葬儀でのお悔やみの言葉のマナーとは?宗教の違いや喪主の挨拶も解説

葬儀でのお悔やみの言葉のマナーとは?宗教の違いや喪主の挨拶も解説

葬儀におけるお悔やみの言葉について、そのマナーを文例を交えてご紹介しています。宗教ごとの違いや、喪主の挨拶にも触れており、葬儀の際の言葉のマナーに対する不安を解決できる記事となっています。葬儀に行く前に、また喪主を務めることになった際に、ぜひご覧ください。

最終更新日: 2020年02月28日

葬儀における言葉のマナーについて

困った人々

葬儀における言葉のマナーというと、なんだか難しそうな印象を抱きませんか?
冠婚葬祭の場では、言葉を選ぶのに神経がすり減ってしまうこともあるでしょう。
でも、ポイントだけおさえておけば葬儀における言葉のマナーは、そこまで難しくありません。

今回、「終活ねっと」では、以下の項目に沿って葬儀における言葉のマナーを解説致します。

  • 葬儀に参列する際のお悔やみの言葉とは?

  • 宗教や宗派によって変わるお悔やみの言葉とは?

  • お悔やみの言葉に関する注意点とは?

  • 喪主として挨拶する際の言葉のマナーとは?

突然葬儀に参加しなくてはならなくなった場合に失礼がないよう、言葉遣いのマナーを学んでおきましょう。
ぜひ最後までお読みいただけると幸いです。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀に参列する時のお悔やみの言葉

葬儀

葬儀に参列する経験は誰しも1度はあるかと思います。
遺族、親族が悲しみに暮れる中、適切な言葉をかけられているでしょうか?

お悔やみの言葉は状況や関係性によって多少変化します。
意味を正しい使い方を知ることで、より気持ちを込めてその言葉を使うことができます。
葬儀に参列する際のお悔やみの言葉を正しく理解して、葬儀のマナーを心得ましょう。

また、以下の記事では葬儀のマナー全般に関して解説しておりますので、合わせてご覧ください。

お悔やみの言葉の意味

そもそもお悔やみの言葉とは一体何のためにあるのでしょう?
お悔やみの言葉とは故人の死を悲しみ、遺された方々をいたわる為におくるものです。

受付や遺族、親族に対して「こんにちは」「お世話になっております」などのいつも通りの挨拶は必要ではありません。
葬儀の場等では、お悔やみの言葉をのべるようにしましょう。

例えば、一般的なお悔やみの言葉である「ご愁傷様でした」には、故人の死を嘆き悲しむ気持ちと、遺された方々への「心中お察しします、どうぞゆっくり心を休めて下さい」といった気持ちがこめられているのです。

親族の関係性によって変わる言葉

親族の関係性ごとのお悔やみの言葉の例文をいくつかご紹介致します。
ご遺族と故人とのご関係を配慮してお声がけしましょう。

配偶者を亡くされた方へ

例えば配偶者を亡くした場合、ご遺族はぽっかりと穴が空いてしまったような気持ちです。
不安や寂しさが入り混じり、体調を崩す方も多いものです。
その気持ちをしっかりとくみ取り、言葉をかけましょう。
以下が例文となります。

この度はご愁傷様でございます。
ご心中をお察し致します。
ご主人様のご不幸に、悲しみで言葉もありません。
奥様のご心労が心配ではございますが、どうぞお気持ちをしっかりと持ってください。

父親・母親を亡くされた方へ

いつかは誰もが迎える日ではありますが、親を亡くした場合はとても深い悲しみと自分の帰る場所をなくしたかのような喪失感を抱えています。
親を亡くした場合の例文は以下の通りです。

この度はご愁傷様でございます。
急な悲報に私もまだ気持ちが追いついておりません。
ご家族の方々もさぞお力落しのことと存じます。
1日でも早く立ち直られる日が来ることを心よりお祈り申し上げます。

子供を亡くされた方へ

子供を亡くした場合は、まだその事実を受け入れていないかもしれません。
子供の思い出話には触れないようにしましょう。

この度はご愁傷さまでございます。
本当に心残りでございます。
あまりにも無念なことではありますが、どうぞお気持ちをしっかりと持たれて下さい。
謹んでお悔やみ申し上げます。

どんな関係の人の死であれ、葬儀の段階では、まだ前を向けていない人の方が多いものです。
相手の気持ちにより寄り添える言葉をかけてあげてください。

特に親しい関係であれば、「私にできることなら、何でも言ってね」や「つらかったね、〇〇さんの体調や心労が心配だよ」といった言葉をかけてあげるのも良いでしょう。

もちろん参列する人は全員悲しい気持ちでいっぱいです。
しかし、遺族や親族の気持ちは想像を絶したものです。
あたたかい言葉で、少しでも気持ちを楽にしてあげて下さい。

さらに、ご友人にかけるお悔やみ言葉について知りたい方は以下をご参照ください。

亡くなった状況によって変わる言葉

老衰や病気で亡くなった場合は、通常のお悔やみの言葉を伝えれば良いのですが、事故によって亡くなった場合は少し状況が異なります。

基本的には死は突然やってくるものです。
しかし、元気だった家族が「いってらっしゃい」と見送ったまま帰らぬ人となってしまう事故などは、残された方々としては、本当に心の準備ができていない状況です。

この場合は、突然過ぎて、こちらも故人の死をまだ受け入れることができていないという気持ちも伝えましょう。
以下に例文をご紹介致します。

この度は突然のことで、正直なところ私もまだ受け入れられずにおります。
ご家族のお気持ちを思うと本当に胸が痛みます。
どうかご自愛下さい。
心からお悔やみ申し上げます。

使ってはいけない言葉

葬儀に関するマナーで大切なのが、使ってはいけない言葉です。
以下に最低限の使ってはいけない言葉をまとめています。
遺された方々を傷つけないように慎重に言葉を選びましょう。

遺族との長話

葬儀の場での長話はもちろんしてはいけません。
特に遺族は心中穏やかではない状況で、心身ともに弱っている方が多いです。
そんな中で葬儀の準備等忙しく、落ち着かない日々が続いています。

こちらから気を遣い、手短に挨拶するように心がけましょう。
遺族の心が少し落ち着くまでの間は、頻繁な連絡も控えるようにしましょう。

重ね言葉などの繰り返しを連想させる言葉

重ね言葉は不幸が重なることを連想させてしまい、マナー違反となりますので避けましょう。
例えば、「次々」「重ね重ね」「くれぐれも」「ますます」「いよいよ」等が重ね言葉です。
中には気をつけていないと、使ってしまう可能性のある言葉もあるので意識しましょう。

誰かが亡くなった時は、重ね言葉は絶対に使わないと決めておきましょう。

不吉な表現

死を直接連想してしまうような言葉は避けましょう。
縁起が悪いだけでなく、故人の死を思い出させ、つらい気持ちにさせてしまうかもしれません。
「消える」「死因」「苦しい」「死去」等も使わないようにしましょう。
数字の「四」と「九」も不吉なので使いません。

とは言え、遺族や親族の方から故人の昔話をすることはあるかと思います。
その際は、「ご生前」や「元気な頃」と表現しましょう。
「生きていた頃」といった生々しい表現はなるべく避けましょう。

宗教や宗派によって変わるお悔やみの言葉

葬儀

少しややこしいのが、宗教や宗派によってお悔やみの言葉のマナーに違いがあることです。
宗教が違えば、亡くなるということに対する考え方から大きく異なります。
以下で各宗教ごとにお悔やみの言葉をご紹介致します。

宗教に対する思いは人それぞれです。
もちろん無宗教の方や宗教にあまり関心のない方もいらっしゃいます。
故人や遺族、親族の中には宗教に非常に熱心な方もいらっしゃるかもしれませんので、宗教や宗派ごとのマナーには十分注意しましょう。

仏教式

日本の葬儀のほとんどがこの仏教式です。
「この度はご愁傷様でございます」や「心よりお悔やみ申し上げます」といった一般的なお悔やみの言葉で構いません。

浄土真宗以外の宗派

真言宗や浄土宗など浄土真宗以外の宗派の場合、一般的なお悔やみの言葉で構いません
心を込めて伝えるようにしましょう。

「この度はご愁傷様でございます」や「心よりお悔やみ申し上げます」以外にも、「どうぞお気持ちをしっかりとお持ち下さい」や「どうぞご自愛ください」といった相手の心労を察するような言葉をそえましょう。

浄土真宗

日本人の仏教を信仰されている方の中で最も多いのが浄土真宗です。

実は浄土真宗では、「心よりご冥福をお祈り致します」といったよくメディアでも耳にする表現を使いません

浄土真宗の考え方では、簡単に言うと冥福を祈るよりも今を強く生きなさいという教えだからです。
亡くなることと「冥福」が紐付いた考え方をしないのです。
「心よりご冥福をお祈り致します」は非常に多く見られる表現ではありますが、実は注意が必要なのです。

浄土真宗の葬儀なら、「ご逝去を悼み、お悔やみ申し上げます」などの言葉を選びましょう。

神式

神式では、故人の魂は四十九日をすぎると、家の守り神になると考えられています。
そのため、葬儀の際には故人から魂を離す儀式を行います。

神式では、「御霊(みたま)のご平安をお祈り申し上げます」といった言葉を使いましょう。
一般的によく使う「お悔やみ申し上げます」でも構いません。

キリスト教式

キリスト教の場合は、そもそも人の死は神のもとへ召されると考えられています。
死を悲しいものではなく、希望にむかう美しいものだととらえているのです。
したがって、お悔やみの言葉という概念は存在しません。

キリスト教の場合、「安らかにお眠り下さいますようお祈り申し上げます」などの言葉をおくりましょう。
キリスト教の方の葬儀に行く際は死に対する考えが大きく異なることに注意しましょう。

お悔やみの言葉のその他の注意点

葬儀

お悔やみの言葉のその他の注意点はどのようなものがあるのでしょうか。

お悔やみの言葉はいつ伝えれば良いのか、どのように伝えるべきなのかをご説明致します。
葬儀当日は遺族も親族もばたばたしているので、タイミングを見計らうことが大切です。

お伝えするタイミング

葬儀の場でお悔やみの言葉を伝えるタイミングは大きく2回あります。

1回目のお悔やみの言葉は受付にてお伝えします。
香典を渡すタイミングで構いません。
「この度はご愁傷様でございます、どうぞお供えして下さい」といって香典を渡します。
記帳の後に、「お参りさせていただきます」という言葉をそえましょう。

2回目のお悔やみの言葉は遺族、親族にお伝えします。
この時大切なのは、絶対に長話をしないということです。
葬儀の場では、手短にお悔やみの言葉だけを伝えるようにしましょう。

お伝えする方法

お悔やみの言葉はいつもよりもワントーン小さめの声で伝えましょう
無理に笑顔を作ること、元気の良さや明るさは必要ありません。
お悔やみの言葉は何よりも気持ちを込めてお伝えしましょう。

涙ぐんでしまったり、「この度は…」と言葉が詰まってしまっても構いません。
葬儀の際は、誰もが悲しい気持ちであることは間違いありませんので、相手の心中を考えながらお悔やみの言葉を伝えましょう。

喪主として挨拶をする時の言葉のマナー

葬儀

喪主を務めることになった際、ほとんどの人が前日から緊張と不安でいっぱいです。
大切な人が亡くなり、心中穏やかではない状況かとは思いますが、参列してくださっている皆さんのためにも喪主として挨拶をする時の言葉のマナーについて知っておきましょう。

喪主も参列者と同様に忌み言葉は使ってはいけません
基本的な言葉のマナーは喪主も参列者と同じです。

喪主の挨拶の場合、参列して頂いた皆様への感謝の気持ちをしっかりと伝えましょう。
また、喪主がメモを見ながら話すことはマナー違反ではありません。
むしろ、話す内容をメモにまとめていくことをおすすめします。
当日は、緊張でなかなか言葉が出てこないこともあるので、紙を読み上げる形で対応しましょう。

喪主挨拶についてより詳しく知りたい方は以下をご参照ください。

葬儀における言葉のマナーについて

葬儀

葬儀における言葉のマナーに関していかがでしたか?
皆様の不安が少しでも解消されていれば幸いです。

悪気はなくても言葉は時として誰かを傷つけてしまう可能性があります。
言葉のマナー関して、葬儀の場では特に気をつけたいものです。
今回、「終活ねっと」では葬儀における言葉のマナーについて以下のようにご紹介しました。

  • お悔やみの言葉は、故人の死を悲しみ、遺された方々をいたわるためのもの

  • お悔やみの言葉は親族との関係性や亡くなった状況によって変わる

  • 忌み言葉や遺族との長話は避けること

  • お悔やみの言葉は宗教や宗派ごとに異なる

  • 浄土真宗では「ご冥福」という考え方はしない

  • お悔やみの言葉は小声で心をこめて伝えること

  • 喪主の挨拶はメモを持参しても構わない

参列者それぞれが、色々な思いで望む葬儀です。
関係性や宗教によって異なる言葉のマナーには十分に気を配りましょう。
故人の為にもお悔やみの言葉のマナーを少し心得ておきましょう。

そして何より大切なのが、心をこめて思いを伝えることです。
お悔やみの言葉を伝える際は、涙ぐんでしまったり、言葉に詰まってしまっても問題ありません。

「終活ねっと」では、葬儀に関する疑問を解決できるよう幅広い内容の記事を公開中です。
葬儀の費用に関して、また葬儀費用を安くする方法に関してまとめたページもございますのでどうぞ御覧ください。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事