葬儀代は香典で賄える?香典と葬儀代の金額相場や注意点を解説!

葬儀は事前に予定の立てられるものではありませんので、いざ葬儀を行うとなった場合に葬儀代の工面に困る方は意外と多くいらっしゃいます。もし香典で葬儀代が賄う事ができればと悩まれている方の為に、今回終活ねっとでは香典の金額相場や注意点を独自にまとめてご紹介します。

目次

  1. 葬儀代と香典について
  2. 香典の金額相場
  3. 形式別の葬儀代の相場
  4. 葬儀代は香典で賄える?
  5. 葬儀代を香典で賄っても相続放棄と関係ない
  6. 葬儀代と香典についてまとめ

葬儀代と香典について

お金

葬儀にかかる費用を、香典で賄う事はできるのでしょうか?
この疑問は、葬儀を取り行う際に頭をよぎってしまう当然の疑問ではないでしょうか。

事前に予定を組むことの難しい葬儀は、急にお金が入用になりますので、葬儀代の工面に困る方は意外と多いものです。
もし、葬儀を取り行うにあたり香典で葬儀代の全額を賄う事ができれば、助かるケースも多いかと思います。

突然の葬儀で慌てることのないよう、葬儀にかかわるお金の知識は付けておいて損はありません。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀代は香典で賄えるのかどうかについて、葬儀代の金額の相場や葬儀・香典の注意点などと併せてご紹介します。

  • 香典の金額相場

  • 形式別の葬儀代の相場

  • 葬儀代は香典で賄える?

  • 葬儀代を香典で賄っても相続放棄と関係ない

上記の内容を中心に、香典や葬儀代についてご紹介していきます。

前もって香典の相場はいくらなのか、葬儀代を香典で賄えるのかを知りたいという方や、葬儀を取り行う前に葬儀の相場を知りたいという方の参考になれば幸いです。

終活ねっとでは、状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランを安心の定額でご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

香典の基礎知識(金額相場・書き方・包み方・渡し方)を全て解説!

葬儀や法事に参列する場合、香典を持参することが一般的です。しかし、香典には金額相場・書き方・包み方・渡し方など様々なマナーがあり、戸惑ってしまう方も多いです。今回終活ねっとでは、社会人として知っておきたい、葬儀・法要の際に役に立つ香典の基礎知識を解説致します。

香典の金額相場

お金

香典の金額は居住地域による差もありますので一概には明記する事ができませんが、一般的には約5,000円〜30,000円程が相場のようです。

下記に、故人との関係別にみた香典の金額の詳しい相場をまとめましたのでご参考にしてください。

故人との関係 金額 精進落としに出席する場合の金額
祖父母(配偶者側の場合も同様) 10,000~50,000円 30,000~50.000円
父母(配偶者側の場合も同様) 30,000~100,000円 50,000~100,000円
兄弟(配偶者側の場合も同様) 10,000~50,000円 30,000~50.000円
上記以外の親族 10,000~30,000円 10,000~50,000円
知人・友人(配偶者側の場合も同様) 5,000~10,000円 5,000~10,000円
知人・友人の父母 3,000~10,000円 5,000~10,000円
職場の関係者 3,000~5,000円 3,000~10,000円

香典の額は故人との関係によって額がかなり変わります。
また、香典の額を決める際に自身の年齢もかえりみて額を決める必要があります。

香典の金額相場についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

香典の金額相場を関係別・法要別に紹介!書き方や入れ方マナーも解説

香典はいくら包めばいいのでしょうか?お葬式や法要に参列する際に必要になる香典ですが、故人との関係性や法要によって金額の相場が変わり、いくら包めばよいのか悩んでいる人も多いと思います。今回は香典の金額相場を香典の書き方・入れ方等のマナーも併せて解説いたします。

形式別の葬儀代の相場

葬儀

近頃、終活の一環として自身の葬儀をどのような形で取り行ってもらいたいかをあらかじめ決めておく方が増えています。
葬儀は形式によって規模も様式も変わりますし、葬儀代も変わります。

そこで、ここでは形式別の葬儀代の相場についてを解説します。

直葬

直葬とは、通常の葬儀で行われる通夜・告別式・会食などを行わずに、火葬のみを行う葬儀です。
直葬は火葬式とも呼ばれ、近年注目されている葬儀の形式です。

金銭的な負担割合が大きな通夜や告別式などの行程をほぼ無くした直葬は、葬儀代が平均約150,000〜180,000円と格安で取り行う事ができます。

しかし注意すべきなのは、通夜も告別式も行わない直葬では、参列者から香典を貰わないようにするのが一般的であるという点です。

その為、葬儀を直葬で執り行う際には案内状に香典は不用である旨を記載しましょう。
どうしても香典を受け取りたい場合には、予想される香典に見合った香典返しをしっかりと用意しましょう。

以下の記事では、より詳しく直葬の費用や注意点を解説しています。
様々な葬儀の形式の中でも格安で取り行える直葬とはどのような式になるのか、気になる方はぜひこちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

一日葬

一日葬とは、通夜を行わずに告別式と火葬のみを行う葬儀です。
基本的には近しい家族のみで取り行われます。
その為、家族葬よりも簡単な葬儀を希望する方や、もう少しゆっくりとした葬儀がしたいと希望される方に人気があります。

一日葬の葬儀代は約350,000〜380,000円程が平均的な金額です。
直葬とは違い告別式を行いますので、香典を受け取る事はタブーとはされていません。
しかし、通夜を行わない点や家族・親族のみで葬儀を行う点を考慮して、あらかじめ香典は受け取らない旨を記載する場合もあります。

一日葬について、以下の記事でさらに詳しく解説しています。
こちらもぜひご覧ください。

こちらも読まれています

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!

一日葬って聞いたことがありますか?近年葬儀を簡略化する流れがありますが、その中で注目されているのが一日葬です。葬儀を1日で終わらせるため、家族の費用的・精神的な負担が軽減されます。この一日葬の費用について、今回はわかりやすく解説していきます。

家族葬

家族葬とは、近年の終活の広がりと比例するように選択する方が増えている葬儀の形式です。
読んで字のごとく、家族や近親者のみで行う小規模な葬儀です。

家族葬の費用は50,0000〜70,0000円が平均となります。
家族葬では喪主が香典を受け取るのが一般的ですが、近親者間で香典の額に大きな違いが出でしまうのもあまり良くありません。

そのため、葬儀での香典の額をあらかじめ近親者同士で決めておくというケースもあります。
このようにあらかじめ香典の額を決めるなどは、家族葬ならではといえます。

下記からより詳しく家族葬について解説した記事をご覧いただけます。
家族葬について疑問を抱えている方、家族葬を検討されている方はぜひご一読ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

一般葬

一般葬とは家族・近親者・近しい友人などの他に、仕事の関係者や隣近所の方などもお呼びして行う葬儀です。
故人が職場で要職に就いていた方や、教職などに就いていた方など参列者が多くなる可能性がある場合には、一般葬での葬儀を最適であると言えます。

一般葬は参列者が多くなりますので、会場や香典返し、食事内容の準備が大変ではあります。
しかし、一度の葬儀で大勢の方に対応する事が出来ますので、葬儀後の弔問対応を最低限に抑える事が出来ます。

従来の葬儀の形式を取り行う一般葬の費用は、平均して50,0000〜3500,000円程となります。
額の差が大きいのは、香典返しや料理のランク、会場の広さなどによる差になります。

最近では、一般葬での葬儀を行う方は減少傾向にあるようです。
しかし、大切な家族の旅立ちはきちんと行いたいという方は一般葬での葬儀をご希望される場合もあります。

下記から一般葬の費用などについて詳しく解説した記事をお読みいただけます。
葬儀の費用・内訳から葬儀代を安くする方法も解説していますので、よろしければご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

葬儀代は香典で賄える?

お金

では、葬儀代を香典で賄う事が出来るかどうかについて解説していきます。

全額は賄えないことがほとんど

結論から言えば、香典で葬儀代の全額を賄えるケースはほとんどありません
まず、香典の額は親族で30,000〜50,000円、知人や近所の方、職場での関係者の場合は3,000〜5,000円が相場です。

仮に、親族からの香典が250,000円と知人などから100,000円を受け取ったとします。
この場合は総額で350,000円になりますが、まず350,000円の三分の一から半分は香典返しに当てます。

そうなると、残金は多くても220,000円程になります。
220,000円で葬儀代を賄うとすれば、直葬であれば可能かもしれません。
しかし直葬の場合、基本的には香典を受け取らないのがマナーです。

また、直葬での葬儀の場合、参列者は基本的に家族と近親者だけです。
参列者が少ないので、香典のみで葬儀代を賄うことはより難しくなります。

香典だけで葬儀は出来ません

参列者から受け取る香典は、基本的には気持ち程度のものだと位置付けておきましょう。
その為、香典はあくまで法要後の精進落としなどで出される食事代程度のものと思っておいた方が無難かもしれません。

たとえ、直葬や家族葬といった小規模の葬儀であっても、葬儀代は遺族が支払いを行うものになります。

葬儀代を香典で賄っても相続放棄と関係ない

お金

葬儀代は、遺族が負担しなくてはならないのだと思われている方が多くいます。
しかし、葬儀代を故人が残した遺産から賄っても問題はありません。
ここで「故人の残した遺産を使ってしまったら、相続放棄ができなくなるのでは?」と思われた方もいるのではないでしょうか。

実は、民法では故人の残した財産を遺族が処分した(使用した)場合には相続放棄ができなくなるとされています。
ですが、葬儀代を故人の遺産から支払ったものは、基本的には「妥当な処分」であるとみなされますので、相続放棄が可能となります。
ここで注意していただきたいのは、葬儀代を遺産で支払う場合「妥当な処分」であるとみなされなかった際には相続放棄が不可能になる点です。

例えば、不必要なほどに華美で豪華な葬儀を行った場合は、妥当な処分にあたらないとみなされる可能性があります。

また、葬儀代には相続税がかかりません。
そのため、故人の遺産で葬儀代を賄った場合も相続税を満額支払う必要がなくなります。
ここで一つ注意していただきたいのが、葬儀代を支払う事で相続税の減額を受けられるのは葬儀に必要とみなされる費用のみです。

基本的に葬儀にかかわるものはほとんどが相続税の減額対象ですが、香典返しや法要の費用、位牌等は葬儀に必要なものとして該当しませんのでご注意ください。

葬儀代と香典についてまとめ

葬儀

いかがでしたか。
今回、終活ねっとでは葬儀代は香典で賄えるのかどうかについて、葬儀代の金額の相場や葬儀・香典の注意点などと併せてご紹介してきました。

  • 香典の金額の相場は故人との関係により変わるため、必要に応じて他の参列者と相談して決める。

  • 葬儀代は葬儀の形式により相場が変わる。

  • 葬儀代を香典で賄うことは基本的には不可能であるとして、供えておく事が大切。

  • 葬儀代を香典で賄っても相続放棄とはみなされないが、金額によっては相続放棄が不可能になる、また、相続税の減額についてもしっかりと確認する。

今回の内容をまとめると以上となります。

葬儀代が遺族の負担になるケースもありますが、香典で賄うことは難しいと言わざるを得ません。
故人を穏やかな気持ちで送るためにも、葬儀の形式と葬儀代についてしっかりと検討することが大切なようです。

今後、この記事が葬儀を執り行う際の参考になりましたら幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、葬儀に関する記事をこの他多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀代・香典」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀代・香典」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

家族葬とは?他の葬儀形式との比較から香典や返礼品についても解説のサムネイル画像

家族葬とは?他の葬儀形式との比較から香典や返礼品についても解説

葬儀費用は香典で赤字を免れられる?葬儀や香典の費用相場も解説のサムネイル画像

葬儀費用は香典で赤字を免れられる?葬儀や香典の費用相場も解説

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

親族のみの葬儀の際の香典って?渡すタイミングや金額をご紹介!のサムネイル画像

親族のみの葬儀の際の香典って?渡すタイミングや金額をご紹介!

葬儀費用の相場や支払い方法って?形式別の相場や香典もご紹介!のサムネイル画像

葬儀費用の相場や支払い方法って?形式別の相場や香典もご紹介!

一日葬ってどんな葬儀?費用はいくら?特徴や流れ、香典の有無も解説のサムネイル画像

一日葬ってどんな葬儀?費用はいくら?特徴や流れ、香典の有無も解説

葬儀費用は香典で賄える?葬儀費用や遺産からの支出は可能かを解説のサムネイル画像

葬儀費用は香典で賄える?葬儀費用や遺産からの支出は可能かを解説

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!のサムネイル画像

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!

家族葬にかかる平均葬儀代とその内訳は?一般葬儀代とも比較して紹介のサムネイル画像

家族葬にかかる平均葬儀代とその内訳は?一般葬儀代とも比較して紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀代・香典」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

家族葬とは?他の葬儀形式との比較から香典や返礼品についても解説のサムネイル画像

家族葬とは?他の葬儀形式との比較から香典や返礼品についても解説

葬儀費用は香典で赤字を免れられる?葬儀や香典の費用相場も解説のサムネイル画像

葬儀費用は香典で赤字を免れられる?葬儀や香典の費用相場も解説

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

親族のみの葬儀の際の香典って?渡すタイミングや金額をご紹介!のサムネイル画像

親族のみの葬儀の際の香典って?渡すタイミングや金額をご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと