葬儀と葬式の意味の違いって?流れや所要時間・挨拶までご紹介!

葬儀と葬式どちらも耳にしたことがあるという方は、これらの意味の違いがはっきり分かりますか?葬儀と葬式の意味をちゃんとわかっていないと困ったことになるかもしれません。今回はそんな葬儀と葬式の意味の違いと、流れや所要時間・挨拶まで解説していきます。

目次

  1. 葬儀と葬式について
  2. 葬式・葬儀と通夜・告別式の意味の違いとは
  3. 一般的な葬式の流れと順番
  4. 葬儀・葬式にかかる時間
  5. 葬儀(葬式)の挨拶の文例
  6. 会社関係の葬式での注意点
  7. 葬儀と葬式についてまとめ

葬儀と葬式について

葬儀

葬儀や葬式だけではなく通夜や告別式など、混同してしまいがちですが、もちろんこれらにはそれぞれ違う意味があります。
一人の常識ある人としてこれらの意味の違いはちゃんと説明できた方が良いですよね?

またこれらの意味がはっきりしていれば、作法などで勘違いしてしまうことも防げるのではないでしょうか?

今回終活ねっとでは、葬儀と葬式の意味の違いや、流れや所要時間、挨拶まで詳しく解説していきます。

  • 葬式・葬儀と通夜・告別式の意味の違いって?
  • 一般的な葬式の流れと順番ってどんな感じなの?
  • 葬儀・葬式にかかる時間ってどれくらいなの?
  • 葬儀のときの挨拶ってどんなことを言えばいいの?
  • 会社関係の葬式での注意点って何かあるの?
  • 葬式と葬儀のまとめ

以上の、項目に沿って解説していきます。

葬儀や葬式などの言葉の意味の違いについて知りたいという方はぜひ最後までご覧いただき、今後の葬儀の際の参考にしてみてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬式・葬儀と通夜・告別式の意味の違いとは

困った人々

葬式や葬儀、通夜と告別式の違いがはっきりしていますか?
これらの意味の違いを分かっておかないと、マナーなど気を付けるべき点を間違えてしまうことにもつながります。

ここでは、それぞれの言葉が何を指すのかその意味の違いについて解説していきます。

葬式

葬式とは、故人とお別れをして見送ってあげる儀式のことです。
具体的に何を指しているかというと、葬儀と告別式の両方を合わせたものが葬式であるということになります。

ですから、普段の生活の中で「お葬式」と言うときには、葬儀と告別式のことを指して言っているということです。

葬儀

葬儀とは、故人を見送る宗教的儀式のことを指します。
では葬式と何が違うのでしょうか?

二つの意味の違いですが、一般的に葬式というと数多くの参列者が故人を偲び、お別れをする儀式であるという意味になります。

これに対して、葬儀というとお坊さんがお経をあげてくれて、無事に成仏できるように故人を送り出す宗教的儀式です。

葬式に比べてお別れというよりは、宗教的作法にのっとって故人を送り出すという意味があるという違いがあります。

ですから、葬式は葬儀・告別式の両方を指していることになりますが、葬儀は基本的には葬儀のみで、告別式は含まないということになります。

通夜

通夜とは葬儀・告別式の前日に行われる式のことで、式の後遺族が故人と一晩一緒にいて見守ってあげることも指します。
前者を本通夜、後者を仮通夜といいます。

現在では通夜というと、多くの弔問者が来るもの、葬儀や告別式に参列できない人たちが、故人とお別れするためのものという位置づけになっています。

ですが、もともとは死亡確認と霊など悪いものから故人を守るために通夜が行われていたようです。

告別式

告別式は葬儀の後に行われる、参列者と故人とのお別れの式のことを指します。

故人への呼びかけや弔電、焼香など葬儀と比べると宗教的儀式というよりも、故人と見送る側の最後のお別れのための会のようなものです。

最近では葬儀と告別式が同じ日に続けて行われるので、葬儀に参列するというとそこには告別式にも参列するという意味も含まれていることがあります。

一般的な葬式の流れと順番

葬儀

一般的な葬式の流れはどのような感じなのでしょうか?

葬式を経験したことが無いという方は特に、知っておきたいですよね?
ここでは、一般的な葬式の流れと順番について解説していきます。

逝去から通夜まで

まずは逝去から通夜までの流れです。

  • 遺体の処置・搬送

    遺体に適切な処置を施してもらい、葬儀社に連絡をして安置所まで搬送してもらいます。
    死亡診断書はこのときに受け取るようにします。

  • 遺体の安置

    どのような葬儀の形式を選択するにしても、死亡後24時間経過しないと火葬できないので、それまで自宅や安置所に安置します。

  • 葬儀社との打ち合わせ

    喪主は誰がやるのかや葬儀をどのような形式にするのか、祭壇のデザインはどうするのかなど、葬儀に関することは葬儀社と話し合って全てここで決めます。
    火葬許可証や死亡届はこの段階で手続きをします。

  • 通夜の準備

    参列者や職場の関係先などに連絡をし、通夜に必要となる喪服など、また必要に応じて御礼品などの準備もします。

  • 納棺

    遺体をお清めしてから、死装束を着せて納棺となります。
    遺族だけでは難しい場合は葬儀社が行うこともあります。

通夜

通夜の流れです。
通夜はだいたい18時から19時あたりに始まることが多いようです。

  • 受付準備

    通夜開始の2時間ほど前には受付の準備を開始します。
    供物や供花などを確認し、特に名前の間違いが無いようにします。

  • 受付開始

    通夜の30分前から受付を開始します。
    通夜の始まる20分前までは、喪主や遺族も参列者に挨拶をしますが、それ以降は着席して通夜が始まるのを待ちます。

  • 開式

    お坊さんが入場して開始となります。

  • 読経・焼香

    お坊さんの読経の後、喪主から順番に焼香となります。

  • 閉式

    喪主挨拶と通夜振る舞いの案内の後、お坊さんが退場して終了となります。
    通夜振る舞いがある場合はこの後通夜振る舞いとなります。

  • 通夜振る舞い

    故人と生前親しかった人たちを呼んで会食をします。
    故人を偲ぶ場であると共に、通夜に来てくれた人へのお礼という意味もあります。

葬儀・告別式

葬儀・告別式の流れです。
葬儀は10時くらいから開式となることが多いようです。

  • 受付準備

    葬儀開始1時間前には受付の準備を開始します。
    御礼品などの準備や、供花や弔電の確認をします。
    通夜のときと同様に特に名前の間違えには気を付けます。

  • 受付開始

    記帳を漏れが無いようにしてもらいます。
    葬儀開始15分前までには着席します。

  • 開式

    お坊さんの入場と共に開式となります。

  • 読経、弔電・弔辞の紹介

    お坊さんの読経の後、弔電・弔辞が奉読されます。

  • 焼香

    喪主から順番に焼香となります。

  • 閉式、出棺

    お坊さんが退場し、司会役の閉式宣言で閉式です。
    棺を花で飾ったり、くぎ打ちなどを終えて遺族が寝台車まで運びます。
    くぎ打ちは喪主から順番に行います。

  • 火葬、骨上げ

    納の式の後火葬をします。
    火葬が終わったら、喪主から順番に骨上げを行います。

  • 還骨法要・初七法要

    自宅か斎場に戻ったら後飾り祭壇に遺骨を安置し、そこで読経と焼香を行います。
    中々日程の都合が合わずに後日集まれることが難しい場合が多いので、このとき初七日法要も繰り上げて同時に行われることがあります。

  • 精進落とし

    故人と生前親しかった人たちで集まって、会食を行います。
    ここでも喪主が挨拶をする場面があります。

葬儀・葬式にかかる時間

葬儀

葬儀・葬式にはどれくらいの時間が必要になるのでしょうか?
日程など所要時間が気になるという方もいるのではないでしょうか?

ここでは、通夜、葬儀・告別式にどれくらいの時間がかかるのか解説していきます。

通夜のタイミング

通夜は一般的に逝去の日には仮通夜、翌日の夕方の18時あたりから本通夜を始めることが多いようです。
これは、会社帰りに直接来られる時間帯であるという理由からです。

通夜は逝去後何日後に行わなくてはいけないという決まりはありませんが、長くても3日以内には行われます。

通夜にかかる時間

通夜は自体は約2時間ほどですが、受付準備から通夜振る舞いまで合わせると長くなります。

2時間前には受付準備を始め、通夜自体が1時間ほど、通夜振る舞いが2時間ほどかかるので、全体では4~5時間かかるものとみておいた方が良いでしょう。

葬儀・告別式にかかる時間

葬儀・告別式はだいたい10時ごろに始まり、2~3時間ほどで終わります。

全体で考えると、遺族は9時には集合となり、葬儀・告別式の後後納骨が終わるのは14時頃になり、精進落としは2時間ほどとなります。

ですから、集合から合わせた所要時間を考えると7時間ほどにもなります。
もちろん火葬場が遠かったり、何か問題があったりして時間がかかることもありますのでもっと長くなることもあります。

思ったよりも長くて、心身ともに疲れてしまうのではないかと思ったかもしれませんが、故人と過ごす最後の日なので後悔の無いように過ごせると良いでしょう。

葬儀(葬式)の挨拶の文例

葬儀

葬儀では喪主が挨拶する場面がいくつかあります。

もしも自分が喪主になったらと思うと、どんなことを喋ればいいのか知っておきたいですよね?
ここでは、喪主挨拶のタイミングと文例について簡単に解説していきます。

喪主挨拶は、基本的に通夜、葬儀の二回となります。
ここでは葬儀での喪主挨拶の文例を紹介します。

遺族を代表いたしまして、皆様に一言ご挨拶を申し上げます。
私は故人の●●(故人との関係)である、○○でございます。

●●は昨年入院し、手術や検査などの長い闘病生活の後×月×日に永眠いたしました。
つらい様子は一切見せず、明るくふるまっておりましたのは、●●らしい強さであったのではないかと思っております。

いまだ悲しみは癒えませんが、●●が笑って見守ってくれていると信じて、これから家族みんなで明るく、前を向いて生きていきたいと思います。

本日はお忙しい中ご会葬いただきまして、ありがとうございました。

ここで気を付けたいのは、忌み言葉です。
ますます、再びなど不幸が重なるとされているものや、落ちる、消えるなどの不吉と思われる言葉、また死亡や急死などの直接的な表現もやめましょう。

話すときには落ち着いてゆっくり話すと良いでしょう。
また、長くても3分以内には収まるようにするようにしましょう。

会社関係の葬式での注意点

葬儀

友人や家族関係の葬儀だけではなく、会社関係の葬儀に関わることもありますよね?
そんなときには注意した方がいい点がいくつかあります。
ここでは、会社関係の葬儀の注意点について簡単に解説していきます。

まずは、参列するべき時に参列できない場合ですが、参列者に香典を預けておくようにしましょう。
香典は最低限贈るようにした方が良いでしょう。
また、弔電を打つのも良いでしょう。

また、受付や道案内を頼まれることもあります。

場合によっては顔を知らない会社の人の受付をやることになるわけですが、参列者側から見ると喪主側の一人として見られるので、服装や言葉遣いに気を付けましょう。

葬儀と葬式についてまとめ

葬儀

葬儀や葬式、通夜、告別式などの違いが出てきましたが、参考になったでしょうか?

今回終活ねっとでは、葬儀と葬式の意味の違いや、流れや所要時間、挨拶まで詳しく解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

  • 葬式は葬儀と告別式を合わせた故人とお別れするための儀式のこと。

  • 葬儀は故人を送り出すための宗教的儀式のこと。

  • 通夜とは葬儀に来られない人と故人とのお別れの場であると共に、遺族が故人を見守ってあげることである。

  • 告別式とは参列者と故人の最後のお別れの式のこと。

  • 通夜は式だけで2時間程度、準備から通夜振る舞いまでは4時間ほどかかる。

  • 葬儀は式だけで2~3時間程度、準備から精進落としまで合わせると7時間ほどかかる。

  • 喪主挨拶では忌み言葉に気を付ける。

葬式や葬儀など、今まで勘違いしていたという方も、もしかしたらいたかもしれませんね。

それぞれのマナーなど完璧に知っておく必要はないかもしれませんが、せめて言葉の違いだけでも分かっていると、いざ葬儀となったときに混乱しなくて済むかもしれません。

葬儀は大切な故人との最後の時間となりますので、心を落ち着けてのぞめると良いですね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

以下に葬儀の費用についてまとめた記事がありますので、興味がある方はぜひご覧になってみてください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・葬式」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・葬式」についてさらに知りたい方へ

お通夜の意味ってなに?お通夜ですることについても解説!のサムネイル画像

お通夜の意味ってなに?お通夜ですることについても解説!

お通夜に遅れるのは大丈夫なの?遅れる場合のマナーについても解説!のサムネイル画像

お通夜に遅れるのは大丈夫なの?遅れる場合のマナーについても解説!

葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説

お通夜とお葬式どちらに参列するべき?参列できない場合の対応も解説のサムネイル画像

お通夜とお葬式どちらに参列するべき?参列できない場合の対応も解説

葬儀までの流れはどうするの?家族葬の場合や参列者の流れもご紹介のサムネイル画像

葬儀までの流れはどうするの?家族葬の場合や参列者の流れもご紹介

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!のサムネイル画像

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!

告別式と葬儀の違いって?通夜との違いやお葬式の流れをご紹介のサムネイル画像

告別式と葬儀の違いって?通夜との違いやお葬式の流れをご紹介

葬儀・通夜・告別式の流れや違いって?日程や持ち物・マナーを紹介!のサムネイル画像

葬儀・通夜・告別式の流れや違いって?日程や持ち物・マナーを紹介!

お通夜と葬儀の違いとは?服装や挨拶の違いなどについても解説!のサムネイル画像

お通夜と葬儀の違いとは?服装や挨拶の違いなどについても解説!

葬儀と告別式はどう違うの?通夜とお葬式まで含めて違いを解説しますのサムネイル画像

葬儀と告別式はどう違うの?通夜とお葬式まで含めて違いを解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・葬式」についてさらに知りたい方へ

お通夜の意味ってなに?お通夜ですることについても解説!のサムネイル画像

お通夜の意味ってなに?お通夜ですることについても解説!

お通夜に遅れるのは大丈夫なの?遅れる場合のマナーについても解説!のサムネイル画像

お通夜に遅れるのは大丈夫なの?遅れる場合のマナーについても解説!

葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説

お通夜とお葬式どちらに参列するべき?参列できない場合の対応も解説のサムネイル画像

お通夜とお葬式どちらに参列するべき?参列できない場合の対応も解説

葬儀までの流れはどうするの?家族葬の場合や参列者の流れもご紹介のサムネイル画像

葬儀までの流れはどうするの?家族葬の場合や参列者の流れもご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと