葬儀の予算の相場はいくら?形式別の予算や項目ごとの予算を解説!

葬儀の予算の相場はいくら?形式別の予算や項目ごとの予算を解説!

葬儀にはそれなりの費用がかかるということは知られていますが、具体的にどれくらいの予算が必要なのでしょうか?多様化する現在の葬儀において、葬儀ごとの予算はどのようになっているのでしょうか。今回は葬儀の予算の相場について、形式別の予算や項目ごとの予算を解説します。

2020-02-09

葬儀の予算について

葬儀

葬儀は昔からお金がかかるというイメージがあるのではないでしょうか?
色々な葬儀の形式が出てきている現在ですが、その予算や形式ごとの具体的な内容はまだあまり知られていないというのが現状です。

それぞれの葬儀の特徴や予算を知っていれば、どのような葬儀にするかより多くの選択肢を持てるのではないでしょうか?

今回終活ねっとでは、葬儀の予算の相場について葬儀の形式別や、項目ごとに詳しく解説していきます。

  • 葬儀費用は誰が負担するの?

  • 形式別の葬儀の費用相場ってそれぞれどれくらいなの?

  • 葬儀の予算の内訳はどうなっているの?

  • 葬儀の費用を抑える方法って何かあるの?

  • 格安葬儀プランで起こるトラブルとは?

  • 葬儀の予算についてのまとめ

以上の項目に沿って解説していきます。
葬儀の予算について具体的に知りたいという方や、予算を葬儀の形式別に比較して検討したいという方は、ぜひ最後までご覧いただき、今後葬儀について考える際の参考にしてみてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀費用の負担者

お金

一般的に葬儀の費用を負担するのは喪主であることが多いです。
なぜならば、喪主が遺産の相続人となるケースがほとんどだからです。
そのため、故人が亡くなった場合にはその配偶者が喪主を務め、葬儀費用を支払うことが多いです、

しかし、配偶者がいない場合や高齢なために喪主を務めることが難しい場合は、故人の子供がその代わりを務めることが多いです。

形式別の葬儀の費用相場

葬儀

葬儀の費用について具体的な数字を聞いたことがあるという方の中にも、形式別の細かい費用についてはあまり聞いたことが無いという方も多いのではないでしょうか。

それぞれの葬儀はどれくらいの予算相場となっているのかを知っておくと、葬儀について考える際に役に立ちます。

ここでは、葬儀の費用を形式別に解説していきます。

一般葬

一般葬とはほとんどの人が葬儀やお葬式と聞いてイメージする、普通の葬儀のことです。
この一般葬の葬儀の費用は、全国の平均で196万円となっています。
色々な形式の葬儀が出てきた現在でも、日本で最も多く選ばれている葬儀の方法です。

この金額を見ると、多くの人が葬儀には何かとお金が必要になると想像するのには、納得がいくのではないでしょうか?

一般葬では祭壇やお布施、会食などにお金がかかります。
葬儀の規模を縮小したり、安い祭壇にしたりと費用を抑える方法はあります。
平均で196万円というのは、高額であるともいえるでしょう。

家族葬

家族葬とは、通夜や告別式など行う儀式は一般葬とあまり変わりませんが、一般の参列者を呼ばないというスタイルの葬儀です。

費用も比較的安く、家族や親族のみでゆっくり故人とお別れできるということで最近注目されています。
家族葬の費用はだいたい150万円~160万円程度となっています。

儀式は省略されないため、直葬や一日葬ほど費用は安くなりません。
ですが、一般参列者もいないために会食も必要ないですし、祭壇を小さくしたりお坊さんを呼ばないなどをすると上記の費用よりもさらに抑えることができます。

故人の交流が広いと、葬儀に行きたかったという人も出てきますので事前にしっかり説明することが必要になります。
また、葬儀後に故人のお別れの会を開くこともあります。

以下に家族葬についての詳しい記事がありますので、家族葬についてもっと知りたいという方は、ぜひ一度ご覧になってみてください。

一日葬

一日葬とは、文字通り一日のみの葬儀で一般葬から通夜を省略した葬儀のことを言います。
一般葬と比べて、通夜に払うはずだった金額がかからないためその分費用が安くなります。
一日葬の葬儀費用の相場は約30万~40万円程度と言われています。

通夜には、香典や通夜振る舞い、お坊さんに支払うお金がありますが、一日葬ではこれらの費用がすべて浮くわけですから、かなり費用を抑えることができるのです。

一日葬は費用が抑えられる他にも、通夜がなく時間が短いことに加えて参列者も少ないため、遺族の精神的な負担も少なくなるというメリットがあります。

ただ、デメリットとして通夜を行わないということになると、葬儀にお坊さんを手配しようとしても、お寺によってはお坊さんが来てくれなかったりすることがあることです。

葬儀の多様化はまだまだ浸透しているとはいえませんので、お金のために葬儀を省略するなんてという考えの人もたくさんいます。
理解してもらえないときには、両者が納得するまで粘り強く話し合うことも必要です。

一日葬についての情報がもっと欲しいという方は、以下に一日葬についての記事がありますので、ぜひこちらをお読みになってみてください。

直葬

直葬は火葬式ともいわれることがあり、一般葬から通夜と告別式を省略した葬儀のことです。
簡単に言えば火葬のみの葬儀ということになります。
直葬は基本的に死亡後24時間経ってから火葬場で葬儀を行います。

費用を抑えたいというときや、葬儀は家族だけで簡単に終わらせてほしいという故人の願いがあるときに適した葬儀です。
参列者は故人とごく親しかった家族のみとなり、祭壇等も必要ありません。

そのため、通夜や告別式にかかる費用を抑えることができるため一般葬に比べると大幅に葬儀費用が安くなります。
そんな直葬の費用相場ですが、だいたい10万円~30万円程度となっています。

費用は抑えられますが、その分故人とお別れするまでの過程が少ないので、葬儀にこだわりのある人にとっては、直葬というといいイメージが無い人もいます。
直葬を検討する際には家族や親族でしっかりと話し合うようにしましょう。

直葬について検討したいという方は、以下に直葬について詳しくまとめた記事がありますので、ぜひこちらを参考にしてみてください。

葬儀予算の内訳

お金

一言で葬儀の費用と言っても、一体何に対してどれだけのお金が必要になってくるのかを把握しておきたいという方は多いと思います。
ここでは、葬儀にかかる金額の内訳について解説していきます。

葬儀一式の金額

一般的に葬儀のときには、葬儀社に頼んで葬儀を行うことが多いですが、その葬儀社に頼んだときに金額の内訳として説明されるのが、この葬儀一式という項目です。
では、葬儀一式とは何を指すのでしょうか?

葬儀一式には大きく分けて葬儀前、通夜・告別式、火葬の三つにかかる費用がセットとなっていることが多いです。
この葬儀一式に含まれるものの例として以下のようなものがあります。

  • 葬儀前

    搬送費用、香炉や線香などの仏具、遺体保存の処置代、棺代、その他安置費用など

  • 通夜・告別式

    葬儀会場費、祭壇設営費用、遺影、受付の筆記具など、会葬礼状、位牌、その他看板や案内人などの費用

  • 火葬

    霊柩車、親族用の移動車費用、死亡届の管理などの火葬料、待合室代

見てわかる通り、お坊さんに支払うお布施や、会食代や御礼品代などは含まれていません。

また、葬儀会場費用が別途かかったり、葬儀社によって葬儀一式に含まれるものは違います。
葬儀一式いくらと言われてすぐに決めてしまわないように十分注意しましょう。

寺院費用

葬儀費用でネックとなってくるのがこの寺院費用です。

簡単に言えばお経をあげてくれたお坊さんへのお礼に支払うお金です。
いわゆるお布施のことです。

このお布施は読経料、戒名料、御膳料、お車代に分けられます。
読経料はお経に対するお礼で、約20万円~40万円程度が相場となっています。
戒名料は約15万円~100万円を超えるようなものまであります。

御膳料、お車代は5000円~程度が相場となっています。
このように寺院費用は戒名の種類によって大きく変わります。

供花の予算はいくら?

供花の予算はだいたい一基が平均で1万円~2万5000円程度となっています。
ですから予算としては葬儀の規模によって、この金額に必要な供花分をかけることになります。
10基必要なら1万円×10基で10万円となるわけです。

葬儀の規模によって変わってきますが、だいたい20万円~というのが予算となっています。
もちろん高価な花を使ったり、規模が大きくなれば金額も大幅に上がることになります。

飲食接待の予算の相場

飲食接待の予算は通夜であれば一人1000円~2000円程度、告別式の場合には5000円~8000円というのが相場となっています。
これらの費用が参列者の人数分かかってくるので、こちらも葬儀の規模によって変わってきます。

ただ、基本的に告別式の分の金額は家族や親族の分のみというのが多いため、こちらは親族の人数が多ければ金額が上がるものと思っておけば良いでしょう。

返礼品の予算

葬儀の際には、返礼品が必要となります。
返礼品とは、香典返しと会葬御礼品のことを指します。

香典返しはもらった額の3分の1~2分の1の額を返すことがマナーとなっています。

会葬御礼品の相場はだいたい1000円以内ですので、参列者から渡されるであろう香典の金額の半分程度と会葬御礼品代を合わせた額が返礼品の予算となります。

もし、もらった香典の額が用意していた香典返しの金額よりも大幅に高い場合には、後日個別に香典返しとして贈るのが基本となっています。

葬儀の費用を抑える方法

困った人々

葬儀の費用を抑える方法にはどのようなものがあるのでしょうか?
費用はできることならばなるべく抑えたいという方が多いと思います。
ここでは、葬儀の費用を抑える方法について簡単に解説していきます。

オプションを減らす

葬儀には、火葬まできれいな状態にしておく特殊なエンバーミング処理と言われるものや、亡くなった方を洗う湯灌(ゆかん)、案内のための立て看板など細かいオプションがあります。

これらのオプションを減らすだけで葬儀費用を安くすることができます。

分割払いにする

どうしても一気に払うことができないときなどには、分割で対応してくれる葬儀社もありますので、分割で払うこともできます。

手数料などがかかる場合もありますので、注意しましょう。

国民健康保険の葬祭扶助を受け取る

対象となるためには色々な条件がありますが、葬祭扶助を受け取ることができることもあります。
だいたい3万円程度が相場となってます。

まずは条件を満たしているかどうか確認してみましょう。

格安葬儀でのトラブル

困った人々

近年では、葬儀費用をなるべく安く抑えたいというご遺族のニーズに応えるため、格安の葬儀プランを提供している企業が多数あります。

しかし、格安プランを利用したのに実際には高額な請求がきたり、葬儀の内容に満足がいかず納得のいく葬儀を行うことができなかったなどのようなトラブルが起こっています。

そこで、ここでは格安葬儀のプランを利用する際に起こりやすいトラブルへの対処法について解説していきます。

親族などから反対を受ける

格安プランの葬儀で起こりやすいトラブルの一つに、一般的な葬儀を行わないことで親族の方から反対されるというものがあります。
格安プランの葬儀を行う場合は、事前に親族に相談の上利用するようにしましょう。

また、格安プランで家族葬などの小規模な葬儀を行う場合、葬儀に参列できなかった方がそのことを悔やまれる場合があります。
そのような時は、後日弔問の機会を設けるようにしましょう。

格安プランのはずが高額請求がくるパターン

格安プランを利用したのに実際に来た請求が高額なものであったというトラブルは、最も起こりやすいトラブルです。
ここでは、なぜそのようなトラブルが発生するのかと、それを未然に防ぐにはどのようなことに注意すればいいのかを解説していきます。

このようなトラブルが起こる理由は二つあります。

一つ目は、実際の葬儀では葬儀社が提供しているプラン以外にも費用がかかる場面が発生するからです。
例えば、葬儀を執り行うために生じる人件費やご遺体を安置するためのドライアイスなどです。
このようなものは基本的にはプランとは別料金として扱われることが多いです。

また、もう一つの理由としては、事前に交わした契約とは異なるサービスが実際の葬儀で提供されることがあるからです。
このようなことが起こりやすいのは、葬儀で振る舞う食事のメニューや花輪の数などです。

上記二つのトラブルの原因を摘むには、しっかりと見積書を書面で出してもらい、その際にサービス内容がどこまで含まれているのかや、提供されるサービスの種類や個数などの細かいところまで明記してもらうことです。

葬儀後に想定外の請求をされることがないよう、葬儀社の方としっかりと相談をした上で葬儀に臨みましょう。

葬儀の内容に納得がいかないパターン

もう一つ起こりやすいトラブルとしては、格安すぎるあまり葬儀の内容に納得がいかなかったというものがあります。

基本的に格安プランの葬儀のメインは火葬になるため、そこに大半の費用がかけられています。
そのため、お通夜や告別式が行われないといったケースもあります。
そして、ご遺族が納得のいかない葬儀になってしまうことがあります。

このようなトラブルを防ぐためには、ただ格安というところだけを見てプランを即決するのではなく、プランの内容もしっかりと把握し、その中でご遺族の理想の葬儀との折り合いをつけることが大切です。

葬儀の予算についてまとめ

お金

いかがだったでしょうか?

今回終活ねっとでは、葬儀の予算の相場について葬儀の形式別や、項目ごとに詳しく解説してきました。

この記事の内容をまとめると、以下のようになります。

  • 一般的に葬儀費用の支払いは、相続人になることが多い喪主が負担する。

  • 一般葬の平均費用は196万円、家族葬の費用相場は150万~160万円、一日葬は30万~40万円、直葬は10万~30万円となっている。

  • 葬儀費用は、大きく葬儀一式費用・寺院費用・飲食費用にわけられる。
    葬儀の費用の葬儀一式は、葬儀社によって含まれるものが違うので注意する。

  • 葬儀費用を抑えるには、オプションを減らす、扶助を受けるなどがある。

  • 格安の葬儀プランを利用する際は、親族に相談する。
    葬儀社に見積もりを出してもらう際は、書面で出してもらい、サービスの内容や提供されるものの個数まで細かく明記してもらう。

葬儀の費用は、葬儀の形式によってその額にかなりの差が生じます。
限られた予算の中で少しでも自分たちの理想の葬儀を行うためにも、プランの選別は慎重に行うようしましょう。

また、必要に応じてオプションを削ったり葬祭扶助を受けることで費用を安く抑えることができます。
しかし、葬儀の費用を抑えることだけに意識が向いてしまうと、トラブルが発生することがあるので、格安の葬儀プランを利用する際は注意しましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。
終活ねっとでは、葬儀の費用相場について詳細に解説した記事を書いておりますので、ぜひそちらもお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・予算」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料