葬儀に代理出席する場合の記帳方法とは?名前や住所の書き方をご紹介

葬儀に代理出席する場合の記帳方法とは?名前や住所の書き方をご紹介

突然の訃報で葬儀へ参列したいけれど既にキャンセルできない予定が入っていると参列できないことがありますよね。やむを得ない理由で葬儀へ参列できない人の代わりに代理出席する際の記帳の仕方はご存知ですか。今回は葬儀へ代理出席する時の記帳の方法をご紹介します。

2019-09-28

葬儀に代理出席する際の記帳について

葬儀

お世話になった方の訃報を聞いて、葬儀に参列したいけれど、仕事などの予定が入っており、どうしても参列することができない時もありますよね。

自分が参列できない時、弔電や献花の他にも、会社の同僚や親族など代理人を立てる方法があります。

代理出席を頼まれた人にとっては、受付での記帳をどう書くべきなのか分かりにくいですよね。

今回終活ねっとでは、葬儀に代理出席する際の記帳方法について以下の項目を中心に解説します。

  • 葬儀での受付の際に行う記帳は何のため?

  • 代理で出席しても大丈夫なの?

  • 上司の代わりに代理出席する際、芳名帳には誰の名前を書いたらよいの?

  • 妻が夫の代理で参列した場合の記帳方法は?

代理出席の時に迷うポイントを説明しておりますので、どうぞ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀で行う記帳とは

葬儀

葬儀へ行った際、受付で名前と住所を書くように言われたことはありませんか。

葬儀で参列者が住所や名前を書くためのノートのことを、芳名録(ほうめいろく)や芳名帳(ほうめいちょう)と呼びます。

芳名帳は、ご遺族側がどのような方が参列してくださったのかを知る手がかりとなり、後日香典返しやお礼状などを送付するのにも役立てられます。

最近では参列者が一冊を共有して記入する芳名帳の他に、一枚一枚記入してもらうタイプの芳名カードがあります。

芳名帳も芳名カードも、後でご遺族の方が確認することになりますので、省略などはせず分かりやすい文字で書くようにしましょう。

葬儀に代理出席する場合の記帳方法

葬儀

葬儀に代理出席する際は、代理だからと特別な振舞いをしなければならないということはありません。

受付でお悔やみのことばを述べて、事情があって依頼者が参列できない旨を手短に説明します。
香典はふくさに包んだ状態から袋を出すなどは通常のマナーと変わりありません。

次からは代理出席の記帳のパターンごとに解説します。

名前の書き方

会社の取引先の担当者やその親族などの葬儀に、上司の代わりに出席する場合、会社の名前などを書きます。

会社名、上司の所属部署名、役職名の下に上司の名前をフルネームで記入し、「代」もしくは「代理」と書きます。

単なる代理である場合には代理の下に代理人の名前は書かなくても良いです。
しかし、自分自身も故人と面識があって供養の気持ちを個人的に伝えたいというような時は、「代」の下に名前を書きます。

受付で代理人の名前を記帳するように言われた場合には、名前を記帳してください。

妻が夫の会社関係や友人などの葬儀に代理出席する場合、夫の名前の下か横に「内」という文字を記帳します。

故人が親戚関係や妻も面識のある方の場合は、「内」の下に妻の名前を記入します。

親の代わりに子供が出席する場合は、親が高齢であったり、遠方にいて体調も思わしくないなどの理由が考えられます。

親の代わりに成人した子供が代理出席する場合は、親の名前を記帳し、その下に「代」もしくは「代理」と記入します。

故人が親戚や面識のある方である場合には、代理人の名前を記載します。

故人が自分自身も参列する間柄の方で、友人などから香典を預かっている場合、自分自身の名前を記入したあと、香典を預かってきた友人たちの名前を別欄に記帳します。

住所の書き方

本来出席するはずだった人の住所を記載します。

ご遺族は、芳名帳の住所を参考にして香典などを発送します。
そのため、住所は省略せず、マンションであれば部屋番号までしっかりと記帳します。

会社の代表として葬儀に参列する場合は、会社の住所を記載します。

名刺を預かっている場合

主に会社関係の葬儀で、上司などから名刺を預かっている場合は、受付でお渡しします。

最近では、芳名カードの中に名刺を差し込めるタイプのものもありますので、その場合には上司から預かった名刺を差し込みます。

預かった上司の名刺の右上には、「弔」という文字を記載します。

代理人の名刺は差し出す必要はありませんが、受付から求められた時にはお渡しするようにします。
代理人の名刺の右上には「代」という文字を記入します。

個人で参列する際の記帳の仕方

葬儀

代理ではなく、自分自身がお付き合いのある方の葬儀に参列する際の記帳の仕方を説明します。

まず、受付に着いたら、「この度はご愁傷様です。
」などのお悔やみの言葉を述べます。
そして、ふくさに包んだ香典は両手で受付の方から読める向きにお渡しします。

その後、芳名帳や芳名カードに、ご自身の名前や住所を記載することになります。
名前も住所も省略せず、読みやすい字で書くようにしてください。

名前の書き方

香典袋に記載した名前と同じ自分の名前をフルネームで書きます。

自分の名前は慣れ親しんでいるのでつい雑に書いてしまいがちですが、他の方が読みやすいように丁寧に書くようにしてください。

住所の書き方

住所は全て記入します。
郵便物が届くようにマンションであれば部屋番号までしっかりと記入します。

葬儀に代理出席する場合の記帳のまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、葬儀に代理出席する場合について以下のことを解説してきました。

  • 代理出席する場合は、本来来るべき人の名前や住所を記帳すること。

  • 芳名帳は後日、ご遺族が、参列者へ香典返しなどを発送するのに必要な情報なので、省略などはせずすべて記帳すること。

  • 会社の上司の代理出席の場合には、会社の住所、名前、上司の所属の部署名、役職、上司のフルネームを記載し、名前の下に「代」と書くこと。

  • 妻が夫の会社や友人の葬儀へ代理出席する際には、夫の住所、名前をフルネームで書き、名前の下か横に小さく「内」の字を書くこと。

代理出席する際の記帳の仕方は、それほど難しいことではありませんね。

ただ葬儀のマナーは地域によっても大きく異なります。
もし書き方に迷った時には受付の方に遠慮なく尋ねることをおススメします。

終活ねっとでは、他にも葬儀に出席する際のマナーについての記事も多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・代理出席・記帳」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料