お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介

葬儀を営む場所といえば、セレモニーホールをイメージする方が多いでしょう。しかし、実は葬儀を営む場所にはお寺を選ぶこともできるのです。ではお寺を選んだ場合、どのような葬儀になるのでしょうか?今回は、お寺での葬儀の流れや費用などを詳しく解説して参ります。

目次

  1. お寺での葬儀について
  2. お寺で葬儀ができる?
  3. お寺での葬儀の流れ
  4. お寺での葬儀でかかる費用
  5. お寺での葬儀のメリット・デメリット
  6. お寺への葬儀依頼のやり方
  7. お寺への弔電・供花の送り方
  8. 他宗教の葬儀をご紹介
  9. お寺での葬儀に関するまとめ

お寺での葬儀について

葬儀

現代では、葬儀といえばセレモニーホールで行うのが主流です。
そのため、お寺での葬儀と言われても聞きなれないという方は多いでしょう。

そうなれば葬儀をお寺で行うことによって、一般的な葬儀と比べどのように流れや費用が異なるのか気になりますよね?

そこで今回終活ねっとでは、お寺での葬儀について流れや費用とともに詳しく解説して参ります。

  • 本当にお寺で葬儀ができるの?
  • お寺での葬儀はどんな流れなの?
  • お寺での葬儀だとどのくらいの費用がかかるの?
  • お寺で葬儀を行う場合のメリット・デメリットは?
  • お寺に葬儀依頼するにはどうすればいいの?
  • お寺に弔電・供花を送るにはどうすればいいの?
  • 他の宗教の葬儀にも違いがあるの?

以上のように、お寺で葬儀を行うメリット・デメリットや依頼の仕方、弔電・供花の送り方についても解説しております。
お寺で葬儀を行う方法などを知っておくことで、いざという時の選択の幅を広げることができます。

ぜひ最後までご覧いただき、お寺で葬儀を営む際の手順をしっかりと把握しておきましょう。

終活ねっとでは、状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランを安心の定額でご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀費用の相場や内訳、誰が負担するのかなど、葬儀にかかる費用についてはこちらの記事で詳しく解説しております。

お寺で葬儀ができる?

困った人々

葬儀はセレモニーホールだけでなく、お寺でも営むことができます
そして、そのことを厳密には寺院葬と呼びます。
もちろん一般的な場合と同様に、寺院葬でも通夜と葬儀の両方が営まれます。

寺院葬はセレモニーホールで営む場合とはまた異なり、お寺ならではの厳粛な雰囲気の中で葬儀を行えるのが特徴になります。

あまり知られてはいない寺院葬ですが、近年では少人数で葬儀を営む家族葬において選ばれつつあるようです。

お寺での葬儀の流れ

葬儀

前述の通り、寺院葬でも通夜と葬儀は行われますので、基本的にはセレモニーホールで営まれる場合と式の流れはほとんど同じになります。
しかし、それはあくまでも通夜と葬儀の儀式のみを見た場合になります。

やはり葬儀と言っても、通夜・葬儀に至るまでにも様々な行いがあり流れが存在します。
では全体的に見た場合、寺院葬の葬儀の流れは具体的にどのようになっているのでしょうか?
ここでは、お寺での葬儀の流れを詳しく見ていきましょう。

以下が寺院葬の一連の流れになります。

  • ご逝去

    故人がご逝去され死亡診断書の発行とご遺体の処置が済んだら、葬儀社に連絡をします。
    葬儀形式やプランを決め見積もりを作成してもらい、より良い葬儀社を決めておきます。

  • ご遺体の安置

    葬儀社が決定したら正式に依頼をし、寺院葬を営みたいという旨を伝え葬儀の日程などを決めます。
    このときにお寺にも連絡をしておきます。

    その後、葬儀社の方にご遺体を運搬してもらいます。
    ちなみに、ご遺体の安置場所は自宅・お寺・安置施設の中から選ぶことができます。
    そしてご遺体が安置場所に運ばれると、僧侶による枕経が行われます。

  • 葬儀の打ち合わせ

    事前に決めた葬儀内容の最終確認を行います。
    また当日に喪主を務める方などを決め、段取りなども確認します。
    ちなみに一家の父親が亡くなった場合、その奥さんが喪主を務めるのが一般的です。

  • 納棺

    葬儀社や納棺師によってご遺体が棺に納められます。

  • 通夜

    依頼したお寺にて準備が整えられ通夜が行われます。
    一般的な葬儀と同じく、僧侶の読経から始まり通夜振る舞いにて式は終了します。
    ただし、人数によっては通夜振る舞いは別の場所で行われます。

  • 葬儀・告別式

    通夜の翌日には、依頼したお寺にて葬儀・告別式が行われます。
    こちらも一般的な葬儀と同じく読経から告別式、そして出棺までが行われます。
    その後、ご遺体がお寺から火葬場まで運搬されます。

  • 火葬

    火葬場では、ご遺体の火葬とお骨を骨壺に収めるお骨上げが行われます。
    お骨上げが終わると骨壺は骨箱の中に納められ、それをさらに風呂敷などで覆います。

  • 初七日法要

    お骨上げ後、ご遺骨・遺影・位牌とともに再びお寺に戻り初七日法要を行います。
    その後、精進落としを行いお開きとなります。

  • 後飾り

    ご遺骨・遺影・位牌を自宅に持ち帰り、49日まで安置します。

やはり全体的に見ても寺院葬の流れは、一般的な葬儀とさほど変わりません。
しかし、お寺での葬儀の場合はセレモニーホールとは違い、人数に制限があるため自ずと費用が安くなることもあるのです。

寺院葬の葬儀費用に関しては、次で詳しく見ていきましょう。

お寺での葬儀でかかる費用

お金

寺院葬の流れは、セレモニーホールで葬儀を営んだ場合と変わりませんでした。
しかし、葬儀にかかる費用はどうでしょうか?
前述の通り、お寺では一般的な葬儀の場合ほど多くの参列者を募ることができません。

したがって、自然とお寺での葬儀の方が費用が安い場合があるのです。
具体的に言えば、寺院葬を選ぶ場合というのは基本的に家族葬を営む形となるからです。
ちなみに家族葬とは、一般の参列者は呼ばないで近親者だけで営む葬儀のことです。

ただ、それだけではなく他にも明確に費用が抑えられる部分も存在します。
では、具体的にどのような部分で費用を抑えられるのでしょうか?
ここでは上記の疑問を含め、寺院葬にかかる費用を項目別に詳しく見ていきましょう。

葬儀自体の費用

葬儀自体の費用には、主にご遺体の運搬費・葬儀社の人件費・会場費用・火葬料などが挙げられます。
そして、一般葬の場合にかかる葬儀自体の費用は50万円前後と言われております。

ただ、寺院葬では少人数で営む家族葬となりますので、上記の値段よりも安くなります。
では家族葬の葬儀自体の費用はどのくらいなのでしょうか?
一般的な家族葬の場合、葬儀自体にかかる費用の平均相場はおよそ45万円となっております。

家族葬とはいえ、葬儀自体の費用には参加人数はあまり関係ないので、その費用は一般葬とさほど変わらないようです。
しかし、上記の費用はあくまでもセレモニーホールで葬儀を営んだ場合になります。

お寺での葬儀の場合には会場費用などが抑えられるため、葬儀自体の費用がさらに安くなる場合があるのです。
詳しくはこの後にご説明しております。

飲食接待費

飲食接待費には、主に通夜振る舞いと精進落としの会食費が挙げられます。
そして一般的にそれらの会食費には、一人につき3000円ほどの費用が設定されます。
ちなみに、一般葬の飲食接待費の平均相場はおよそ30万円となっております。

ただ家族葬の参加人数は、基本的に10~20人ほどとなります。
そのため家族葬の場合は通夜振る舞いで3~6万円、精進落としでも3~6万円となり飲食接待費は合計で6~12万円かかることになります。

また飲食接待費に関しては、お寺で葬儀を行う場合でも変動しません。
したがって寺院葬の飲食接待費は上記と同じく、およそ6~12万円となります。

会場費用

前述の通り、寺院葬では会場費用を抑えられる場合があります。
通常通りセレモニーホールで葬儀を行った場合は、当然会場の使用料がかかってしまいます。

しかし、お寺によってはご遺体の安置料金を除き、会場の使用料がほとんどかからない場所も存在するのです。

またそれだけではなく、お寺にはもともと須弥壇と呼ばれる台座が設置されており、その台座を祭壇として活用することがほとんどとなります。
そのため、葬儀自体の費用において最もかかる祭壇費用も抑えることができるのです。

では会場の使用料と祭壇費を抑えられると、具体的にどのくらい安くなるのでしょうか?
仮に、セレモニーホールで営んだ場合の会場の使用料を5万円、祭壇費を10万円として合計15万円の会場費用がかかったとします。

大まかではありますが、上記の場合であれば寺院葬を選ぶことで単純に15万円の費用を抑えられることになるのです。

お布施

僧侶にお渡しするお布施の金額は、全国の平均でおよそ45万円と言われており、一般葬と家族葬ともに金額は同じとなります。
もちろん寺院葬でも同様の金額になります。

ただ実際には遺族の気持ち次第とされることが多く、金額は明確にされておりませんので一概には言えません。
そして地域や宗派によっても異なる場合があり、故人の戒名によっても大きく変動します。

また僧侶には、お布施とは別に交通費としてお車代をお渡しするのが一般的です。
こちらの金額も明確にはされておりませんが、5000〜1万円ほどをお包みすると良いとされております。

以下の記事では、葬儀の費用の内訳や安くする方法について解説しております。
ぜひそちらもご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

お寺での葬儀のメリット・デメリット

困った人々

上記では、お寺での葬儀にかかる費用を解説致しました。
それにより寺院葬であれば、会場費用が抑えられることがお分かりいただけたと思います。
しかし、会場費用が抑えられるというのは一つのメリットにすぎないのです。

お寺での葬儀を選ぶ上では、他にも様々なメリットが存在します。
ただ、メリットがあれば当然デメリットも存在します。
ここでは、お寺での葬儀のメリット・デメリットについて詳しく解説します。

メリット

寺院葬を選ぶメリットには以下が挙げられます。

  • 基本的に家族葬を営むことになるため、一般的な葬儀よりも全体的に費用が抑えられる。
  • 会場の利用費と祭壇費が抑えられるため、セレモニーホールを利用した場合よりも大幅に安くなる。
  • お寺ならではの厳粛な雰囲気での格式高い葬儀が営める。
  • 参加人数が少ないため、スムーズかつ周りに気兼ねなく葬儀が行える。
  • 用意する返礼品の数も少なく済む。

デメリット

寺院葬を選ぶデメリットには以下が挙げられます。

  • お寺内部はセレモニーホールほど広くなく、駐車スペースもあまりないため自ずと参加者の少ない家族葬になってしまう。
  • 家族葬なので香典収入に期待ができない。
  • 正座で葬儀に取り組まなければいけないことがある。
  • 火葬場までご遺体を運搬しなければいけないので、火葬施設が併設された斎場を選ぶ場合に比べ手間がかかる。

お寺への葬儀依頼のやり方

葬儀

もともと家族葬を営む予定であり、メリット・デメリットを知った上でも、寺院葬を選びたいという方もいるかもしれません。

しかし、いざお寺に葬儀を依頼する際には、どのお寺にどのように依頼すれば良いのか分からない方も多いと思います。
そこで、ここではいざという時でも困らないように、お寺への葬儀依頼のやり方を詳しくご紹介します。

菩提寺に連絡をする

菩提寺とは、先祖代々のお墓が建てられているお寺のことを言います。
一般的な場合、故人が亡くなったらまずは葬儀をお願いする葬儀社に連絡をし、葬儀の内容と日程を決めておきます。

その後、菩提寺に連絡を入れ故人の名前や死亡日時、葬儀の日程など伝えます。
予め葬儀社に連絡しておくことで、僧侶にスムーズに葬儀をお願いすることができます。
ちなみに、葬儀社やお寺への連絡手段は電話でも問題はありません。

お寺での葬儀を希望する場合も同様で、ご逝去後はまずは葬儀社に連絡をします。
葬儀社にはお寺での葬儀を希望する旨を伝え、葬儀の内容と日程を決めておきます。
その後菩提寺に連絡し、そちらにも寺院葬を希望する旨を伝えた上で葬儀の依頼をします。

ただ、菩提寺が遠く僧侶の手配や葬儀が難しい場合もあるかもしれません。
そういった場合には、菩提寺の方から近くのお寺を紹介してもらい、そのお寺で葬儀をお願いしましょう。

菩薩寺がない人はどうする?

菩提寺が無い場合には、葬儀社にお寺を紹介してもらうという方法もあります。
自身でお寺を探すという手段もありますが、その場合にはやはり手間と時間がかかってしまいます。
そのためスムーズにお寺を探すには、葬儀社に紹介してもらうのが良いでしょう。

ただし、お寺の紹介料が発生するのでお布施の金額が高くなる場合があります。
また宗派によっても異なりますので、予め希望する金額や宗派は決めておきましょう。

その他にも、寺院葬は行えませんが僧侶を定額で手配できる、僧侶の派遣サービスを利用するのも一つの手段です。

お寺への弔電・供花の送り方

葬儀

仕事などで都合が悪かったり、あるいは遠方に住んでいる方であれば、急な葬儀に参加できない場合もあるでしょう。
しかし、そういった場面でも弔電・供花を送り弔意を伝えるのがマナーとなります。

とはいえ、寺院葬となれば送り先はもちろん葬儀の会場となるお寺になります。
そうなれば、やはり弔電・供花をどのように送ればよいのか悩んでしまう方もいるでしょう。
そこでここでは、お寺への弔電・供花の送り方について見ていきましょう。

弔電の送り方

弔電とは葬儀における電報のことであり、直接葬儀に出向けない人が遺族に対しお悔やみの言葉を伝えるために用いります。

基本的に、一般的な葬儀の場合と弔電の送り方は変わりません
ただ、お寺での葬儀は家族葬となる場合が多いので、それに伴い弔電などの供物を辞退するケースも少なくありません。

そのため訃報の連絡を受けた際は、まずは遺族が弔電の辞退を希望していないか確認しなければいけません。
辞退していなければ、葬儀の日時・お寺の場所・喪主の名前を聞いておきましょう。

その後、電報サービスを利用し葬儀のタイミングに合わせて弔電を打ちます。
ちなみに弔電は葬儀の際に奉読されるので、葬儀の前日の通夜までには届くように設定しましょう。

供花の送り方

供花とは葬儀に用いられる生花の一つであり、故人の供養のためにお供えするものです。
こちらも、主に葬儀に参加できない場合に送ります。

弔電と同様に寺院葬では、供花も辞退される場合がありますので予め遺族に確認しておきましょう。
また供花の場合は、葬儀の日時・お寺の場所・喪主の名前に加え、葬儀の宗教・担当の葬儀社も把握しておかなければいけません。

供花を送る手段には、いくつかの方法が挙げられます。
具体的には、お花屋さん・インターネット・担当の葬儀社を利用する方法があります。

ただお花屋さんやインターネットの場合は、宗教や会場に合った花選びを強いられるなど、手配に手間がかかってしまいます。
また葬儀社によっては、指定したお花屋さん以外の供花を許可しない場合もあります。

そのため、せっかく個人で供花を手配したにもかかわらず、実際には会場に設置されないなどということも起こり得ます。

しかし担当の葬儀社に依頼すれば、葬儀社の方が会場に合った花選びから設置まで行ってくれるので、手間がかからない上に確実に供花を手配することができます。
したがって、供花の送る際には担当の葬儀社に依頼するのが最も望ましいでしょう。

お寺に供花を送る方法はご理解いただけたと思います。
では実際に供花を送る際には、いつ頃依頼すればよいのでしょうか?
送るにあたって注意する点についても見てみましょう。

通夜の日までに送る

基本的に供花は通夜の日に届くように送ります。
そのためには、通夜当日の午前中までには葬儀社に依頼しておく必要があります。

通夜が開始される直前だと葬儀社とはいえ、供花の手配は間に合わなくなりますので余裕をもって依頼しましょう。

また個人で手配したいという場合は、通夜の前日もしくは当日の午前中に届くように手配するのがベストです。
逆にそれ以上届くのが早すぎると、お寺の方が対応に困ってしまうので注意しましょう。

お寺の規模を確認する

個人で供花を手配する場合、会場の規模を確認しておくことも大切なポイントです。
ましてや会場がお寺であれば、セレモニーホールよりも設置スペースは限られます。

もちろん葬儀社に依頼した場合は、葬儀社の方が独自にお寺に合った供花を用意してくれるので問題はありません。

しかし、個人で手配する上でお寺の規模を知らなければ、せっかく手配しても肝心の供花を設置するスペースがないという結果にもなってしまいます。
こうならない為にも、個人で手配する際には予めお寺の規模をしっかり確認しておきましょう。

他宗教の葬儀をご紹介

お墓

ここまでご紹介してきたお寺での葬儀を含め、一般的な葬儀の宗教といえば仏教になります。
ただ、当然ですが宗教は仏教だけでなく他にも存在し、その宗教ごとに葬儀の形は大きく異なります。

では実際に、葬儀は宗教によってどのような違いがあるのでしょうか?
ここでは他宗教の葬儀についてご紹介します。

キリスト教の葬儀

キリスト教では、教会で葬儀を営み聖歌や讃美歌で故人を弔うのが大きな特徴です。
またキリスト教にも、仏式と同様にいくつかの宗派が存在します。
その中のカトリックやプロテスタントという宗派では、葬儀の流れなどがそれぞれ異なるようです。

以下の記事では、キリスト教の葬儀費用や仏式との違いについて解説しております。
ぜひそちらもご覧ください。

こちらも読まれています

キリスト教の葬儀ってなに?葬儀費用や仏式との違いも解説します

キリスト教を信仰する方が亡くなったときには、キリスト教式の葬儀が執り行われます。しかし、キリスト教式の葬儀のマナーや、仏式の葬儀との違いを詳しくご存じの方は少ないはず。葬儀マナー等を中心に、キリスト教式の葬儀について詳しく説明していきいます。

神式の葬儀

神式では通夜の際に、参列者全員が手水の儀を行います。
そのため神社に参拝する際の、手水の作法を知っておかなければいけません。

また仏式では儀式で焼香を行いますが、神式では玉串奉奠と呼ばれる供養が行われます。
ちなみに、神式では和装と洋装のどちらかの服装を着用することができます。

以下の記事では、神式の葬儀の流れや費用について解説しております。
ぜひそちらもご覧ください。

こちらも読まれています

神式葬儀の神葬祭とは?流れ・費用やマナーから仏式との違いも解説

葬儀と聞くと僧侶の方がお経を読む中で焼香を行うという仏式のものをイメージするのではないでしょうか。しかし、日本で行われている葬儀は仏式のものだけではなく、日本古来の宗教である神道に基づいた神式のものもあります。今回は神式の葬儀である神葬祭を見ていきます。

お寺での葬儀に関するまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、お寺での葬儀について流れや費用など以下のことを解説して参りました。

  • 葬儀はセレモニーホールだけでなく、お寺でも営める。
  • お寺での葬儀の流れは、一般的な葬儀の場合とほとんど変わらない。
  • お寺での葬儀では会場費用を抑えることができるほか、一般の葬儀と比べて葬儀自体の費用と飲食接待費も抑えることができる。
  • お寺での葬儀のメリットには葬儀全体の費用が抑えられる・会場費が抑えられる・格式高い葬儀が営めるなどの点が挙げられ、デメリットには多くの場合家族葬になってしまう・香典収入に期待ができない・葬儀を正座でと取り組まなければいけない場合があるなどの点が挙げられる。
  • お寺への葬儀の依頼のやり方としては、葬儀社を決めてから菩提寺に連絡をし葬儀を依頼すると良い。
  • お寺への弔電・供花の送り方としては、基本的に通夜の日にお寺に届くように送るのが良い。
    ただし、個人で供花を送る場合にはお寺の規模を把握しておく必要がある。
  • 仏式の葬儀以外にも、キリスト教の葬儀や神式の葬儀がある。

以上のように、今回はお寺で葬儀を営む場合について徹底的に解説しました。
しかし、今回ご紹介した葬儀の営み方は数あるうちの一つにすぎません。
お寺で葬儀を営むほかにも、葬儀には様々な形が存在します。

また人によって葬儀の費用を抑えたい、多くの参列者を呼びたいなど葬儀に対する考えは異なると思います。

ぜひ今回の記事をきっかけに、いざという時にはどんな葬儀を営みたいのか、自分に合った葬儀の形を見つけてみてはいかがでしょうか?

終活ねっとでは、他にも葬儀・法事についての記事なども多数掲載しております。
ぜひそちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

シェアする

「お寺・葬儀」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お寺・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説

曹洞宗の葬儀費用やお布施・戒名の費用って?葬儀の特徴もご紹介!のサムネイル画像

曹洞宗の葬儀費用やお布施・戒名の費用って?葬儀の特徴もご紹介!

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!のサムネイル画像

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!のサムネイル画像

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!

葬儀を夜にしても大丈夫?夜に葬儀をしない理由や通夜について解説のサムネイル画像

葬儀を夜にしても大丈夫?夜に葬儀をしない理由や通夜について解説

お寺での葬儀ではいつ支払いする?支払う金額やお布施の渡し方を解説のサムネイル画像

お寺での葬儀ではいつ支払いする?支払う金額やお布施の渡し方を解説

JAを利用した葬儀の費用はいくらになる?低額になる理由などを解説のサムネイル画像

JAを利用した葬儀の費用はいくらになる?低額になる理由などを解説

葬儀中の遺族の対応とは?受付や参列者・取引先への対応も解説しますのサムネイル画像

葬儀中の遺族の対応とは?受付や参列者・取引先への対応も解説します

葬儀場の値段は一体いくら?葬儀場の種類や葬儀にかかる費用を解説!のサムネイル画像

葬儀場の値段は一体いくら?葬儀場の種類や葬儀にかかる費用を解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「お寺・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説

曹洞宗の葬儀費用やお布施・戒名の費用って?葬儀の特徴もご紹介!のサムネイル画像

曹洞宗の葬儀費用やお布施・戒名の費用って?葬儀の特徴もご紹介!

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!のサムネイル画像

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!のサムネイル画像

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと