部下の家族の葬儀に参列すべき?部下への香典やメールのマナーを解説

会社では、身内が亡くなった部下に対して、どのように対処すべきか悩む場合も多々あります。今回は葬儀に参列すべきか悩む上司を対象に、部下の家族の葬儀には参列すべきかどうかを解説していきます。さらに、部下への香典の送り方やメールのマナーについても述べていきます。

目次

  1. 部下の家族の葬儀について
  2. 部下の親族の葬儀には参列すべき?
  3. 部下の家族の葬儀で渡す香典のマナー
  4. 部下へのお悔やみの言葉のマナー
  5. 部下の家族の葬儀が家族葬だった場合は?
  6. 部下の家族の葬儀が遠方だった場合は?
  7. 部下の家族の葬儀に関するまとめ

部下の家族の葬儀について

困った人々

葬儀の知らせを受けたり、身内が亡くなったと聞いたときに、参列すべきかどうか判断に悩む場面も多々あります。

中でも判断に悩むケースの1つとして、上司は部下の家族の葬儀に参列すべきどうかです。
部下との関係があまり密接でない場合や、故人と部下の関係が遠い親戚である場合などは、どうしたものかと悩んでしまうものです。

今回の終活ねっとでは、部下の家族の葬儀の際にありがちな疑問点について、以下の順番で解説していきます。

  • 部下の親族の葬儀には参列すべき?
  • 部下の家族の葬儀で渡す香典のマナー
  • 部下へのお悔やみの言葉のマナー
  • 部下の家族の葬儀が家族葬だった場合は?
  • 部下の家族の葬儀が遠方だった場合は?

葬儀は、すべての人にとって人生の最後の重要な儀式であるため、参加すべきかどうか余計に思い悩んでしまうものです。
最終的に部下の家族の葬儀に参加するかを判断をするのは本人ですが、今回の記事がお役に立てれば幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

部下の親族の葬儀には参列すべき?

葬儀

葬儀は故人と最後のお別れをする重要な儀式であり、故人との関係によっては無理をしてでも参列を希望する人も多くなります。

しかし、時には故人と全く面識がない葬儀もあります。
その代表的なものの1つが部下の親族の葬儀です。
上司は立場上、さらに倫理的な部分でも参列すべきかどうか悩んでしまうものです。

ほとんど接触のない部下である場合は、状況によっては参列する必要はないかもしれません。
普段から、密接に関わる部下であっても、故人と部下との関係によっては参列するまでには至らない場合もあります。

様々なケースが考えられる中、部下の親族の葬儀に参列するかどうかを、どのような基準で判断していけばいいでしょうか。

部下との等親によって参列を決める

参列すべきかどうかの判断が難しい時に、基準となるものの1つが、部下と故人との等親関係です。
部下と故人の関係が近ければ参列し、遠い親戚であれば参列しないと決めることができます。

判断の目安となる具体例をいくつか挙げていきましょう。

部下の両親・兄弟・子供の場合

参列する方向で検討したいと言えるのは、部下の両親・兄弟・子供が亡くなった場合です。

まず、判断基準としては往復の距離が2時間以内であれば極力参列すべきでしょう。
式典の時間を考えても、半日あれば往復して帰ってくることができます。

部下は大切な会社の戦力です。
上司は部下にとって大切な身近な家族の死には、最大限にお悔やみの気持ちを表すことが大切です。
そのことが、ゆくゆくは会社の発展にもつながっていきます。

ただ、部下が喪主や施主である場合は、むしろ参列せずに、交通費などを香典やお花代に少し上乗せして渡した方が適切だといえる場合もあります。
なぜなら、部下は葬儀の前後は忙しくしており、余計な気を使わせない方がいい場合もあるからです。
郵送や振り込みにて香典を部下に送ることができます。

部下の祖父・親戚の場合

確かに、倫理的に考えれば故人と部下の関係がどのようなものであろうと、お悔やみの気持ちを行為で表すことは大切なことです。

しかし、故人が部下の祖父や親戚にあたる場合は、参列するには至らないとも判断できます。
参列する範囲を部下の祖父や祖母、親戚へと拡げていけばキリがないからです。

香典やお花代を部下が出社した時に渡す方法が、部下にとっても余計な気を使わせずに済むかもしれません。

ただ、部下との関係や部下と故人との関係にもよっては参列を検討した方がいい場合もあります。

例えば祖父母が親代わりだった場合や、叔父や叔母が部下にとって両親以上に大切な存在であると知っている場合です。

そんな時は部下の気持ちを考慮して、近場であれば参列し、遠方であれば弔電やメールでお悔やみを伝えて香典を送るといいでしょう。

参列は通夜か告別式のどちらかで良い

以上ご説明した内容を考慮した上で、部下の親族の葬儀に参列すると決めた場合は、お通夜か告別式のどちらかに参列するのが一般的です。

仕事上の関係でお通夜に出席する上司の方が多いようです。

部下も上司が仕事で忙しいことはわかっています。
お通夜に出席することで、部下に精神的な負担を与えないという気配りにもつながります。

ただ部下との関係や、部下と故人との関係によっては両方参列した方がいい場合もあるでしょう。
部下と非常に親しい関係にあり、部下の両親、兄弟、子供が亡くなった場合で、かつ近場で葬儀がある場合は両方に参列した方が好ましいといえます。

部下の家族の葬儀で渡す香典のマナー

葬儀

それでは、次に気になるのが部下の家族の葬儀で渡す香典のマナーです。
部下への香典を渡すにあたって、一般的にどのような方法があるのでしょうか。

いくつか例を挙げていきましょう。

部下への香典の渡し方

部下へ香典を渡す方法は以下の方法から選ぶことができます。

  • 式場にて香典を渡す

    お通夜・告別式の両方に参列する場合はお通夜の時。
    どちらかに参列する場合は参列した方の式場にて香典を渡します。

  • 現金書留で香典を郵送する

    参列しない場合は忌電を打ち現金書留で会社名/部署名で香典を郵送できます。

  • 部下の銀行口座に香典を振り込む

    参列しない場合は部下にメールなどでお悔やみを伝えて、香典を部下の銀行口座に会社から振り込むことができます。

  • 部下が出社した際に香典を手渡しする

    部下と上司の関係や、故人と部下の関係によっては、後日部下が出社した時に香典を手渡す方法もあります。

上司という立場上、部下に香典を渡す際には「香典返し等のお気遣いは無用に願います」と書き添えておくことがマナーだと言えます。

個人で渡す際の香典金額

部下と非常に親しくしている場合は、会社からでなく個人的に香典を渡したいと思う上司もいるでしょう。
また、会社から香典を贈る際でも、個人的に部下に対して金銭的な支援をしたいと思う場合もあります。

もし、上司が個人的に香典を渡す場合には香典金額は常識的にいくらぐらいがいいのでしょうか。
会社の規模や上司と部下との関係、上司の経済的な事情によって多少の差はあります。
基本的に5千円以下の香典は上司の香典金額にはふさわしくないとされています。

部下に渡す香典の金額相場は、5千円~1万円となります。

連名にした際にも個人で香典は用意すべき?

上司が部下に香典を贈る際には以下の3つのケースが考えられます。

  • 会社から複数人で香典を贈る場合
  • 部署内の者が複数人で香典を贈る場合
  • 家族や夫婦で香典を贈る場合

いずれの場合でも、よほど特別な理由がない限りは、連名で香典を渡す場合は個人で香典を用意する必要はありません

部下へのお悔やみの言葉のマナー

葬儀

葬儀において、最も難しいといえるのがお悔やみの言葉です。
葬儀はとても不幸な儀式です。
部下にかけるお悔やみの言葉はどのように言えばいいのか悩む上司も多いことでしょう。

ここでは、部下へのお悔やみ言葉のマナーについて解説していきます。

お悔やみ言葉のマナー

お悔やみ言葉のマナーとして心得ておきたいのが、古くから日本ではマナー違反とされている忌み言葉の存在です。

一般的に忌み言葉とは、重なる不幸や死を連想させる言葉であり、お悔やみ言葉としては避けるようにされている言葉になります。

忌み言葉 言葉の例
不幸が重なることを連想させる言葉 重ね重ね、度々、しばしば、かえすがえす、再三、続いて、再び、など。
死を直接に連想させる言葉 死、死んだ、死亡、亡くなった、などの直接的な言葉は避けます。
ご逝去、悲報、訃報、突然の知らせ、などと言い換えます。

お悔やみをメールで送る際の例文

最近では、とくに仕事上の関係であればメールを利用する場合も多くなります。
訃報をメールで受け取り、お悔やみの言葉をメールで送る場合もあるでしょう。

そこで、お悔やみを上司から部下へメールで送る際の例文をご紹介しておきます。

まずは件名の例となります。

件名:〇〇(氏名)よりお悔やみ申し上げます
  :心よりお悔やみ申し上げます(氏名〇〇です)
  :〇〇株式会社〇〇(氏名)よりお悔やみ申し上げます

内容としては以下の2つの例文をご紹介します。

この度は、お辛い中ご連絡頂きありがとうございます。
突然の訃報に接し大変驚いています。
仕事の事は心配しないように家族との大切な時間をお過ごし下さい。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
この度はお身内にご不幸があったことを伺い言葉もありません。
略式ながらメールにてお悔やみ申し上げます。
お力落としのことと思いますが、どうか体に気をつけてお過ごし下さい。
なお、ご返信は無用ですから、落ち着いたら連絡下さい。

部下の家族の葬儀が家族葬だった場合は?

葬儀

上司が部下の家族の葬儀に参列すべきかどうか迷う理由の1つとして、その葬儀が家族葬だった場合が挙げられます。

家族葬といえば、そもそも身内だけで小じんまりと親密な葬儀を行うことが目的とされています。
果たして、上司は参列すべきなのでしょうか。

家族葬でも参列すべき?

親族が亡くなった部下は、会社に忌引きの連絡を上司や会社にしなければなりません。
ですから、それが家族葬であった場合でも上司は必然的に部下の身内に不幸があったことを知ることになります。

そこで、もし家族葬だということがわかっている場合は、特に部下の方から参列案内や参列願いがない限り上司は参列しません

家族葬を選ぶ理由も故人・遺族の意向によって様々です。
中には、香典や供花などを一切辞退する場合や、本当に近しい者だけでお別れしたい場合などがあります。

供花は贈らず弔電だけ送る

部下から家族葬だと聞いた際に、参列はしないまでも、気持ちとして供花だけでも送りたいと思う上司もいるでしょう。

家族葬の場合、供花や香典などはどのように対処すればいいのでしょうか。

まず部下が喪主かどうかによって対処方法も変わってきます。
部下が喪主である場合は、供花や香典は受け付けているのかを部下に確認します。

もし、部下が喪主ではなく部下自身もどう対処していいのかわからない場合は、香典はもちろんのこと供花も避けておいた方が無難です。
その場合、供花は贈らずに弔電だけ送ることができます。

部下の家族の葬儀が遠方だった場合は?

葬儀

部下の家族の葬儀が遠方だった場合は、どうすべきか悩む上司も多いと思います。
わざわざ遠方から尋ねたばかりに、部下や部下の家族に余計な気を使わせてしまう可能性もあります。

往復にも時間がかかり宿泊する必要がある場合は費用もかかってしまいます。
遠方での葬儀の場合は、一般的に参列を辞退する上司も多いようです。

部下との関係や会社の方針にもよるので、一概には言えませんが、非常に親しい関係にある部下の家族の葬儀であれば参列する場合もあるでしょう。

部下の家族の葬儀に関するまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回の終活ねっとでは、部下の家族の葬儀について参列すべきかどうか、部下の家族の葬儀にて疑問となりがちな点をいくつか解説していきました。

今回解説した内容をまとめると以下のようになります。

  • 部下の両親、兄弟、子供の葬儀は極力参列した方がよい

    目安としては片道2時間以内、半日で帰ってこれる範囲

  • 部下が喪主・施主の場合は参列しない方がいい場合もある

    交通費などをその分、香典などの資金的な援助に回すことができる

  • 香典は直接渡す方法と郵送で渡す方法などがある

    式場で渡す、現金書留、振り込み、後日手渡しなど

  • お悔やみの言葉で忌み言葉の使用を避ける

    不幸が重なることや、直接死を連想させる言葉は避ける

  • 家族葬は特別な場合を除いて上司は参列しない

    参列案内、参列依頼があった場合は参列を検討する

  • 家族葬では供花を贈らず弔電だけにすることも多い

    家族葬では供花・香典・供え物など一切辞退する場合も多い

といった内容でした。
葬儀は人の死に関わる特別な儀式であるため、判断に迷ってしまうことも多くなります。
まして、上司の立場から考えれば尚更のことです。

ぜひ、今回の記事を参考にして下さい。

終活ねっとでは、他にも葬儀に関する様々な記事をたくさん公開しています。
下記の記事では、葬儀の費用や安くする方法などを解説しています。
どうぞ、いざという時にためにご覧下さい。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「部下・葬儀」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「部下・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介のサムネイル画像

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介

友人の母親の葬儀には参列すべき?香典・供花の金額相場や服装を解説のサムネイル画像

友人の母親の葬儀には参列すべき?香典・供花の金額相場や服装を解説

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!のサムネイル画像

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!のサムネイル画像

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!

葬儀後の訃報連絡の文例は?葬儀後に訃報を知った時の対処法も解説!のサムネイル画像

葬儀後の訃報連絡の文例は?葬儀後に訃報を知った時の対処法も解説!

葬儀後の遺族のマナーとは?挨拶回りやお礼状,参列者マナーも解説のサムネイル画像

葬儀後の遺族のマナーとは?挨拶回りやお礼状,参列者マナーも解説

JAを利用した葬儀の費用はいくらになる?低額になる理由などを解説のサムネイル画像

JAを利用した葬儀の費用はいくらになる?低額になる理由などを解説

葬儀中の遺族の対応とは?受付や参列者・取引先への対応も解説しますのサムネイル画像

葬儀中の遺族の対応とは?受付や参列者・取引先への対応も解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「部下・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介のサムネイル画像

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介

友人の母親の葬儀には参列すべき?香典・供花の金額相場や服装を解説のサムネイル画像

友人の母親の葬儀には参列すべき?香典・供花の金額相場や服装を解説

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!のサムネイル画像

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと