葬儀で渡す手土産の選び方・包み方は?参列者と喪主に分けて解説!

葬儀で渡す手土産の選び方・包み方は?参列者と喪主に分けて解説!

葬儀に参列する場合香典を持参しますが、手土産は必要でしょうか。また、喪主を務める場合はどんな場合に手土産を準備しておけば良いでしょうか。今回、葬儀の際の手土産について参列者と喪主の立場から、手土産の相場も踏まえて詳しく解説をしていきます。

最終更新日: 2020年09月10日

葬儀の手土産について

仏壇

葬儀と言えば香典を持参するのマナーです。
ですが、香典だけを持参すれば本当に問題ないでしょうか?
特に身内の葬儀であれば、親族にも会いますから何か手土産を準備した方が良いのか、と疑問に感じたことがある人もいるでしょう。

手土産は参列する場合に持参するだけでなく、喪主から参列者にお礼として配る場合もあります。
葬儀の際に準備する手土産は、どのようなものを選んで、どのように包んで、どのように渡せば良いでしょうか。

今回「終活ねっと」では、葬儀の手土産について下記の内容を中心に解説をしていきます。

  • 葬儀に参列する場合の手土産の選び方は?

  • 喪主が手土産を渡すタイミングは?

  • 手土産の選び方や包み方は?

お通夜や葬儀に参列する場合、香典のことばかり気にしてしまいがちですが、手土産もおろそかにしてはいけません。
葬儀に関する手土産について疑問のある方は、ぜひ今回の記事を最後までお読みいただき参考にして頂ければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀に参列する際の手土産の選び方

仏壇

葬儀に参列する場合は、一般的には香典を持参します。
香典をいくら包めば良いか、ということを気にしすぎて手土産までなかなか気が回らない場合もあるでしょう。

そもそも、葬儀に参列するのに香典に加えて手土産も持参した方が良いのでしょうか?
一般的には葬儀に参列する際には、香典を持参するので手土産は必要ないと言われています。
しかし、故人が近い親族や職場関係、友人の場合などは、一同で供物を渡す場合もあります。

また、葬儀のために久しぶりに親族の家を訪れる場合などでは、葬儀には香典のみでも問題ありませんが、挨拶代わりに手土産を持参する場合もあります。
家族葬の場合にも、特に辞退の申し出がなければ、供物を渡すこともあります。

葬儀の際に手土産を持参する場合、どのような手土産を選べば良いでしょうか。

祖父・祖母の葬儀の場合

祖父母の葬儀に参列する場合は、孫一同として連名で手土産を準備し、供物としてお供えをする場合もあります。
供物としておくる場合の品物は、香典や日持ちのするお菓子などです。
孫から送る場合は、故人の好きだったものを送るのも良いでしょう。

注意したいのが、仏教の場合お酒はNGとされていることです。
一方神式の場合、お酒は神聖なものとされているので問題ありません。

義実家で親族・親戚の葬儀を行う場合

故人が義理の親族の場合などは、義実家で葬儀が行われる場合もあるでしょう。
葬儀には香典を包みますが、手ぶらで義実家に帰るというのも気を使います。
こういった場合は、葬儀での供物や香典とは別に、手土産を持って行くのも良いでしょう。

葬儀で故人にお供えする訳ではないですから、品物の選び方は普段の帰省の場合と同じで問題ありません。
しかし、葬儀が目的での帰省ですから殺生を連想させるような肉などは避けましょう。

遠方から参列する場合

遠方から葬儀に参列するとなると、会場までの交通費や宿泊費の負担がかかります。
結婚式などの慶事であれば、主催者が「お車代」として交通費を負担したり、ホテルを手配したりすることがあります。
しかし葬儀の場合は参列者が弔意を表すために参列するものですから、自己負担が原則です。

そして、遠方から参列した場合も香典は包むのがマナーです。
負担額を考えると手土産は必須ではありませんが、訪問先が久しぶりに訪れる親族の家や、お世話になった方に会う場合は手土産を持参しても良いでしょう。

品物は普段の手土産と同じもので構いません。
遠方の場合は、移動時間がかかりますから、夏場などは腐りやすいようなものは控えましょう。

喪主が手土産を渡すタイミング

葬儀

葬儀での手土産は参列者が持参する場合もあれば、喪主から参列者へと渡す場合もあります。
葬儀での喪主とは、故人と同じ立場です。
故人のお悔みのために、わざわざ来ていただいた参列者に対して、感謝の気持ちを伝えるのも喪主の役割の一つです。

喪主が参列者へ感謝の気持ちを伝える方法として、お通夜や葬儀で行う会食や、会葬礼状の他に香典返しなどの手土産があります。
参列者は故人へのお悔みとして、通常香典を持参されます。

香典は、故人との関係にもよりますが、場合によっては高額になります。
故人の葬儀のために参列して頂いたこと、そして香典を包んでくれたことに対して感謝の気持ちを伝えるために香典返しとして手土産をその場で渡すこともあります。

他にも、仏式の葬儀に不可欠な読経をしてくれる住職や、受付係を手伝ってくれた世話人などへも手土産を渡して感謝の気持ちを伝えます。
このように、喪主が準備する手土産のケースは様々です。

通夜・葬儀後のお礼として

お通夜や葬儀に参列し、故人にお悔みを頂いた参列者に対して、喪主が感謝の気持ちを込めて贈るものが返礼品です。
返礼品としての手土産にはいくつか種類があります。

  • 通夜返礼品

    通夜返礼品は、名前の通りお通夜に参列してくれた方に対して渡す手土産です。
    お通夜の後には、通夜振る舞いという会食を行う場合がありますが、通夜振る舞いを行わない場合や、通夜振る舞いに参加されない方に渡します。
    お茶やコーヒーなどの口にするものが良いでしょう。

  • 会葬返礼品

    葬儀・告別式へと参列してくれた方すべてに対して渡す手土産です。香典を頂いていない方に対しても渡すのがマナーです。
    品物はタオルやハンカチなどが多いです。

  • 香典返し

    香典返しは香典を頂いた方に対して、感謝の気持ちを込めて送ります。
    頂いた香典の金額の半額~3分の1程度の品物を四十九日以降に渡すのが一般的ですが、最近では即日返しと言って葬儀の際に、3~5千円程度の品物を渡すことも増えています。

住職にお布施を渡すとき

仏式の葬儀では、お寺の住職に来てもらって読経をあげてもらうことが必要不可欠です。
檀家となっている菩提寺がある場合でもない場合でも、読経は必要です。
つまり、住職がいなければ葬儀は成り立たない訳です。

ですから、故人の葬儀にわざわざ来ていただいたお寺の住職に対しては、敬意を表し感謝の気持ちを伝える必要があります。
住職に感謝の気持ちを伝える手段としてお布施がありますが、今後の年忌法要などもありますからお布施以外にも、手土産を添える場合もあります。

時期によっては、住職は法要などでとても忙しい場合もありますので、あまり大きなものや冷蔵が必要なものは避けるようにしましょう。

葬儀の受付係へのお礼として

葬儀にはお手伝いをしてくれる方が必要不可欠です。
最近では、葬儀社が全てを執り仕切ってくれる場合もありますが、地域によっては世話役が手伝ってくれることにより、葬儀が成り立っている場合も多いでしょう。

葬儀でのお手伝いの代表的なものに、受付係があります。
受付係は、単に参列者の受付をするだけでなく、香典を受け取り管理し、記録をするという重要な役割があります。

喪主としては、葬儀の進行に大きな役割を果たしてくれた受付係へ対して感謝の気持ちを形にして伝える必要があります。
喪主からのお礼の気持ちとして、現金を渡す場合もあれば手土産を渡す場合もあります。

喪主から受付係へのお礼の相場は、現金で渡す場合、3~5千円程度です。
品物で渡す場合も、同水準を目安にしましょう。

葬儀後の挨拶回りで

無事にお通夜・葬儀が終わった後、お世話になった方に喪主は挨拶回りを行います。
その際、特にお世話になった方に対して手土産を持参します。

世話役の代表などに対しては、「お車代」などの名目で金銭を渡す場合もありますが、菓子折りやビール券などを手土産として渡す場合もあります。

手土産の選び方・包み方

お墓

これまで解説してきた通り、葬儀での様々なシーンで手土産が必要になる場合があります。
実際に手土産を購入するとなった場合、どんな品物を買えば良いか、予算はどれくらいか、などの疑問に突き当たる方も多いでしょう。

普段の帰省の手土産であればそんなに気を遣わなくても済みますが、葬儀のタイミングでの手土産となれば、失礼のないように対応したいですよね。
ここでは、葬儀での手土産の選び方や包み方について説明をします。

金額相場

手土産を買う場合に、一番気になる点は金額相場でしょう。
一口に手土産と言っても、品物によっては金額はピンキリです。
どんな場合に、どのような手土産を選べば良いのでしょうか。

これまで説明してきた手土産を渡すケースと、金額相場を説明します。

  • 祖父母の葬儀に孫一同で供物を送る場合

    香典と同じく、供物は高すぎても低すぎてもマナー違反になります。
    祖父母の葬儀に「孫一同」として供物を送る場合は、2~3万円程度の品物が良いでしょう。

  • 葬儀のために義実家へ訪れる場合

    この場合は、普段の帰省と同じ水準の金額の品物で問題ありませんが、地域や家庭による違いもありますので配偶者とも良く相談しましょう。

  • 喪主が準備する通夜返礼品・会葬返礼品

    お通夜や葬儀の参列者に渡す返礼品の相場は、1~2千円程度です。あまり高額なものでは香典返しと混同されてしまいます。

  • 香典返し

    香典返しは通常四十九日の法要は終わった忌明けに贈ります。
    相場は頂いた香典の半額~3分の1程度です。

  • 住職に渡す場合

    住職に渡す手土産はお布施やお車代に添えて渡すものですから、金額は1~3千円程度のもので問題ありません。

  • 葬儀後の挨拶周りの手土産

    葬儀を手伝ってくれた方への御礼に手土産を渡します。
    立場によって異なりますが、世話役の代表であれば1万円程度の品物や金券、その他の方は3~5千円程度の品物が相場です。

おすすめの品物

どんな品物を準備すれば良いかも迷う所でしょう。
手土産として贈る品物も、手土産を準備するケースによって変わります
供物として包む場合は、線香やろうそくの他に、菓子や缶詰、また故人が好きだったものを贈る場合もあります。

義実家に渡す場合や、お布施と添える場合は菓子折りやゼリーなどが良いでしょう。
お通夜や会葬の返礼品として渡す手土産は、お茶やハンカチなどのかさばらないものが一般的です。

香典返しの場合は金額にも幅がありますので、カタログギフトなどを準備すると良いでしょう。
葬儀後の挨拶周りの場合は、菓子折りなどの他ビール券などを配る場合もあります。

香典返しに関しては以下の記事で詳細に説明をしています。
関心のある方はどうぞご覧ください。

のし紙に包む

供物やお供えとして手土産を持参する場合にはのし紙で包んで渡すのはマナーです。
のしには表書きと、水引がありそれぞれ正しいマナーを守って渡すことが大切です。

表書き

表書きは手土産を渡す相手にもよりますが、あいさつ回りなどで送る場合は「御礼」や「志」などが一般的です。
葬儀や法要でお供え物として渡す場合は、「御供」や「御霊前」と書きます。

水引きの選び方

弔事の場合の水引は全国的に黒白のものが一般的です。
一部の地域では黄白なども使われている場合もあります。

葬儀の手土産についてまとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか。

今回「終活ねっと」では、葬儀で渡す手土産について下記の内容を中心に解説してきました。

  • 葬儀に参列する際に準備する手土産は、祖父母の葬儀の際に供物として贈る場合、葬儀で義実家に帰る際に準備する場合、遠方から参列する際でも準備する場合があり、それぞれに適した手土産を選択する必要がある。

  • 喪主が準備する手土産としては、会葬返礼品のような参列のお礼として渡す場合や、住職にお布施と一緒に渡す場合、葬儀後の挨拶周りで受付や世話人へ渡す場合がある。

  • 手土産は渡すケースによってそれぞれ相場が違う。

  • お供え物として送る場合はのしや水引のマナーを守って贈る必要がある。

葬儀に参列する場合、香典や服装などに気が入ってしまい手土産がおろそかになってしまいがちです。
喪主を務める場合も、忙しいため手土産などの準備は後回しにしてしまいがちです。

しかし、マナーを守って手土産を添えることによって、お悔みの気持ちや感謝の気持ちを丁寧に伝えることができます。
手土産を持参する場合には、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

「終活ねっと」では、他にも葬儀に関する記事を多数掲載していますので合わせてお読みください。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事