葬儀による休みを連絡する手段と文例は?忌引連絡への返信方法も紹介

葬儀は突然訪れるものですね。しかし、会社に対し、葬儀による休みの連絡は決して怠ってはいけません。休みの日程を会社へ連絡し、会社から許可を得る必要があります。今回は、葬儀による休みの連絡を中心にご紹介します。

目次

  1. 葬儀による休みの連絡をすることについて
  2. 葬儀での休みの連絡は何を伝えればいい?
  3. 葬儀での休みの連絡はどうやって伝える?
  4. 休みの連絡をする際の文例
  5. 忌引連絡がメールで来た際の返信は?
  6. 葬儀による休みはどのくらいもらえるの?
  7. 葬儀による休みの連絡をすることのまとめ

葬儀による休みの連絡をすることについて

葬儀

身近な人が逝去してしまった場合、悲しい気持ちがあふれて、何もしたくない気持ちになりませんか?
しかし、残された人たちは、悲しみを抱きつつも葬儀に向けて準備もしなければならないのです。
きちんと葬儀で送り出してあげることこそが、故人に対する最大の礼となります。

そして、葬儀で仕事を休む連絡を行うことも、大切な準備の1つになります。
どんなに葬儀の準備が忙しくても、会社へ休む旨の連絡を入れることは社会人として最低限のマナーといえます。

今回終活ねっとでは、葬儀による休みの連絡について、連絡手段や文例、またそれに対してどのように返信するべきなのかを見ていきます。

  • 葬儀で休む連絡は、何を伝えなければならないのか?
  • 休む連絡はどのように伝えればよいのか?
  • 忌引きの連絡に対して、どのように返信するのかよいのか?
  • 忌引き休みはどれくらいもらえるのか?

ぜひ参考にしてみてください。

終活ねっとでは、状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランを安心の定額でご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀での休みの連絡は何を伝えればいい?

人々

葬儀は突然やってくるものですので、そのための休みもあらかじめ予定をつけておく、ということはできませんよね。
他の方へ迷惑を掛けないためにも、葬儀の日程が決まったら会社へ休みの連絡を速やかに行う必要があります。

では、一体何を伝えて休みを取得すればよいのでしょうか?

伝えるべきポイントは誰の葬儀なのか・葬儀の日程と場所・いつ休みたいのかの3点になります。

会社によっては従業員の家族が亡くなったとき、福利厚生の一環として、弔電や香典、供花などを手配するところもあります。
また、会社自体ではなくとも、同じ部署や課内のメンバーでそれらを用意することや、葬儀に参列することもあるようです。

あなたにとってどれくらいの続柄の方が亡くなったのか、そしてその葬儀の日程と場所は、会社のそうした福利厚生の有無に関わらず、念のため伝えておく必要があるでしょう。
「プライベートな情報だ」と思われる方もいるかもしれませんが、会社から休みをもらう限り、それらは申告するのがマナーの一環といえます。

そして1番重要なのは、それらを踏まえてあなたがいつ休みたいか、になります。
段取りを組んできちんと引き継ぎができるよう、余裕を持って申請するようにしましょう。

葬儀での休みの連絡はどうやって伝える?

困った人々

葬儀での休みの連絡は、口頭で伝えるのがベストな方法です。

本来ならば直接会って伝えることが望ましいですが、急なことであるため難しいかもしれません。
直接会えない場合には、電話で伝えるようにしましょう。

また、報告は直属の上司へ行いましょう。
なぜなら、直属の上司であれば、あなたの仕事状況を把握しているからです。
休んでいる間の仕事の割り振りを行ってもらえるため、葬儀に専念する事ができます。

同じ仕事をしている同僚のほうが一見仕事内容を伝えやすい気がしますが、上司に休みを報告した後、個別で仕事の引き続きをするほうがよいでしょう。

会社によっては後日、あなたが本当に葬儀へ参列したのかを確かめるために、証明書(葬儀証明書や葬儀参列の礼状など)の提出を求められることもあるようです。
必要に応じて用意するようにしましょう。

どのような伝え方でも決して忘れてはいけないことは、会社から休みをもらって葬儀へ参列する、という気持ちです。
葬儀だから休んで当然と考えないようにしましょう。

あなたが仕事を休んで、故人と最後のお別れの機会を得ることができるのは、仕事上支えてくれるメンバーがいるのだということを、心の片隅に置いておきたいものですね。

できるだけ自分で直接伝えましょう

あなたが社会人である以上、休暇願いを自分で伝えることは当然です。
葬儀に際して誰とも話したくない気持ちになることもあるかもしれませんが、そうだからといって例外とはなりません。

まれに、本人ではなく配偶者などが代わって会社へ休みの連絡を入れる、という方もいるそうです。
本人以外であれば仕事の引継ぎは全くできないため、会社側も困惑することが予想されます。

余程の理由がない限りは、できるだけ自分で伝えるようにしましょう。

メールで伝えてもいい?

直接伝えることが難しい場合の手段として、メールがあります。

できればメールは避けたいところですが、どうしても直接連絡を取ることができない、時間が早朝や夜中である場合などに限りメールで伝える方法を選択しましょう。

メールでひとまず休む連絡を入れるにせよ、時間がとれたときには直接電話をするようにしましょう。
引継ぎを行う事ができ、会社にもあまり迷惑を掛けずに済みます。

休みの連絡をする際の文例

人々

では、実際どのように休みの連絡を告げればよいのでしょうか?
休みの連絡をする際に伝えたい内容として、以下の点が挙げられます。

  • 急に休むことへの謝罪
  • 誰の葬儀なのか
  • 葬儀はいつどこで行われるのか
  • いつからいつまで休みたいのか
  • 休み中の連絡の取り方
  • 引継ぎをする仕事の内容

以上の点を踏まえ、ここからは休みの連絡をする際の文例をご紹介していきます。

口頭で伝えるとき

では実際に、休みの連絡を口頭で伝える時の文例をご紹介します。

上司へ連絡する場合

まずは、上司へ休みの連絡を行う場合の文例です。

お疲れ様です。
私の父が本日逝去いたしましたため、急ではございますが、葬儀や準備、手続きのため、○日より○日間忌引き休暇をいただきたくご連絡差し上げました。
葬儀の日程は、メールでお送りいたします。
私がその期間中アポイトメントを取っておりましたお客様には、私の出社日以降で、日程を調整していただきますようお願いをメールにて差し上げております。
しかし、お客様方より急用がありました際には、○○課長へご連絡下さるようにお伝えしましたので、もしかしたら○○課長へ何か連絡があるかもしれません。
その際は、ご対応のほどよろしくお願いいたします。
また、何か急用などございましたら、私の携帯までお電話下さい。
すぐに出れない場合は、折り返しお電話差し上げます。
突然のお願いで恐縮ではございますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

取引先に連絡する場合

次に、取引先へ休みの連絡を行う場合の文例です。

いつもありがとうございます。
○月○日にお約束していた件で、ご連絡差し上げました。
私事で恐縮ですが、忌引きで休むことなったため、日時を変更していただけないでしょうか?
○月○日から、通常業務へ戻ります。
詳しい変更日時に関しては、後日ご連絡差し上げたいと思います。
何かございましたら、上司の○○へお伝え下さいませ。
せっかくお時間を調整いただいていたのに、このようなお願いで申し訳ございませんが、なにとぞよろしくお願いいたします。

忌引連絡がメールで来た際の返信は?

困った人々

忌引連絡がメールで来た際、どのように返信すべきなのでしょうか?

休みを取る人が会社のことを心配せず葬儀へ集中できるよう、快く了解の返信をしてあげましょう。
長文で返す必要はありません。

ポイントは、お悔やみの気持ちを表すこと、休むことへの承諾の2点になります。

ご身内にご不幸がおありだったと伺い、心からお悔やみ申し上げます。
仕事のことは大丈夫ですので、最後のお別れをして来て下さい。
ご冥福を申し上げます。

葬儀に参加しない場合は、上の例文に加え「都合によりご葬儀に伺えません。
申し訳ありません。
」と一言添えてもよいでしょう。

葬儀による休みはどのくらいもらえるの?

葬儀

葬儀のために休むことが可能な日数というのは、逝去した対象によって異なります。
下記の表に一般的に取得可能な日数を一覧を示させていただきました。
休む際の参考にしてみてください。

なお、会社の終業規則によって、下記の表と異なる場合もあります。
休む際は念のために日数を確認したほうがよいでしょう。

逝去した対象 休むことの可能な日数
配偶者 10日間
自分の父母 7日間
自分の子 5日間
自分の兄弟姉妹、祖父母 3日間
自分の孫、叔父叔母 1日間
配偶者の父母 3日間

葬儀による休みの連絡をすることのまとめ

困った人々

今回終活ねっとでは、葬儀による休みの連絡について解説してきました。
今回の内容をまとめると、以下のようになります。

  • 休みの連絡の伝えるべきポイントは誰の葬儀なのか・葬儀の日程と場所・あなたはいつ休みたいのかの3点。
  • 休みの連絡は、できるだけ自分が口頭で直接伝えるのが望ましい。
  • 伝える際には、さらに休むことへの謝罪・仕事の引き継ぎ連絡を加えるとなおよい。
  • 忌引き連絡を受け取ったら、返信は簡潔なものにする。

終活ねっとでは、葬儀に関する記事をこの他多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・休み・連絡」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・休み・連絡」についてさらに知りたい方へ

葬儀に関する訃報の知らせ方とは?訃報の文例や流れもあわせて解説!のサムネイル画像

葬儀に関する訃報の知らせ方とは?訃報の文例や流れもあわせて解説!

忌引き連絡はメールでいいの?メールの書き方から注意点まで解説!のサムネイル画像

忌引き連絡はメールでいいの?メールの書き方から注意点まで解説!

会社や取引先への忌引きの連絡はどうする?例文や返信の方法も解説のサムネイル画像

会社や取引先への忌引きの連絡はどうする?例文や返信の方法も解説

葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説のサムネイル画像

葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説

葬儀の時会社への連絡の文例は?連絡方法や注意点についても解説!のサムネイル画像

葬儀の時会社への連絡の文例は?連絡方法や注意点についても解説!

訃報連絡や葬儀案内の文例やタイミングは?受け取った際の注意点までのサムネイル画像

訃報連絡や葬儀案内の文例やタイミングは?受け取った際の注意点まで

葬儀案内の伝達手段や例文って?連絡の内容や挨拶文、マナーを紹介!のサムネイル画像

葬儀案内の伝達手段や例文って?連絡の内容や挨拶文、マナーを紹介!

葬儀による会社の休み連絡の方法と文例は?日数や家族葬の場合も解説のサムネイル画像

葬儀による会社の休み連絡の方法と文例は?日数や家族葬の場合も解説

葬儀による仕事の休み連絡方法や文例とは?日数や復帰後の対応も紹介のサムネイル画像

葬儀による仕事の休み連絡方法や文例とは?日数や復帰後の対応も紹介

通夜・葬儀で会社を休む際の言い方とは?文例や休める日数をご紹介のサムネイル画像

通夜・葬儀で会社を休む際の言い方とは?文例や休める日数をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・休み・連絡」についてさらに知りたい方へ

葬儀に関する訃報の知らせ方とは?訃報の文例や流れもあわせて解説!のサムネイル画像

葬儀に関する訃報の知らせ方とは?訃報の文例や流れもあわせて解説!

忌引き連絡はメールでいいの?メールの書き方から注意点まで解説!のサムネイル画像

忌引き連絡はメールでいいの?メールの書き方から注意点まで解説!

会社や取引先への忌引きの連絡はどうする?例文や返信の方法も解説のサムネイル画像

会社や取引先への忌引きの連絡はどうする?例文や返信の方法も解説

葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説のサムネイル画像

葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説

葬儀の時会社への連絡の文例は?連絡方法や注意点についても解説!のサムネイル画像

葬儀の時会社への連絡の文例は?連絡方法や注意点についても解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと