火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!

火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!

近年、身内だけで葬儀を執り行う家族葬や、宗教色を無くした無宗教葬など様々な葬儀が注目されています。その中でも、通夜や葬儀を執り行わず、火葬のみを行う葬儀をご存知でしょうか。今回はそんな火葬のみを執り行う葬儀の平均費用相場や、注意点・マナーなども解説します。

最終更新日: 2019年10月27日

火葬のみの葬儀について

葬儀

近年、身内だけで葬儀を執り行う家族葬や、宗教色を無くした無宗教葬など様々な葬儀が注目されています。
その中でも、通夜や葬儀を執り行わず、火葬のみを行う葬儀をご存知でしょうか。

今回「終活ねっと」では、火葬のみの葬儀の平均費用相場や内訳を明らかにし、合わせて注意点やマナーなども解説します。

  • 火葬のみの葬儀とは

  • 火葬のみの葬儀の費用相場

  • 火葬のみの葬儀の費用内訳

  • 火葬のみの葬儀のメリット

  • 火葬のみの葬儀のデメリット

  • 火葬のみの葬儀でのマナー

以上の項目を中心に解説していきます。
火葬のみの葬儀で何かお悩みの方は、ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

火葬のみの葬儀(直葬)とは

葬儀

火葬のみの葬儀とは、名前の通り通夜や告別式を省略した葬儀のことをいいます。
一般的には直葬(直接火葬)と呼ばれており、都市部などでは約20%の家庭が火葬のみの葬儀を執り行っています。

火葬のみの葬儀を選ぶ主な理由としては、費用が安く済むことや、葬儀の準備が少なく済むなどがありますが、単純に人々の宗教への関心が薄くなったという要因も挙げられるでしょう。
しかし、どうしても経済的なメリットが強いため、手抜きではないかと周りの反感を買いやすいという点も挙げられます。

どんな葬儀を執り行うにしても、きちんと周りと話し合いをしてから決めることが大切です。
これから解説していく火葬のみの葬儀の費用相場やメリット・デメリットなどを、ぜひ話し合いをしていくうえでの一つの判断材料としていただけたら幸いです。

火葬のみの葬儀の費用相場

お金

火葬のみの葬儀にかかる費用相場は約20〜30万円とされています。
ちなみに、一般的な通夜と告別式を行う葬儀にかかる費用が約100万円前後とされており、通夜を省略して告別式のみを行う一日葬は約30〜40万円とされています。
これらの葬儀と比較すると、火葬のみの葬儀にかかる費用は相当低いということが分かります。

それにしても、どうして火葬のみの葬儀なのに、これだけ費用相場にズレが生じるのでしょうか。
これは火葬場の違いもありますが、葬儀会社のプランによるものが大きいです。
例えば、お別れの花入れなどは通常火葬炉の前で行うものですが、それを安置施設でゆっくり行うプランや、火葬前にお坊さんを呼んでお経を読んでもらうというプランなどもあります。

もちろん、それらのサービスを増やせばその分費用は掛かりますが、他の葬儀と比べればそこまで大きな費用にはなりません。
なんとなく火葬のみの葬儀と聞くと、質素で手抜きな葬儀に見えるかもしれませんが、プラン次第では十分な供養をすることができます。

以下の記事では、火葬のみの葬儀の費用について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

火葬のみの葬儀の費用内訳

お金

火葬のみの葬儀の費用内訳はどのようなものなのでしょうか。
通夜や告別式を行わない分、費用がかかる箇所を細かく解説していきます。
また、地域によって異なる部分が多いため、ここで紹介するのは一般的に言われる平均価格です。

寝台車の手配料

寝台車とは、故人のご遺体を運ぶために使用する車のことです。
昔は輿を乗せた霊柩車が主流でしたが、現在はミニバンやワンボックスの寝台車が主流となっています。

一般的に一度の手配で大体1万円〜1万5千円ほどかかりますが、病院でご臨終された場合は、病院から自宅、もしくは安置所へ運ぶために一度手配し、その後火葬場へと向かうためにもう一度手配をしなければなりません。
そのため一般的には2回手配することになるので、基本手配料は2万円〜3万円ほどがかかります。

また、50kmを越えると10km毎にプラス数千円が加算されていくなど、走行距離によって値段が変わるシステムを採用している会社が多いのです。
加えて、深夜帯は金額が割り増しされることが多いので、費用を抑える場合は移動距離と時間帯に気を配るようにしましょう。

火葬場利用料

火葬場利用料は、公営か民営によって料金が異なります。
まず公営の火葬場は、無料で使用することができる場所もあれば、都内では5〜6万円かかる場所もあります。

平均的には数千円〜3万円ほどですが、自分が火葬場と同じ地域に住んでいなければ低価格の料金は適応されないので、必ず自分の地域の火葬場を確認しましょう。
また、待合室の利用料金は平均して数千円〜1万円前後です。

民営の火葬場は、民間で営業しているので料金も地域によって大きく変わることはありません。
平均的には5万円前後のところが多く、都内の23区では一律で59,000円となっています。
待合室の利用料金は平均して2万円前後です。

料金だけ見れば、公営の火葬場を利用したいところですが、公営の火葬場は全国的にも数が少ないうえに、受け入れ時間も短いため、なかなか予約を入れることができません。
それに対して、民営の火葬場は料金こそ高いものの、公営と比べて数も多く、夜間の受け入れにも対応している場所が多いので、自分のスケジュールに合わせて入れることができます。

棺の費用

棺とは、故人のご遺体を納めて火葬するための箱のことです。
棺にはいくつか種類があり、ワンタッチで組み立てられる組立式の棺や、合板などで作られた木製のフラッシュ棺、鮮やかな見た目が特徴である布張りの棺などがあります。

種類別の平均価格をご紹介すると、まず組立式は1万円〜3万円です。
棺の中では最も価格が安く、とにかく価格を抑えたい方におすすめです。

次にフラッシュ棺の平均価格は3万円〜8万円です。
棺の中では最も古くから扱われている棺で、素朴で伝統的な供養をしたい方におすすめです。
しかし、木製の棺は価格の幅が大きく、素材や彫りによっては数百万円する物もあります。

最後に布製の棺の平均価格は5万円〜10万円です。
フラッシュ棺に布を貼り付けた物なので価格は少し割り増しされますが、華やかで個性のある棺で供養したい方はこちらがおすすめです。

これらは代表的な棺の平均価格ですが、同じ素材でも形状によって価格が変わったり、当然葬儀社によっても価格は違いますので、きちんとスタッフと相談して選ぶようにしましょう。

骨壺の費用

骨壷とは、火葬後にご遺骨を納めるための容器のことです。
骨壷を購入する際は、火葬前に購入するのが一般的なため、火葬場が公営か民営かで費用が異なります。

公営の火葬場で販売されている骨壷の平均価格は約3,000円〜5,000円です。
対して民営の火葬場で販売されている骨壷の平均価格は1万円前後になります。
やはり火葬場と同様、民営の方が値段は高く設定されています。

また、地域によって骨壷の大きさが違い、関東では6〜7寸、関西では2〜5寸の骨壷を使用します。
これは関東では、ご遺骨を全て持ち帰る文化がありますが、関西では一部の骨しか持ち帰らないという文化があるからです。
そのため、関西の方が比較的骨壷の費用は安く済む傾向にあります。

火葬のみの葬儀のメリット

葬儀

ここまで火葬のみの葬儀にかかる費用について解説してきました。
それでは、実際に火葬のみの葬儀にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

葬儀費用が安い

火葬のみの葬儀の一番のメリットが葬儀費用の安さです。
一般的に行われる通夜や告別式などを全て省略し、必要最低限の儀式のみを行う葬儀ですので、葬儀場などを用意する必要もなく、必然的に葬儀費用が安くなります。

一般的な葬儀の費用については以下の記事で詳しく紹介しておりますのであわせてご覧いただき、比較していただきたいです。

参列者への費用が不要

一般的な葬儀では、参列者への通夜振る舞いや、精進落としなど参列者をもてなすための費用がかかりますが、火葬のみの葬儀ならばそれらの費用は不要となります。

また、一般的な葬儀では参列者の他にも、お坊さんなどにお経を読んで頂いたことや、戒名を授けてくれたことに対するお布施を用意する必要ありますが、これも火葬のみの葬儀では必要ありません。

喪主の負担が少ない

費用以外のメリットとしては、喪主にかかる負担が少ないことが挙げられます。
一般的な葬儀では、葬儀社との連絡や打ち合わせ以外にも、葬儀当日は参列してくださった方々に挨拶をしたりと、肉体的・精神的な負担がかかります。
そのため、故人にゆっくりお別れを言うこともできずに葬儀が終わってしまって、ひどく後悔したという人も少なくありません。

火葬のみの葬儀ならば、葬儀の流れは一般的な葬儀と比べてシンプルですし、参列者に向けての大々的な挨拶もありませんので、故人とのお別れがゆっくりできます

火葬のみの葬儀のデメリット

葬儀

経済的なメリットが強い火葬のみの葬儀ですが、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。
デメリットに目をつぶってしまうと後々のトラブルに発展してしまうので、きちんと確認していきましょう。

菩提寺に納骨できない場合がある

菩提寺(ぼだいじ)とは、自分の祖先のお墓などを管理しているお寺のことです。
もし、自分の家が檀家(菩提寺に属すること)ならば、お寺に納骨をすることでお墓の管理や供養などをしてくれるのですが、火葬のみの葬儀の場合は納骨できない場合があります。

これにはいくつか理由があるのですが、やはりお経を読んだり、戒名をつけたりなどの宗教的儀式を行なっていないことが大きいです。
もちろんお寺にもよりますが、宗教的儀式を生業としているお寺からすれば、火葬のみの葬儀に対して反感を持つのは自然なことなのかもしれません。

親族に納得されないことも

一般的な葬儀とは大きく異なる葬儀のため、親族に納得されないこともあります。
理由は様々で、きちんとお経を読んで供養してあげたいと考える人もいれば、大勢の人にお別れを言ってもらいたいという人、世間体が気になるという人もいるでしょう。

きちんと親族から了承を得ないまま行なってしまうと、後々の関係が悪くなってしまったり、トラブルに繋がってしまう恐れがあります。
このようなトラブルを防ぐためにも、故人が生前のうちに親族間で話し合いをしておくことが大切です。

弔問の機会を後日設ける必要がある

一般的な葬儀は、1日で大勢の人が葬儀場に弔問することができますが、火葬のみの葬儀は基本的に親族のみで行うため、後日自宅などで弔問の機会を設ける必要があります。
一人一人の時間の調整したり、自宅で対応をしなければなりませんので、どちらかというと葬儀が終わった後の方が忙しくなる可能性があります。

また、ここで対応をし損なうと弔問客とのトラブルに発展しかねませんので、優先的に行うようにしましょう。

火葬のみの葬儀でのマナー

葬儀

火葬のみの葬儀では、どのようなマナーを意識する必要があるのでしょうか。
通常の葬儀と異なる点も取り上げますので、きちんと確認していきましょう。

香典は必要ない?

香典が必要かどうかは、喪主側の判断によります。
事前に香典を辞退するという旨を伝えられた、または明記された通知状を貰った場合は、香典を持参する必要はありません。

しかし、喪主側から香典を辞退するという旨が伝えられていない場合は、一般的な葬儀と同じように香典を持参しましょう。
金額も一般的な香典の相場価格を参考にして構いません。

ただし、当日に香典を辞退されることもありますので、その際は無理に渡そうとはせず、自宅へ持ち帰ります。

以下の記事では、火葬のみの葬儀における香典の必要性について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

服装のマナー

服装のマナーに関しても、喪主側の判断によって異なります。
火葬のみの葬儀といっても葬儀であることには変わりないので基本的には喪服を着用しますが、「平服でお越しください」などの指示があった場合は平服で参列します。
ここでは、それぞれのパターンを性別と年齢別に分けてご紹介します。

男性

服装に関する指示が無かった場合は、準喪服を着用するようにします。
準喪服は現代で着られている喪服の中で最も無難な喪服であり、参列者はもちろん、近年では喪主も準喪服を着用するのが一般的となっています。

男性の準喪服とは、いわゆるブラックスーツと呼ばれる礼服のことであり、上下共に濃い黒で構成されているのが特徴的です。
一般的なビジネススーツの黒とは色の濃さや光沢などが違うため、代用をすることはできません。
準喪服を着用する際は、無地の白ワイシャツで光沢の無い黒のネクタイを締めるようにします。

男性の平服とは、ダークスーツと呼ばれるビジネススーツのことです。
色は黒やダークグレー、濃紺など全体的に暗めの色で、必ず無地のものを選びます。
ネクタイやワイシャツは喪服と同様のものを選びましょう。

女性

女性の準喪服は、男性のようにスーツ一択ではなく、ブラックフォーマルであればスーツ以外にも、アンサンブルやワンピースなどを着用しても構いません。
どちらかというと、女性のスーツスタイルは略喪服(平服)として扱われることが多いので、葬儀に参列する際はワンピースやアンサンブルがおすすめです。

平服の場合は、先ほど述べた黒のスーツか、暗めのワンピースやアンサンブルを着用します。
男性と同じく礼装である必要はありませんが、肌の露出などは極力控えることを意識しましょう。

ちなみに、喪服であっても平服であっても、ストッキングの着用は最低限のマナーです。
種類は黒の少し肌が透けるタイプのものを選びましょう。

子供

子供は基本的に学生服を着用します。
学校によっては紺や緑のブレザーであったり、赤色のネクタイやリボンの場所もありますが、正式に学校で定められている服装であれば何色でも問題ありません。

もし、子供がまだ学生服を持っていない場合は、男の子なら暗めのベストやジャケット、襟のある白シャツに暗めの長ズボンを着用させ、女の子なら暗めのワンピースやブラウス・スカートなどを着用させます。

以下の記事では、葬儀の服装についてより詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

火葬のみの葬儀のまとめ

葬儀

いかがだったでしょうか。
今回「終活ねっと」では、火葬のみの葬儀(直葬)について詳しく解説しました。
以下、今回の内容をまとめます。

  • 火葬のみの葬儀とは、通夜や告別式を省略した葬儀のことをいい、一般的に直葬と呼ばれる

  • 火葬のみの葬儀にかかる費用相場は約20〜30万円とされている

  • 寝台車の手配料は2万円〜3万円ほどだが、距離や時間帯によってはさらに割増される

  • 火葬場利用料は、公営の場合平均して数千円〜3万円で、民営の場合5万円前後かかる

  • 火葬場の待合室の利用料金は、公営の場合平均して数千円〜1万円前後で、民営の場合2万円前後かかる

  • 組立式棺は1万円〜3万円、フラッシュ棺は3万円〜8万円、布棺は5万円〜10万円である

  • 骨壷の平均価格は、公営の場合約3,000円〜5,000円で、民営の場合1万円前後かかる

  • 火葬のみの葬儀のメリットは「葬儀費用が安い」「参列者への費用が不要」「喪主の負担が少ない」

  • 火葬のみの葬儀のデメリットは「菩提寺に納骨できない場合がある」「親族に納得されにくい」「後日自宅弔問の機会を設ける必要がある」

  • 香典辞退の旨を伝えられていない場合は香典を持参する

  • 特に指示がない場合は準喪服を着用し、指示があったら指示通りの服装で参列する

  • 喪服の場合、男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルなワンピースやアンサンブル、子供は制服を着用する

火葬のみの葬儀は、本来経済的に苦しい人が止むを得ず執り行う葬儀でしたが、最近は遺族側の負担が少ないという意味でも注目を集めています。

しかし、葬儀において最も大切なのは故人を偲ぶ気持ちですので、どんな葬儀にするにしろ、全員が納得する形で葬儀が執り行えるように、きちんと親族間で話し合いをするようにしましょう。

「終活ねっと」では、葬儀に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、葬儀の費用について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事