神道の葬儀にかかる時間や流れって?神道の葬儀の作法もご紹介!

仏式葬儀に比べると、神道のやり方に基づいた神式葬儀の内容というのはあまりメジャーではありません。ただ、神道の葬儀の流れについてあらかじめ知っておくと、参列することになった場合に落ち着いて振舞うことができます。今回は神道の葬儀の流れや作法を見ていきましょう。

目次

  1. 神道の葬儀の流れについて
  2. 神道の葬儀とは?
  3. 神道の葬儀の流れをご紹介
  4. 神道の葬儀にかかる時間
  5. 知っておきたい神道の葬儀の作法
  6. 神道の葬儀の流れに関するまとめ

神道の葬儀の流れについて

葬儀

日本で一般的に行われている葬儀といえば、僧侶のお経が流れ、参列者が焼香し、お悔やみの言葉として「ご冥福」や「成仏」といった言葉がやり取りされるような仏式葬儀でしょう。
しかし、日本には仏教が伝わるより以前から信仰されてきた神道という宗教もあり、私たちにとっては神社参拝を通じて幼いころから縁があります。

そして、神道の形式に基づいたいわゆる神式の葬儀も実際に存在しますが、仏式葬儀ほどメジャーではない分、具体的にどのような流れで行われるのかはあまり知られていません。
しかし、神道の葬儀の流れや作法をあらかじめ理解しておけば、参列することになった場合に落ち着いた振る舞いができるでしょう。

そこで今回終活ねっとでは、神道の葬儀の一般的な流れや守るべき作法について詳しくご紹介します。

  • 神道の葬儀とはどのようなものなのか?

    神道の葬儀がどのようなものかについて、神道という宗教に触れながらご紹介します。

  • 神道の葬儀の流れとは?

    神道の葬儀がどのような手順や流れで行われるのかを、故人の臨終の時点からわかりやすくかつ詳細にご説明いたします。

  • 神道の葬儀の所要時間はどのくらい?

    神道の葬儀の所要時間を、通夜の場合と葬場祭の場合とに分けて見ていきます。

  • 知っておきたい神道の葬儀で守るべき作法とは?

    神道の葬儀で欠かせない作法として、手水と玉串奉奠の作法をご紹介します。

神道の葬儀に参列する予定のある方にとって非常の有用な情報を豊富に載せてありますので、最後まで読んでいただければ幸いです。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

神道の葬儀とは?

葬儀

神道の葬儀とはいったいどのようなものなのでしょうか?
ここではまず、神道という宗教について触れながら、神道の葬儀がどのようなものなのかを簡潔にご紹介します。

神道とはどんな宗教?

神道とは、日本の神話に登場する神様(天照大神など)や、死後に神様とされた歴史上の偉人などを崇拝する日本古来の民族宗教です。
もともとは、遠い昔に日本で信じられていた自然信仰(アニミズム)が起源となっております。

神道の祭祀施設が私たちが初詣などでよく出かける神社であり、神道の中で直接神様に仕えながら祭祀を執り行う宗教者を神職(宮司や巫女など)です。

神道の葬儀の正式名称

神道で行われる葬儀には、神葬祭という正式名称があります。
ただ、神葬祭は通夜や本葬、火葬をひとくくりにした神道の葬儀全体のことをいう正式名称です。

なお、通夜については「通夜祭」、葬儀・告別式(本葬)を「葬場祭」、火葬のことを「火葬祭」といいます。

神道での葬儀の意味合い

仏式葬儀が故人の冥福と成仏を祈る意味があるのと同じように、神道の葬儀にもきちんとした意味があります。

神道では故人は亡くなってから50日でその家の守護神になるという考え方に立っているため、神様に故人の死を伝えて、新しく神様になっていただくために行うというのが目的です。
これは、神道という宗教の重要な考え方に先祖崇拝があることによります。

神道の葬儀の流れをご紹介

葬儀

神道や、神道の葬儀について簡単にどのようなものであるかについて見てきたところで、ここからは神道の葬儀(神葬祭)の流れを詳しく見ていきましょう。

臨終〜通夜

神道の葬儀は故人が臨終を迎えたところから始まります。
まずは、故人の臨終した時点から通夜の前にやることについて見ていきましょう。

帰幽奉告

故人が病院などで息を引き取り、その知らせを受けた後に最初に行われるのが、帰幽奉告(きゆうほうこく)と呼ばれる儀礼です。
これは、故人がこの世界(現世:うつしよ)での生涯を終え、神様が住む死後の世界である幽世(かくりよ)に戻ったことを、ご自宅にある神棚や祖霊舎の前でお知らせする内容となっています。

なお、奉告が終わると神棚や祖霊舎の扉を閉めたうえで、白い半紙を使って封をするのが作法です。
これにより、故人が亡くなったことによる穢れが神様のいらっしゃる神棚や祖霊舎の中にまで入ってこないようにします。

枕直しの儀

帰幽奉告が終わり故人のご遺体がご自宅に戻ってくると、次は枕直しの儀を行います。
枕直しの儀とは、故人のご遺体に白い小袖を着せ、北枕に向けて寝かせたうえで、枕元に刀を置くというものです。

さらに、枕のそばに祭壇を設けて、米や水、酒、生前故人が好んでいたものなどをお供えします。

納棺の儀

枕直しの儀が終わった後、納棺の儀が行われます。
故人のご遺体を棺の中に納め、その棺を白い布で覆うものです。
なお、納棺の直前に榊の葉に水をつけたうえで、故人の口を湿らせて末期の水の儀式を行う場合もあります。

白い布で棺を覆った後は、喪主以下その場にいる方たちは全員、棺に対して拝礼するのが作法です。

通夜の流れ

納棺の儀まで終わると、いよいよ通夜が行われます。
なお、神道の通夜では通夜祭と遷霊祭(御霊移しの儀)をひとくくりに行うのが一般的です。

通夜祭

神式の通夜ではまず通夜祭から行われます。
通夜祭の主な流れは以下のようなものです。

  • 手水の儀:式を導く神職(斎主)や、喪主などのご遺族、ご親族など、儀式に参列する方全員が手水を行って心身を清めます。
  • 修祓の儀:式が始まってから最初に行う清めのためのお祓いのことです。
    なお、修祓の儀は神式の儀礼では必ず最初に行います。
  • 献饌(けんせん):祭壇に米や酒、水、塩、故人が好んだものなどをお供えします。
  • 斎主による祭詞奏上:仏式葬儀でいう読経に当たるものです。
  • 玉串奉奠:仏式葬儀でいう焼香に当たるもので、喪主・ご遺族・ご親族・その他の参列者の順番に玉串をお供えします。

以上が通夜祭の基本的な流れですが、地域によって異なる場合もありますので、あらかじめ理解しておくと良いでしょう。

遷霊祭

通夜祭の玉串奉奠まで終わった後、続く形で遷霊祭(御霊移しの儀:みたまうつしのぎ)が行われます。
これは故人がその家の守護神になるまでのおよそ50日の間、その霊を仮の依り代となる霊璽(仏式でいう位牌)に移すための儀式です。

遷霊祭でも神職が祭詞を奏上しますが、玉串奉奠は行いません。
遷霊祭が終わると、直会(なおらい:会食のこと)の時間となります。

葬式(葬場祭)の流れ

翌日、神道の葬式である葬場祭が行われます。
葬場祭の流れは一般的に以下のようなものです。

  • 開式の辞:司会の方により開式が宣言されます。
  • 修祓の儀:通夜の場合と同じように、最初に会場全体をお清めする意味で斎主がお祓いを行われます。
  • 献饌
  • 祭詞奏上
  • しのび歌の奏楽:祭詞奏上が終わった後、神職の楽員によって歌われる故人を悼んでお見送りするための歌です。
  • 玉串奉奠:通夜祭と同じように喪主を先頭として順番通りに行います。
  • 出棺祭の祭詞奏上:故人の棺の出棺に先だって斎主が祭詞奏上を行います。
  • 撤饌・斎主退場
  • 弔辞・弔電の紹介:故人に寄せられた弔辞と弔電の紹介が行われます。
  • 閉式の辞:司会により閉式が宣言されます。
  • 喪主挨拶:ご遺族を代表して喪主が参列者に対して挨拶をします。

以上が葬場祭の基本的な流れですが、地域によって異なる場合もありますので、あらかじめ理解しておくと良いでしょう。

火葬〜埋葬の流れ

葬場祭が終わると、火葬場にて火葬祭が、火葬後には帰家祭が、埋葬の前には埋葬祭が行われます。

火葬祭

火葬祭は火葬場の炉の前にて火葬に先立ち行う儀式です。
斎主が祭詞を奏上する間、喪主をはじめとするご遺族など参列者全員で玉串を奉じつつ拝礼します。

火葬祭の後が火葬が行われ、火葬終了後にご遺骨を骨壺に納めるという点は仏式葬儀の場合と同じです。

帰家祭

帰家祭は火葬が終わって、故人のご自宅に戻ってきた後に行う儀式で、帰家祭の準備自体は出棺後に残ったご親族などで行うのが一般的です。

ご自宅に入る際に神職がお祓いをするか、または手水や塩で心身を清め、さらに家の入口に清めの塩をまきます。
そして、故人の霊前で葬場祭が終わったことを神様に奉告するという流れです。

なお、帰家祭が終わると神職や参列者の方をおもてなしするために直会の時間が持たれます。
神道の直会は、仏式葬儀のお斎以上に重要な意味を持っているため、極力参加するのが作法です。

埋葬祭

埋葬祭は故人のご遺骨の埋葬に先立って行われる儀式です。
かつては、火葬した直後、そのまま墓前に赴いて行っていましたが、近年では五十日祭(仏式でいう四十九日法要)に合わせて行う例も増えてきています。

埋葬祭では、まず準備としてお墓の四方に竹を立てたうえで、それぞれの竹をしめ縄で結び、その前に祭壇(米や酒、水などをお供えしたもの)を設けるのが一般的です。

そして、ご遺骨を埋葬したうえで、祭詞奏上とご遺族の拝礼を行います。
さらに、お墓には銘旗(故人の名前や職名を記した旗)やお花をお供えします。
なお、帰幽奉告の際に神棚などに封として施した白い藩士は、五十日祭が終わった後で外しましょう。

神道の葬儀にかかる時間

神社

上記で神道の葬儀である神葬祭の一連の流れについて見てきましたが、具体的な所要時間はいったいどのくらいなのでしょうか?
この項目では神道の葬儀にかかる時間を、通夜の場合と葬場祭の場合とに分けて見ていきましょう。

通夜にかかる時間

通夜にかかる時間から見ていきますと、実は仏式葬儀の通夜の場合と同じく式自体は18時開始で1時間程度という場合が多く見られます。
なお、この所要時間は通夜祭と遷霊祭の両方を合わせた時間です。
ちなみに、玉串奉奠が30分ほどで最も時間を要します。

その後、直会の時間が持たれますが、こちらも1時間半から2時間程度という場合が多く見られるパターンといえます。
ここまで合計すると、通夜全体にかかる時間としておよそ2時間半から3時間程度と見込んでおくと良いでしょう。

葬場祭にかかる時間

葬場祭の場合も11時に開式してから出棺するまで1時間程度の所要時間です。
こちらの場合も、玉串奉奠の時間が20分から30分と式次第の中で最も時間を要します。

なお、その後に行われる火葬祭と火葬で1時間半、その後の帰家祭・直会が2時間から2時間半ほどですので、全体の合計としては4時間半から5時間ほどです。
特に火葬祭と火葬の時間が非常に時間がかかるという点は、あらかじめ理解しておきましょう。

知っておきたい神道の葬儀の作法

神社

神道の葬儀に参列する際にぜひとも覚えておきたい作法として、手水の儀と玉串奉奠があります。
神社参拝や神道結婚式など、神道にまつわる儀式に参列する機会が多い場合は覚えておくと非常に役立ちますので、ぜひここで理解していきましょう。

手水の儀の手順

手水の儀とは、神道の儀式や神社参拝に臨む前に必ず行うお清めの儀式のことです。
葬儀の場合は、会場の入口に専用のスペースが用意されています。

順序としてはまず、柄杓を手に取って、水を一すくい汲みましょう。
この一すくいの水で以下のすべての流れを行うため、後から追加で水を汲むということはありません。

まず、右手で柄杓を持った状態で左手に水をかけ、その後柄杓を左手に持ち替えて右手に水をかけます。
そして、再び柄杓を右手に持ち替えた後、左手で器を作って水を少し貯め、貯めた水で口の中を清めたうえで出しましょう(この時柄杓に口をつけたり、口に入れた水を飲んではいけません)。

その後、再度左手に水をかけて清め、最後は柄の根元で柄杓を立てて残った水が柄を濡らすようにします。
ここまで終わったら柄杓を元に戻すか、次の方にお渡ししましょう。

玉串奉奠の手順

玉串奉奠は儀式の最中に行うもので、玉串と呼ばれる榊の枝に紙垂(しで)が結んであるものを祭壇前に設置した玉串案(玉串をお供えするための台)にお供えします。

手順としてはまず、ご自身の順番が回ってきたら玉串をお渡しする神職のところに出向き、斎主やご遺族に一礼してから玉串を受け取りましょう。
このとき、右手で玉串の根元を、左手で葉先を持つように受け取るのがポイントです。

その後、玉串案の前に進んで祭壇に向かって一礼し、玉串を右(時計回り)に90度回転させて根元がご自身の手前側に来るようにします。
そこで故人を悼む祈りを捧げた後で、さらに時計回りに玉串を回して根元が祭壇側を向くようにしましょう。

根元が祭壇側に向くところまで来たら、正しい姿勢で玉串案にお供えします。
お供えが終わったら、一歩下がって祭壇に向かって一礼し、その後神職やご遺族にも一礼した後でご自分の席に戻りましょう。

神道の葬儀の流れに関するまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、神道の葬儀の流れについていろいろと詳しく見ていきました。
今回の内容をまとめますと、以下のポイントの通りです。

  • 神道とは日本古来の多くの神様たちを祀る民族宗教で、自然信仰(アニミズム)を起源としている。
    神道の葬儀の正式名称は「神葬祭」というもので、このうち通夜を「通夜祭」、葬儀・告別式(本葬)を「葬場祭」と呼ぶ。

    神道では亡くなった方はその家の神様になるという考え方があるため、葬儀もまたその家の守護神になってもらうために行う。
  • 神道の葬儀は故人が亡くなった直後にご自宅で行われる帰幽奉告から始まる。
    帰幽奉告の後、ご遺体が搬送されてきた段階で枕直しの儀と納棺の儀が行われる。
    通夜については通夜祭と遷霊祭を一緒に行い、遷霊祭まで終わった後は直会の時間を持つ。

    葬儀・告別式(本葬)である葬場祭では、最初に修祓の儀を行い、その後祭詞奏上と玉串奉奠などを行う。
    斎主が退場した後は故人に寄せられた弔辞や弔電を紹介し、最後に喪主が挨拶をする。
    その後、火葬祭や帰家祭、埋葬祭も行う流れである。
  • 神道の葬儀にかかる時間については、通夜の場合で2時間半から3時間程度、葬場祭の場合(火葬祭なども含め)で4時間半から5時間程度である。
    なお、通夜祭・遷霊祭と葬場祭自体は1時間程度である。
  • 手水の儀はまず柄杓に水を一すくい取って、その後で両手と口の中を清め、最後は使った柄杓の柄も清める。
    なお、口を清める際は柄杓を口につけないことや口に含んだ水を飲まないようにするのがポイントである。

    玉串奉奠については右手で根元を持つように受け取り、玉串案の前で90度時計回りに回転させた後哀悼の気持ちで祈る。
    その後、根元を祭壇側に向けるように右に回転させてからお供えする。

神道の葬儀は故人の臨終直後の帰幽奉告から始まり、通夜では通夜祭と遷霊祭を行い、葬儀・告別式(本葬)では葬場祭を催す流れです。
その後、火葬祭、帰家祭、埋葬祭を経てご遺骨をお墓に納骨します。

今回は神道の葬儀について見てきましたが、どのような宗教形式の葬儀でも費用の問題は悩みの種になるでしょう。
もし、葬儀費用ついて気になるということであれば、以下の記事がおすすめですので、ぜひともご参照いただければ幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「神道・葬儀・流れ」に関連する記事

  • 神道と仏教の違いって何? ―数珠の取り扱い―のサムネイル画像

    神道と仏教の違いって何? ―数珠の取り扱い―

    神道とは日本古来の宗教であり、神社や日本神話と関わりの深いものです。しかし、仏教の作法と比べて神道のことはあまりよく知られていないのが実情です。この記事では、神道における数珠の扱い、数珠の捉え方をご説明いたします。

  • 神道のお葬式は仏葬とどんな違いがあるのでしょうか?のサムネイル画像

    神道のお葬式は仏葬とどんな違いがあるのでしょうか?

    仏教、キリスト教などのお葬式はイメージし易いですが、神道の場合はよくわからないことが多いです。今回は、もし参列するお葬式が神道の形式だった場合の、基礎知識や仏式との違いなどをご紹介します。

  • 神道では数珠を使うのか?現代宗教の境界線を考えるのサムネイル画像

    神道では数珠を使うのか?現代宗教の境界線を考える

    神道のお葬式と知らずに数珠を持って行き、慌てた方の体験などを良く見聞きしたことがありませんか?神道では数珠は使いません。神道と仏教の違いな何でしょうか?その辺を探ってみました。

  • 神道式のお墓参りのマナーを知って正しくお墓参りしましょうのサムネイル画像

    神道式のお墓参りのマナーを知って正しくお墓参りしましょう

    日本は多宗教の国です。仏教やキリスト教、神道などがあり、宗教によってお墓参りの方法も変わります。ここでは神道式のお墓参りに着目してお墓参りのマナーについてまとめてみました。

  • 神社での永代供養を解説!神道では永代祭祀という?のサムネイル画像

    神社での永代供養を解説!神道では永代祭祀という?

    神社で永代供養ができることをご存知ですか?永代供養ができるのはお寺や霊園だけではありません。最近、永代供養を行う神社が増えてきました。家族形態や生活洋式が多様化する中、神道式の永代供養を望む方が増えています。神社での永代供養を希望される方は是非お読みください。

  • 神道のお墓ってどうするの?お墓の特徴からマナーまで解説!のサムネイル画像

    神道のお墓ってどうするの?お墓の特徴からマナーまで解説!

    古来より日本人が信仰してきた神道。生活のなかにも深く信仰が根づいていますが、そのお墓については意外と知られていないもの。そこで、神道の墓地や墓石、お墓参りの際のマナーまで、わかりやすくまとめてみました。

  • 神式葬儀の神葬祭とは?流れ・費用やマナーから仏式との違いも解説のサムネイル画像

    神式葬儀の神葬祭とは?流れ・費用やマナーから仏式との違いも解説

    葬儀と聞くと僧侶の方がお経を読む中で焼香を行うという仏式のものをイメージするのではないでしょうか。しかし、日本で行われている葬儀は仏式のものだけではなく、日本古来の宗教である神道に基づいた神式のものもあります。今回は神式の葬儀である神葬祭を見ていきます。

  • 神道の一年祭のお供え物について詳しく解説!一年祭のマナーも紹介!のサムネイル画像

    神道の一年祭のお供え物について詳しく解説!一年祭のマナーも紹介!

    日本で行われる一周忌は基本的に仏式ですが、実は神道でも一年祭と呼ばれる一周忌法要にあたる祭祀があります。もし、神道の一年祭に参列する場合はどのようなお供えをするとよいのでしょうか?今回は神道における一年祭の際のお供え物についてとりあげていきます。

  • 神道における式年祭の数え方は?霊前祭についてもご紹介します!のサムネイル画像

    神道における式年祭の数え方は?霊前祭についてもご紹介します!

    神道では仏教の法要にあたる祭儀を霊前祭といい、一年を超え一定期間ごとに行われる祭儀を式年祭といいます。ただ、式年祭の数え方は仏式とは違うため、いつ行えばいいのか困る場合もあるでしょう。今回終活ねっとでは、神道における式年祭の数え方についてご説明します。

  • 神道の法事での作法を知っていますか?法事の種類や服装をご紹介のサムネイル画像

    神道の法事での作法を知っていますか?法事の種類や服装をご紹介

    神道の法事での作法を知っていますか。 神道の法事は霊祭・式年祭ですが、どんな種類があるのでしょうか。 また作法や服装などは仏教とどのような違いがあるのか、気になりますね。 この記事では、神道の法事について、法事の種類や服装、祭壇の飾り方などを分かりやすく解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「神道・葬儀・流れ」についてさらに知りたい方へ

神道と仏教の違いって何? ―数珠の取り扱い―のサムネイル画像

神道と仏教の違いって何? ―数珠の取り扱い―

神道のお葬式は仏葬とどんな違いがあるのでしょうか?のサムネイル画像

神道のお葬式は仏葬とどんな違いがあるのでしょうか?

神道では数珠を使うのか?現代宗教の境界線を考えるのサムネイル画像

神道では数珠を使うのか?現代宗教の境界線を考える

神道式のお墓参りのマナーを知って正しくお墓参りしましょうのサムネイル画像

神道式のお墓参りのマナーを知って正しくお墓参りしましょう

神社での永代供養を解説!神道では永代祭祀という?のサムネイル画像

神社での永代供養を解説!神道では永代祭祀という?

神道のお墓ってどうするの?お墓の特徴からマナーまで解説!のサムネイル画像

神道のお墓ってどうするの?お墓の特徴からマナーまで解説!

神式葬儀の神葬祭とは?流れ・費用やマナーから仏式との違いも解説のサムネイル画像

神式葬儀の神葬祭とは?流れ・費用やマナーから仏式との違いも解説

神道の一年祭のお供え物について詳しく解説!一年祭のマナーも紹介!のサムネイル画像

神道の一年祭のお供え物について詳しく解説!一年祭のマナーも紹介!

神道における式年祭の数え方は?霊前祭についてもご紹介します!のサムネイル画像

神道における式年祭の数え方は?霊前祭についてもご紹介します!

神道の法事での作法を知っていますか?法事の種類や服装をご紹介のサムネイル画像

神道の法事での作法を知っていますか?法事の種類や服装をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「神道・葬儀・流れ」についてさらに知りたい方へ

神道と仏教の違いって何? ―数珠の取り扱い―のサムネイル画像

神道と仏教の違いって何? ―数珠の取り扱い―

神道のお葬式は仏葬とどんな違いがあるのでしょうか?のサムネイル画像

神道のお葬式は仏葬とどんな違いがあるのでしょうか?

神道では数珠を使うのか?現代宗教の境界線を考えるのサムネイル画像

神道では数珠を使うのか?現代宗教の境界線を考える

神道式のお墓参りのマナーを知って正しくお墓参りしましょうのサムネイル画像

神道式のお墓参りのマナーを知って正しくお墓参りしましょう

神社での永代供養を解説!神道では永代祭祀という?のサムネイル画像

神社での永代供養を解説!神道では永代祭祀という?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと