友人の母親の葬儀には参列すべき?香典・供花の金額相場や服装を解説

友人の母親が亡くなったら、葬儀に参列するべきか悩みませんか?参列するならば通夜と葬儀のどちらに参列するべきなのでしょう。今回は友人の母親の葬儀には参列するべきかと、香典や服装など参列する際に抑えておきたいポイントを解説していきます。

目次

  1. 友人の母親の葬儀について
  2. 友人の母親の葬儀は参列すべき?
  3. 友人の母親の葬儀での香典
  4. 友人の母親の葬儀での供花
  5. 友人の母親の葬儀で友人にかける言葉
  6. 友人の母親の葬儀に参列する際の服装
  7. 友人の母親の葬儀に関するまとめ

友人の母親の葬儀について

葬儀

友人から、「母が亡くなった」と報告を受けたことはありますか?
もしくは「今は入院していて、そろそろ…」という話を聞いた方もいるかもしれません。

そんな時、親しい友人であれば自分も葬儀に参列するべきか悩みませんか?
友人の母親と直接面識があれば、贈りたい言葉があるかもしれません。
面識がなくても、友人に声をかけてあげたいと思う方もいるでしょう。

今回終活ねっとでは、友人の母親の葬儀について参列するべきかどうかを解説した上で、香典や供花の相場と着ていく服、ご親族や友人にかける言葉の例を紹介していきます。

  • 友人の母の葬儀に参列したほうがいい?
  • 参列するべきなのはお通夜かお葬式か?
  • 葬儀に着ていく服装と香典・供花の相場
  • 友人にかけてあげるといい言葉

いざ参列するとなれば、服装や香典、供花についても気になりますよね。
参考になる他の記事と合わせて紹介していきますので、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

友人の母親の葬儀は参列すべき?

困った人々

まず最初に、友人の母親の葬儀に参列するべきかどうかを解説していきます。
ここでは「葬儀の案内があったか」がポイントです。

あなたが友人から母親が亡くなったことを直接聞いたとしましょう。
母親が亡くなって忙しい最中、直接連絡がきたということは、あなたと友人は親しい関係にあったことが窺えます。
あなたに葬儀に出てほしいという友人の気持ちの表れかもしれません。

お悔みの言葉をかけた後に、お通夜や葬儀の日時と場所、宗派を確認しておきましょう。
もし親族のみで家族葬を行うのであれば、この時に教えてもらえるはずです。

ですが直接ではなく、人づてに亡くなったことを知った場合やお通夜や葬儀の日時など具体的な情報がない場合は、参列を控えたほうがいいかもしれません。
人づてであっても、詳しい日時などの案内があった場合は参列しても良いでしょう。

案内があれば参列すべき

お通夜や葬儀の具体的な案内があった場合、できる限り参列しましょう。
生前故人と面識がなかったという方も、葬儀はご遺族を慰める場でもあります。
いくつになっても、親を亡くすというのは悲しいものです。
特に親しい友人であれば、駆けつけて慰めの言葉をかけてあげましょう。

参列する際の服装や香典については、のちほど解説していきます。

通夜と葬儀のどちらも参列する?

友人の母親が亡くなった際、参列するのはどちらか一方で構いません

お通夜は元々親族のみで行うものでしたが、最近では日程の都合で親族以外でもお通夜に参列することが増えてきています。
どちらも参加できる日程なのであれば、葬儀または告別式に参列しましょう。

仕事や遠方で参列できない場合

案内があった場合はできる限り参列したいですが、仕事や遠方で駆けつけられないこともあります。
お通夜や葬儀に参列できない場合は弔電を打つか、香典や供花を贈りましょう
弔電はお通夜や葬儀に間に合うことが前提です。

間に合わないのであれば、香典をお悔みの手紙を添えて現金書留で喪主の自宅に郵送します。
郵送はお通夜や葬儀直後は避け、葬儀後1週間から1か月以内にしましょう。

香典の額や供花の贈り方については、のちほど詳しく解説します。

友人の母親の葬儀での香典

葬儀

友人の母親の葬儀となると、参列するかどうかの他にも悩むことはあります。
その一つが香典です。

そもそも香典とは、葬儀に持参する不祝儀袋に入れた金品のことです。
故人にお供えするだけでなく、遺族に対する助け合いの意味も込められています。
香典辞退の葬儀があることもありますが、一般的には参列者は香典を持参し受付に預けます。

香典を用意することは決めていても、「一体いくらぐらい包むのが一般的なのか」、「表書きはどうするべきなのか」というような悩みは、多くの方が抱えるものだと思います。

また、参列できずに香典を贈る際も同じことを悩むと思います。
ここでは友人のお母さんの葬儀で贈る香典の金額と表書きについて解説します。

香典に包む金額相場

香典に包む金額は、故人との関係性によって異なります。
今回は故人が友人の母という立場ですので、3000~5000円が相場です。
4という数字は避けられますので、実質的には3000円か5000円の二択です。

あまり多くの金額を包むと、かえって失礼になりますので気を付けましょう。

香典の金額相場についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

香典の金額相場を関係別・法要別に紹介!書き方や入れ方マナーも解説

香典はいくら包めばいいのでしょうか?お葬式や法要に参列する際に必要になる香典ですが、故人との関係性や法要によって金額の相場が変わり、いくら包めばよいのか悩んでいる人も多いと思います。今回は香典の金額相場を香典の書き方・入れ方等のマナーも併せて解説いたします。

香典袋の書き方

香典袋の書き方は、葬儀の形状や宗教の種類によって異なります。
故人の宗派が分からない場合は『御香典』と書けば問題はありません。

よく『御霊前』という表書きが使われますが、宗教によっては失礼になることがあります。
仏式だから問題ないだろうと思っても、浄土真宗では認められていませんので注意が必要です。

香典袋の書き方に関しては、以下の記事がとても参考になります。
合わせてお読みください。

こちらも読まれています

香典袋の正しい書き方とは?表書きや名前、中袋の書き方をご紹介!

香典袋の正しい書き方をご存知ですか?葬儀の際に必ず持っていく香典ですが、様々なマナーがあり、疑問や不安を抱いている方も多いと思います。今回はその中で香典袋の書き方について、表書きや名前、中袋に書く金額や住所氏名などの事を中心に解説していきます。

友人の母親の葬儀での供花

葬儀

供花とは、故人に供える花の総称です。
故人への哀悼の意を捧げるのと同時に、花を飾ることにより遺族の悲しみを和らげる意味合いがあります。
供花は祭壇の両側に対になるように2基贈るのが習慣でした。
最近では会場の広さの関係などから、1基ずつ贈ることもあるようです。

供花は故人と親しかった人や親族、遠方で駆け付けられなかった人が贈ります。
葬儀に参列する場合でも、故人である友人のお母さんに生前お世話になったのであれば、故人のために贈っても良いかと思います。

供花も宗教によって形式が異なります。
仏式や神式では、白い菊や蘭、ユリなどをメインの供花を贈ることが多いです。
キリスト教式ではユリやカーネーションがよく贈られます。
仏式や神式では会場に直接手配しますが、キリスト教の場合はご遺族の自宅に贈ります。

ただし供花に関しては、会場の広さによってはお断りされる場合もあります。
供花を贈る際は、必ず友人に贈っても良いか確認しておきましょう。
また、供花を贈ることはできても担当葬儀社でしか手配できないこともあります。
手配が葬儀社を通すのか、直接でいいのかも確認しておくべきでしょう。

では友人の母親の葬儀での供花の金額相場や贈り方をご紹介します。

供花の金額相場

供花の金額の相場は、1万5千円~3万円ほどです。
1対で贈ると金額が倍になるため、対で贈る場合は1対2万円のものを選ぶのが主流なようです。
金額が大きく相場を上回ってしまうと、ご遺族である友人にも気を使わせてしまうため相場に合ったものを選ぶようにしましょう。

家族葬の場合の供花の贈り方

家族葬の場合は香典や参列はもちろん、供花や供物もお断りされることがあります。
家族葬が選ばれる背景には、金銭的・時間的に苦労を掛けたくないという故人の思いもあります。

友人から招待を受けていない場合は供花は贈らないようにしましょう
家族葬に参列する方や、招待はされたが遠方で駆け付けられない場合は友人の意向を確認した後に手配をするのがいいでしょう。

家族葬での供花の贈り方は、下の記事で詳しく解説しています。

こちらも読まれています

家族葬に贈る供花について!贈り方やマナーなども詳しく教えます!

近年家族葬が増え、お葬式の参列や供花についても考え方が変化してきています。この変化の中で、家族葬に供花を贈りたいけれど、贈り方やマナーが分からないという声をよく耳にします。この記事では、そのような方々のために家族葬の供花の方法やマナーについて解説します。

友人の母親の葬儀で友人にかける言葉

葬儀

友人の母親の葬儀に参列する前に、ご遺族や受付でかける言葉も決めておいた方がいいでしょう。
いざという時に言葉が出ず、失礼なことを言ってしまう心配がなくなります。

まずは葬儀で避けたい言葉について確認しておきましょう。
よく言われるのが『忌み言葉』です。
忌み言葉の中には「ますます」「くれぐれも」のような重ね言葉や「再び」や「繰り返す」など不幸が続くことを連想させる言葉、「浮かばれない」「さまよう」などの不吉な言葉があります。

忌み言葉の他にも、生死に関する直接的な言葉も避けなければいけません。

  • 「死ぬ」→「亡くなる」「ご逝去」
  • 「急死」→「突然のこと」
  • 「生きていた頃」→「生前」

といったように、柔らかな表現に置き換えましょう。
「大往生」や「天命を全うした」というような言葉はご遺族自身が使うものです。
間違っても参列者の立場で口にしないようにしましょう。

また宗教上避けたほうがいい言葉もあります。
よくお悔みの言葉として使われる「冥福」という単語は仏教だけのものです。
キリスト教や神道、そして仏教でも浄土真宗の場合は「冥福」は使わないようにしましょう。

「頑張って」や「元気出して」のような安易な励ましの言葉も注意が必要です。
友人やご遺族の気持ちに寄り添って、言葉を選びましょう。

それでは具体的な例を見ていきましょう。

ご遺族・受付にかける言葉

ご遺族や受付の方には手短に心を込めてお悔みを申し上げます。
ここではご遺族・受付にかける一般的なお悔みの言葉をご紹介します。

(友人の名前)さんの友人の(あなたの名前)です。
この度は急なことで驚いております。
ご愁傷さまでございます。

こちらでは「ご愁傷様」という言葉を使いました。
近年では皮肉を込めた使い方もされますが、本来は身内を失った方に対する言葉です。
心を込めてお伝えすれば不快に思われることもないでしょう。

また、自己紹介は必ず行いましょう。

友人にかける言葉

葬儀の場で友人と言葉を交わす時間は、そう長くないでしょう。
友人の気持ちを聞いたり、昔話に花を咲かせるのは別の機会にし、葬儀の場ではできるだけ手短にあなたの思いを伝えましょう。
友人にかける言葉としては以下のようなものがあります。

大変だったね。
もし何かできることがあれば声をかけてね

友人が気を落としている様子を見て、励ましの言葉をかけたくなるかもしれません。
しかしまだまだ友人は悲しみの最中でしょう。
励ましの言葉をかけることよりも、寄り添う気持ちを大切にしましょう。

友人の母親の葬儀に参列する際の服装

葬儀

葬儀に参列する際に着ていく服は、故人との関係性では左右されません。
友人の母親の葬儀の参列する際の服装も、当然喪服を着用します。

喪服は礼服の中でも、冠婚葬祭の葬に着用する服のことです。
ブラックフォーマルと呼ばれることもありますが、ブラックフォーマル=喪服ではありません。
ブラックフォーマルにはお祝いの席に着るような光沢のある生地のものもあります。
光沢のある生地は葬儀にはふさわしくありません。
ブラックフォーマルなら良いというわけではありませんので、覚えておきましょう。

また女性であればお化粧も悩むポイントでしょう。
ノーメイクである必要はありませんが派手にならないよう注意が必要です。
キラキラと光るパウダーやラメが入っているものは使用しないようにしましょう。

葬儀に着ていくのに適した喪服に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

こちらも読まれています

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装について調べてみました。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しときましょう。

友人の母親の葬儀に関するまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、友人の母親の葬儀について以下のことを解説していきました。

  • 友人の母親の葬儀には、案内があれば参列するべき
  • 基本的には葬儀に参列するが、予定が合わない場合は通夜でもよい
  • 遠方でかけつけられない場合は香典や供花を贈るが、供花はご遺族に確認しておく
  • 香典は3000円~5000円、供花は1万5千円~3万円が相場
  • 葬儀では使ってはいけない言葉を避け、心をこめて声をかける
  • 友人の母親の葬儀に参列する際の服装は喪服で、持ち物や化粧も派手にしない

友人の母親の葬儀であっても、その他の葬儀に参列する際とマナーは変わりません。
もし友人の母親の葬儀の案内を受けて迷った場合は、できる限り駆けつけてあげましょう。

今回は参列者の立場で葬儀について見ていきました。
終活ねっとでは遺族や親族の立場で葬儀について解説している記事もあります。
ぜひあわせてご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「友人・母・葬儀」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「友人・母・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介のサムネイル画像

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介

親族は葬儀で何を着るべき?女性と男性の服装や髪型、マナーも解説!のサムネイル画像

親族は葬儀で何を着るべき?女性と男性の服装や髪型、マナーも解説!

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!のサムネイル画像

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!のサムネイル画像

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!

葬儀を夜にしても大丈夫?夜に葬儀をしない理由や通夜について解説のサムネイル画像

葬儀を夜にしても大丈夫?夜に葬儀をしない理由や通夜について解説

喪主・参列者の葬儀後のマナーとは?香典や弔問、供花のマナーを解説のサムネイル画像

喪主・参列者の葬儀後のマナーとは?香典や弔問、供花のマナーを解説

お寺での葬儀ではいつ支払いする?支払う金額やお布施の渡し方を解説のサムネイル画像

お寺での葬儀ではいつ支払いする?支払う金額やお布施の渡し方を解説

JAを利用した葬儀の費用はいくらになる?低額になる理由などを解説のサムネイル画像

JAを利用した葬儀の費用はいくらになる?低額になる理由などを解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「友人・母・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介のサムネイル画像

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介

親族は葬儀で何を着るべき?女性と男性の服装や髪型、マナーも解説!のサムネイル画像

親族は葬儀で何を着るべき?女性と男性の服装や髪型、マナーも解説!

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!のサムネイル画像

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと