葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!

最近は昔に比べ葬儀での服装にも多様性が見られますが、やはり守るべき最低限のマナーは存在します。今回は特に気を遣う必要がある喪主及び喪主の家族の葬儀での服装を中心に、その他の参列者の服装についても詳しく解説してまいります。

2019-10-27

葬儀での喪主の服装について

葬儀

あなたは葬儀で喪主がどのような服を着用するか知っていますか?

葬儀に参列した経験がある方でも、喪主の服装にまで関心を寄せることは少ないかと思います。
しかし、喪主を務める可能性や喪主の配偶者もしくは家族として葬儀に参列する可能性は決して低くはありません。

そこで今回終活ねっとでは葬儀での喪主の服装について以下の項目を中心に解説してまいります。

  • 葬儀での喪主の服装とは?

  • 喪主が喪服を持っていない場合は?

  • 葬儀での喪主の配偶者の服装は?

  • 葬儀での遺族や一般参列者はどんな服装?注意点は?

葬儀での服装は十分に気を遣う必要がありますので、ぜひこれを機に葬儀での服装について確認してみてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀での男性の喪主は何を着るべき?

葬儀

まずは、葬儀において男性が喪主の場合の服装を洋礼服と和服に分けて詳しく解説してまいります。

洋礼服の場合

洋礼服の場合の正式礼装は黒のモーニングに黒のネクタイですが、現在はブラックスーツに白のワイシャツの準礼装のスタイルも一般的になってきています。

ネクタイの結び方はプレーンノットでネクタイピンはつけません。

靴下もできれば黒を着用しましょう。
もし黒色が無かった場合、紺色などでも構いませんができるだけ無地のものを選びましょう。

和服の場合

和服の正式礼装は慶事と同じく黒羽二重の染め抜き五つ紋付に羽織袴の着用で構いません。

五つ紋とは左右の胸と両袖の背面、背筋の上の5か所に家紋を描いていることを指します。
家紋がどうしても分からないという方は、「通紋(つうもん)」という誰でも使える家紋を使用することができます。
袴は仙台平(せんだいひら)で、帯は角帯にしましょう。

下着の衿(えり)は羽二重で白やねずみ色のものを着用します。
また、弔事では下着の衿は重ねないのが基本ですのでご注意ください。

足袋の色は基本的には白色ですが、地域によっては黒色という場合もありますので、お住まいの地域の慣例に準じてください。

葬儀での女性の喪主の服装

葬儀

続いては女性が喪主を務める際の服装について、こちらも和服と洋装とに分けて詳しく解説してまいります。

和服の場合

まずは、女性が喪主を務める際の和服は、羽二重に染め抜きの五つ紋をつけた黒の無地(地域によっては地紋のないもの)が正式礼装です。

慶事ではありませんので留袖は着用しません。
寒い時期は羽織ではなく喪服用の着物コートを着用し、室内では必ず脱ぐようにしましょう。
足袋は白色、その他帯揚げ・草履などの小物は全て黒色で統一します。

また、男性の和服と異なり季節によって正式礼装が変わります。
夏季は生地が薄めで、袷(あわせ)と同じ五つ紋付の黒無地の単衣(ひとえ)もしくは絽(ろ)を着用します。

単衣は6月と9月、そして絽は7月と8月というようにその月によって切り替えるのが正式とされていますが、最近は6月から9月を通して絽を着用する場合も多く、その場合の帯は絽か紗(しゃ)の黒の名古屋帯がよく用いられます。

洋装の場合

女性が喪主を務める際は、「必ず和服」と考えられる方が多いですが、最近は洋装も一般的になっていきています。

女性の洋装の正式礼装は、黒で無地のワンピースやフォーマルスーツが基本です。
ボタンやバックルは共布か光沢のない共色のものにしましょう。

靴は飾りのない黒色でこちらもできるだけ光沢のないものを選び、靴のタイプはパンプスが正式です。
パンプスであってもヒールが高すぎるものは避けましょう。

また、鞄もできるだけシンプルな黒色のものを選びましょう。
アクセサリーは結婚指輪は付けても問題ありません。
その他であれば一連のネックレスやイヤリングなどは身に着けても良いとされています。

喪主が葬儀での服装を持っていない場合

困った人々

喪主をすることになったが、喪服を持っていない、時間が無くて準備できないということもあるかと思います。

喪主が葬儀での服装を持っていない場合は、近くで衣装レンタルを探すか、もしくは喪服を手配してくれる葬儀社を探しましょう。
どちらも平均2万円前後の費用で一式揃えてくれますし、着付けもしてくれるところがほとんどです。

喪服の準礼装は自分が喪主を務める場合以外でも着る機会は少なくありませんので、できれば1着は持っていてもよいと思います。
しかし、妊娠している女性の場合、マタニティー用の喪服は着る機会もそんなに多くはありませんので、レンタルした方が経済的かもしれません。

また、着物をレンタルする場合は肌着や足袋などはレンタルできないため、自前もしくはレンタルするところで購入する必要がありますのでご注意ください。
そして、靴もレンタルしていないところがほとんどですので、葬儀用に事前に購入しておくことをおすすめします。




葬儀での喪主の妻の服装

葬儀

ここでは喪主の妻の葬儀での服装についてご説明してまいります。

喪主の妻の場合は先ほどご紹介した「喪主が女性の場合の服装」と基本的に同じですが、和服を着用するか洋装を着用するかについては喪主の服装に合わせて決めましょう。

最近ではお通夜は準礼装の洋装を着用し、告別式には正式礼装の和服を着用されるという方も多いようです。

葬儀での遺族の服装

葬儀

喪主の遺族は正式礼装をする必要はありませんが、準礼装が基本です。
以下遺族の葬儀での服装を男性、女性、子どもに分けて説明してまいります。

  • 男性

    葬儀での準礼装は基本的に洋礼服です。

    ジャケットはシングルでもダブルでもどちらでも構いませんがブラックスーツを着用します。
    ワイシャツは白の無地で、ネクタイと靴下は黒の無地、靴は光沢のない黒のシンプルな革靴を選びましょう。

  • 女性

    女性の場合も葬儀の準礼装は洋装です。

    ワンピースでもツーピースでも構いませんが、スカート丈はひざ下丈のものを選び、上は長袖もしくは七分丈のものを着用しましょう。
    ストッキングは黒で、鞄やパンプスも金具などの飾り無しで光沢のないものを選びましょう。

  • 子ども

    小学生から高校生の間の子どもさんであれば制服を着用すれば問題ありません。
    未就学の場合や就学していても制服がない学校の場合は洋装のフォーマルスタイルが基本です。

    女の子は黒、濃紺、ダークグレーのスーツもしくはワンピースの下に白い無地のブラウスというスタイルであれば問題ありません。
    男の子は黒や濃紺のスーツの下に白い無地のシャツを着用しましょう。
    ブレザーが無い場合は紺のセーターやベストなどでも問題ありません。

    子どもさんがまだ小さい場合はできるだけモノトーンの色合いになる服を選びましょう。

葬儀での参列者の服装

葬儀

一般の参列者の葬儀での服装は準礼装が基本です。
以下男性、女性、子どもの葬儀での服装について解説してまいります。

  • 男性

    スーツはできれば無地で黒や濃紺、もしくは濃いグレーのダークスーツを着用しましょう。
    あまり目立たないストライプ程度であれば柄があっても特に問題ありません。

    ワイシャツは白の無地で、ネクタイと靴下は黒色で無地のものを選びましょう。

    カフスボタンとネクタイピン、派手な時計やアクセサリーはつけないのが一般的です。
    靴も金具がなく、光沢のないシンプルな黒の革靴を選ぶのが無難です。

  • 女性

    黒もしくは地味な色のフォーマルスーツもしくはワンピースを着用します。

    ストッキングは黒が基本ですが、通夜など緊急で参列する際はナチュラルな肌色のストッキングでも構いません。

    ブラウスは白の無地もしくは黒の無地でも構いません、基本的に長袖、七分丈のものを着用し、あまり肌を露出させないようにご注意ください。

    靴は目立つ金具や光沢のない黒色のパンプスを履きましょう。
    アクセサリーは結婚指輪以外身に着けるのであれば、一連の真珠のネックレスまでにしておきましょう。

  • 子ども

    遺族の子どもの服装と同様です。

また、葬儀に参列する場合の服装は親族または知り合い以外でも会社関係によっても変わってきますので、ぜひ以下の記事も一読されると良いかと思います。

葬儀での喪主の服装に関するまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは葬儀での喪主の服装についてを中心に以下のように解説してまいりました。

  • 男性、女性に限らず葬儀での喪主の服装は正式礼装が基本です。

  • 男性喪主の和服は黒羽二重の五つ紋付に羽織袴で、袴は仙台平、帯は角帯、下着の衿は羽二重で白やねずみ色で衿は重ねず、足袋の色は地域の慣習に合わせ白か黒にしましょう。

  • 男性喪主の洋礼服は黒のモーニングに黒のネクタイで結び方はプレーンノットでネクタイピンは付けず、靴下は黒もしくは紺色を選びましょう。
    現在は喪主であってもブラックスーツに白のワイシャツの準礼装も一般的です。

  • 女性喪主の和服は羽二重に染め抜きの五つ紋をつけた黒の無地で留袖は着用せず、夏季は生地がより薄い単衣や絽などに切り替えることが正式ですが、最近は夏季を通して絽を着用することも一般的です。
    足袋は白色、その他帯揚げ、草履など小物は全て黒色で統一し、寒い時期は喪服用の着物コートを着用します。

  • 女性の喪主の洋装は黒で無地のワンピースやフォーマルスーツにボタンやバックルは共布か光沢のない共色のもので、靴は飾りのない黒色の光沢のないパンプスで、鞄も黒色で飾りと光沢のないものを選び、アクセサリーは結婚指輪以外は一連の真珠のネックレスだけにしましょう。

  • 喪主が喪服を持っていない場合は、衣装レンタルもしくは葬儀社で有料ですがほぼ一式レンタルができるところがあるので探しましょう。

  • 喪主の妻の服装は基本的に女性喪主の服装と同じですが、和服か洋装かは喪主の服装に合わせて選びましょう。

  • 喪主の遺族は男性は準礼装のブラックスーツで他小物は男性喪主と同様です。
    女性の場合は準礼装の地味な色の無地のフォーマルスーツもしくはワンピースで他小物は女性喪主と同様です。
    子どもの場合は制服があれば制服で、無ければ女の子は地味な色のスーツかワンピースに白色のブラウス、男の子の場合はスーツに白色のシャツで、ブレザーが無ければ黒や紺色のセーターでも問題ありません。

  • 一般参列者の男性も女性も準礼装で子どもも遺族の子どもとほぼ同じですが、スーツの色味がダークグレーなども許容されたり、目立たないストライプなどであれば柄の入ったスーツでも厳しく言われないことが多いです。

葬儀での服装は喪主に限らず基本的に無地で黒色のフォーマルスーツやワンピースを準備しておけば、いざという時も慌てずに準備することができます。

また、今回解説した中で靴や鞄などの小物も黒色で飾りや光沢のないものが正式礼装でも準礼装でもどちらでも使用されていますので、こちらもお葬式の参列用に準備しておくと良いでしょう。

最後に、葬儀においては服装以外にもいろいろと細かな出費があり、事前にどのような出費があるのか把握できていれば、実際に喪主として関わる際に慌てず対処できると思います。
以下葬儀の費用にかかわる記事を載せておりますので、ぜひ一度目を通してみてください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・喪主・服装」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料