社葬での葬儀委員長の役割とは?葬儀委員長と喪主の違いや挨拶も解説

社葬などで「葬儀委員長」という肩書きの人を見かけることがあります。聞き馴染みのない名前ですが、葬儀委員長にはどのような役割があるのでしょうか。この記事では、葬儀委員長の役割や挨拶などについて解説しています。

目次

  1. 葬儀委員長の役割について
  2. 葬儀委員長とは?
  3. 葬儀委員長の役割をご紹介
  4. 葬儀委員長の挨拶の例文
  5. 葬儀委員の役割とは?
  6. 葬儀委員長の役割に関するまとめ

葬儀委員長の役割について

葬儀

葬儀には司会進行役の人や受付担当者など、多くの人にさまざまな肩書きが割り当てられています。
中でもあまり聞き馴染みのない肩書きとして「葬儀委員長」が挙げられます。
葬儀委員長を務めている人は、一般的な葬儀よりも社葬などで見かけることが多いです。

社葬での葬儀委員長には、どのような役割があるのでしょうか。
他にも「葬儀委員長と喪主の立場は同じなのか」「葬儀委員長が行う挨拶の内容を具体的に知りたい」など、疑問に思うところは次から次へと出てくることと思います。
仮に自分が葬儀委員長になった場合、必要最低限の知識を持っていれば困ることはありません。

今回の終活ねっとでは、葬儀委員長の役割について、

  • 葬儀委員長の意味
  • 葬儀委員長がやるべきこと
  • どんな挨拶をすればいいのか
  • 葬儀委員がやるべきこと

以上のことを解説します。
葬儀委員長のやるべきことを把握し、いざという時に備えておきましょう。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀委員長とは?

葬儀

そもそも葬儀委員長とはどんな立場の人でしょうか。
名前だけ見れば葬儀の責任者というイメージですが、それは喪主とどう違うのか、違いが分からずに戸惑う人も多いかと思います。
ここでは葬儀委員長についてご紹介します。

社葬や団体葬を統括する人

葬儀委員長は社葬や団体葬を統括する人です。
数多く存在する葬儀の役割の中においては、最高責任者の立場にあります。
特に葬儀の規模が大きい社葬やご遺族以外が葬儀を開く団体葬などで任される場合が多いです。

葬儀委員長の役割そのものが、通常の葬儀でほとんど見られないのには理由があります。
葬儀を執り行う際、現代では葬儀会社が多くの役割を担当しているため、葬儀委員長のやるべきことがなくなっています。
したがって、葬儀委員長という立場をわざわざ用意する必要がないのです。

しかし、社葬や団体葬などは一般的な葬儀よりもやるべきことが多く、葬儀会社だけでは荷が重いため、葬儀委員長が必要になってきます。

喪主との違い

葬儀委員長と喪主の違いは、故人との関係性です。
喪主は「故人との関係性が一番深い人」を基準に選ばれます。
そのため、優先順位としては配偶者・実子・故人のご両親などと続きます。

しかし、葬儀委員長の場合は会社や団体から代表者を選ぶ形になることが多いです。
喪主は血縁関係者が優先的に選ばれますが、葬儀委員長ではあまり重要視されません。
ただ、社葬や団体葬は通常よりも多くの関係者がいる都合上、周囲から大きな信頼を得ている人を選ぶ必要はあります。

また、葬儀委員長は最高責任者にあたるため、喪主よりも立場は高いです。
どちらも弔問客へ向けて挨拶を述べますが、順番としては葬儀委員長が先になります。

誰が葬儀委員長をする?

葬儀形態や誰が亡くなったかによって、葬儀委員長を務める人は変わってきます。
ここでは誰が葬儀委員長をするのかについてご説明します。

社葬の場合

社葬の場合は社内で地位の高い人が葬儀委員長を務めます。
社長を始めとした地位の高い人が亡くなった場合、社内外への影響力を考え、周囲の人々の不安を取り除くことも葬儀委員長の仕事です。
そのため、周囲から不満が出にくい人が代表になります。

したがって、社長が亡くなったら次の後継者、社長以外なら会社のトップである社長が葬儀委員長になるのが基本です。
次の後継者が決まっていない場合は、会長などが務めることになります。

また、同じ社葬でも上層部全員がご遺族という場合があります。
外部から葬儀委員長を呼び、社葬で挨拶してくれるよう依頼する方法もあるのです。
この場合は取引先の社長や市長などに頼むことになります。

地域などの団体葬の場合

地域などの団体葬の場合は町内会長、もしくは自治会長が葬儀委員長を務めます。
社葬と同じく団体葬も一番地位の高い人が務めるのが一般的です。
町民などは当日だけお手伝いという形で参加します。

ただ、葬儀を予定している日程と町内会長の予定がかぶってしまい、当日は出ることが出来ないという場合もあるでしょう。
その時は町内会の副会長、いなければ他の役員から選出して葬儀委員長を立てることになります。

葬儀委員長の役割をご紹介

葬儀

一般的な葬儀では喪主がご遺族の代表として、弔問客へ参列に来ていただいたお礼などを述べます。
社葬や団体葬でも同じように弔問客へお礼を伝えますが、葬儀委員長の役割はそれだけではありません。
葬儀委員長はいったい具体的にどのようなことをするのでしょうか。

ここでは葬儀委員長の役割についてご紹介します。

葬儀の進行の手配、指示を行う

葬儀委員長の役割の1つは「葬儀の進行の手配、指示を行う」ことです。
葬儀の事前準備は他の委員が行うため、葬儀委員長が一番活躍するのは当日になります。
誰がどの仕事を担当すべきかという指示や受付の設置など、葬儀委員長が逐一チェックします。
また、弔問客の対応もこなし、失礼のないように配慮します。

社葬や団体葬は関係者が通常よりも多いので、弔電や供花も沢山送られてきます。
忙しい中で受け取ったものを紛失してしまわないように、きちんと管理しておかなければいけません。
葬儀委員長としての仕事内容は多岐にわたりますが、近年では上記の大半の仕事は葬儀会社や他の役員が代わりにこなすことが多くなっています。

葬儀を円滑に進める

葬儀を円滑に進めることも葬儀委員長の役割です。
先述したように、さまざまな仕事の責任者として葬儀の準備をこなすことで、何の問題もなく葬儀を進めることができます。
また、葬儀を円滑に進めることは会社や団体の未来のためにも非常に重要なことです。

繰り返しになりますが、会社や団体などで重要な地位にいた人が亡くなれば、周囲の人はこれからどうなってしまうのかと不安を感じやすくなります。
そのため、会社や団体の関係者が葬儀を円滑に進めることにより「これなら大丈夫だろう」と安心できるのです。
したがって、葬儀をスムーズに進めることは、今後の運営も含めて必要なことと言えるでしょう。

社員や住民の結束力を高める役割も

葬儀委員長としての仕事をしっかりこなすことにより、社員や住民の結束力を高めることにもつながります。
例えば会社の社長が亡くなり、次期社長が葬儀委員長を務めることになったとしましょう。
少なからず不安を抱えていた社員たちも、葬儀委員長の務めをきちんと果たしている次期社長を見れば安心することができます。
そして新しい社長と一緒に頑張っていこうという決意も生まれやすくなります。

また、町内で協力して葬儀を行う場合も同じことです。
住民同士が協力して葬儀を執り行うだけでも仲間意識は強くなります。
しかし、自分たちが住んでいる地域の町内会長が葬儀委員長を務めることで、結束力をさらに固めることができるでしょう。

葬儀委員長の挨拶の例文

困った人々

葬儀委員長の挨拶はお坊さんの読経終了後に行われることが多いです。
葬儀委員長の次に喪主が挨拶することになるため、事前に話し合って内容がかぶらないように気をつけます。

挨拶の内容についてさらに詳しいことを知りたい方は、例文の下にある記事を合わせてご覧ください。

喪主並びにご遺族・ご親族になり代わりまして、私〇〇が葬儀委員長として皆様に一言申し上げます。
皆様、大変お忙しい中、株式会社〇〇 代表取締役 故〇〇 〇〇の社葬にご参列いただき、誠にありがとうございます。
(故人の功績や人柄などを紹介する)

○○は家族に看取られながら、〇月〇日安らかに永眠いたしました。
社員一同、故〇〇社長の遺志を受け継ぎ、一致団結して、弊社の発展に努める覚悟でございます。
最後になりましたが、ご会葬の皆様にはこれまで故人に賜りましたと同様の変わらぬご厚情を賜りますよう心よりお願い申し上げる次第でございます。
本日は誠にありがとうございました。
こちらも読まれています

葬儀委員長の挨拶では何を話す?葬儀委員長の選び方や文例をご紹介

葬儀委員長とはどういうことをする人なのでしょうか。 葬儀で挨拶をすることが多いようですが、何を話すのでしょうか。 葬儀委員長は誰がするのかを含めて分からないことも多いですね。 この記事では、葬儀委員長の挨拶に関して、葬儀委員長の選び方や挨拶の文例を含めて解説します。

葬儀委員の役割とは?

葬儀

葬儀委員の役割は、受付や会計などを担当する人たちの総称です。
葬儀委員長が出した指示に従い、それぞれの仕事をこなしていきます。
葬儀会社のスタッフと協力する場合がほとんどです。

葬儀委員長の役割に関するまとめ

葬儀

いかがでしょうか。
今回の終活ねっとでは、葬儀委員長の役割について、以下のことを解説してきました。

  • 葬儀委員長は社葬や団体葬における最高責任者
    喪主の方が故人との関係性を重視して選ばれる
  • 葬儀委員長になるのは社葬で地位が高く信頼されてる人、団体葬では町内会長や自治会長
    葬儀委員長の役割は、進行の手配や指示を行い、葬儀を円滑に進めること
    社員や住民の結束力を高める役割も担っている
  • 葬儀委員長の挨拶は読経後に行われることが多く、内容が喪主と重複しないようにする
    葬儀委員の役割は受付や会計などを担当する人たちの総称

葬儀委員長の役割が葬儀のまとめ役ということが分かりました。
近年では葬儀会社がほとんどの仕事を担当し、葬儀委員長は挨拶をするだけという場合も増えてきています。

終活ねっとでは、他にも葬儀に関する記事を数多く掲載しております。
以下の記事では、葬儀の費用について解説していますので合わせてご覧ください。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀委員長・役割」に関連する記事

  • 葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

    葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

    葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

    葬儀は故人の一生の最後の大切な儀式です。 故人は勿論、参列者にも失礼のないよう振る舞わなければなりません。 でも聞き慣れない言葉や慣習もあり、葬儀の流れは分かり難いことが多く、心配になりますね。 葬儀はどんな儀式か、段取りや注意点など納骨までの流れを解説します。

  • 終活で葬儀の準備をする必要ってあるの?費用や注意点も徹底解説!のサムネイル画像

    終活で葬儀の準備をする必要ってあるの?費用や注意点も徹底解説!

    終活の中には、ご自身が亡くなった後に行われる葬儀についても、いろいろと考えなければなりません。しかし、葬儀の準備までする必要はあるのでしょうか。この記事では、終活における葬儀の準備について解説いたします。

  • 多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

    多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

    多くの方がイメージする葬儀とはお通夜と告別式を1日ずつ行い、かつ、お経を唱えるものではないでしょうか。しかし、現代では社会の変化に伴ってさまざまな葬儀のあり方が現れ、その影響で葬儀の種類も増えてきています。今回は増えてきている葬儀の種類の事情を見ていきます。

  • 社葬に参列する場合の服装とは?持ち物についても解説します!のサムネイル画像

    社葬に参列する場合の服装とは?持ち物についても解説します!

    会社の社長などが亡くなった際に会社が主催する形で行われる葬儀が社葬です。しかし、社葬にはなかなか参加するという経験がなく、そのためどのような服装で参列すればよいかわからないという方も多いでしょう。そこで今回は、社葬に参列する際の服装のマナーを見ていきましょう。

  • 社葬での喪主は一体誰?注意したい弔電を送る際の宛先も解説します!のサムネイル画像

    社葬での喪主は一体誰?注意したい弔電を送る際の宛先も解説します!

    個人葬を行う場合での喪主は長男などの近親者が務めることが主流となっています。では、社葬を行う場合には誰が喪主を務めるのでしょうか?今回は、社葬での喪主は一体誰が務めるのかということや弔電を送る際の宛先などについて解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説

    葬儀は誰にとっても慣れないものですが、納得のいく葬儀を行うためには、葬儀社をどう選ぶかが重要になります。今回の終活ねっとでは、葬儀社の選び方について詳しく説明します。選び方のポイントの他にも、葬儀社を選ぶタイミングや費用の項目もあわせて紹介していきます。

  • 社葬の費用の相場はどのくらい?費用の内訳や勘定科目についても解説のサムネイル画像

    社葬の費用の相場はどのくらい?費用の内訳や勘定科目についても解説

    社葬とは、故人が所属していた企業(法人)が主催して執り行う葬儀のことです。社葬にはいろいろと準備も必要ですが、皆さんが一番気になるのはどのくらい費用がかかるのかということではないでしょうか?今回は社葬の費用について、税法上の捉え方も含め詳しく解説します。

  • 葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説のサムネイル画像

    葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説

    訃報は突然訪れるものです。実際に葬儀に参列したことはあっても、葬儀を行うにはどんなことを準備すればいいのか分からず不安になりますよね。この記事では、葬儀の準備の流れを詳しくご紹介します。ぜひ一緒に確認し、いざというときに焦らないよう準備しましょう。

  • 葬儀委員長の挨拶では何を話す?葬儀委員長の選び方や文例をご紹介のサムネイル画像

    葬儀委員長の挨拶では何を話す?葬儀委員長の選び方や文例をご紹介

    葬儀委員長とはどういうことをする人なのでしょうか。 葬儀で挨拶をすることが多いようですが、何を話すのでしょうか。 葬儀委員長は誰がするのかを含めて分からないことも多いですね。 この記事では、葬儀委員長の挨拶に関して、葬儀委員長の選び方や挨拶の文例を含めて解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀委員長・役割」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

終活で葬儀の準備をする必要ってあるの?費用や注意点も徹底解説!のサムネイル画像

終活で葬儀の準備をする必要ってあるの?費用や注意点も徹底解説!

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

社葬に参列する場合の服装とは?持ち物についても解説します!のサムネイル画像

社葬に参列する場合の服装とは?持ち物についても解説します!

社葬での喪主は一体誰?注意したい弔電を送る際の宛先も解説します!のサムネイル画像

社葬での喪主は一体誰?注意したい弔電を送る際の宛先も解説します!

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説

社葬の費用の相場はどのくらい?費用の内訳や勘定科目についても解説のサムネイル画像

社葬の費用の相場はどのくらい?費用の内訳や勘定科目についても解説

葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説のサムネイル画像

葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説

葬儀委員長の挨拶では何を話す?葬儀委員長の選び方や文例をご紹介のサムネイル画像

葬儀委員長の挨拶では何を話す?葬儀委員長の選び方や文例をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀委員長・役割」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

終活で葬儀の準備をする必要ってあるの?費用や注意点も徹底解説!のサムネイル画像

終活で葬儀の準備をする必要ってあるの?費用や注意点も徹底解説!

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

社葬に参列する場合の服装とは?持ち物についても解説します!のサムネイル画像

社葬に参列する場合の服装とは?持ち物についても解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと