インドの葬儀のマナーや流れとは?服装・香典や日本との違いをご紹介

インドと仏教の関わりは広く知られていますが、インドの葬儀に詳しい方は少ないのではないでしょうか。今回は、インドの葬儀に参列するときに覚えておきたい、マナーや流れ、服装と香典について、また日本の葬儀との違いについてもご紹介します。

目次

  1. インドの葬儀について
  2. インドの葬儀は自然葬?
  3. インドの葬儀でのマナー
  4. インドの葬式の流れ
  5. インドと日本の葬儀の違い
  6. インドの葬儀のまとめ

インドの葬儀について

Taj Mahal

インドといえば仏様やヨガを想像される方も多いと思いますが、インドの葬儀についてはピンとこない方が多いのではないでしょうか。
どんな形でお葬式をするのでしょうか?

今回終活ねっとでは、インドの葬儀について、マナーや流れ、葬儀のときの服装と香典、日本との違いをご紹介していきます。

下記の流れで、インドの葬儀について見ていきましょう。

  • インドではどんな葬儀方法があるの?
  • インドの葬儀でのマナー
  • インドの葬儀での服装や香典は?
  • インドの葬式の流れ
  • 日本の葬儀との違い

インドの葬儀に参列する際、どんな準備をすればいいのか分からないとお悩みの方は、ぜひ最後までご覧いただき参考になさってください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

インドの葬儀は自然葬?

お墓

インドでは、人口の約8割の人たちがヒンドゥー教を信仰しているそうです。

ヒンドゥー教では火葬が一般的で、火葬した後のご遺骨をガンジス川に流す自然葬が基本となっています。
また、場合によっては土葬や水葬といった葬儀方法を行うこともあります。

そういったことから、基本的には多くの人がお墓を持つことはなく、自然葬をされる方が多いのが特徴と言えるでしょう。

骨をガンジス川に流す

ヒンドゥー教ではガンジス川は特別な場所であり、「聖なる川」とされています。

ガンジス川での沐浴は、ヒンドゥー教徒にとって「罪を清める」とか「罪を洗い流す」といった特別な意味があるようです。

上記の意味合いも含めて、亡くなった後にガンジス川に葬られることは、生の苦しみから抜け出し解放される「解脱」であり、ヒンドゥー教徒にとっての最大の幸福であると信じられています。

ただ南インドでは、ガンジス川が遠いことから他の聖地に散骨する地域もあるそうです。

宗教によって異なる葬儀形態

インドでは、ヒンドゥー教以外にも多くの宗教が信仰されています。

多数派のヒンドゥー教である自然葬が一般的ではありますが、中にはお墓を持つ宗教もあります。
イスラム教の皇妃のお墓であるタージ・マハルは、世界遺産としても有名ですね。

それぞれの宗教による葬儀の特徴は以下となります。
インドの人口に占める割合が多い3つを挙げましたが、インドにはこれ以外にも、シク教(シーク教)・仏教・ジャイナ教などがあります。

  • ヒンドゥー教

    火葬が主で、火葬後にガンジス川にご遺骨を流すのが一般的です。
    ただ場合によっては、土葬と水葬を行うこともあります。

  • イスラム教

    宗教的な理由からほぼ例外なく土葬のようです。
    また、お墓への埋葬が基本です。

  • キリスト教

    キリスト教も宗教的な理由から土葬が主ですが、火葬の場合もあるようです。

シク教・仏教・ジャイナ教でも火葬が主のようです。
以上のように宗教による違いもありますので、葬儀に参列される際には注意が必要です。

僧侶は土葬の場合も

ヒンドゥー教では特別な例として、土葬があります。
それは、僧侶と2歳未満で亡くなった子どもです。

ではなぜ土葬なのかというと、この人たちの魂はけがれがなく、炎によって浄化する必要がないと信じられているからです。

それ以外にも土葬されることがあります。
それは犯罪者や自殺者の場合です。

彼らの罪は重く、火葬ではけがれが浄化できないとされているからです。

水葬も行われている?

インドでの水葬というのは、火葬せずにガンジス川にご遺体をそのまま葬ることをいいます。
水葬されるのは、蛇にかまれて亡くなった人・子ども・未婚女性・妊婦のご遺体のようです。

また、ヒンドゥー教の苦行者や事故死を遂げた信徒の場合もあるようです。

インドの葬儀でのマナー

葬儀

ここまでは、インドの葬儀の形態や宗教による違いについて解説してきました。
インドの葬儀について、いくらかイメージできたのではないでしょうか。

ここからは、多数派であるヒンドゥー教の葬儀の内容について具体的に見ていきましょう。

葬儀に参列するとき、まず一番に気になるのはやはりマナーではないでしょうか。
ここでは、マナーの中でも日本との違いの大きい服装と香典についてご紹介します。

インドの葬儀での服装

インドの葬儀では、男性は白い服が基本です。
しかし逆に女性の場合、白い服は未亡人が着る習慣があるので気を付けたいところです。

男性は白が基本ですが、薄い色の衣服なら問題ないようです。
ただ、地域や家ごとにも違いがあり、格式を重んじるところもあります。

もし葬儀へ参列するときはご遺族や関係者の方に直接問い合わせておくのが良いでしょう。

以下に男性と女性の基本的な服装をご紹介します。

  • 男性の服装

    インドでは、クルタと呼ばれる民族衣装を着る人が多いです。
    クルタはひざ丈までの襟なしのシャツで、インドでは冠婚葬祭で着用されることが多く、また日常的に来ている人も多いようです。

  • 女性の服装

    女性はサリーというインドの伝統的な衣装を着用します。
    色鮮やかな美しい大きな布をドレスのように巻いた女性を、一度は映像や写真で見かけたことがあるのではないでしょうか。

クルタやサリーは、日本でも店舗やネットショップで購入することが可能です。
もし葬儀に参列するときに服装が気になる方は、ご検討されてはいかがでしょうか。

インドの葬儀での香典

インドでは香典を渡す習慣があまりないようです。
渡すとしても少額だったり、家によっては香典を拒むこともあるようです。

さらには、地域差や家による違いもあるので、やはり香典もご遺族や関係者の方に問い合わせておくのが一番でしょう。

インドの葬式の流れ

葬儀

インドでは、どのような流れで葬式が執り行われるのでしょうか。
下記では、おおまかな葬式の流れを順に解説しています。

  • まず、人が亡くなると居住地域ごとに定められている、国が運営する火葬場でご遺体を火葬します。
  • 4日後、ご遺骨を拾いにいきます。
    このときご遺骨には熱くて触れないので、牛乳と水をまぜたものをかけて冷します。
  • ご遺骨を故人の名前と住所の入った専用の袋に入れ、13日後まで火葬場に安置します。
  • 13日後、斎場またはご遺族の家でお坊さんを呼んで葬式を行います。
  • 葬式が終わった後、ガンジス川へ行き、ご遺骨を川へ流します。

以上が、ヒンドゥー教における一般的な葬式の流れとなります。

ガンジス川へご遺骨を持っていくとき、ご遺骨は主に亡くなった方の息子が持ちます。
息子がいない場合は男兄弟、あるいは一番近い親戚となり、男性しか持ってはいけません。

このとき大変なのが、ガンジス川まで距離がたとえば200キロ離れていたとしても、その間ご遺骨をどこかに置いてはいけないことだそうです。

インドと日本の葬儀の違い

null

インドの葬儀と日本の葬儀の違いについて比較してみましょう。
例外はありますが、こちらを見ていただくと日本との違いがイメージできるのではないでしょうか。

インド 日本
男性の服装 基本は白い服。
薄い色の服もOKな場合あり。
例:クルタ
黒いスーツなどが基本。
女性の服装 白は未亡人が着る風習があるので、そうでなければそれ以外の色。
例:サリー
黒いスーツや着物などが基本。
香典 渡しても良い場合と拒まれる場合がある。
地域、家による。
持参が基本。
葬儀方法 宗教により異なる。
火葬、土葬、水葬の自然葬が多い。
火葬してお墓に埋葬することが一般的。

また上記以外でも、「女性の火葬への出席禁止」が大きく日本と異なるところです。
ヒンドゥー教では、女性の嘆きや悲しみが、儀式の神聖さを壊してしまうとされているからです。

インドの葬儀のまとめ

葬儀

いかがでしたか?

今回終活ねっとでは、インドの葬儀とマナーや流れについて以下のことを紹介しました。

  • インドでは宗教によって葬儀方法が違う。
  • インドでは葬儀方法に、火葬・土葬・水葬がある。
  • インドでは人口の8割がヒンドゥー教徒なので、火葬してご遺骨をガンジス川に流すのが一般的。
  • インドでは女性が火葬に参加することは禁じられている。
  • インドの葬儀の服装は、男性は白い服のクルタ、女性はサリーが基本。
  • インドでは香典は一般的ではなく、家によってまちまちで、受け取りを拒まれることもある。
  • インドでは宗教、地域、家によってルールや慣習が異なるので、葬儀に参列する際は先方に問い合わせるのが最善。

インドではヒンドゥー教徒が多いことから、火葬してガンジス川へご遺骨を葬ることが一般的ではありますが、宗教・地域・家による違いもあるんですね。

終活ねっとでは、他にもインドについての記事を掲載しております。
インドについてもっと知りたい方は、この機会にぜひご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「インド・葬儀」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「インド・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

インドの火葬の実態とは?火葬方法やサティーについても紹介!のサムネイル画像

インドの火葬の実態とは?火葬方法やサティーについても紹介!

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

無宗教葬儀の特徴や流れを解説!費用や香典、その後の供養までご紹介のサムネイル画像

無宗教葬儀の特徴や流れを解説!費用や香典、その後の供養までご紹介

日本の葬儀の種類や流れとは?葬儀の特徴や費用が高い理由も解説!のサムネイル画像

日本の葬儀の種類や流れとは?葬儀の特徴や費用が高い理由も解説!

葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介のサムネイル画像

葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介

無宗教葬儀のやり方や特徴・流れとは?行う側・参列側別で解説しますのサムネイル画像

無宗教葬儀のやり方や特徴・流れとは?行う側・参列側別で解説します

海外の葬儀の特徴とは?服装や花、費用などのマナーを比較して解説のサムネイル画像

海外の葬儀の特徴とは?服装や花、費用などのマナーを比較して解説

宇宙葬とは?世界の葬儀方法や費用比較から変わった風習までご紹介のサムネイル画像

宇宙葬とは?世界の葬儀方法や費用比較から変わった風習までご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「インド・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

インドの火葬の実態とは?火葬方法やサティーについても紹介!のサムネイル画像

インドの火葬の実態とは?火葬方法やサティーについても紹介!

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

無宗教葬儀の特徴や流れを解説!費用や香典、その後の供養までご紹介のサムネイル画像

無宗教葬儀の特徴や流れを解説!費用や香典、その後の供養までご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと