方法にも、基本的にはマナーがありますので確認しておきましょう。
お布施をお渡しする際のお金の入れ方としまして、肖像画が描かれている側が封筒の表側に来るようにします。
次に封筒にお札を納める際、下側に金額・上側が肖像画が来るようにし、お札が複数枚になる場合は、きちんと向きを合わせておく必要があります。

また御香典の場合、お金の入れ方はお布施とは異なり、お札の向きや裏と表が反対になりますので覚えておきましょう。

香典袋へのお札の入れ方について詳しく知りたい方は、ぜひこちらもご覧ください。

渡すタイミングは?

お布施をお渡しするタイミングとして、葬儀前か葬儀後のいずれかの場合が最も多く、特に決められたルールはありません。

葬儀の前にお布施をお渡しする場合、お世話になるご僧侶やお坊さんに対して「本日はよろしくお願いします」と言うタイミングでお渡ししましょう。
また葬儀後の場合、「本日は心のこもったお勤めをして頂きありがとうございました」など、一言添えてお渡しするのが一般的です。

しかしお住いの地域やお寺によっては、お布施をお渡しするタイミングが決められている場合もありますので、ご親族やお寺の方にあらかじめ確認しておきましょう。

葬儀後のお寺へのお礼参りとは

葬儀

葬儀後に改めてお寺へのお礼参りとして、お布施をお渡しする場合のタイミングやマナーには、いったいどのようなことがあるのでしょうか?
また、お礼参りの際の挨拶方法についても知っておきましょう。

さらにお寺へのお礼参りにお渡しする物として、お礼状を準備した方が良いとお考えの方のために、おすすめな活用方法についても合わせてご紹介致します。

お礼参りのタイミング

葬儀後にお世話になったお寺にお礼参りのタイミングとして、できるだけ早めに行い、遅くても葬儀の翌々日までには済ませる必要があります。
このときお寺へのご挨拶は、喪主の方以外のほか、別のご遺族の2人で伺うことが良いとされているようです。

またお寺へのお礼参りの際の服装は普段着でも構いませんが、派手な恰好は控え、喪服に準じた色合いに統一するようにしましょう。

葬儀への謝礼としてお布施をお渡しする場合、「先日はお忙しい中、丁寧なお勤めをして頂きありがとうございました」と、まずは一言お礼を添えます。
次に「心ばかりではありますが、どうぞお納めください」とお布施をお渡しするのがおすすめです。

お礼状は必要?

お寺へのお礼参りの際、お礼状が必要なのかという疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的にはお礼状を持参しなくても、特に問題はありません
しかし人前でご挨拶をするのが苦手な場合、お礼状を書くことで、上手く想いをお伝えするための手段として利用できますので、ご活用されてみてはいかがでしょうか。
またお礼状の代わりとして、菓子折りなどを添えてお布施をお渡しするケースもあるようですので、知っておきましょう。

葬儀でのお寺へのお礼

人々

ここまで葬儀でのお寺へのお礼について、それぞれの金額の相場およびお布施のお渡し方法の観点からご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

今回「終活ねっと」では、葬儀でのお寺へのお礼や金額相場について以下のことをご紹介いたしました。

  • 葬儀でのお寺のお礼とは、葬儀費用以外に掛かるお布施のことを指す。

  • 葬儀の際、お寺にお渡しするお礼の全国平均相場は「約47万円」とされており、内訳として読経料・戒名料・お車料・御膳料がある。

  • 葬儀でお渡しするお寺へのお礼の書き方として、表書きを使用し文字を書く場合には、薄墨ではなく濃い墨で書かなければならない

  • お寺へのお礼を包む方法には、奉書紙を利用するか封筒に包むなどの選択肢がある。

  • 葬儀のお礼として新札を使っても良いが、お金の入れ方についてマナーがあるので注意が必要。

  • 葬儀後にお寺にお礼参りをする場合、遅くても葬儀の翌々日までには済ませておかなければならない。

葬儀費用以外にも、お寺へのお礼を準備しておく必要があることをお分かり頂けたのではないでしょうか。
またお寺へのお礼のマナーや金額相場について把握しておけば、落ち着いて対処することができますので、ご活用頂ければ幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place DMMのお葬式で斎場を探す
DMMのお葬式で斎場を探す