葬儀費用を安くするには?補助金や市民葬の利用、各形式の費用も解説

葬儀費用を安くするには?補助金や市民葬の利用、各形式の費用も解説

葬儀には、高額な費用がかかるといわれています。では、どうすれば安くすることができるでしょうか。今回は、葬儀費用の相場や葬儀費用をより安くするための葬儀形式やコツについて紹介します。合わせて葬儀費用を決めているポイントについても解説します。

最終更新日: 2020年02月27日

葬儀費用を安くする方法について

お金

人が亡くなった時には必ず葬儀を行うこととなります。
身内や友人の葬儀に参列したことのある方は多いのではないでしょうか。

一方で、葬儀を執り行った経験のある方は少ないと思います。
そのため、葬儀にかかる費用を把握しているも少ないのではないでしょうか。

葬儀費用は簡単に支払えるほど安い金額ではありません。
安くできる箇所の費用を抑えることで、負担を軽減したいものです。

そこで、今回「終活ねっと」では、葬儀費用を安くする方法について解説していきます。
その内容と順をまとめると以下のようになります。

  • 葬儀費用と内訳

  • 葬儀形式で安くする

  • 葬儀費用を安くするコツについて

  • 葬儀費用を決めているポイント

葬儀費用を安くすることについてはもちろん、葬儀費用はどんなポイントによって決められているのか紹介していきます。

この記事を読めば、葬儀の取り決めをする際に役立つような力が身につくでしょう。
ぜひ、最後までご覧ください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀費用と内訳

お金

葬儀はその形式の違いによって、費用が大きく変わってきます。
その中でもスタンダードで、通夜や告別式などといった一通りの儀式を行う形式を一般葬といいます。

参遺族のみならず、故人と縁のある友人や知人、会社の関係者など多くの方が参列する葬儀です。
一般葬にかかる費用は100〜200万円程度が相場となっています。

また、葬儀の宗派によっても費用は異なってきます。
直前に紹介した一般葬は仏式葬儀のことを指しますが、例えば神式の葬儀では仏式葬儀よりも費用が安い傾向にあります。

キリスト教の葬儀でも同様に安い傾向があり、相場は約70~80万円といわれています。
ただし、葬儀の細部までこだわると当然費用は高くなります。

葬儀費用を大きく、葬儀一式に関連する費用と寺院関連の費用、接待飲食に関連する費用の3つの要素に分けることができます。

葬儀一式に関連する費用とは、通夜や告別式、火葬などの儀式等の全般にかかる費用のことを指します。
この費用の相場は120万円程度となっています。

寺院関連の費用は読経料や戒名料など僧侶や寺院へ支払う費用を指します。
費用の相場としては47万円程度となっています。

接待飲食に関連する費用は通夜振る舞いや精進落としなど、参列者を振る舞う食事にかかる費用を指します。
これは、参列者一人当たり2,000円程度が相場となっています。

「終活ねっと」では、葬儀費用についてさらに詳しく書いている記事も用意しています。
葬儀にはどのくらいの費用がかかり、その内訳はどうなっているのかについて解説していますので、今回の記事とあわせてぜひお読みください。

葬儀形式で安くする

お金

葬儀の形式には種類があり、前で紹介した一般葬の他にもいくつかの形式があります。
実は、その形式次第で葬儀費用は安くなります

以下で紹介する葬儀形式は一般葬よりも、葬儀費用が安くなるものです。
一緒に確認していきましょう。

家族葬

家族葬はその字の通り親族のみで小さく行う葬儀です。
ただ場合によっては、故人と親しかった知人が参列することもあります。

家族葬では、一般葬と同様に一通りの儀式を行います。
しかし、一般葬ほど参列者を呼びませんのでその分費用は安く抑えられ、60万円〜150万円ほどが費用相場とされています。



一日葬

一日葬とは、お通夜を実施せずに、告別式と火葬のみを1日で行う葬儀の形式です。
告別式では、故人とお別れをする時間を大切にすることができます。

そのうえ、通夜にかかる費用を省けるので、葬儀費用を安くすることができるのです。
費用は葬儀社によって異なってきますが、相場としては60万円程度となっています。

一日葬について知りたい方は、以下の記事でより詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。



直葬

直葬とは、火葬や埋葬のみを行う葬儀の形式です。
そのため、通夜や告別式などの儀式は行いません。

通夜や告別式に必要となる施設の費用や参列者を招いての会食、返礼品などに必要となる費用はかかりませんので、非常に安く葬儀を執り行えます。
費用相場としては、20万円〜40万円ほどとされています。

ただし、しっかりとした別れの儀式ができないので、親族の理解を得られないことがあります。
執り行う前には、親族と相談しましょう。

直葬について詳しく知りたい方には、以下の記事がおすすめです。
合わせてご覧ください。



葬儀費用を安くするコツ

お金

ここまで、葬儀にはどのくらいの費用がかかるのか、その相場や内訳についてご紹介してきました。
では、これらの費用を安く抑えるにはどのようにしたらよいのでしょうか。

以下では、葬儀費用を安く抑えるための方法についてご紹介していきます。
葬儀にかかる費用は決して手軽な金額ではありません。
少しでも経済的に予算を組めるよう、ここで紹介する方法を押さえておきましょう。

葬儀会社を見極める

最近では、葬儀について葬儀会社に相談する方が多いでしょう。
インターネットなどを通じて葬儀会社を調べると多数の葬儀会社があり、どこに相談すればよいか迷ってしまう方も多いかもしれません。

葬儀会社ごとに独自のプランや費用が設けられています。
予算を重視するのか、ご家族やご遺族の意向を重視するのか、葬儀で重視するポイントに合った葬儀会社を選ぶことが重要です。

葬儀費用の見積もりを出す

葬儀会社に葬儀を依頼する場合、まずは事前にどのくらいの予算が必要か、見積もりを出してもらいます。
見積もりを出してもらう葬儀社は一社に絞らず、複数の葬儀会社に見積もりを依頼しましょう。

同じような葬儀内容でも実際にかかる費用は葬儀会社によって異なってきます。
一社の見積もりだけでは、その費用が安いのか判断することは難しいです。
複数社の見積もりを比較し検討することで、納得できる安い費用の葬儀を執り行えます

小規模の葬儀であれば会場を自宅にする

葬儀が小規模の場合、参列者の数は少ないので斎場などを使わずに自宅で葬儀を執り行えば、斎場を使用するための費用はかかりません。
そのため、全体の葬儀費用が斎場の利用料分だけ安くなります

また、葬儀社に葬儀の依頼せずご自身で準備を進めれば、葬儀社のスタッフの人件費なども抑えられますので一般的な相場よりも費用を安く抑えることも可能です。

市民葬・区民葬にする

区民葬・市民葬は、区や市が用意した葬儀の内容、料金等に基づいて実施される葬儀です。
葬儀自体は、区や市と提携している葬儀社が執り行いますが、一部の自治体によっては自治体自体が行っている場合もあります。

費用は各自治体によって異なりますが、約20万円〜30万円程度で葬儀を執り行うことができます。
通常通り葬儀を執り行う場合に比べて、費用が安いといえるでしょう。

ただし、葬儀の内容は最低限で質素なものとなっています。
こだわってオプションを付けると追加料金がかかり、通常の葬儀にかかる費用と変わらなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

補助金などをもらう

葬儀にかかる費用は非常に高額ですが、全てを個人で負担しなくても、各自治体に申請することで補助金がもらえる場合があります。

例えば、故人が国民健康保険か社会保険に加入していた場合、自治体に請求することで給付金を受け取ることができます。
国民健康保険加入者の場合、葬祭費として3万円〜5万円程度の補助金が給付されます。

金額については自治体によって異なりますので、お住いの市区町村に確認してみる良いでしょう。
社会保険加入者の場合、埋葬費として5万円の補助金が給付されます。
こちらは、故人の勤め先か社会保険事務所への申請が必要となります。

葬儀保険に加入する

葬儀費用は突然の出費で、その金額は高額のため支払うことが困難なことがあります。
日頃から、葬儀のために貯金をしている方は少ないでしょう。

自分が亡くなった後に、残される家族のために葬儀保険に加入することで葬儀費用を安くできる場合があります
葬儀保険は少額短期保険なので、どなたでも加入しやすいというメリットがあります。

高齢の方や、病歴のある方でも入れることが多いので検討してみるのも1つの手です。

相続財産を葬儀費用にあてる

故人の残した財産を葬儀費用に充てることができます。
故人の相続財産を葬儀費用に充てる場合、相続財産から差し引くことができる費用と差し引くことができない費用があります。

どの費用が差し引けて、どの費用が差し引けないかは法律事務所などに相談すると明確になりますので、相続財産から払うことを検討する場合には、法律家に相談してみるのが良いでしょう。


「終活ねっと」には相続に関する無料ご相談窓口があります。
提携している相続診断士やファイナンシャルプランナーが遺言や生前対策など相続全般に関するご相談を伺います。

全国各地にある相談窓口で、じっくりご相談ができます。

相続財産についても、もちろんご相談いただけます。
ご相談は初回無料ですので、些細な疑問でも下記のリンクからお気軽にご相談ください。

香典を利用する

葬儀を執り行うと参列者から香典を受け取ります。
その香典で葬儀費用の一部を負担することができます。

ただし、費用の全額を補うことはできないので、葬儀費用を安くするためのものと考えておくといいでしょう。
また、いただいた香典のすべてを葬儀費用のために使用することはできません。

香典返しをする必要があるからです。
香典返しでは受け取った香典の半額程度の品を送るので、香典の半分は香典返しのために使用すると覚えておきましょう。

葬儀費用を決めているポイント

お金

ここまでは葬儀費用を安くする方法について紹介してきました。
では、葬儀にかかる費用はどのようなポイントで決まってくるのでしょうか。

次に葬儀費用を決めるポイントについて、いくつかの項目に分けながら整理していきます。

葬儀の内容

葬儀費用の中で最も費用がかかるのが、葬儀一式に関連する費用です。
つまり、どのような葬儀にするか、葬儀内容によって費用が大きく左右されます。

最近では、各葬儀会社で様々なオプションを用意しており、どれを選択するかによって費用は大きく変わります。

司会進行をプロの方にお願いしたり、ご遺体を特殊な技術で衛生的に保つためのエンバーミングなどオプションを多数つけると費用は高額になります
一方で、内容がシンプルなものほど費用は安いです。

葬儀の規模

葬儀の規模も、葬儀費用を決める大きなポイントです。
参列者の数が多い大規模な葬儀になると、接待飲食に関連する費用は大きくなり、返礼品にかかる費用も大きくなります。

返礼品にかかる金額は一人当たり5百~千円が相場で、参列者全員に渡すものなので、一つ一つの金額がそこまで大きくなくとも、参列者が多いと大きな費用となります

また、会場の利用料はその会場の大きいと高くなります。
参列者が多いと、それに合わせて大きい会場を借りる必要があるので、その分だけ費用が高くなります。

では、どれくらいの方を葬儀に招待すればいいのでしょうか。
以下の記事では、葬儀に呼ぶ人数について紹介しておりますのであわせてご覧ください。

葬儀の華やかさ

葬儀を彩る様々な装飾についても、費用がかかる項目の一つとなります。
葬儀ではどのような祭壇にするのか、祭壇を飾る生花を豪華にアレンジするのかなど、葬儀の華やかさも費用を決めるポイントとなります。

祭壇にかかる費用も安いもので10万円程度から、豪華なものを選ぶと100万円ほどの祭壇もあります。
葬儀にどの程度の華やかさを求めるのかによっても、葬儀費用は違ってきます。

葬儀を執り行う地域

葬儀を執り行う地域によっても、葬儀費用は違ってきます。
通夜や告別式を実施する斎場の利用料や火葬場の利用料など、その施設がある地域によって料金が異なってきます

また、地域の風習によっては、通夜や告別式の後の会食に参列者は招かず、ご家族・親族のみで実施する地域もあります。
このような地域であれば、接待飲食に関連する費用は抑えられます。

地域ごとの風習も葬儀費用決めるポイントになっていることを把握しておきましょう。

葬儀費用を安くする方法のまとめ

お金

いかがだったでしょうか。
今回「終活ねっと」では、葬儀費用を安くする方法について解説してきました。

この記事のポイントをまとめると以下のようになります。

  • 一般葬にかかる費用は100~200万円となっている。
    また、その金額は宗教によって変わってくる。
    葬儀費用は葬儀一式にかかる費用、寺院関連の費用、接待飲食に関連する費用に分けられる。

  • 葬儀は形式の選択によって安くすることができる。
    家族葬、一日葬、直葬を選択すると一般葬よりも費用を安くできる。

  • 葬儀費用を安くする方法はいくつかある。
    葬儀会社を慎重に見極めることや複数の葬儀社に費用の見積もりを出してもらうこと、小規模の葬儀であれば会場を自宅にすることなどがある。
    他にも自治体の葬儀や補助金を利用したり、葬儀保険に加入することや相続財産を葬儀費用に充てること、香典を利用し一部を負担することがある。

  • 葬儀費用を決めているポイントはいくつかの項目に分けられる。
    葬儀の内容や葬儀の規模、葬儀を彩る装飾などの他、葬儀を執り行う地域の風習などにより費用が決まる。

この記事が葬儀費用の支払いに困っている方の助けになれれば幸いです。
もし葬儀費用を支払う立場になったときには、葬儀に必要となる費用の相場を把握した上で、費用を安くするための方法にはどのような方法があるのか整理して考えてみてください。

きっと費用を抑えた最善の支払いができるはずです。
また、葬儀形式で故人の意思を尊重することはもちろん大切ですが、遺族の方が無理をしないような葬儀と費用にすることが一番大切です。

その範囲で葬儀を取り決めるようにしましょう。
なかには、葬儀費用の支払いを一人で請け負って困っている方もいるでしょう。

そのときには、親族に相談してみましょう。
きっと、支払いの手助けをしてくれるはずです。

「終活ねっと」では、他にも多数の記事を掲載しております。
また、下記の記事では葬儀の費用や内訳、安くする方法について解説しています。
ぜひこちらの記事もご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事