葬儀費用の相続税控除の対象項目は?対象にならない項目も解説!

葬儀を行うにはどうしても高額な費用がかかってしまいます。その高額な葬儀費用が相続税控除の対象となることはご存知でしょうか?今回はどのような葬儀費用が相続税控除の対象となるのか、また控除の対象とならない費用にはどのようなものがあるのかについて解説していきます。

目次

  1. 葬儀費用の控除について
  2. 葬儀費用は確定申告できない?
  3. 相続税から控除できる葬儀費用
  4. 相続税の控除対象にならない項目
  5. 領収書いらずでも控除可能?
  6. 相続税の控除額に上限はある?
  7. 葬儀費用の税金の控除は10ヶ月以内に
  8. 葬儀費用の控除についてまとめ

葬儀費用の控除について

お金

故人のために一通りの葬儀を行うにはどうしても高額な葬儀費用が必要になります。
けれども、その高額な葬儀費用を税額控除できるのはありがたいですよね。

ただし、葬儀にかかった費用の全てを控除できるわけではありません。
また、控除できるかどうか紛らわしい項目もあります。
では、どのような費用ならば相続税控除できるのでしょうか?

今回終活ねっとでは、どのような葬儀費用が相続税控除の対象となるのか、どのような費用が控除の対象とならないのかを具体的にご紹介いたします。

  • 葬儀費用は確定申告できるのか?
  • 相続税控除の対象となる葬儀費用とは?
  • 相続税控除の対象にならない項目とは?
  • 領収書は控えておいたほうがよい?
  • 相続税の控除額に上限はある?
  • 相続税の控除の申告期間とは?

以上の内容を解説していきます。
相続税と葬儀費用でお悩みの方にはとても役に立つ情報となっておりますので、是非最後までご覧になってください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀費用は確定申告できない?

困った人々

葬儀を執り行うためには、予想以上に多くの費用がかかりますよね。
では、葬儀費用を確定申告することはできないのでしょうか?

一般的に確定申告とは、個人の一年間の所得にかかる税金の額を計算し、翌年の3月15日までに税務署に申告する手続きのことをいいます。
葬儀費用は所得に関する費用ではありません。
そのため、所得税の確定申告の際に控除することはできません。

しかし、葬儀費用は所得税の控除対象にはなりませんが、相続税から控除することができます。
以下で詳しくみていきましょう。

相続税から控除できる葬儀費用

お金

所得税の確定申告の際に控除できない葬儀費用ですが、相続税の計算の際には控除することができます
故人から相続した遺産の額が基礎控除額を超えた場合に、相続税の申告及び納税が必要になります。
その相続した遺産の額を計算する際に、葬儀費用を控除して計算し相続税を低く抑えることができます。

ここで、どのような費用が控除できる葬儀費用の対象となるのかが問題となります。
葬儀には様々な費用がかかりますが、そのすべてが控除の対象となるわけではありません。
控除できるのは、宗派や葬儀の形式に関わらず、一般的な葬儀に通常かかると考えられる費用となります。

では、相続遺産の額から控除できる葬儀費用の具体的な内容を見ていきたいと思います。

葬儀一式の費用

まず、葬儀一式の費用は控除対象となります。
具体的には祭壇・棺・式場設備・会場使用料など、通夜・告別式の際に一般的に必要とされる費用を控除することができます。

葬儀会場までの交通費や葬儀前後に宿泊が伴う場合の宿泊費も、一般的に妥当と考えられる範囲内であれば控除できます。
ただし、遠方の親族が葬儀に参加するための交通費や宿泊費は、認められないこともありますので注意が必要となります。

通夜振る舞いや会食等、葬儀に伴う飲食にかかる費用も控除の対象となります。
出前で頼んだ場合も控除対象に含まれます。
受付など葬儀の手伝いをしてくれた方への心づけも控除の対象です。

通夜・告別式に来られた方に、礼状と品をお渡しする会葬御礼があります。
この会葬御礼にかかった費用も控除することができます。
花輪・生花代に関しては、故人の遺産を相続するご遺族が負担した分は控除することができます。

火葬の費用

御遺体を火葬をするためにかかった費用も控除することができます。
具体的には、火葬場の使用料や人件費などが挙げられます。
葬儀会場から火葬場までの移動にかかったマイクロバス代・タクシー代などの交通費も控除の対象となります。

ご遺体を火葬するためには火葬許可証が必要ですが、火葬許可証は役所から死亡届の受理と合わせて発行されます。
死亡届は死亡診断書と一枚の用紙になっており、医師に死亡診断書を作成してもらう必要があります。
この死亡診断書の作成費用も控除の対象となっています。

火葬後に納骨をするまで日数があることもあります。
一般的に納骨も葬儀の一部と解釈されるので、納骨に関する費用も控除対象に含まれます。

寺院費用

葬儀の際に支払ったお寺へのお布施、枕経料、戒名料なども控除の対象となります。
神社や教会等にお願いした場合も、もちろん控除の対象となります。

お寺などでは通常領収書をもらえない場合もあります。
その場合には、実際に支払った日時・支払先・項目・金額をメモしておいてください。
領収書が無くても、通常の葬儀費用の範囲内であれば、控除可能な葬儀費用として認められます。

遺体の搬送費用

病院などで亡くなられた後、ご自宅や葬儀会場・火葬場までのご遺体の搬送費用も控除できます。
具体的には搬送に使用した車の利用料、霊柩車で搬送された場合の霊柩車代、運転手へのお車代などがこれに含まれます。

故人が遭難事故などで亡くなられ、ご遺体を捜索する費用がかかった場合も控除の対象となります。
ただし、ご遺体の解剖のためにかかった費用は控除の対象に含まれません。

葬儀全体にかかる費用については、以下の記事で詳しく紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

葬儀にかかる費用がいくらかご存知ですか?葬儀はめったにない出来事ですからご存じないという方も多いでしょう。しかし、葬儀の費用について事前に理解を深めることは大切です。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法を紹介します。

相続税の控除対象にならない項目

お墓

これまで見てきたように、故人が亡くなられてから通夜・告別式、火葬まで一般的な葬儀に通常必要とされる費用は相続税控除の対象となります。
反対に、葬儀やその前後にかかった費用だとしても、一般的に葬儀のための費用として必要と捉えられないものや関係のないものは相続税控除の対象とはなりません。

では、相続税控除の対象とならない費用にはどのようなものがあるのでしょうか?
控除の対象となる葬儀費用に含まれるか含まれないか紛らわしい項目もあります。
その具体的な内容を見ていきたいと思います。

香典返しの費用

香典返しとは、香典をいただいた方へのお礼として渡す返礼品のことです。
この香典返しのためにかかった費用は、相続税控除の対象となりません。
香典は故人ではなくご遺族が受け取るものであり、相続財産には含まれないので控除できません。
(香典はご遺族の贈与収入となりますが、香典収入は贈与税非課税となっています。


ここで注意が必要なのが、会葬御礼の取り扱いです。
会葬御礼と香典返しの両方をした場合は、会葬御礼は相続税控除の対象となります。
しかし、会葬御礼をして香典返しをしなかった場合、会葬御礼は香典返しとみなされ控除できなくなります。

墓石・墓地の管理費用

墓石・墓地に関する費用は葬儀に関する費用ではありませんので、控除できません。
石材店に墓石の彫刻と納骨を共に依頼した場合、納骨に関する費用のみが控除の対象となります。
そのため、費用の内訳を石材店に確認する必要があります。

法要の費用

葬儀の後に行われた法要の費用も控除の対象とはなりません。
具体的には、初七日・四十九日・一周忌などの法要に関する費用です。
初七日法要を通夜・告別式とまとめて行うことがあります。
しかし、初七日法要の部分の費用が明確に区別されている場合は、控除の対象に含めることはできません。

領収書いらずでも控除可能?

葬儀

支払った葬儀費用の領収書については、大切に保管しておきましょう。
相続税の申告書を記入していくにあたって、領収書は葬儀費用を支払った証明となるからです。
また、葬儀社に依頼して葬儀を執り行うという場合には、きちんと領収書を発行してもらうことを忘れないようにしましょう。

一方で、お布施や心づけなどといったものに対しては、領収書が発行されないことが多いです。
この場合には、自らメモを残しておく必要があります。
メモには以下の4点を必ず明記しておきましょう。

  • いつ支払ったのか
  • だれに(どこに)支払ったのか
  • 何のために支払ったのか
  • いくら支払ったのか

相続税の控除額に上限はある?

葬儀

相続税の控除額に上限はありません

近年では、家族葬などの小規模な葬儀が増えてきています。
その一方で、社葬をはじめとした大規模な葬儀も、依然として執り行われることが少なくありません。
大規模な葬儀ですとどうしても費用がかさんでしまいます。
しかし、葬儀の費用の大小にかかわらず、相続税の控除は認められるのです。

葬儀費用の支払いの折半については、以下の記事で詳しく紹介しておりますのでぜひご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀費用を折半することができる?負担する人や安くする方法も解説

葬儀費用の相場は約196万円とされています。できることなら兄弟姉妹と折半したい、とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。今回、終活ねっとでは、兄弟姉妹と葬儀費用を折半できるのか解説します。合わせて葬儀費用を負担する人や安くする方法についても取り上げます。

葬儀費用の税金の控除は10ヶ月以内に

葬儀

相続税の申告及び納税は、故人が亡くなられたことを知った日の翌日から10か月以内に行わなければなりません。
上記の期間を過ぎてしまうと、葬儀費用の相続税からの控除が認められません。

税金の控除を確実におこなうためにも、期間に余裕を持って相続税の控除の申告の準備を進めていきましょう。

葬儀費用の控除についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは、相続税の控除対象となる葬儀費用と控除の対象に含まれない費用について以下のことを解説してきました。

  • 葬儀費用は所得に関する費用ではないので、所得税の確定申告の際には控除できない。
  • 相続税控除の対象となる葬儀費用として、葬儀一式にかかった費用、火葬・納骨に関する費用、寺院費用、ご遺体の搬送にかかった費用が挙げられる。

  • 支払った葬儀費用の領収書を保管しておくことが必要となる。
    寺院では領収書を通常は発行してもらえないため、実際に支払った日時・支払先・項目・金額をメモしておく。
  • 相続税控除の対象とはならない項目として、香典返しの費用、墓石・墓地の管理費用、法要の費用が挙げられる。
  • 会葬御礼をして香典返しをしなかった場合、会葬御礼は香典返しとみなされ控除の対象とはならない。
  • 相続税の控除額に上限はありません。
  • 相続税の控除は10ヶ月以内に済ませておく必要があります。
    余裕を持って申告の準備を進めましょう。

葬儀には様々な費用がかかりますが、一般的な葬儀に関して通常必要と考えられる費用であれば相続税の計算の際に控除の対象となります。
ただし、遠方の親族の交通費・宿泊費など控除の対象として認められるか微妙なものもありますので、判断に迷ったら税務署に相談してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・費用・控除」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・費用・控除」についてさらに知りたい方へ

葬儀費用は経費にできるの?交通費や花代・香典の場合についても解説のサムネイル画像

葬儀費用は経費にできるの?交通費や花代・香典の場合についても解説

葬儀代は確定申告できない?相続税控除の対象項目についても解説!のサムネイル画像

葬儀代は確定申告できない?相続税控除の対象項目についても解説!

相続税控除の対象の葬儀代とは?対象にならない項目や確定申告までのサムネイル画像

相続税控除の対象の葬儀代とは?対象にならない項目や確定申告まで

税金控除の対象となる葬儀代の内訳は?一般的な葬儀代も解説しますのサムネイル画像

税金控除の対象となる葬儀代の内訳は?一般的な葬儀代も解説します

税金控除となる葬儀代の内訳とは?一般的な葬儀の費用についても紹介のサムネイル画像

税金控除となる葬儀代の内訳とは?一般的な葬儀の費用についても紹介

葬儀費用は経費にできる?経費になる項目とならない項目を解説!のサムネイル画像

葬儀費用は経費にできる?経費になる項目とならない項目を解説!

税金で控除される葬儀費用の項目とは?対象にならない項目も解説!のサムネイル画像

税金で控除される葬儀費用の項目とは?対象にならない項目も解説!

葬儀代は確定申告できる?相続税の控除対象や準確定申告の方法も解説のサムネイル画像

葬儀代は確定申告できる?相続税の控除対象や準確定申告の方法も解説

返礼品は葬儀費用の控除対象にならない?対象となる項目も解説!のサムネイル画像

返礼品は葬儀費用の控除対象にならない?対象となる項目も解説!

葬儀のための旅費は誰が払う?相続税の控除対象費用であるかも解説のサムネイル画像

葬儀のための旅費は誰が払う?相続税の控除対象費用であるかも解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・費用・控除」についてさらに知りたい方へ

葬儀費用は経費にできるの?交通費や花代・香典の場合についても解説のサムネイル画像

葬儀費用は経費にできるの?交通費や花代・香典の場合についても解説

葬儀代は確定申告できない?相続税控除の対象項目についても解説!のサムネイル画像

葬儀代は確定申告できない?相続税控除の対象項目についても解説!

相続税控除の対象の葬儀代とは?対象にならない項目や確定申告までのサムネイル画像

相続税控除の対象の葬儀代とは?対象にならない項目や確定申告まで

税金控除の対象となる葬儀代の内訳は?一般的な葬儀代も解説しますのサムネイル画像

税金控除の対象となる葬儀代の内訳は?一般的な葬儀代も解説します

税金控除となる葬儀代の内訳とは?一般的な葬儀の費用についても紹介のサムネイル画像

税金控除となる葬儀代の内訳とは?一般的な葬儀の費用についても紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと