葬儀後の弔問のマナーとは?服装や香典・お悔やみの言葉もご紹介!

葬儀後の弔問のマナーとは?服装や香典・お悔やみの言葉もご紹介!

葬儀に都合がつかず参列できないときは誰にでもあります。こんなときは後日弔問をするのですが、いつ行けばいいの?香典は?など疑問が浮かんでくるかと思います。また、弔問する側だけでなくされる側も戸惑うことが多いですよね。今回は、葬儀後の弔問の際のマナーを解説します。

最終更新日: 2020年02月09日

葬儀後の弔問について

困った人々

親しい人の訃報を受けたが、どうしても都合がつかず通夜や葬儀に参列できなかった場合、あなたならどうしますか?

葬儀に参列できないときは、参列できないだけで終わらせずに後日喪家へ出向いて弔問するのが一般的です。
生前お世話になった方への最後のご挨拶はしっかりしておきたいですよね。

では、弔問する際のマナーには何があるのでしょうか。
今回「終活ねっと」では、以下のことを中心に葬儀後の弔問について解説します。

  • そもそも弔問ってなに?

  • 葬儀後の弔問するときのマナーは?

  • 葬儀後弔問に来た方へのお礼はどうすればいいの?

  • 葬儀後の弔問に行くべきではない時ってどんな時?

  • 通夜前に弔問するのはいいの?

せっかく弔問をさせて頂くのですから、ご遺族側に不快な思いをさせない為にもマナーを守り弔問しましょう。
弔問するときには故人を悼む気持ちだけでなく、遺族をいたわることも大切です。

葬儀後に弔問する際のマナーだけでなく、弔問される側のお礼なども詳しくご説明しますので、どうぞ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

弔問の読み方と意味とは

仏壇

弔問(ちょうもん)とは、親戚や親しい方の訃報を受けた際に、故人の自宅に訪問してお悔やみの言葉を伝えることです。

付き合いのある親族は、訃報を受けたら通夜の前に故人の自宅へ弔問するのが一般的です。
また、通夜や葬儀に都合がつかず参列できなかった方が後日喪家に伺うことも弔問といいます。
弔問にはこの2つのタイミングがありますが、今回の記事では、葬儀後の弔問について取り上げて詳しく解説します。

葬儀後の弔問のマナー

葬儀

通夜や葬儀に参列できずに後日弔問する場合には、必ずマナーに注意してお伺いしましょう。
以下では、弔問する際のマナーについて解説します。

服装や香典について、お悔やみの言葉などの例文もいくつかご紹介しますので、是非参考にして下さい。

事前に連絡する

弔問する際には、事前にご遺族に連絡をして、弔問してもよいか確認をとりましょう。
弔問しても良いとなった場合、日程や時間をご遺族と相談しながら決めます。

この時、あくまでも弔問させていただく立場なのでご遺族側の予定を優先するのがマナーです。
ご遺族側も弔問される上での様々な準備があるので、事前に連絡せずに弔問するのは、配慮が足りず失礼にあたります。

また、葬儀後の弔問を辞退している場合もあるので、事前に連絡することで確認することができます。

葬儀後はいつ弔問に行けばいいの?

葬儀後に故人の自宅へ弔問するタイミングは、葬儀終了後三日目以降~四十九日までにお伺いするのが目安です。

早すぎても遅すぎても失礼にあたるので気をつけます。

服装について

葬儀後に弔問する際に喪服を着るのは控えます
葬儀を終えたご遺族は、気持ちの整理をして普段の生活に戻ろうとしています。
喪服を着て弔問してしまうと、葬儀を連想させてしまうので気を付けましょう。

葬儀後に弔問する時は平服で構いません
普段着といっても、明るく派手すぎる格好やジーンズやTシャツなどのラフすぎる格好は避けます。
ビジネススーツや地味な色のものを着て弔問しましょう。

葬儀での平服は略喪服を意味しますが、弔問での平服では、喪服を連想させるような全身黒い服で弔問するのもやめましょう。

アクセサリーは葬儀同様、結婚指輪以外の光り物のアクセサリーは外します。
靴やカバンも光沢のあるものは避けます。
葬儀でのアクセサリーについて詳しく知りたい方は以下のリンクを参考にしてください。

葬儀に参列してない場合は香典を持参

通夜や葬儀に参列した場合は弔問で香典を持っていく必要はありませんが、参列できずに弔問する場合は香典を持参しましょう。

しかし、喪主が香典を辞退してるときは持参する必要はなく、無理に渡してしまうとかえってご遺族の方の負担になってしまうので控えます。

では、後日弔問の際に渡す香典について、葬儀の際に渡す香典との違いに触れながらご紹介します。

表書き

葬儀後に香典を渡す際の表書きは、弔問するタイミングや宗教よって異なるので注意しましょう。
表書きに宗教関係なく使える言葉が御霊前です。

仏教の場合、表書きは通夜から四十九日の法要までに弔問するなら御霊前、それ以降に弔問する場合は御仏前となります。
神教なら御神前や御玉串料、キリスト教なら御ミサ料など宗教によって異なります。

金額相場

弔問する際に持っていく香典の金額相場は、葬儀や通夜に参列するときと同じ金額です。

葬儀後の弔問の際の香典にもご遺族側は再度香典返しをしなければいけないので、ご遺族側の負担を考慮して、受け取った側が遠慮してしまうような高額な金額は避けます。
香典返しを辞退することもの1つの方法です。

友人・知人の場合

友人・知人が亡くなり香典を渡す場合の金額相場は、故人との関係の深さや自分の年齢によって異なります。
同窓会でしか顔を合わせない学生時代の友人と、最近まで定期的にプライベートで会っていた友人とでは関係の深さが大きく変わってきます。

例えば自分の年齢が20代の場合、親しくしていた友人には約5000円、顔見知り程度の友人には約3000円が相場です。

30代や40代となると親しくしていた友人には約1万円が相場となり、自分の年齢が上がるほど香典に包む金額は大きくなっていきます。

親族の場合

親族が亡くなった際の香典金額相場は、友人や知人が亡くなったときとは異なり、高額を包むのがマナーです。

例えば20代でも、自分の両親が亡くなった場合は約5~10万円、兄弟姉妹が亡くなった場合には約3~5万円、祖父母が亡くなった場合は約2~5万円となります。

親族への香典は付き合いの深さ等ではあまり違いがなく、自分の年齢により金額が異なってきますので注意しましょう。

薄墨で書く?

香典袋の文字は薄墨で書くのが望ましいとされていますが、自宅に薄墨がなければ普通の墨で書いても問題ありません

薄すぎる墨を使って記入しても受け取ったご遺族が読めなければ意味がないので、文字の色にこだわりすぎず、あくまで見やすくはっきりとした文字で記入することが大切です。

弔問の際の香典についてさらに詳しく知りたい方は以下のリンクを参考にしてみてください。

手土産は必要?

弔問する際に手土産は基本的に必要ありませんが、お花やお菓子、果物などをお供え物として持参しても良いでしょう。
故人が生前好きだったものを知っている場合には、その品物を持っていく方もいるようです。

お花を渡す場合、葬儀数日後に弔問するときは供花のように白を基調としたお花を渡します。
一方で四十九日を過ぎてから弔問する場合は、優しい色合いのお花が混じったアレンジメントを渡すことがおすすめです。

お悔やみの言葉・挨拶の例文

弔問した際には、まず玄関先でご遺族に挨拶とお悔やみの言葉を伝えましょう。
故人を悼む気持ちと、ご遺族をいたわる気持ちを短く簡潔に気持ちを込めて述べることを心がけます。

決して死因や病状などを聞いてはいけません。
ご遺族の方から線香を進められたときは遠慮せずに案内してもらいますが、長居は避けます。

お悔やみの言葉を伝える際には「死ぬ」や「死亡」などの直接的な表現や、繰り返し言葉、不吉なことを連想させる忌み言葉は避けます

また「ご冥福をお祈りします」は仏教以外には使わないなど、宗教によっては使わない言葉もあるので弔問伺う前には宗教についても確認しておくと良いでしょう。

以下ではお悔やみ言葉の例文を紹介します。

この度は誠にご愁傷様です。
心からお悔やみ申し上げます。
○○様のご逝去に際し、謹んでお悔やみ申し上げます。
突然のことでさぞかしお力落としのこととお察しします。
このたびは思いがけないことでお力落としのことと存じます。
心からお悔やみ申し上げます。

弔問に来た方へのお礼

仏壇

ここまで、弔問に伺う側のマナーについて解説してきましたが、ここでは弔問を迎える側の注意点について解説します。
以下では弔問客へのお礼についてご紹介します。

温かく迎え入れる

葬儀後に弔問に来てくれる方は、故人へのお別れの挨拶をしたいという思いを持っているので、その思いに感謝して温かく迎え入れましょう

ご遺族への配慮の気持ちから、玄関先でお悔やみの言葉を述べ香典を渡して帰ろとする弔問客もいますが、その場合は仏間が置いてある部屋へ案内し、線香を上げていただけないか声をかけましょう。
断られた際には無理に案内する必要はありません。

お線香を上げてすぐに帰ってしまう方もいますが、一般的にはお線香を上げた後に故人との思い出話をする場合がほとんどなので、その際に出せるお茶とお菓子等を用意しておもてなしをしましょう。

帰り際にはわざわざ足を運び弔問してくださったお礼と、故人が生前お世話になったことへの感謝を伝えます。

返礼品を渡す

弔問客は香典や供物、供花を持参してくださる場合がほとんどで、その際には受け取るだけでなく返礼品を渡すのがマナーです。

後日返礼品を郵送するのも良いですが、弔問の日程は事前にわかっているので、即日返しとして用意しておくと良いでしょう。
葬儀で頂いた香典の香典返しとは別に用意する手間を省きたい方は、葬儀の際に参列者に渡す返礼品や香典返しを注文する際に少し多めに注文しておくといいでしょう。

金額相場

返礼品を後日郵送する場合、頂いた香典の半分~3分の1程度の金額でお返しをします。

一方で弔問の際にもらった香典に対して即日返しをする場合、いただいた香典がいくらなのかわかりませんよね。
そのため、葬儀の際の即日返しと同様、約2500~3000円の返礼品をあらかじめ用意しておきましょう。

おすすめの品物

弔問客への返礼品は葬儀の際に渡すものと同様、消えてなくなるものがいいでしょう。
日持ちもする日本茶やコーヒー、お菓子などの食べ物がおすすめです。

また、タオルや石鹸などの生活日常品もおすすめです。
受け取った相手が困らずに使えるものを渡すと良いでしょう。

お礼状は添える?

弔問に来た日に返礼品を渡す場合は直接お礼を伝えるので、お礼状を添える必要はありません

しかし後日郵送で返礼品を送る場合は、品物だけを送るのではなく、弔問に訪れて頂いた感謝の気持ちを書いたお礼状を一緒に同封するとより丁寧でしょう。

葬儀後の弔問に行くべきではない場合

困った人々

葬儀に参列できなかったため、後日弔問してお線香を上げたいと思っても行っては行けない場合があります。
弔問に行くべきではない場合と、弔問できないときの弔意の表し方についてもご紹介します。

ご遺族から訃報の連絡がなかった場合

弔問したい気持ちがあっても、ご遺族側から訃報の連絡がなかった場合に自ら弔問を申し出るのは控えましょう。

葬儀の詳細を伝えられない場合、ご遺族は弔問客への負担を抑えたいという思いがあると考えられるため、弔問をしてご遺族に負担をかけることは避けます。
あくまでもご遺族側から訃報の連絡を受け、葬儀に参列できなかったにの場合のみに伺うようにしましょう。

喪主が弔問を辞退した場合

ご遺族は葬儀終了後、心身ともに大変疲れているため、葬儀後の弔問を喪主が辞退するというケースがあります。

この場合は、どんなに弔問をしたくても故人や遺族の意思を尊重して弔問は控えましょう。
どうしてもというときは、供花や供物にお手紙を添えて郵送で送るという手段もあります。

家族葬で葬儀に参列出来なかった場合は?

最近では、親族のみで静かに故人を送る家族葬が増えています。
家族葬の場合は、訃報を受けても親族以外は葬儀に参列することができません。

しかし家族葬の場合、参列できない代わりに後日弔問したいと考える方は多く、ご遺族側は弔問客への対応に葬儀後も充分に休むことができません。

喪主が葬儀後の弔問を辞退した場合は確実に行けませんが、辞退していないときでも弔問は控えましょう

家族葬について以下の記事で詳しく解説していますので、気になる方はこちらの記事も参考にしてみてください。

通夜前に弔問をしてもいいの?

葬儀

通夜前に弔問をしてもいいのはかなり親しい間柄にある親族のみで、どんなに仲が良い友達でも通夜前に自ら希望して弔問するのはマナー違反です。

親族でなくても、ご遺族から弔問してほしいという申し出があった場合は通夜前に弔問することができます。
弔問する際はお悔やみの言葉を述べ、葬儀中にお手伝いすることがないか必ず聞きましょう。
香典は持参せずに手土産等も必要ありません。

葬儀後の弔問についてまとめ

仏壇

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では葬儀後の弔問についてご紹介してきました。
記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 弔問(ちょうもん)とは、親戚や親しい方の訃報を受けた際に、故人の自宅に訪問してお悔やみの言葉を伝えること。

  • 遺族から訃報の連絡を受け通夜や葬儀に参列できなかったときは、葬儀終了後3日以降~四十九日までに改めて弔問する。

  • 弔問する際の服装は喪服ではなく、派手すぎず、ラフすぎない平服で弔問する。

  • 香典を持参するとき表書きは四十九日前なら「御霊前」、四十九日を過ぎた後なら「御仏前」となり、金額は葬儀の際に持っていくときと同額を包む。

  • 弔問するとき手土産は基本的に必要ないが、お供え物としてお花やお菓子、または生前故人が好きだったものを持っていくと良い。

  • 弔問した際まず玄関先でご遺族に挨拶とお悔やみの言葉を伝える。
    お悔やみの言葉は故人を悼む気持ちと、ご遺族をいたわる気持ちを短く簡潔に気持ちを込めて述べる。

  • 弔問に来た方に香典を頂いた場合には返礼品をその場で渡すか、後日郵送で送る。
    金額相場は葬儀の際に渡す返礼品と変わらず約2500円~3000円で、品物は消えてなくなる食べ物や日用品がおすすめ。

  • 喪主が弔問を辞退した場合や、家族葬の場合は故人とご遺族の意思を尊重し弔問を控える。

  • 通夜前に弔問していいのはかなり親しい間柄の親族のみで、自ら希望して弔問するのはマナー違反。

葬儀後に弔問する際はまずご遺族の都合を優先し、マナーを守り、故人を悼む気持ちをしっかりと伝えましょう。
弔問される側の方も、足を運んで頂いたことに感謝し温かく迎えいれることが大切です。

「終活ねっと」ではこの他にも、葬儀やお墓について詳しくまとめて掲載しています。
以下の記事では、実際の葬儀にかかる費用やその内訳、安くする方法を紹介していますのでぜひご覧ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 後日、弔問する際のマナーと流れを解説!時期・服装・香典も解説のサムネイル画像
    後日、弔問する際のマナーと流れを解説!時期・服装・香典も解説

    個人的な都合や葬儀後に訃報を知った等の理由から、葬儀に弔問する事が出来なかった場合、後日、弔問するのが一般的です。後日の弔問におけるマナーは葬儀当日とどう違うのでしょうか。また、弔問はどのような流れで行えばよいのでしょうか。挨拶の例文も交えて解説します。

  • 葬儀後の弔問時の服装は?持ち物や香典、時間帯など弔問マナーを解説のサムネイル画像
    葬儀後の弔問時の服装は?持ち物や香典、時間帯など弔問マナーを解説

    葬儀には、色々な用事が重なって行きたくても行けない場合があります。その場合、遺族の家に葬儀後の弔問をしますがどのような服装を着て、持ち物を持っていけばいいのでしょうか。この記事では、葬儀後の弔問について服装やお供え物、挨拶などのマナーについて詳しく紹介します。

  • 弔問時のマナー|日程・服装・持ち物・言葉遣い・会社関係のサムネイル画像
    弔問時のマナー|日程・服装・持ち物・言葉遣い・会社関係

    通夜や葬儀などの弔問は、いつも突然の出来事です。そのため、慌ててしまって何をすればいいかわからなくなったり、マナーを忘れてしまったりしませんか?今回はそんな突然の弔問にも慌てずに対応できるように、弔問の際のマナーについてご紹介していきます。

  • 家族葬後に遺族以外の人が弔問してもいいの?断り方やマナーをご紹介のサムネイル画像
    家族葬後に遺族以外の人が弔問してもいいの?断り方やマナーをご紹介

    家族葬では、一般的な葬儀と違う点がいくつかあります。弔問辞退もそのひとつです。「家族葬のとき弔問して良いのか?」「家族葬を開くが弔問の断り方がわからない」など、家族葬でのお悩みをお持ちの方も多いと思います。今回は、家族葬の弔問について詳しく解説します。

  • 家族葬での香典・弔問の辞退を伝える方法は?使える文例もご紹介のサムネイル画像
    家族葬での香典・弔問の辞退を伝える方法は?使える文例もご紹介

    家族葬で香典・弔問を辞退するという形式は、比較的新しいスタイルです。そのため、家族葬でどのように香典・弔問を辞退すればよいか、迷われる方も多いでしょう。この記事では、そのような方々のために、香典・弔問を辞退するタイミングや使える文例をご紹介します。

  • 家族葬への弔問を上手く辞退しましょう!香典の辞退の仕方も解説!のサムネイル画像
    家族葬への弔問を上手く辞退しましょう!香典の辞退の仕方も解説!

    最近は家族葬が増えてきましたね。家族葬の場合は、弔問や香典などを辞退することが多いです。しかしはっきりと弔問を辞退すると伝えても良いものなのでしょうか?失礼にはあたらないのでしょうか。家族葬への弔問を上手く辞退する方法をご紹介します。

  • 火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!のサムネイル画像
    火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!

    近年、身内だけで葬儀を執り行う家族葬や、宗教色を無くした無宗教葬など様々な葬儀が注目されています。その中でも、通夜や葬儀を執り行わず、火葬のみを行う葬儀をご存知でしょうか。今回はそんな火葬のみを執り行う葬儀の平均費用相場や、注意点・マナーなども解説します。

  • 葬儀の会社への報告の方法とは?休暇の日数や連絡方法・注意点を解説のサムネイル画像
    葬儀の会社への報告の方法とは?休暇の日数や連絡方法・注意点を解説

    近親者が亡くなった際、葬儀を行う旨を会社へ報告する必要があります。今回終活ねっとでは会社への葬儀の報告方法について詳しく解説します。葬儀休暇の日数や連絡方法、注意点などもご紹介しますのでぜひ参考になさってください。

  • 会社関係者の葬儀の参列範囲は?服装や香典のマナーも解説!のサムネイル画像
    会社関係者の葬儀の参列範囲は?服装や香典のマナーも解説!

    会社関係者の葬儀には参列すべきでしょうか。会社関係者も上司・同僚・部下・取引先などがありますが、それぞれどう対応したらよいのでしょうか。参列する際の服装や香典も気になりますね。 この記事では、会社関係者の葬儀の参列範囲を服装・香典のマナーも含めて解説します。

  • 葬儀後の御礼の挨拶方法とは?挨拶例文や御礼の品物の選び方も解説!のサムネイル画像
    葬儀後の御礼の挨拶方法とは?挨拶例文や御礼の品物の選び方も解説!

    葬儀後に送る御礼ですが、挨拶はどのようにしたらいいか分からない方も少なくないはずです。メールは失礼に当たらないか、そして香典返しはどのようなものが良いのかなども気になるポイントです。今回は葬儀後の御礼の挨拶方法について詳しくご紹介していきます。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place DMMのお葬式で斎場を探す
DMMのお葬式で斎場を探す