葬儀用の封筒の選び方や書き方とは?宗派ごとの違いや金額相場も紹介

葬儀用の封筒の選び方や書き方とは?宗派ごとの違いや金額相場も紹介

葬儀用の封筒を選ぶ時や書く時はどのようなことに気をつけていますか?実は宗教や宗派によって選ぶべき封筒も、書くべき言葉も異なります。今回は香典で包むべき金額相場にも触れながら、葬儀用の封筒についてご説明致します。大変役立つ内容ですので、どうぞご覧ください。

最終更新日: 2020年02月09日

葬儀用の封筒について

葬儀

葬儀用の封筒にいくつか種類があるのをご存知でしょうか?
文具屋などで何気なく目に入ったものを選んでいるという方も少なくありません。
葬儀用の封筒には、絶対に守らなければならないルールはありません。
しかし、大人として守るべきマナーは数多く存在します。

葬儀用の封筒は、宗教や宗派によって封筒の書き方にも違いがあります。
そこで、受け取る側が不快に感じないように、注意する必要があるでしょう。
今回「終活ねっと」では、以下の項目に着目して葬儀用の封筒についてご紹介致します。

  • 葬儀用の封筒はどんなものを選べばいい?

  • 宗派によって異なる香典袋の書き方

  • 封筒にお金を入れる際の注意点

  • 葬儀で香典を渡す際の注意点

もし、葬儀用の封筒についてお悩みの方がいれば、役に立てるでしょう。
また、香典の相場金額にも触れていますのでどうぞ最後までご覧ください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀用の封筒はどのように選べばいい?

葬儀

葬儀用の封筒はどれも同じように見えて、実はいくつか種類があります。
葬儀用の封筒は、自分の好きなデザインのものを選べば良いわけではなく、故人の宗教や宗派を考慮しなければなりません。

また、包む金額によっても封筒の階級が異なります。
包んでいる金額と封筒のグレードにあまりにも差があると、失礼にあたりますので注意が必要です。
封筒に包んでいる金額と封筒のグレードが合うように心がけましょう。

香典袋は、基本的に文具屋やコンビニで購入できます。
最近では、100円ショップで取り扱っていることもあります。
包むべき金額や、対応している宗教についてパッケージに記載してある香典袋もあるので、不安な場合はそちらが便利です。

葬儀用の封筒は、故人の宗教、宗派を考慮し、包んでいる金額に合ったグレードのものを選びましょう。

宗派で変わる香典袋(封筒)の書き方

葬儀

宗教や宗派によって香典袋の書き方は異なります。
これは、亡くなることに対する考え方の違い等により生じる差です。

一部の宗派を除いて共通して使えるのが御霊前です。
キリスト教も「御霊前」を用いて問題ありません。
一方で、浄土真宗や曹洞宗の場合、「御霊前」と記さないよう細心の注意が必要です。

できる限り、故人の宗教や宗派は確認しておくようにしたいものですが、故人の宗教や宗派が分からない場合には、「御霊前」と記すのが無難です。
その場合、封筒は白無地のもの、水引は黒白のものを準備します。

また、住んでいる地域によっては、香典袋の書き方が決まっているところもあります。
例えば京都では宗派に関係なく、「御佛前」という表書きににするようです。

以下では、各宗教ごとの表書きや水引を細かく解説致します。

仏教・仏式

仏教の場合は、御霊前が一般的です。
また、「御香料」や「御香典」を用いても大丈夫です。
その一方で、「御霊前」は浄土真宗と曹洞宗では使えないので注意しましょう。
浄土真宗や曹洞宗の場合は「御仏前」と記すようにしましょう。

なぜ同じ仏教であっても、宗派の違いで書き方が異なってくるのでしょうか。

例えば、浄土真宗には「人間は亡くなったらすぐに仏になる」という考え方があるために、書き方が異なるとされています。
浄土真宗では、霊としてこの世に留まるという考え方をしないのです。
また、曹洞宗にはそもそも「お浄土」という概念がありません。

香典袋については、無地のものもしくは蓮の花が描かれたものが好ましく、水引は白黒か双銀の結びきりのものを選びましょう。

キリスト教式

キリスト教においても、香典の書き方は宗派によって異なります。
カトリックでは御花料や「献花料」などと記します。
一方で、プロテスタントでは「御花料」や「御ミサ料」などと記します。

香典袋は無地のものでも構いませんし、十字架が描かれているものもあります。
基本的には、十字架が描かれたものには水引は使いません
ちなみに、キリスト教では香典のことを「弔慰金(ちょういきん)」ということで知られています。

神教式

神教式でも通常は御霊前や「御玉串料」、「御榊料」などと記します。
香典袋については、無地のものを用意しましょう。

蓮の花や百合の花が描かれたものは、神式にはふさわしくありませんので注意が必要です。
水引については白黒か双銀の結びきりのものを選びましょう。
神式の場合は、宗派は数多くあるものの、宗派によって香典の表書きに違いはありません。

封筒にお金を入れる際の注意点

お金

封筒選びや封筒の書き方だけでなく、お金の入れ方正しく把握することは大切です。
葬儀用の封筒にお金を入れる際は以下で紹介する注意点を確認するようにして下さい。

封筒にお金を入れる際は、お札が新札でないこと、お札の向きなどに注意しましょう。
新札だと、不幸があることをわかっていて準備していたように思われてしまうからです。
もちろん、極端に汚れていたり、しわの目立つお札は避けなければなりませんが、旧札を用いることで丁寧な対応となります。

また、お札は必ず向きを揃えて、中袋、外袋の順に包みます。
中袋を開けた時に、お札の人物の顔が見えるように中袋に包みます。
漢数字を、1を「壱」と記す3を「参」と記すなど、書き方についてのマナーは祝儀袋と同様です。
なるべく筆ペンや万年筆を使い分けて書きましょう。

葬儀で香典を渡す際の注意点

葬儀

葬儀の場で香典を渡す際は、タイミングや言葉に気をつけなければなりません。
故人の家族や親族の心中を察し、最低限のマナーを守るよう心がけましょう。
香典の相場についても以下でご紹介致しますのでどうぞお役立て下さい。

渡すタイミング

基本的に、香典は葬儀の受付で渡します。
合わせて芳名帳に氏名や住所を記載します。

渡す際にかける言葉

葬儀用の封筒を渡す際は、「この度はご愁傷様です。
」といったお悔やみの言葉を伝えるのが一般的です。
「心からお悔やみ申し上げます。
」や「ご愁傷様でした。
」等でも構いません。

また、「こんにちは。
」等普段の挨拶は必要ありません。
葬儀の場では、声のトーンや音量にも気をつけましょう。
葬儀の場では涙ぐんでしまったり、言葉に詰まってはっきりと話せなくなってしまうのは仕方のないことですから、なるべく哀悼の気持ちが伝わるように心がけましょう。

葬儀での香典の相場費用

葬儀用の封筒に香典で包む金額は故人との関係性である程度決まります。
知人や仕事関係者であれば5000円から2万円が相場です。
両親や兄弟など近い親戚になると、2万円から10万円が一般的です。

香典返しの負担なども考えて、香典は相場の範囲内で包むようにしましょう。
香典には金額が多ければ多いほど良いといった概念はありません。
包む金額に応じて、香典袋のグレードが変わることも忘れないでおきましょう。

葬儀用の封筒のまとめ

葬儀

ここまで、葬儀用の封筒の選び方や書き方に関して紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
自身が宗教にあまり熱心でなかったり、知識がないという場合は、葬儀の際に故人の宗教を意識することはあまりないかも知れません。

しかし、特に宗教を重んじる方にとって、自身や家族の宗教と異なる書き方の香典袋を渡されると非常に不快に思ってしまうかもしれません。
葬儀用の封筒は故人の家族や親族の目にも入る大切なものです。
宗教や宗派によって葬儀用の封筒の選び方や書き方が違うことだけでも心に留めておきましょう。

今回、「終活ねっと」でお伝えしたかったことを以下にまとめました。

  • 香典袋を選ぶ際は、宗教、宗派、包む金額を考慮して決めること。

  • 表書きは「御霊前」が一般的であるが、宗教によるので確認が必要。

  • 香典として包むお札は旧札で、向きを揃えること。

  • 香典を渡すのは、受付で「ご愁傷様です。」という言葉とともに。

  • 香典の相場は5000円から10万円と幅広く、関係性による。

心の片隅においておくだけで、あなたの葬儀のマナーは格上げされます。
葬儀の場では、故人や故人の家族、親族に不快な思いをさせない為にも、最低限のマナーを心得ましょう。

「終活ねっと」では、葬儀に関する様々な情報を発信しております。
以下に葬儀費用に関する記事がございますので、どうぞご覧ください。

葬儀費用の内訳や、葬儀費用を安く抑える方法にも触れています。
大変役立つ内容となっておりますので、ご参考いただけると幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事