臨済宗妙心寺派の葬儀の流れや特徴って?お布施や作法もご紹介します

臨済宗妙心寺派の葬儀の流れや特徴って?お布施や作法もご紹介します

色々な仏教宗派がありますがその中でも禅宗の宗派は一般的にどの様な葬儀を行うのでしょうか?そんな禅宗の臨済宗妙心寺派の、葬儀の仕方など他の宗派とどのような違いがあるのか少し気になります。臨済宗妙心寺派の葬儀の流れや、特徴も含めてお布施や作法をご紹介していきます。

最終更新日: 2020年09月09日

臨済宗妙心寺派の葬儀について

葬儀

精神修行で座禅が人気ですが、臨済宗妙心寺派の葬儀にはどのような決まりがあるのでしょうか。
臨済宗妙心寺派の葬儀は、他の宗派とはどのように違うのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、臨済宗妙心寺派の葬儀に関して詳しくご説明していきます。
また、その上で記事では臨済宗妙心寺派の葬儀費用やお布施までもご紹介しています。

  • 臨済宗妙心寺派の歴史や教え

  • 臨済宗妙心寺派の葬儀の意味

  • 臨済宗妙心寺派の葬儀の特徴

  • 臨済宗妙心寺派の葬儀作法

以上の項目を軸に解説していきます。
臨済宗妙心寺派の葬儀について最後までご覧いただき、参考にしていただけたらと思います。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

臨済宗妙心寺派とは?

葬儀

臨済宗妙心寺派とはどんな宗派なのでしょうか。

まず、臨済宗は、日本の禅家五家(臨済宗、曹洞宗、日本達磨宗、黄檗宗、普化宗)の1つで、禅宗の一派です。
禅宗はインドの達磨大師によって中国の臨済禅師に伝えられ、その後日本へ伝承されました。

禅宗の宗派の中で臨済宗は、鎌倉時代や室町時代の武家政権との繋がりが深い宗派でした。
臨済宗は基本14派に分かれていますが、
その中で少し時の政権とは距離を置いていたのが、妙心寺派と大徳寺派で林下の法系と呼ばれています。


現在、臨済宗の約7万7000程ある寺院の内約3万4000が妙心派の寺院です。

臨済宗妙心寺派の歴史

臨済宗妙心寺の歴史は、1337年に妙心寺が開山無相大師によって開山創設し現在に至っています。

元々妙心寺の場所には、花園御所(離宮萩原殿)があり禅寺に改める事を花園法皇が勅願されました。
開山無相大師の開いた、臨済宗妙心寺派は現在では4派に分かれています。

臨済宗妙心寺派は、禅宗独特の厳しい修行を行っている宗派でもあります。

妙心寺派の寺院名は、釈迦の説いた句「正法眼蔵涅槃妙心(最高の悟り)」から名付けられました。
「正法眼蔵涅槃妙心」は、釈迦の嗣法の弟子摩訶迦葉(まかかしょう)に釈迦が説いた句です。

臨済宗妙心寺派の教え

臨済宗妙心寺派では、生活信条と信心についてを教えとして説いています。
日々の生活の中で、報恩感謝を常に心に置いて自分の仏を信じて日々の感謝をしましょう。
また、足下を常に見つめながら日々を過ごす様にと説いています。

「生活信条」では、日常での心得としての教えを3項目に分けて説いています。

  • 1日1度は必ず呼吸と心を整える為に静に座しましょう。

  • 人間の尊厳を大事にして自分の生活と他人の生活どちらも大切にしましょう。

  • 人として生かされている事に日々感謝しながら報恩の徳を積みましょう。

また、「信心について」の教えでも、3項目に分けて説いています。

  • 静に座す時の心得として、我が身を空として念じて行いましょう。

  • 衆生(在家)は皆基本仏とみなし信じきって拝んでいきましょう。

  • 社会を心の花園と念じ穏やかな気持ちで過ごしましょう。

臨済宗は別名仏心宗とも言われるほどで、基本的に釈迦の心を自分自身の心に宿して生きて行ける様になる事を目指す教えです。
座禅を組み仏陀の心を得る事で現世成仏し、仏に近づく事を目的とした修行をするのが禅宗の教えです。

臨済宗妙心寺派の葬儀の意味

葬儀

臨済宗妙心寺派の教えを、わかって頂いたところで本題の葬儀についてご紹介していきます。

人が亡くなると、先祖代々お付き合いがあるお寺や、お墓を購入したお寺などへ葬儀を依頼します。
葬儀は故人の魂を成仏させて浄土へ送り届ける事が最大の目的です。

臨済宗妙心寺派の葬儀でも、まずは浄土に送り届ける為に授戒を行います。
授戒とは仏弟子になるために必要な儀式の1つで「授戒」を行う事で釈迦の弟子となれます。
また、浄土に送り届ける為の引導を渡す儀式も葬儀の中で行います。

禅宗でも葬儀とは、故人を成仏させる事が目的で行われます。
しかし、臨済宗妙心寺派の葬儀は、他の宗派とは少し違うところがあります。

それは、授戒は戒律を授ける事です。
仏弟子として浄土に行く為に戒律は必要とされているからです。

臨済宗妙心寺派の葬儀の特徴

葬儀

臨済宗妙心寺派の葬儀には、他の宗派にはない特徴があります。
きっと、初めて参加された方には驚きを感じるはずです。
様々な宗教がありますが、仏教の中でも禅宗の葬儀は少し独特です。

臨済宗妙心寺派の葬儀は、授戒、念誦、引導の構成で行われます。
それぞれの構成に重要な意味があります。
「授戒」は、仏の門に入れる様に授けられる戒律です。
「念誦」は、仏の御許に送り出す儀式となります。

「引導」は読んで字の如く、引導を渡しあの世へと導くものです。
「引導」は「引導法語(いんどうほうご)」と言います。
引導の作法と意味を少し詳しくご説明いたします。

引導法語

引導法語(いんどうほうご)は、導師が故人の徳を漢詩にして読み上げるます。
この漢詩には、故人が生まれてどのような人生を過ごしたのかが書かれています。

引導はまだ迷いがある故人に対して、わかりやすく仏の教えを説きながら仏界へと導くものです。
ただ、言葉だけでは伝え切れない事などを最後に一言「か~つ(喝)」と言って引導を渡します。

故人が迷わない様に、この世への未練も含めて一喝し浄土へ送り導く為に行われています。

シンバルのような楽器を使う?

シンバルの様な楽器と形容されますが、妙鉢(みょうはち)と言い宮中で使われていた打楽器です。
故人の成仏を願って唱えられる、「往生咒(おうじょうしゅ)」と共に太鼓と打つならされます。

「往生咒(おうじょうしゅ)」は、葬儀の終わり近くに安らかに成仏出来る様に行われます。
しかし、初めて臨済宗妙心寺派の葬儀に参加する人にとっては楽器が使われる事にビックリします。

臨済宗妙心寺派の葬儀の流れ

葬儀

臨済宗妙心寺派の葬儀の流れ一覧をご用意しました。
葬儀での他の宗派との違いを、一覧から感じ取って頂けるのではないでしょうか。

  • 枕経

    「観音経」、「陀羅尼経」、「和讃」を、故人の枕元で唱えます。

  • 通夜

    遺族や親族と親しい人達が参列して行われます。この通夜で唱えられるお経は、「遺教経(ゆいきょうぎょう)」「父母恩重経(ぶもおんじゅうきょう)」「宗門安心章(しょうもんあんじんしょう)」です。

  • 導師入場

    葬儀を執り行い故人へ授戒を与え引導を渡す僧侶が会場に入られる。

  • 剃髪~授戒・懺悔文

    剃髪では、「剃髪の偈」を剃髪用のカミソリを導師が持ち行います。懺悔文では授戒の為の、故人の生前の懺悔文を読み上げ成仏出来る様にお伺いを立てる。

  • 三帰戒文~三聚浄戒

    三帰戒文は、仏の教えに帰依する(従う)事を正式に誓う儀式です。三聚浄戒は法水で、清める為の洒水灌頂(しゃすいかんじょう)を棺に対して行います。

  • 血脈(けつみゃく)授与

    血脈とは仏の弟子になった証を言います、香をを焚きご霊前に供え血脈授戒の儀式を終えます。また、授戒の間に故人へ浄土での名前になる戒名が付けられます。

  • 入龕諷経(にゅうがんふぎん)~山頭念誦(さんとうねんじゅ)

    入龕諷経はお棺に故人を移し入れる説きに大悲心陀羅尼(だいひしんだらに)を唱えます。龕前念誦(がんぜんねんじゅ)の儀では、お棺を閉める時に読経を唱え十仏名を唱えます。山頭念誦では、「往生咒(おうじょうしゅ)」を唱え妙鉢や太鼓を鳴らし成仏を願います。

  • 引導法語

    故人を松明の替りの法具を使って浄土への道筋を付けます。引導法語を唱えながら行われます。

  • 焼香~回向文

    「観音経」や「大悲心陀羅尼(だいひしんだらに)」が、唱えられる中で焼香が行われます。焼香の後に、導師による回向文が読み上げられ故人へ参列者から頂いた徳が故人へ回向されます。

  • 鼓鈸三通(くはつさんつう)~出棺

    鼓鈸三通が行われ2回目の妙鉢や太鼓が打ちならされる中で出棺になります。

  • 初七日

    多くの遺族は、火葬後に初七日を行います行うか行わないかはそれぞれの遺族で違います。

「終活ねっと」では様々な葬儀プランをご用意しております。
お気軽にご相談ください。



臨済宗妙心寺派の戒名

葬儀

臨済宗妙心寺派だけではなく、亡くなった後の名前として戒名を付けてもらいます。
一般的に戒名の相場はあってないものとも言われています。

授かる戒名は、故人と寺院との関係によって位が変わる様です。
他の宗派でも戒名には位があり、位が高くなるほど戒名料も高い金額となっています。

一般的に戒名と言われていますが、道号の次に戒名そして位号で構成されています。
各宗派によって様々な戒名の付け方があり全て同じではない様です。
また、社会的に地位の高い人や、お寺に貢献した人に道号ではなく院号が付けられます。

臨済宗妙心寺派の戒名には、院号以外に「軒」、「庵」、「斎」を使う事があり他の宗派とも違います。

臨済宗妙心寺派の葬儀でのお布施

葬儀

葬儀に必要な費用がいくら掛かるのか、心配になりますが一番悩む事と言えばお布施の額です。
家族が亡くなって悲しみの中にある遺族にとって、葬儀をお願いする時のお布施はいくら包めば良いのでしょうか。

葬儀でのお布施の金額は、戒名の位によっても大分違ってきます。
戒名の「位号」である、信女・信士だと戒名の相場的には標準な金額です。
しかし、位の高い院号が付くと高額のお布施が必要になります。

お布施の相場はありますが、各家庭の事情もありますお寺へ気兼ねなくお聞きした方が良いでしょう。

臨済宗妙心寺派の葬儀での作法

葬儀

葬儀の際の作法は、いつもどの様な作法で行えば良いのか少し迷ってしまいます。
臨済宗妙心寺派の葬儀は、他の宗派とは違っていますが葬儀での作法も違うのでしょうか。

葬儀では焼香の作法が一番難しく、宗派によって変わるので迷ってしまいます。
臨済宗妙心寺派の作法は、他の宗派と焼香の時などはどのような作法の仕方をするのでしょうか。
改めて臨済宗妙心寺派の葬儀での作法をご紹介します。

臨済宗妙心寺派の焼香

臨済宗妙心寺派でのご焼香の作法は、全ての臨済宗で同じ作法で同じとは限りません。
ただ、臨済宗妙心寺派の葬儀での焼香作法をご説明します。

  • 遺族や親族と導師へ一礼します。

  • 霊前へ一礼します。

  • 親指と人差し指と中指で塗香をつまみ香の上に乗せます。塗香を額の高さにあげる事もありますが臨済宗妙心寺派の作法では行いません。

臨済宗妙心寺派の焼香作法では、一回だけとされていて他の宗派とは違っています。

また「終活ねっと」では、他にも様々な記事をご紹介しています。
焼香の仕方や特徴は、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひあわせてご覧ください。

臨済宗妙心寺派の線香

焼香の仕方も特徴がありますが、お線香をあげる時も他の宗派のやり方とは違いがあります。
臨済宗妙心寺派では、線香は1本だけ利き手でロウソクの火から火を付けます。
数珠は反対側の手に掛けて邪魔にならない様にしてください。

線香が1本なのは、禅の教えである今ある自分を大切にという意味と先祖への供養の為のお線香です。

臨済宗妙心寺派の数珠

臨済宗妙心寺派は禅宗ですが、禅宗では普段数珠を使う事はありません

数珠は108個の数珠玉の物を使います。
本式数珠を二重にして手も掛けて使います。
ただし、基本的に数珠を使う作法はありませんから数珠に対しての決まりはありません

臨済宗妙心寺派の香典の表書き

臨済宗妙心寺派は禅宗です。
お香典を持って行く時に他の仏教宗派と同じかそれとも違うのか迷います。
神道やキリスト教では、仏教とは違いそれぞれに決まりがあります。

臨済宗妙心寺派は、禅宗とはいえ釈迦の教えを基本にしている仏教徒に変わりはありません。
禅宗でも香典の表書きには、四十九日までは「御霊前」と書きそれ以後は「御仏前」と書きます。
臨済宗妙心寺派の香典の表書きも、一般的な香典の表書きと同じです。

また「終活ねっと」では、他にも様々な記事をご紹介しています。
香典の書き方についてより詳しく知りたいという方は、ぜひ以下の記事をあわせてご覧ください。

臨済宗妙心寺派の葬儀のまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回「終活ねっと」では、臨済宗妙心寺派の葬儀について特徴や疑問点など以下の事をご説明してきました。

  • 臨済宗妙心寺派の教えは、報恩感謝と日々静に座して自分を見つめる事です。

  • 臨済宗妙心寺派の葬儀の意味は、浄土へ行くための授戒を授け引導を渡す意味愛があります。

  • 臨済宗妙心寺派の葬儀の特徴は、引導法語他の宗派にない妙鉢や太鼓を使って浄土へ導きます。

  • 臨済宗妙心寺派の葬儀での作法として、焼香は1回額まで押し上げません。

一般的に禅宗の寺院等はあまり教えや作法などを知らない人が多く、いざ葬儀に行く時など迷う事になります。
臨済宗妙心寺派の葬儀は、どのような特徴がありどのような作法があるのか悩む人が多いでしょう。

臨済宗妙心寺派の葬儀は、少し驚く事がありますが仏教行事に変わりはありません。
心静に故人の冥福を祈り、新鮮な気持ちで葬儀に参加してください。

また「終活ねっと」では、他にも様々な記事をご紹介しています。
以下の記事では、葬儀の費用相場について解説しています。
ぜひこちらもあわせてご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事