葬儀で頂いたお花のお返しの金額相場は?品物の選び方や送り方まで

葬儀でお花を頂いた場合のお返しはどのようにするべきか、頭を悩ませてしまうところです。金額の相場やお返しにする品物の種類など、ふさわしいものはどれか判断が難しくありませんか。葬儀で頂いたお花のお返しについて知っておきたい大切なポイントをご説明します。

目次

  1. 葬儀のお花へのお返しについて
  2. 葬儀のお花の種類
  3. 葬儀で頂いたお花へのお返しの品物
  4. お花へのお返しの送り方
  5. 葬儀のお花へのお返しまとめ

葬儀のお花へのお返しについて

葬儀

葬儀では会社の方や知人、親戚などから弔意を示すものとしてお花を頂くことがあります。
お金ではないため、どのようにお返しをするべきか正しい方法がわからず困ってしまうことがありませんか。

お花は葬儀を飾る意味や故人の魂を慰める意味などもありますので、とても大切に扱われています。
なかには香典ではなくお花を送る方もいますので、あらゆるシーンに合わせて感謝の気持ちを込めてお礼することがマナーです。

今回終活ねっとでは葬儀で頂いたお花のお返しについて、金額相場、品物の種類など大切な点をご説明いたします。
ぜひ最後までお読みください。

  • 葬儀で使われるお花の種類について

  • お返しする際に知っておきたい相場金額や品物選びのポイント

  • お返しする際のタイミングやお礼状などのマナー

  • のしや水引の選び方について

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀のお花の種類

葬儀

葬儀に参列された経験がある人なら会場のイメージは頭に浮かぶと思いますが、お花は葬儀に欠かせない大切なものになっています。

素敵なお花で故人を偲ぶ気持ちは遺族だけでなく、知人やお世話になった方たちにも共通することではないでしょうか。

葬儀のお花といっても飾る場所や意味が異なりますので、まずはどのような葬儀のお花の種類があるのかご説明したいと思います。

枕花

枕花というのは名前の通り、故人の枕元に置くお花のことです。
通夜前から飾るもので、訃報を受けた親族や故人と親しくしていた縁の深い方などが臨終の際に枕元に飾ります。

この枕花は葬儀社や生花店にお願いすると床や畳に直接置ける台付きのもの、またはバスケットに入ったデザインのものなどが準備されます。

訃報はいつどこで知るか誰も想定できないことなので、遠方にいる方がすぐに駆け付けられない時に枕花を送り弔意を示す場合もあるでしょう。
枕花は宗派や地域によっても置くものが異なる場合があります。

供花

故人との関係によって供花を送ることがありますが、このお花は葬儀場に供えるもので知人や会社関係などお悔やみの気持ちを込めて送るものです。

供花は亡くなった方の霊を慰める意味があり、同時に葬儀会場や祭壇を綺麗に飾るものとしても用いられています。
宗派や地域の風習により違いはありますが一般的には葬儀の際に「親族一同」などと書かれお花が祭壇の両サイドに置かれることが多くなっています。

花の種類ではユリやキクなどをメインにしてアレンジした生花が多く、このお花は遺族、知人、友達、仕事関係者など誰でも出せることが特徴です。

花輪

葬儀会場の近くに行くと大きな花輪が会場周辺に飾られていることがあります。
ひと目みてすぐに葬儀が行われていることが分かる花輪は、飾ることができない地域も存在しますし式場によっても受け付けない場合があるので手配する際にはまず確認しないといけません。

大きな花輪はあらゆる目的で使用されますが、お葬式の場合は弔事用で白を基調とした生花や造花などで真ん中にわかりやすく「弔」と書かれているタイプが一般的です。

花輪は親族や会社などの団体が手配することが多く、近年葬儀で花輪を使うことは少なくなっている傾向があります。

献花

告別式で焼香をする代わりに参列者が1本ずつ祭壇に置くお花が献花です。
キリスト教の葬儀のように焼香をしない場合、参列者が献花を持ち祭壇に捧げて弔意を表します。

キリスト教の場合は白い生花を献花として使用し、種類としてはカーネーションやキクが主に選ばれています。

また最近では宗派に限らず献花を使うお葬式も増え、個性的な葬儀のスタイルとして見かけることも多いでしょう。
献花は葬儀場のスタッフから手わされて献花台でひとり1人が順番に捧げていきます。

葬儀で頂いたお花へのお返しの品物

葬儀

葬儀でお花を頂いたけど香典と違いどのようなお返しをしたらいいかとても迷ってしまいますよね。
葬儀ではあらゆる種類のお花が飾られ、頂くお花の値段もそれぞれ異なります。

生花は大変高価なものもありますので、感謝の気持ちを示すためにはお返しの方法、また金額相場、お返しする品物についても失敗しないように事前に知っておくことがいくつかあるので注意が必要です。

ではどのように葬儀のお花のお返しをするべきか、金額相場と品物の選び方について解説していきます。

お返しの金額相場

葬儀で香典を頂いた場合のお返しは金額がはっきりしているので判断しやすいのですが、お花となるといくらぐらいの負担をしていただいたか、見ただけではわからないことも多いでしょう。

そこでまずは葬儀で扱うお花にかかる相場金額について以下にまとめましたのでお返し金額の参考にしてください。

枕花 1基5,000円~20,000円
供花 1基10,000円 1対15,000円~30,000円
花輪 1基7,000円~20,000円

葬儀のお花のお返しはしなくてもよいという意見もありますが、返礼は必要ありませんという相手側の意向がない限りはきちんとお礼をしたほうが良いでしょう。

お礼状だけでなく品物を添えることがお花のお返しの基本マナーとして、大変快く相手も受け止めてくれます。
お花を送ってくれる人のなかには遠方で葬儀に参列できない方も多く、お花のお礼がないと葬儀に届いたのか、間に合ったのか不安になることもあります。

お礼状もお返しの品物も一切しない場合は相手にこのような心配を抱かせることもあるため注意が必要です。
一般的には葬儀のお花のお返しは香典と同様に考え、頂いた金額1/3ぐらいが相場といわれています。

必ずこうすべき、いくらにするべきという決まりはありません。
故人への気持ちとして弔電、香典、お花などあらゆる方から様々な形で頂くものがありますので、正しくお返しをすることがマナーと理解しておきましょう。

お花の場合は香典と一緒に送られてくるケースもありますので、その際のお返しの相場金額はお花代と香典金額分をプラスして考えることが一般的です。

また豪華な供花を頂いた場合ですが、そのままの金額でお返しをすると逆に送り主が気を使ってしまうことも考えられます。
基本相場の1/3もしくは1/2程度に増やすことも方法です。

たとえば一般的な供花、相場が15,000円前後のものを頂いた場合は香典と同じく15,000円を頂いたと考え、お返しは5,000円~7,000円程度になります。

この金額相当の品物でお返しをするか、もしくは香典返しとしてまとめて相当金額をお返しする方法もありますので、失礼にならないように慎重に判断しておきましょう。

そして今後もより良い付き合いを継続するためには、供花などのお花を頂いた際はお返しの手配をすると同時に、まずは電話でお礼の気持ちを伝えることも大切です。
まずお礼として連絡をするならできるだけ早く、葬儀の1週間後を目安にするとよいでしょう。

お返しの品物の選び方

葬儀のお花のお返しは香典と違うから返す必要はないと解釈する人もいますが、地域や風習によっても異なりますので、わからない時や親族や葬儀社の方などにアドバイスしてもらうことが大切です。

お花のお返しは品物を使うこともあり、どのような種類を選ぶべきか困ってしまうポイントです。
お誕生日のプレゼントのお返しなどとは違い、冠婚葬祭はマナーを守ることが大切です。

お花のお返しは一般的には菓子折りを使うことが多く、個人や会社のような団体に向けたお返しとしても選びやすいアイテムになるでしょう。

供花だから何か特別なお返しの品物があるのかと疑問を抱く人もいるかもしれません。
一般的には品物の種類は香典返しなどと同じで定番のお返しアイテムとしては、コーヒーやお茶、海苔などがあげられます。

法事や香典のお返しと同じ意味で、不幸が続かないようにすぐになくなるもの、俗にいう「消え物」を選ぶことがポイントです。
お菓子なら食べてしまえばなくなりますので、その点も安心できるでしょう。

菓子折りはお返しした人がいつ食べるかわかりませんので、できるだけ日持ちがするクッキーなどの焼き菓子、または乾麺や干しシイタケなどの乾物もよくお返しで使用されています。

品物を選ぶ際ですが会社などの団体の場合は皆さんで分けられるものが良いので、菓子折りは最適なアイテムになりますね。

葬儀が終わってからも弔問に訪れる方がいる可能性や、お花を送ってくれる方もいます。
突然お返しの品物が必要になることも念頭に置き、少し余裕をもって数を準備しておくと安心です。

品物選びで不安な場合は、近年人気があるカタログギフトもオススメです。
好きなものを選んで頂けるため、大家族や好みがわからない方などにはよいでしょう。

お花へのお返しの送り方

お墓

お花のお返しはいつするべきか、どのようにして感謝の気持ちを伝えると良いか、慣れないことなので失礼になる恐れもあります。
そこできちんとマナーを身につけて、終活ねっとではお返しをする際の送り方についてご説明したいと思います。

送るタイミング・時期

香典とお花を頂いた場合はそれぞれの相当金額を合わせて、四十九日の後がお返しをする一般的なタイミングになります。
香典とお花はそれぞれのお返しを分ける必要はありませんので、まとめた金額で品物にするとよいでしょう。

もし品物でお礼をしない場合、電話のみで挨拶する、お礼状だけを送る場合は四十九日前でもOKです。
葬儀1週間後ぐらいを目安にして早めに葬儀が無事終了したことを伝えることも良いでしょう。

四十九日は忌明けとされていますので、葬儀がひと段落してお礼やお返しをするタイミングになります。

お返しに添えるお礼状の例文

お返しの品物だけをいきなりお返しするのでは、相手もなにかわからず困惑してしまうこともあります。
またマナーとして文面で感謝の気持ちを伝えることが大切なので、それぞれの方に合わせたお礼状を一緒に送りましょう。

遠方の方で葬儀に参列できないために供花を送ってくれる方、または弔電を頂いた方にもお礼状を送ることが一般的です。
お礼状に書くポイントとしてオススメする次の要点をおさえておくと安心です。

  • 拝啓と敬具などの頭語と結語を使う

  • 時候の挨拶からはじめる

  • お花のお礼

  • 葬儀が無事終了したことを報告する

  • 相手の健康を願う言葉

  • 締めの言葉

  • 日付、住所、名前

ではその際の例文を以下にまとめましたのでぜひ参考にしてください。

親族の場合

御供花ありがとうございました
故人の安らかな眠りを過分のお供花で飾っていただきましたこと大変感謝しております
素敵な花の香りに包まれてやすからな眠りについたことと存じます

会社の場合

拝啓

○○の候 皆様には益々ご清栄のことと拝察申し上げます
亡○○儀の葬儀に際しましては早速ご鄭重なるご供花を賜り大変感謝しております
お受けしたお花は霊前に飾らせていだき故人もやすらかに眠っていることと存じます
お陰をもしまして葬儀はとどこおりなく執り行わせていただきました
就いては直接お礼にお伺いすべきところですが、書中をもって謹んでお礼申し上げます
敬具

平成○○年〇月
東京都〇〇区○○
喪主○○

お返しはのしに包んで渡す

お返しはのしに包んでお渡ししますが、色々な種類がありどれを使うか迷ってしまいますよね。
のしはそれぞれに目的や意味がありますので、弔事の際はとくに慎重に正しいのしを選ぶことが必要です。

失礼にならないよう表書きや水引きなどの正しいマナーについて終活ねっとでは詳しくご説明したいと思います。

表書き

供花のお返の品ののしの表書きは「志」が一般的です。
志という言葉には気持ちが込められている意味がありますので、頂いたお花の感謝の気持ちが相手にも伝わります。

場所によってはのしの表書きは「粗供養」にすることがあり関西地方でよく使われる傾向があります。
のしの選び方で困った時はギフト店や葬儀社などにアドバイスしてもらうこともよいでしょう。

「志」は宗教に関係なく使用できる表書きで、地域により「〇回忌志」にすることもあります。
のしの下段には施主の名字やフルネームを書いてください。

水引きの選び方

水引は日本で古くから贈答品を送る際に帯紐をつける習慣で、香典返しでは水引が印刷された掛け紙を使うことが一般的です。
水引は色や本数、結び方に意味があり目的とは違うものを用いると大変失礼になることもあるので注意しないといけません。

弔事の場合の水引は不幸が続かないようにという意味を込めて「結び切り」を用います。
結び切りとは水引を細結びにしてほどけないようにしたもので、二度と繰り返さないように弔事全般で使われています。

葬儀のお花のお返しの際、水引は葬儀のお供えのお返しのように黒白または黄白の水引を選び、黒や黄色などの濃い色が右側に来るように使用しましょう。

葬儀のお花へのお返しまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは葬儀で頂いたお花のお返しの方法について、相場金額、品物の種類など大切な要点をご説明しました。
今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • 葬儀のお花の種類について

    葬儀では置く場所や意味により枕花、供花、花輪、献花と呼ばれる種類があります。

  • お返しの品物と相場金額について

    お返しの相場金額はお花の1/3、品物を渡す際は日持ちしやすい菓子折りが人気です。

  • お返しの送り方について

    お返しのタイミングは四十九日後、お礼状やのし、水引を正しく選び感謝の気持ちを示します。

葬儀で頂いたお花のお返しの方法は大切なマナーを守り、今後の付き合いなども考慮してきちんとお礼をしないといけません。
お礼状の例文などもご紹介しましたのでもしもの際にぜひ活用していたっ抱けると幸いです。

終活ねっとでは葬儀に関するあらゆる記事を多数ご用意していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・花・お返し」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・花・お返し」についてさらに知りたい方へ

葬儀のお返しの方法とは?送る相手や品物からマナーについても解説のサムネイル画像

葬儀のお返しの方法とは?送る相手や品物からマナーについても解説

葬儀で頂いた供花へのお返しの仕方は?金額相場や品物の選び方を解説のサムネイル画像

葬儀で頂いた供花へのお返しの仕方は?金額相場や品物の選び方を解説

葬儀で頂いた生花へのお返しの相場は?品物の選び方や送り方も解説!のサムネイル画像

葬儀で頂いた生花へのお返しの相場は?品物の選び方や送り方も解説!

葬儀の会社への報告の方法とは?休暇の日数や連絡方法・注意点を解説のサムネイル画像

葬儀の会社への報告の方法とは?休暇の日数や連絡方法・注意点を解説

葬儀での生花マナーとは?生花の送り方やお返しのマナーを解説!のサムネイル画像

葬儀での生花マナーとは?生花の送り方やお返しのマナーを解説!

葬儀後のお供え物の渡し方とは?金額相場やのしの包み方も解説!のサムネイル画像

葬儀後のお供え物の渡し方とは?金額相場やのしの包み方も解説!

葬儀に送られたお花へのお返しの相場は?送り方やお礼状の例文も解説のサムネイル画像

葬儀に送られたお花へのお返しの相場は?送り方やお礼状の例文も解説

葬儀に送るお花とは?お花の送り方や金額相場・お花の種類も解説!のサムネイル画像

葬儀に送るお花とは?お花の送り方や金額相場・お花の種類も解説!

葬儀に送るお花について解説!送る方法や金額相場までご紹介!のサムネイル画像

葬儀に送るお花について解説!送る方法や金額相場までご紹介!

葬儀で使うのしの書き方とは?表書きや名前の書き方について解説のサムネイル画像

葬儀で使うのしの書き方とは?表書きや名前の書き方について解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・花・お返し」についてさらに知りたい方へ

葬儀のお返しの方法とは?送る相手や品物からマナーについても解説のサムネイル画像

葬儀のお返しの方法とは?送る相手や品物からマナーについても解説

葬儀で頂いた供花へのお返しの仕方は?金額相場や品物の選び方を解説のサムネイル画像

葬儀で頂いた供花へのお返しの仕方は?金額相場や品物の選び方を解説

葬儀で頂いた生花へのお返しの相場は?品物の選び方や送り方も解説!のサムネイル画像

葬儀で頂いた生花へのお返しの相場は?品物の選び方や送り方も解説!

葬儀の会社への報告の方法とは?休暇の日数や連絡方法・注意点を解説のサムネイル画像

葬儀の会社への報告の方法とは?休暇の日数や連絡方法・注意点を解説

葬儀での生花マナーとは?生花の送り方やお返しのマナーを解説!のサムネイル画像

葬儀での生花マナーとは?生花の送り方やお返しのマナーを解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと