葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!

葬儀にはお金がかかるというのが多くの人が持つ共通のイメージではないでしょうか。しかし、最近では葬儀の形式も多様化し、葬儀代を大幅に安くすることができるんです。今回はそんな葬儀代を安く済ませる方法と共に、家族葬や火葬式のメリットも紹介します。

2019-11-03

葬儀代を安くすませる方法について

葬儀

葬儀にはお金をかけることにこだわらない、そもそもお金に余裕がなくて葬儀のためのお金をあまりかけられないという方もいますよね?

実は葬儀にも、葬儀代を抑える方法が結構あるのを知っていましたか?
葬儀の料金を安く済ませる方法が気になりませんか?

今回終活ねっとでは、葬儀代を安く済ませる方法と、また家族葬や直葬のメリットについても詳しく解説していきます。

  • 一般的な葬儀の費用

  • 葬儀代を安く済ませる方法

  • 葬儀代を抑えられる家族葬について

  • 葬儀代を抑えられる火葬式・直葬について

  • 葬儀代を抑えられる一日葬について

  • その他の葬儀代を安く抑える方法

  • 葬儀代を安く済ませる方法についてのまとめ

以上の項目に沿って解説していきます。
葬儀代を安く抑える方法を知りたいという方や、色々な葬儀について検討しているという方は、今後の葬儀を検討する際の参考にしてみて下さい。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

一般的な葬儀代は?

困った人々

葬儀は高い、葬儀には何かと金がかかるというような漠然としたイメージを持っている方は、まず葬儀には具体的にどれくらいの金額が必要なのか知っておきたいですよね?

一般的な葬儀代は全国の平均で約200万円となっています。

一般葬の葬儀の金額について知らなかったという方は、この金額に驚かれたかもしれません。
この葬儀費用の内訳は主に、葬儀一式費・飲食接待費用・寺院費用の3種類にわかれています。

もちろん葬儀の規模や地域によって金額は変わってきます。
平均値として葬儀代の一つの参考にしたときに、やはり葬儀は高いというイメージを持たれているだけのことはあるということになりそうです。

葬儀代を安くすませるためには?

葬儀

一般の葬儀費用の平均は約200万円ということでしたが、金額の上下があるとはいえだれでも簡単に払えるような金額ではないと思います。
また、葬儀にはお金はかけないという考え方の人にとっても、この金額では納得できないというときもあるのではないでしょうか。

そんな方が葬儀代を安く済ませる方法として、まず検討するべきなのは葬儀の規模が適切であるかどうかです。
一般葬よりも規模が小さい代表的な葬儀に以下のものがあります。

  • 家族葬

  • 火葬式・直葬

  • 一日葬

始めに、以下の形式の葬儀ではどれほど費用を抑えることができるのか、さらに安くするにはどうすれば良いのかについて見ていきましょう。

葬儀代を抑えられる家族葬について

葬儀

葬儀代を抑える方法として、まずは近年注目を浴びつつある家族葬にするという方法があります。
家族葬とは、文字通り葬儀の規模を小さくして親しい家族、または親族だけで故人とお別れをするという葬儀の形式です。

家族葬は通夜から葬儀・告別式まで行うという点では、一般葬とあまり変わりはありません。
家族葬では基本的に会社関係の人などの一般の参列者は来ないので、それだけ費用が安くなるということです。

家族葬で費用が抑えられることは上記のとおりですが、家族葬のメリットやデメリットはどのようなものがあるのか知っておきたいですよね?
ここでは、家族葬の葬儀費用やメリットやデメリットについて解説していきます。

家族葬の費用相場は?

家族葬にするだけで、葬儀の平均費用は一般葬と比べて約3割ほど安くなっており、平均費用は約150万円となっています。
この金額は平均値ですので、もちろん地域や葬儀の規模によって金額は多少変わってきます。

家族葬は、参列者が少ないため、飲食接待費や返礼品のたえの費用を抑えることができ、一般葬よりも低い費用相場となっています。

以下の記事では家族葬にかかる費用について詳しく解説しているので、ぜひこちらもご覧ください。

家族葬のメリット

家族葬のメリットとして、葬儀にかかる費用を抑えられること、遺族の負担が少なくて済むこと、葬儀の流れなど内容に自由があることの大きく3つ挙げられます。
以下ではその家族葬のメリットについて解説していきます。

葬儀にかかる費用を抑えられる

費用を抑えることができるというのは上記で説明した通り、参列者が少なかったり葬儀の規模が小さいため、それだけ費用が抑えられるということです。
費用を抑えることができるのは、大きなメリットということができるでしょう。

遺族の負担が少なくて済む

これは一般葬に比べて遺族のやるべきことが少ないため、遺族の負担が減るということです。

例えば香典返しや会葬御礼品・お礼状など参列者が多い一般葬だと人数分これらを用意しなくてはなりません。
また会食や喪主挨拶など、ただでさえ葬儀で精神的な負担がかかっているにもかかわらず、多くの人に気を使わなくてはいけないので疲れてしまいます。

家族葬なら参列者は家族や親族などですので、気が楽ですし香典返しも少ない、または不要なので遺族の負担が減るのです。

葬儀の内容に自由がある

家族葬では一般の参列者がいないので、自分たちのしたいように葬儀を行うことができます。
そのため、葬儀の内容を自由に変えられるといえます。

時間を気にすることもないですし、人目を気にせず家族ならではの別れ方ができます

家族葬のデメリット

反対に家族葬のデメリットとして、葬儀後に何かしら故人とのお別れの場を設けなくてはいけない、親族間のトラブルもあり得る、弔問の人数が増えるということなどが挙げられます。
以下では家族葬のデメリットについて詳しく見ていきましょう。

葬儀後にお別れの場を設ける必要がある

葬儀後のお別れの場というのは、葬儀に一般の参列者を呼ばなかったわけですから、生前親しかった人が多くいるようなときにはその人たちとのお別れの場を設ける必要があります。

費用もかかりますし、何より気を遣うことになるので葬儀以外での精神的な負担が大きくなるかもしれません。

親族間でトラブルが生じる可能性がある

親族間のトラブルというのは、葬儀に対する考え方の違いです。

家族葬という考え方はまだまだ広まっているとはいえません。
葬儀には宗教も深くかかわってくるものですので、人によっては形式にこだわる人もいたり、葬儀にお金をかけないのは故人に失礼だと考える人もいます。

親族にそういう人がいた場合には、家族葬を選択することに反対される可能性もあります。

弔問の人数が増える

弔問の人数が増えるというのは、家族葬で一般の参列者が参列できなかった分、弔問して故人のために線香をあげたいという人も増えるということです。

家族葬で参列者を呼ばなかったのに、弔問に来た人の対応に追われるということにもなるかもしれません。
弔問してくれた人には基本的に御礼品が必要となるので、そういったものも準備しなくてはならないからです。

さらに費用を抑えるには

家族葬にするだけで、葬儀の平均費用は一般葬と比べて約3割ほど安くなります。
これでもまだまだ高いと感じる方もいるのではないでしょうか?

そんな方は、お坊さんを葬儀に呼ばないという方法を選ぶこともできます。
お坊さんを呼ぶと戒名料や読経など、お布施に数十万かかることになります。
ですので、お坊さんを葬儀に呼ばなければ数十万円節約できます。

ただし、お坊さんを呼ばないということはお経をあげてもらえないということですから、家族や親族との相談が必要となるでしょう。

また、葬儀を自宅で行うという方法があります。
葬儀をどこかの式場で行えば当然利用料がかかるので、自宅で行えば数万円分の利用料を抑えることができます。

他の方法としては、通夜振る舞いや精進落としなどの会食を行わないという方法があります。
これらの会食の費用は両方合わせると一人当たり1万円程度になることもあります。
会食をやめれば人数分これらが全部浮くことになります。

その他にも、棺や祭壇を安いものにしたり親族には御礼品を贈らず、電話などでお礼を済ませるなど規模を小さくすれば色々なところの費用を削ることができます。

葬儀代を抑えられる火葬式・直葬について

葬儀

火葬式は直葬とも呼ばれ、一般の葬儀から通夜と告別式を省略した葬儀のやり方のことをいいます。
簡単に言えば、火葬だけの葬儀ということになります。
通夜や告別式を行わないわけですから、これらの費用が丸々抑えられるのです。

火葬式は通夜や告別式を行わないだけではなく、家族葬のように参列者も少なく、場所も葬儀場ではなく火葬場になりますから、費用が大幅に抑えられるのです。

ここでは、そんな火葬式・直葬について、葬儀費用とメリット・デメリットについて解説していきます。

火葬式・直葬の費用相場は?

火葬式・直葬の費用相場は、10万円~40万円程度となっているようです。
先ほど解説した通り、通夜と告別式を省略しているので、一般葬と家族葬に比べるとかなり費用に差があります。
中には10万円をきるような場合もあるようです。

ただ、火葬は死亡後24時間が経過しないとできないことが法律で定められていますので、それまで遺体を安置する場所を借りたり、お坊さんを呼ぶか否かや葬儀後の散骨によっては費用が変わってきますので上記の費用はあくまで目安として考えてください。

とはいえ火葬式・直葬は一番費用が抑えられることには間違いないので、費用も重視するという方は検討する価値はありそうです。

以下の記事では直葬にかかる費用の相場について詳しく解説しているので、ぜひこちらもご覧になって参考にしてみてください。

火葬式・直葬のメリット

火葬式・直葬のメリットととして、費用が抑えられること、準備が少ないこと、所要時間が短いことが挙げられます。
以下では火葬式・直葬のメリットについて解説していきます。

費用を抑えられる

費用が安く済むというのは、上記の通りで主に最低限の仏具と火葬代くらいしかからないということです。
火葬式・直葬の費用相場が10万〜40万円ということからもわかる通り、費用を大幅に節約できることがわかります。

準備が少ない

また準備が少ないということですが、火葬式・直葬では通夜と告別式を行いません。
香典返しなどを準備したり、祭壇を選んだりなどは全てやらなくて良いということになります。

参列者も身内のみで少ないので、対応もする必要はないですし、遺族の負担は少なく済みます

所要時間が短い

何度も繰り返しになりますが、火葬式・直葬では通夜と告別式を省略しています。
そのため、葬式にかかる時間が短くなります。

時間が短くなることで、ご遺族にかかる負担が少なくなることは、大きなメリットの一つであると言えます。

火葬式・直葬のデメリット

火葬式・直葬のデメリットとしては、周囲の人たちの理解を得られない可能性があること、ご遺体の安置場所の確保、遺族が何となくさびしく感じることなどが挙げられます。
以下では火葬式・直葬のデメリットについて解説します。

理解が得られない可能性がある

周囲の人たちの理解が得られないというのは、火葬式・直葬を良く思っていない、故人と親しかった友人や親族などからすると、あまりにもかわいそうだという意見が出て来ることもあるということです。
例え火葬式・直葬が故人の遺志だと言っても、通夜も告別式も行わないなんて、とトラブルになる可能性もあります。

また、火葬式の割合はだいたい20パーセント前後と言われていますが、やはりまだまだ浸透していないため、通夜や告別式を省略することについて親族などから反対される場合もあります

後々葬儀をめぐって家族・親族間でトラブルになるのは良くありませんので、勝手に決めてしまわずに、事前に親族に相談しておくことでトラブルを防ぐことができるかもしれません。

ご遺体の安置場所の確保

上記のように法律によって死後24時間以内の火葬は禁止されています。
そのため、24時間の間は少なくともご遺体の安置場所を確保しなければなりません。
病院では長い時間安置することができませんので、早急に探す必要があります。

ご遺体の安置場所は、葬儀社と連絡をとって探すのが良いでしょう。

遺族が寂しく感じる

また、火葬式・直葬だと一般の葬儀よりも火葬までの過程が短いので、あとから寂しいと感じることもあります。

心の整理が上手くつかないまま葬儀が終わってしまったということにもなるかもしれません。

葬儀代を抑えられる一日葬について

葬儀

一日葬とは、通夜を行わずに、葬儀・火葬のみを1日で行う葬儀の形態のことを指します。
通夜を行わないと参列者の数が減り、費用を抑えることができます。

ここからは、一日葬の費用相場やメリット・デメリットについて解説します。

一日葬の費用相場は?

一日葬の費用相場は、30万円~40万円となっています。

通夜振舞いがないためその分の飲食接待費を節約でき、また一般葬よりも参列者が少ないため会葬御礼品のための費用も節約できます。

ただ、1日で葬儀をすます場合でも遺体の安置のため会場を2日利用することになった場合は、2日分の施設利用料がかかってしまうので、注意が必要です。

一日葬のメリット

一日葬には、費用を抑えられる点以外にも、遺族や参列者の負担が減るというメリットがあります。
ここからは、それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

遺族の負担が減る

まず、遺族の精神面・体力面での負担が減ることが大きなメリットとしてあげられます。

参列者への対応も1日だけで済むうえに、食事代や返礼品などの費用も通夜の分は必要ないため節約することができます。

参列者の負担も減る

遠くからくる参列者は、通夜・葬儀に参列する際は宿を取らなくてはなりません。
一日葬の場合は宿を取る必要がないため、負担の軽減につながります。

一日葬のデメリット

一日葬のメリットについて紹介しましたが、もちろんデメリットも存在します。
葬儀の時間が短いということはメリットですが、逆に故人とのお別れの時間が短くなってしまうというデメリットとしてとらえることもできます。

弔問の対応

一日葬では通夜を行わないため、参列したくてもできない人が生じてしまいます。
故人の交友関係が広かった場合は後日弔問に訪れる方が多くなり、その対応の忙しさがデメリットとなってしまいます。

寺院・親族の反対

一日葬は、慣習を重視する人にとっては珍しい形式の葬儀です。
特定の寺院の壇家になっている場合は、住職に反対されてしまう可能性があります。

また、故人とお別れするための時間が短くなってしまうため、親族の反対を受けることもあります。
親戚の方ともよく話し合い、理解を得てから一日葬を行えるといいでしょう。

その他の葬儀代を抑える方法

葬儀

これまで紹介してきた葬儀の形式を変えるという方法の他にも葬儀の費用を抑える方法があります。
ここではその方法について簡単に解説していきます。

市民葬・区民葬

市民葬や区民葬は、その地域の自治体が、指定した葬儀社と相談して葬儀の価格を定めているという葬儀で、多くの場合は相場より安いようです。

費用を抑えたいという方は一度検討してみると良いかもしれません。

補助金や扶助制度を活用する

国民健康保険に加入している場合、役所に申し出をすれば補助金を受けられることが多いです。
また、生活保護を受けている場合は、葬祭扶助として最低限お葬式が行えるだけの支給金を受け取ることができます。
葬祭扶助を受けるには色々な条件がありますので、自分が対象かどうか調べてみると良いでしょう。

葬儀費用の補助金については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

葬儀保険を利用する

葬儀保険は、万が一自分が亡くなったときの葬儀費用を賄うための保険です。
近年終活の認知度が高まり、加入条件もそこまで厳しくないことから注目を集めています。
遺族の負担を軽減できることも、大きなメリットとしてあげられます。

葬儀費用は突然大きな額を支払うことになるので、葬儀保険に加入してその備えをしておくのも一つの手でしょう。
葬儀保険については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

葬儀の事前申し込み

葬儀社によっては、葬儀を事前に申し込むことで割引が受けられる場合があります。

葬儀の生前契約は、遺族の負担を軽減することができたり、故人の希望に沿った葬儀ができたりと、費用以外の面でも多くのメリットがあります。
葬儀を事前に申し込むことに少し抵抗はあるかもしれませんが、検討してみてはいかがでしょうか。

葬儀の生前契約は、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

相続財産から支払う

葬儀代を抑えるには、故人の相続財産から支払うという方法もあります。
葬儀代が安くなるというわけではありませんが、相続財産から葬儀費用を支払うことで相続税対策になります。
ですので、結果的に費用を節約できることになります。

以下の記事では、葬儀費用を相続財産から出すことについて解説しております。
詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧になって、参考にしてみてください。

葬儀代を安くすませることのまとめ

お金

いかがでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは、葬儀代を安く済ませる方法と、また家族葬や直葬のメリットについても詳しく解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

この記事の内容をまとめると、以下がポイントとして挙げられます。

  • 葬儀費用を抑えたい場合には、家族葬や火葬式・直葬、一日葬にするとよい。
    特に火葬式・直葬は、通夜や告別式を行わないので一般式と比べて費用が大幅に抑えられる。

  • 家族葬のメリットは、費用軽減の他に参列者が少なく負担が軽減できること、時間を気にせず自分たち家族のやりたい葬儀ができることである。

  • 家族葬のデメリットは、弔問者の対応に追われることがある、親族間などで反対意見が出ることもあることなどが挙げられる。

  • 火葬式・直葬のメリットは、費用面の他に、準備にかかる負担が少ないことである。

  • 火葬式・直葬のデメリットは、周りの人の理解が得られないことがあること、お別れのための時間が短く感じることである。

  • 一日葬のメリットは、遺族や参列者の精神的・身体的・経済的負担が軽減されることである。

  • 一日葬のデメリットは、後日弔問の対応をしなければいけないことや、寺院や他の親族に反対される可能性があることである。

  • 葬儀代を抑えるには他にも市民葬や扶助制度を活用したり、葬儀保険や事前申し込み、象族財産から支払うこという方法もある。

葬儀も多様化してきましたが、まだまだ浸透していないのが現状です。
費用を抑えたいときには、周囲との話し合いが必要になることも多いかもしれません。

葬儀は故人のためのものですが、葬儀をきっかけに金銭的に苦しくなるのは故人の望むところではないはずです。
故人を送り出したいという気持ちと、お金のバランスをうまく取れると良い葬儀にできるのではないでしょうか?

終活ねっとでは他にも、葬儀やお墓に関する記事を多数掲載しております。
以下の記事では葬儀にかかる費用の相場について詳しく解説しているので、ぜひこちらもご覧ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀代・安く」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料