葬儀での遺族の服装を男性・女性ごとに解説!髪型・持ち物までご紹介

葬儀での遺族の服装を男性・女性ごとに解説!髪型・持ち物までご紹介

葬儀で遺族はどのような服装をしたらいいの?葬儀での服装を男性・女性共に知りたいという方必見です!この記事では葬儀での遺族の服装を男性・女性ごとに、また髪型や持ち物も詳しくご説明いたします。ぜひ最後までご覧ください。

2019-10-15

葬儀での遺族の服装について

葬儀

葬儀を執り行うにあたって、服装に迷ったことのある人は多いと思います。
実際に葬儀には男性・女性・子供それぞれきちんとしたマナーがあります。
服装についてのマナーをきちんと理解しておき、当日焦ることのないようにしましょう。
今回の記事では

  • 葬儀で着る喪服とは?

  • 葬儀での遺族の服装マナーは?

  • 葬儀での遺族の髪型のマナーは?

  • 葬儀での化粧のマナーは?

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーは?

上記5つについて詳しくご説明いたします。
ぜひ最後までご覧くいただき、参考にしてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀で着る喪服とは

葬儀

喪服とは葬儀などで着る黒色の礼服のことで、葬儀では喪主や親族、参列者も喪服を着るのが基本です。
喪服には「正喪服」・「準喪服」・「略喪服」があります。
基本的に喪主や遺族は正喪服を着用し、参列者は遺族よりも格式の低い準喪服を着用します。

最近では喪主や遺族も準喪服を着ることも多くなっていて、喪主が正喪服を着用していても遺族は準喪服を着用しても問題はありません。

葬儀での遺族の服装マナー

葬儀

ではここからは葬儀で遺族が着用する正喪服と準喪服についてご説明いたします。
男性・女性・子供それぞれどのような服装をするのが葬儀のマナーなのでしょうか?
正喪服がある場合は正喪服を着用するようにし、ない場合には準喪服とするようにしましょう。
それぞれのマナーをきちんと理解しておくようにしましょう。

男性

始めに男性の服装についてです。
男性の服装ではどのような服装が適しているのかはもちろん、ネクタイや靴を詳しくご説明いたします。

服装

正喪服は、洋服の場合は黒のモーニングコートとなります。
シャツは無地の白で、ズボンは黒とグレーの縦じまが基本スタイルです。
モーニングコートを着用する際には、黒のベストとジャケットを着用します。

和装の場合は紋付羽織袴が基本で、黒の羽二重で五つ紋付の着物と羽織となります。
羽織紐は白か黒の平打ちか丸組み、袴は仙台平か博多平、半襟や長襦袢は黒・白・グレー、帯は黒など地味な色合いの物を、草履や足袋は白か黒が一般的です。

準喪服の場合、洋服はブラックスーツのシングル、光沢のない物、シャツは白無地が基本です。
ブラックスーツとビジネススーツは違いますので間違えないように注意しましょう。

また正喪服・準喪服のどちらの場合も、ポケットチーフはする必要はありません。

ネクタイの色は?

ネクタイの色は正喪服・準喪服どちらの場合も黒を選ぶようにしましょう。
結び方は通常通りの結び下げで大丈夫です。
基本的に光沢のないネクタイにするようにし、タイピンは付けません。

またネクタイの太さには色々ありますが、葬儀に参列する際のネクタイに太さの決まりはありません。
しかし、あまり細見のネクタイだとカジュアルすぎるという印象を持つ人もいるため通常の太さのネクタイを選ぶようにしましょう。

靴の選び方

靴は基本的に正喪服・準喪服のどちらの場合も黒の光沢のない本革の靴を選びましょう。
また光物などの装飾品がついた靴や、エナメル製などは避けるようにしましょう。
デザインとしては紐を通す部分が甲の内側になっている外羽根式のストレートチップが適しています。

上記のような靴は色々な場面で使用できるので、一足用意しておくようにしましょう。

女性

続いて女性の服装についてです。
正喪服・準喪服の両方をご説明いたします。
服装について迷っている方はお読みください。

服装

正喪服は和装、無地のワンピースやアンサンブル、スーツなどが基本です。
色は黒で、光沢のないものを選ぶようにしましょう。
スカートの丈は膝下、身体のラインが出すぎず派手な装飾のないシンプルなものが良く、スーツを着用する際にはブラウスも黒色で白や柄物は避けるようにしましょう。

和装の場合、染め抜き五つ紋付の黒無地が基本です。
帯はもちろん帯締めや帯揚げも黒で統一するようにしましょう。
足袋は白で草履は黒、金具などが付いていないか注意するようにしましょう。

準喪服の場合は、黒や濃紺、ダーククレーなど地味な色合いのワンピースやアンサンブル、スーツが基本です。
また、あまり目立たない感じであればレースやフリル・リボンが入っていても構いません。

靴の選び方

女性の場合は黒のパンプスが適切で、ヒールのないカジュアルなデザインは避けるようにしましょう。
また、光沢のない布製で装飾の派手すぎない靴が良いです。
ヒールの高さに決まりはありませんが、あまりヒールが高すぎると立っている時間が長い葬儀では疲れてしまうため3センチ~5センチが理想です。

ストラップが付いているパンプスも、脱ぎ履きのことなどを考え避けるようにしましょう。
仕事用のプレーンパンプスがあるから大丈夫と思っていても、光沢があったり色が薄い黒などということもありますので注意しましょう。

ストッキングは履いてもいいの?

ストッキングは履いても問題ありません。
女性の場合、ワンピースなどのスカートタイプが多い為その場合は基本的にストッキングを履くようにします。
色は黒で、肌の色が少し透けるくらいの厚さを選ぶようにしましょう。

ストッキングには色々なタイプがありますが、ラメが入っているタイプや網タイツなどは避けましょう。
またタイツは基本的にマナー違反となりますが、高齢の方や妊婦さんなど身体を冷やせない方の場合は親族に相談するようにしましょう。

子供

子供の喪服には迷う方も多いと思います。
中学生や高校生などの場合は基本的に制服が喪服となります。
しかし、あまり派手な色合いの制服の場合は黒やダークグレーなど地味な色合いのスーツやワンピースを着用するようにしましょう。
また、女の子でスカートを履く場合はスカートの丈にも注意しましょう。

制服などがない幼児や赤ちゃんの場合は、黒や紺などの洋服を着せるようにしますが、もしない場合は白でも大丈夫です。
子供の服装に関しては特に決まりはないですが、子供の場合にも地味な色合いでモノトーン系、光沢のなく派手な装飾のない目立たない服にしましょう。

葬儀での遺族の髪型のマナー

葬儀

上記にて男性・女性・子供の服装についてご説明しましたが、髪型はどのようにしたらいいのでしょうか?
髪型まで気を使っている人は意外と少ないですが、髪型にもマナーがあります。
男性・女性・子供それぞれの髪型のマナーを詳しくご説明いたします。

男性

男性の場合、短髪の方が多いですが前髪が目にかからないようにし、耳が見えるような清潔感のある髪型としましょう。
パーマは基本的にマナー違反となります。

髪が長い方の場合はオールバックにし後ろでまとめ、ゴムも黒を使用します。
また髪の色が明るい場合は、ヘアースプレーなどを使用しできるだけ目立たない色合いにするようにしましょう。

髪をセットする際に使用するワックスですが、使用すること自体はマナー違反ではありません。
しかし臭いが強いワックスや髪がテカテカするほど使用するのは避けましょう。

女性

女性の場合、最も適している髪型は髪を後ろでまとめるお団子ヘアーです。
短髪の女性の場合はそのままで問題ありませんが、髪が長い女性は基本的に髪をスッキリまとめます。

真珠のネックレスをしている場合、真珠に髪がかかることのないように注意しましょう。
またパーマや明るい髪の色などもマナー違反となります。
男性同様、髪が明るい場合やパーマなどの場合は目立たないように工夫するようにしましょう。

パーマをかけていないロングヘアの場合は後ろでまとめるだけでも大丈夫ですが、前髪は目にかからないように注意しましょう。

子供

子供の髪型も大人同様、すっきり見えるように工夫しましょう。
女の子の場合、結べる長さであれば髪を結び、結べない場合はピンなどで横の髪を留めるようにしましょう。

前髪は目にかからないように注意し、髪を結ぶ場合黒のゴムを使用します。
またシュシュなどを使用しても問題はありませんが、色は黒とするようにしましょう。
その他、目立つ髪飾りは避けるようにしましょう。

男の子の場合はあまり気にする必要はなく、前髪が目にかからず自然な髪型が一番です。

葬儀での化粧のマナーは?

葬儀

ここからは葬儀での化粧のマナーです。
葬儀の際の化粧は薄化粧が基本ですが、ノーメイクはマナー違反です。

アイシャドウなどはベージュやブラウン系の色合いの物を選び、マスカラは涙などで落ちることのないようにウォータープルーフタイプの物を使用しましょう。
またマスカラは派手に見えてしまうため付けるのは避けましょう。

眉などはあまり太く書かず、整える程度とします。
チークは基本的に付ける必要はなく、口紅もベージュなどを使用します。
あくまでナチュラルに見えるように心がけましょう。

爪も短くして整えておきましょう。
ネイルをしている場合は綺麗に落としておくのがマナーです。

葬儀でのアクセサリーのマナー

葬儀

ここからは葬儀でのアクセサリーのマナーです。
身に着けるアクセサリーにも気を付ける必要があります。
今回は指輪・イヤリング・ネックレス・ピアス・腕時計についてご説明いたします。

指輪

指輪は基本的に結婚指輪だけとするようにしましょう。
派手なファッションリングや、石などが加工されていて光る物は避けるようにしましょう。

シルバーやホワイトゴールドの指輪、真珠や黒真珠の付いた指輪などはマナー違反となりません。
真珠にも様々な色がありますが、基本的には白か黒にするようにしましょう。
またダイヤが付いた指輪もマナー違反となりますので、小さくてもダイヤが付いている場合は外していくようにしましょう。

イヤリング

イヤリングは金具の部分が派手な物や、イヤリングの装飾部分が揺れるタイプのイヤリングは避け、金色はできるだけ避けシルバーや銀、シルバーゴールドを選ぶようにしましょう。

こちらも真珠などが一粒だけ付いているイヤリングが好ましいです。
イヤリングは付けなくても構わないので、適切なイヤリングがない場合には無理に付ける必要はありません。

ネックレス

ネックレスをする場合は真珠のネックレスをするようにしましょう。
指輪やイヤリングと同じタイプの真珠があるならば、合わせるのが好ましいです。
また真珠のネックレスは二連の物を避け、一連の物としましょう。

基本的に真珠のネックレス以外は付けない方が無難で、真珠のネックレスも金具の部分が着んではなく銀色の物であまり長くない物を選ぶようにしましょう。

ピアスはNG?

ピアスを付けていてもマナー違反ということはありません。
しかしピアスの場合もイヤリング同様、真珠などが一粒だけ付いているピアスが好ましく、金具の部分が派手な物、イヤリングの装飾部分が揺れるタイプのピアス、金色はできるだけ避けシルバーや銀、シルバーゴールドを選ぶようにしましょう。

またピアスはマナー違反という地域もありますので、親族などに確認するようにしましょう。

腕時計はしてもいいの?

葬儀で腕時計をしていてもマナー違反とはなりません。
しかし、腕時計を付ける際には比較的フォーマルな時計を選ぶようにしましょう。

文字盤などは黒が好ましく、ベルトはシルバーか黒の革が適しています。
基本的には喪服に合う時計を選ぶようにし、派手な時計やカジュアルな時計は避けるようにしましょう。
適した時計を持っていなかった場合は、無理に付ける必要はありません

葬儀での遺族の服装まとめ

葬儀

葬儀での遺族の服装には守らなければならないマナーがたくさんあります。
死は突然訪れるものなので、いざという時に焦ることのないようによく理解しておく必要があります。
そこで今回の「終活ねっと」では

  • 喪服には「正喪服」・「準喪服」・「略喪服」があり、喪主や遺族は正喪服を着用するが最近は準喪服を着用する人も多い

  • 男性の場合、黒のモーニングコート、シャツは無地の白で、ズボンは黒とグレーの縦じまが基本となっていて、和装の場合は紋付羽織袴が基本となっている

  • ネクタイの色は正喪服・準喪服どちらの場合も黒を選び、光沢のないネクタイにするようにし、タイピンは付けない

  • 靴は基本的に正喪服・準喪服のどちらの場合も黒の光沢のない本革の靴を選びましょう。
    光物などの装飾品がついた靴や、エナメル製などは避けるようにする

  • 女性の場合、無地のワンピースやアンサンブル、スーツなどが基本で、色は黒、光沢のないものを選ぶようし、和装の場合は染め抜き五つ紋付の黒無地が基本となっている

  • 女性は黒のパンプスが適切で、ピンヒールやヒールのないカジュアルなデザインは避けるようにし、光沢のない布製で装飾の派手すぎない靴が好ましい

  • ストッキングは履いても問題はなく、色は黒で、肌の色が少し透けるくらいの厚さを選ぶようにする

  • 子供の喪服は中学生や高校生などの場合は基本的に制服が喪服となり、制服などがない幼児や赤ちゃんの場合は、黒や紺などの洋服を着せるようにしますが、ない場合は白で問題はない

  • 髪型は男性の場合、前髪が目にかからないようにし、耳をが見えるような清潔感のある髪型が適している

  • 女性の場合、最も適している髪型は髪を後ろでまとめるお団子ヘアーで、短髪の女性の場合はそのままで問題ないが、髪が長い女性は基本的に髪をスッキリまとめ、真珠に髪がかかることのないように注意する

  • 子供の髪型も大人同様すっきり見えるように工夫し、女の子の場合、結べる長さであれば髪を黒のゴムで結び、結べない場合はピンなどで横の髪を留めるようにする
    男の子の場合はあまり気にする必要はなく、前髪が目にかからず自然な髪型を意識する

  • 葬儀の際の化粧は薄化粧が基本で、ノーメイクはマナー違反である

  • 指輪は基本的に結婚指輪だけとするようにし、派手なファッションリングや、石などが加工されていて光る物、ダイヤは避けるようにする

  • イヤリングやピアスは付けていてもマナー違反とはならず、金具の部分が派手な物や、イヤリングの装飾部分が揺れるタイプの物は避け、真珠などが一粒だけ付いているものが好ましい

  • ネックレスをする場合は一連タイプの真珠のネックレスをするようにする

  • 葬儀で腕時計をしていてもマナー違反とはならず、付ける場合は比較的フォーマルな時計を選ぶようにする

上記について詳しくご説明いたしました。
遺族の服装について詳しく知りたいという方のお力になれたら幸いです。

「終活ねっと」では今回の記事以外にも遺族の服装についてや、葬儀についての記事を多数掲載しておりますのでぜひそちらの記事もご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・服装・遺族」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料