家族で行う葬儀の費用相場・内訳とは?家族葬のマナーや準備まで紹介

近年、家族で行う葬儀が人気を集めています。人気の理由として費用を抑えられることが挙げられますが、家族で行う葬儀の費用はいくらくらいなのでしょうか。家族葬の費用相場やその内訳を中心に、服装マナーや香典の金額相場、弔電の例文、喪主がするべき準備までご紹介します。

目次

  1. 家族で行う葬儀について
  2. 家族で行う葬儀・家族葬とは
  3. 家族葬の費用相場
  4. 家族葬の費用内訳
  5. 家族葬での参列者のマナー
  6. 家族葬の喪主の役割・準備すること
  7. 家族で行う葬儀のまとめ

家族で行う葬儀について

葬儀

家族で行う葬儀があることは知っているけど、費用相場はどのくらいなのか、費用内訳はどのようになっているのかよく分からないという方も多いと思います。
家族で行う葬儀について、分からないことは予め調べておきたいですね。
今回の記事では家族で行う葬儀について

  • 家族で行う葬儀・家族葬とは?
  • 家族葬の費用相場は?
  • 家族葬の費用内訳は?
  • 家族葬での参列者のマナーは?
  • 家族葬の喪主の役割・準備することは?

上記について詳しくご説明いたします。
家族で行う葬儀を考えている方はぜひ最後までご覧いただき、今後の参考にしてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

家族で行う葬儀・家族葬とは

葬儀

初めに家族で行う葬儀について簡単にご説明いたします。
家族で行う葬儀を家族葬と言います。
家族葬は家族や親族、故人と親しかった友人だけで行う葬儀で近年家族葬を行う方が増えてきました。

家族葬はどこまで人を招くか決まりがある訳ではないので、友人を招かず家族のみで執り行うことも可能で、通夜を行わない・自宅で葬儀を行うなど自由なスタイルで葬儀を執り行うことができます。

そのため故人と静かにゆっくりとお別れをしたいという方や、費用を抑えたいという方から注目を集め、家族葬は段々と認知度が上がってきました。

家族葬の費用相場

お金

家族葬について上記で簡単にご説明しましたが、家族葬の費用相場はいくらなのでしょうか?
家族葬の費用相場は150万円~160万円となっています。
一般の葬儀費用相場が約200万円と言われているので、家族葬での葬儀は安く抑えることができるということが分かります。

先程簡単にご説明したように、通夜を行わないことや自宅で葬儀を行うことなど自由なスタイルで葬儀を行えるので費用も安く抑えることが可能です。

その他にも、小規模であることや参列者が少ないことも影響しています。
一般の葬儀に比べると約3割程度費用が安いことから、家族葬を考えているという方が増えてきているのも事実です。

家族葬の費用について支払方法なども知りたいという方は下記の記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

家族葬の費用内訳

困った人々

家族葬の費用相場は150万円~160万円とご説明しましたが、その内訳はどのようになっているのでしょうか?
家族葬の内訳を知ることで、葬儀社との打ち合わせがスムーズに進んだり、費用を安く抑えることができる場合があります。

家族葬を行う前に費用の内訳はきちんと知っておきましょう。
ここからは家族葬の費用内訳がどのようになっているのかを詳しくご説明いたします。

葬儀一式の費用

内訳で葬儀一式と目にした方も多いと思いますが、葬儀一式の費用にはどのようなものが含まれているのでしょうか?
葬儀一式の費用には、祭壇費やお棺代、人件費などが含まれています。
簡単にご説明すると葬儀一式とは「葬儀を行う際に最低限必要な商品やサービスなどのを葬儀社に支払う費用」のことです。

祭壇には白木祭壇と、生花祭壇の2種類があります。
白木祭壇だと約15万円〜60万円、生花祭壇だと約30万円〜70万円と費用に違いもあり、お棺も数万円の物から数百万円の物もありタイプによっては費用が様々です。

どの祭壇やお棺にするかによって費用に差が出てきますが、家族葬の葬儀一式の費用相場は約120万円となっています。

式場利用料

続いては式場利用料です。
葬儀を行う際に利用する火葬場や斎場ですが、利用するには費用が発生します。
式場利用料は言葉通りの意味で火葬場や斎場の利用料となっています。
では火葬場・斎場それぞれの利用料について詳しくご説明いたします。

火葬場利用料

火葬場利用料には、火葬代・待合室利用料・骨壺代などが含まれていて火葬場は公営と民営の2つがありそれぞれ費用が違います。

公営の場合費用が5000円~5万円となっていて、中には無料という火葬場もあります。
公営の費用に多きな差があるのは、故人がその火葬場と同じ市町村に住んでいたか住んでいなかったかで金額に違いがあるからです。

故人が同じ市町村に住んでいた場合、火葬場の利用料は数千円と安いですが、同じ市町村ではなかった場合は数万円と高くなります。
その為、公営の火葬場の費用には大きな差が出ています。

民営の場合は火葬料だけで5万円~15万円程度かかります。
民営の場合は、利用する火葬場にグレードが分かれていて豪華になればなるほど火葬料は高くなります。
また待合室に関しても、公営の場合は1万円程度と安く無料の火葬場もありますが民営の場合はこちらもグレードによって金額に違いが出てきます。

火葬場利用料は葬儀を行う際に必ず必要となる費用です。
公営と民営どちらの火葬場が自分たちに合っているのか、よく調べるようにしましょう。

斎場利用料

斎場利用料にも公営と民営・寺院があります。

公営の場合利用料は数万円程度となっていますが、中には無料といった斎場もあります。
こちらも火葬場同様、同じ市町村に住んでいたかなどによって金額に差があります。

また公営の斎場の場合、同じ敷地内に火葬場を併設されていることが多く便利なため、利用する人が増えています。
しかし、火葬場が併設されている斎場の場合駅などから少し遠い場所にあることが多いので注意が必要です。

民営・寺院の場合利用料は10万円~20万円となっています。
公営に比べて費用は高くなりますが、駅から近い、家族が宿泊できるなど施設の設備が充実しています。
公営の斎場に比べて数は多いですが、火葬場が併設されている斎場は極めて少ないです。

どちらの斎場を利用するかは自分たちで決めることが可能ですが、自宅で葬儀を行う際は斎場利用料は発生しません

飲食接待の費用

飲食接待の費用には、通夜の後に行われる「通夜ぶるまい」や告別式の後に行われる「精進落とし」などの飲食代が含まれています。

家族葬で行う通夜ぶるまいの費用は一人あたり1500円~2500円となっています。
一般葬儀と違い、家族葬の場合は参列した人のほとんどが通夜ぶるまいに参加します。
その為、しっかりと料理を召し上がっていく人が多いので一人あたりの金額は増える傾向にあります。

また精進落としでは参加した一人一人に会席料理や御膳を出します。
そのため精進落としの費用は一人あたり4000円~8000円となっています。

通夜ぶるまいも精進落としも、料理だけではなく飲み物も用意します。
その際にアルコールを飲むか飲まないかで料金が変動することも覚えておきましょう。

寺院費用

僧侶を呼んで仏教形式で葬儀を行う場合には寺院への費用がかかり、それを寺院費用といいます。
寺院費用には読経料・戒名料・御膳料・お車代などが含まれています。

読経料は通夜や告別式で読経してもらう際にかかる費用です。
費用相場は20万円~30万円となっていますが、宗派や地域によって金額に違いがあります。

戒名料は通夜や告別式で読経していただき、その後戒名をする場合には戒名料を僧侶に渡します。
費用相場は10万円~20万円となっています。

御膳料は告別式の後の精進落としには基本的に僧侶もお呼びしますが、僧侶が同席しない場合には御膳料を渡します。
御膳料は基本的に参列者がいただく飲食分と同じ金額を包みます。
目安としては5000円~1万円です。

斎場まで僧侶が自分の車やタクシーなどで来た場合はお車代として渡します。
5000円程度が目安です。

寺院費用は全ての家族葬にかかる費用ではなく、無宗教葬などの場合は発生しません。

返礼品・香典返しの費用

次に返礼品・香典返しの費用となります。
通夜や告別式の際にいただく香典にお返しするのが返礼品・香典返しです。

返礼品や香典返しは、葬儀の当日に返すのが一般的です。
その際には御礼状も添えて渡すようにしましょう。

家族葬の場合は一般の葬儀に比べて返礼品・香典返しの費用は高くなる傾向があります。
返礼品・香典返しは頂いた香典の半分程度の物をお返しするのが基本で、2500円~3500円が相場となっています。
家族葬では親族などが予定した金額よりも多く包んでくる場合もあるので、当日にみんなと同じ物を渡し、後日もう一度返礼品などを送る場合もあります。

オプションの費用

祭壇の周りを飾る供花や供物などはオプションの費用となります。
またお棺や骨壺なども、オプションで豪華な物へ変更することも出来ます。
オプションによって葬儀を故人のイメージや自分たちの考えている葬儀に近づけることができるので、どのようなオプションがあるのかは葬儀社に確認をするようにしましょう。

今では、お棺を生花で飾るフラワーアレンジメントなどもあります。
オプションによっては高額となる場合もありますので、オプションを付ける前にきちんと費用の確認をしておくようにしましょう。

家族葬での参列者のマナー

葬儀

ここからは家族葬に参列する際のマナーについて詳しくご説明いたします。

家族葬の場合はどのような服装で参列するのか、香典の金額やどのように記載したらいいのか、弔辞・弔電の送るタイミングや書き方、供花・生花の送り方などのマナーを家族葬に参列する前にきちんと理解しておくようにしましょう。

服装

始めに服装のマナーについてです。
基本的に家族葬に参列する際の服装は一般の葬儀と同じ準喪服となります。
準喪服とはどのような服装なのか、男性・女性・子供の順にご説明いたします。

男性

男性の場合は、黒などの地味な色合いのブラックスーツが好ましいです。
ワイシャツは白無地、ネクタイや靴下は黒で統一します。
靴は光沢のない黒の革靴を選ぶようにしましょう。

女性

女性の場合は黒のスーツ、アンサンブル、ワンピースなどが好ましいです。
またスーツを着用する場合はインナーも黒を選ぶようにしましょう。
スカートの丈は膝より下で、ストッキングやヒールは黒が適切です。
ヒールは男性同様光沢のなく、装飾品の少ない物を選びましょう。

子供

子供の場合は制服が喪服代わりとなるので、制服を着せるようにしましょう。
制服がない子供の場合、黒色の服を選ぶようにしましょう。
靴下や靴も黒が好ましいです。
また未就学児などの場合は、基本的に喪服を着る必要はないので目立たない服を着るようにしましょう。

上記のように男性・女性・子供と家族葬に参列する際に、服装について気を付けなければならないことがあります。
今回の記事以外にも下記の記事にて服装について詳しくご説明していますので、合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀にはどんな服装でいけばいいの?葬儀の服装について調べました!

葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装について調べてみました。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しときましょう。

香典

続いて香典のマナーについてです。
金額の相場や表書きの書き方などをご説明します。

金額相場

一般の葬儀と同じで、家族葬の場合も家族や親族の場合、知人として参列する場合とでは金額に違いがあります。

  • 故人が自分の親の場合:5万円~10万円
  • 故人が配偶者の両親・兄弟や姉妹などの場合:3万~5万
  • 故人が自分の祖父母・甥や姪・いとこなど場合:1万円~3万円
  • 故人が自分の祖父母・甥や姪・いとこなど場合:1万円~3万円
  • 知人や友人・職場関係の場合:3000円~1万円

香典の金額がいくらか分からないという時は、一緒に参列する人に相談するようにしましょう。

表書きの書き方

水引の上に記載する文字のことを表書きといいます。
表書きの書き方は宗教などによって違いがあります
仏式の場合は御霊前・御香典・御香料、神式の場合は御霊前・御玉串料・御榊料、キリスト教式の場合は御霊前・御ミサ料などと記載します。

どの宗教か分からないという時には、全部の宗教で使用できる御霊前と記載するようにしましょう。
ただし、浄土真宗では教義上、御霊前という表書きは用いません。
そのため、仏教であることが分かっている場合は「御香典」が無難でしょう。

薄墨で書く

香典へ記載する表書きや名前は薄墨で書くようにしましょう。
薄墨には涙で文字がにじんでいるという意味が込められています。
最近では表書きが印刷されているのしが多くあります。
基本的にはそののしを使用しても構いませんが、名前は薄墨で記載するようにしましょう。

また香典の金額や書き方などをもっと詳しく知りたいという方は下記の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説します

日本では葬儀のときに香典として現金を香典袋に包んで渡す習慣があり、今では当たり前のことになっています。ですが、そもそも香典とは何なのでしょうか?葬儀のときに渡す香典について、また香典袋の書き方や香典を渡すときのマナーについても解説します。

弔辞・弔電を用意する

続いて弔辞・弔電についてです。
弔電・弔辞の書き方や送るタイミングなどを詳しくご説明いたします。
また家族が弔辞・弔電の受け取りを辞退する場合がありますので、その際には送らないようにしましょう。

例文

弔辞・弔電の例文をいくつかご紹介いたします。
どのような内容を記載したらいいのか迷った方は参考にしてください。

ご逝去を悼み、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
お悲しみに対し弔問かなわぬ非礼をお詫びすると共に、心からご冥福をお祈りいたします。
○○さんの突然の突然の訃報に驚いております。ご遺族の皆様に謹んでお悔やみを申し上げます。

上記の例文のように弔辞・弔電はあまり長くならないように気を付けましょう。
また、弔電は喪主に向けて送るものということを意識しましょう。

送るタイミング

弔辞・弔電は告別式に間に合うように送るようにしましょう。
告別式にて弔辞・弔電の紹介がある場合が殆どで、読み上げることを考えると告別式の3時間前に届くのがベストです。

最近では電話で弔電を依頼できるサービスなどが多くあり、依頼してから数時間で届くということも可能となりました。
訃報を聞いた場合、通夜や告別式の日取りの確認もしておきましょう。

弔辞・弔電は通夜や告別式に参列できない場合など、非常に役に立ちます。
弔辞・弔電については下記の記事でも詳しく説明しておりますので、ご覧ください。

こちらも読まれています

弔辞と何が違うの?葬儀の弔電について解説します!

遠方や用事などの事情でお通夜や葬儀に参列できない場合、弔電が役立ちます。弔電を送ることで、故人への哀悼と遺族の方への励ましの気持ちが伝わります。今回は弔電の送り方や文面作成のマナーなどの解説です。仏教でない宗派の葬儀の弔電についても説明していきます。

供花・生花の送り方

供花・生花は故人との関係によっては送る必要があります。
供花・生花を送る際にはどのようなことに気を付ければならないのでしょうか。
ここからは供花・生花を送る際のマナーについてご説明いたします。

供花・生花を送る際には遺族の了承を得るようにしましょう。
遺族が供花・生花を辞退することもあるので注意が必要です。

遺族の了承を得たら、葬儀社に供花・生花の依頼をします。
自分で花を選んで送りたいという方は、ネットで注文することも可能ですが通夜に間に合うように手配するようにしましょう。

供花・生花を送る際に気を付けなければならないのは、個人で送る場合と団体で送る場合とでは飾りに違いがあるということです。
飾りについては葬儀社に確認をすると、供花・生花を担当しているスタッフが丁寧に教えてくれます。

家族葬に送る供花・生花については下記の記事でもご説明していますのでぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬に贈る供花について!贈り方やマナーなども詳しく教えます!

近年家族葬が増え、お葬式の参列や供花についても考え方が変化してきています。この変化の中で、家族葬に供花を贈りたいけれど、贈り方やマナーが分からないという声をよく耳にします。この記事では、そのような方々のために家族葬の供花の方法やマナーについて解説します。

家族葬の喪主の役割・準備すること

葬儀

最後に家族葬の喪主の役割・準備することなどについてご説明いたします。
葬儀での喪主の挨拶やお礼状についてなどを詳しく記載いたします。
家族葬を行う前に理解しておきましょう。

葬儀での喪主の挨拶

家族葬は家族や親族など身近な人達のみでの簡単な葬儀ですが、家族葬でも喪主の挨拶は必要です。
喪主が挨拶をするタイミングは、通夜の後や告別式の後など様々です。

喪主の挨拶では葬儀に参列してくれたお礼を気持ちを込めて伝えるようにしましょう。
しかし喪主の挨拶とはどんな事を話したらいいのか分からず、不安になる人も多いと思います。
そこでここからは通夜終了後と告別式終了後の例文をご紹介いたします。

(通夜終了後)
本日はお忙しいところ○○の通夜に参列していただき、誠にありがとうございます。
皆様のお志に故人も喜んでいることと思います。
おかげさまで通夜の儀式を滞りなくすますことができました。
夜も更けてまいりましたので、この辺で終了とさせていただきたいと存じます。
なお、告別式は明日○○時よりこちらで行います。
ぜひご会葬のほどお願いいたします。
本日はありがとうございました。
(告別式終了後)
本日はお忙しい中亡き○○の葬儀・告別式に参列していただき、ありがとうございました。
また皆様から生前いただきましたご厚誼に対しまして、改めて厚く御礼申しあげます。
○○亡き後も私ども家族に変わらぬご厚誼を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
本日は誠にありがとうございました。

上記の例文のように、通夜や告別式に参列してくれたお礼や故人が生前お世話になったことのお礼を簡単に述べるようにしましょう。

葬儀後にはお礼状を送る

葬儀が終了したら参列してくれた方にお礼状を送るようにしましょう。
お礼状は家族葬だけでなく一般の葬儀でも送るのがマナーです。
では送るタイミングやどのような文面のお礼状を送るのがいいのでしょうか。
下記にて詳しくご説明いたします。

送るタイミング

お礼状は葬儀終了後速やかに送りましょう。
1週間を目安にお礼状を作成し、また参列してくれた人だけに送るのではなく弔電のみで参列できなかった人にもきちんと送るようにしましょう。

葬儀が行われた時期によっては、喪中ハガキと兼用で送っても問題はありません。

お礼状の例文

お礼状は基本的にシンプルに記載しますが、親しかった相手などに長めの文面にしても問題はありません。
お礼状には印刷、手書きがありますが家族葬の場合参列者が少ないこともあるので可能であれば手書きの方が感謝の気持ちが伝わるでしょう。
また、句読点は使用せず、最後には喪主の住所と名前を記載するようにしましょう。

ではここからお礼状の例文を記載します。

拝啓
故○○儀告別式に
わざわざお越しいただきました上
ご丁重なるご芳志を賜りまして心より厚く御礼申し上げます
また葬儀にあたりましては行き届かぬことばかりでございましたことをお詑び申し上げます
略儀ながら書中をもって謹んで御礼申し上げます
敬具
住所
喪主の名前

上記のように家族葬では喪主の役割や準備することが多数あります。
今回は挨拶とお礼状についてご説明しましたが、下記の記事にて家族葬で喪主がやることやマナーなどを解説していますのでご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説します

家族葬をするとなると、喪主について考えなくてはいけませんよね。家族葬に招かれることはそうないので、家族葬の喪主をどのように行えばよいのだろうという疑問がわきます。今回は家族葬で喪主が知っておくべきことについて解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

家族で行う葬儀のまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回の終活ねっとでは家族で行う葬儀、家族葬についての費用相場や内訳を中心に、マナーや準備について以下の項目を軸にご説明しました。

  • 「家族葬」とは、家族や親族、故人と親しかった友人だけで行う葬儀のこと。
  • 家族葬の費用相場は150万円~160万円となっており、内訳は葬儀一式の費用・式場利用料・飲食接待費・寺院費用・返礼品・香典返しの費用・オプションの費用となっている。
  • 家族葬に参列する際の服装のマナー準喪服が好ましい。
  • 子供の場合は制服が喪服代わりとなるが、制服がない子供の場合や未就学児などの場合は目立たない服を着るようにする。
  • 香典の金額相場は一般の葬儀と同じで、家族葬の場合も家族や親族の場合、知人として参列する場合とでは金額に違いがある。
  • 表書きは宗教によって異なり、どの宗教か分からない場合は「御霊前」と記載すると良い。
  • 弔辞・弔電は短くまとめ、告別式に間に合うように送る。
  • 供花・生花を送る際には遺族の了承を得る。
  • 喪主の挨拶では葬儀に参列してくれたお礼や故人が生前お世話になったことのお礼を伝えるようにする。
  • 参列してくれた方や弔電を送ってくれた方に葬儀終了後速やかにお礼状を送るようにする。

死は突然訪れるものですので、いざという時焦る事なく準備をしたいですね。
今後家族葬を考えているという方のお役に立てれば幸いです。

終活ねっとでは今回の記事以外にも家族葬についてなど葬儀の記事を多数掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・家族」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・家族」についてさらに知りたい方へ

葬儀・告別式の日程の決め方は?六曜との関係や開始時間も解説!のサムネイル画像

葬儀・告別式の日程の決め方は?六曜との関係や開始時間も解説!

取引先の葬儀連絡の返信や参列マナーは?参列できない場合の対策までのサムネイル画像

取引先の葬儀連絡の返信や参列マナーは?参列できない場合の対策まで

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介のサムネイル画像

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介

葬儀の費用がない場合はどうする?補助金や安くする方法をご紹介!のサムネイル画像

葬儀の費用がない場合はどうする?補助金や安くする方法をご紹介!

火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!のサムネイル画像

火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!

葬儀後の遺族のマナーとは?挨拶回りやお礼状,参列者マナーも解説のサムネイル画像

葬儀後の遺族のマナーとは?挨拶回りやお礼状,参列者マナーも解説

葬儀費用は経費にできる?経費になる項目とならない項目を解説!のサムネイル画像

葬儀費用は経費にできる?経費になる項目とならない項目を解説!

葬儀代の相場はいくら?形式別の費用や葬儀代を抑える方法も解説!のサムネイル画像

葬儀代の相場はいくら?形式別の費用や葬儀代を抑える方法も解説!

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介

通夜は葬儀場でしかできない?葬儀場での宿泊やマナー、服装をご紹介のサムネイル画像

通夜は葬儀場でしかできない?葬儀場での宿泊やマナー、服装をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・家族」についてさらに知りたい方へ

葬儀・告別式の日程の決め方は?六曜との関係や開始時間も解説!のサムネイル画像

葬儀・告別式の日程の決め方は?六曜との関係や開始時間も解説!

取引先の葬儀連絡の返信や参列マナーは?参列できない場合の対策までのサムネイル画像

取引先の葬儀連絡の返信や参列マナーは?参列できない場合の対策まで

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介のサムネイル画像

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介

葬儀の費用がない場合はどうする?補助金や安くする方法をご紹介!のサムネイル画像

葬儀の費用がない場合はどうする?補助金や安くする方法をご紹介!

火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!のサムネイル画像

火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと