お通夜と葬儀のマナーとは?香典や受付のマナーについても解説!

お通夜と葬儀のマナーについて貴方はよくご存知ですか?お通夜と葬儀は頻繁に身近にあるものではないので、覚えて置きにくいかと思います。今回終活ねっとでは、お通夜と葬儀のマナーについて、香典や受付のマナーを中心に解説していきます。

目次

  1. お通夜と葬儀のマナーとは?
  2. お通夜と葬儀の違いとは?
  3. お通夜のマナー
  4. 葬儀のマナー
  5. お通夜・葬儀の香典のマナー
  6. お通夜・葬儀の受付をする場合のマナー
  7. お通夜と葬儀のマナーについてまとめ

お通夜と葬儀のマナーとは?

葬儀

お通夜と葬儀のマナーについて貴方はよくご存知ですか?
お通夜と葬儀は、頻繁に遭遇するものではないので、忘れがちだと思いますが、とても大切な物ですので覚えておくことに越したことはありません。

今回終活ねっとでは、お通夜と葬儀のマナーについて解説していきますので、お通夜や葬儀に行かれる際の参考にしてください。

  • お通夜と葬儀はなにが違うの?
  • お通夜の服装、持ち物、流れについて
  • 葬儀の服装、持ち物、流れについて
  • お通夜と葬儀の香典について
  • お通夜と葬儀の受付を任された場合のマナー

マナーは自分の気持ちを表すための大切なことですので、ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お通夜と葬儀の違いとは?

困った人々

始めにお通夜と葬儀の違いについて見ていきましょう。

お通夜とは?

日本の歴史の中で、通夜の意味は少しずつ変わりを見せていますが、元々は主に親族や知人が故人を語りながら、夜を通して故人を護ることを意味していました

今では、およそ17時から19時の間に行われる、僧侶の読経と焼香を行う式の形式をとるようになった儀式となっています。
お通夜には、ご遺族・親族の他に一般の参列者も参列します。

神式では通夜祭として行われます。
キリスト教では通夜ミサとしての儀式はありますが、通夜という概念はありません。

葬儀とは?

葬儀は故人を葬り供養するための儀式であり、主に昼間に行われます

葬儀は宗教的な儀式を指しますので、本来告別式とは別の儀式です。
告別式は親族や参列者が故人と最後の別れをする儀式なのです。
昔は別々に行われていましたが、現在では葬儀と告別式を合わせて行うことがほとんどなので、合わせて告別式とも呼ばれています。

神式では神葬祭として行われます。
キリスト教でもミサが行われます。

葬儀は宗教的に故人を送る儀式ですが、他にもご遺族が心の整理をつけるといった意味合いも持っています。

お通夜のマナー

葬儀

をれでは、お通夜に関するマナーから見ていきましょう。

服装に関するマナー

服装に関するマナーを、ご遺族・親族の場合と一般参列者の場合とで分けて見ていきます。

ご遺族・親族の場合

ご遺族・親族がお通夜に参列する場合は、男女ともにブラックフォーマルを着用します。
喪服を持っていなかったら、葬儀社で借りることができますので早めに手配しておきましょう。

また、女性は露出を避けた落ち着いた服装を心がけます。
煌びやかなネイルや化粧、結婚指輪や真珠以外のアクセサリーはつけないようにしましょう。

一般参列者の場合

一般参列者は、男女ともに通夜は地味な平服やスーツもしくはブラックフォーマルで構いません
通夜は突然の訃報に急いで駆けつけるものなので、かしこまった服装をしなくても大丈夫なのです。

しかし、最近は葬儀会館での葬儀が増え、参列者のほとんどがブラックフォーマルを着用していますので、時間的余裕があればブラックフォーマルの服装が良いでしょう。

以下の記事ではお通夜に参列する際の服装について、男女別に詳しく説明しています。
こちらもぜひご覧ください。

こちらも読まれています

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜は告別式と並び、葬儀の中で故人の冥福を祈りお見送りするための場です。このためお通夜の場にはふさわしい服装で臨む必要があります。そして立場によってお通夜に適しているとされる服装はさまざまです。今回はお通夜にふさわしい服装について見ていきましょう。

お通夜の持ち物は?

お通夜に参列する際は、最低限以下の物を持っていくとよいでしょう。

  • 香典
  • 清潔で落ち着いた色のハンカチ
  • 数珠(仏式のお通夜に限る)

お通夜に必要な持ち物については、下記の記事で男女別に紹介しています。
こちらも合わせて御覧ください。

こちらも読まれています

お通夜に必要な持ち物は?男女での違いや数珠・香典のマナーも解説!

急に参列する事が決まり、その日のうちに急いで持ち物を用意しなければいけないのがお通夜です。でもいざという時、どこからどう準備して良いかわからないときがあるのではないでしょうか。今回はお通夜における持ち物について詳しく解説していきます。

集合時間は?

お通夜での一般的な集合時間を見ていきます。

親族・ご遺族の場合

親族・ご遺族の場合は、一般参列者よりも前に到着する方がよいので、お通夜の2時間前から1時間半前には会場に到着しているようにします。

特にご遺族は、お通夜の前に納棺の儀式があって参加する場合は、その時間に合わせて到着するように心がけましょう。

一般参列者の場合

一般参列者の場合は、お通夜が始まる1時間前から15分前までには会場に到着するようにしましょう。
あまり早すぎても遅すぎても、ご遺族の負担となりますので、配慮が必要です。

遅れそうな時はどうすればいいの?

お通夜の時間に、諸事情があってどうしても遅れそうな場合、親族・ご遺族はわかった時点で会場の喪主に連絡をしましょう

一般参列者は連絡の必要はありませんが、お通夜が始まってからの受付などは静かに速やかに済ませるようにします。

お通夜の流れ

それではお通夜の流れについて説明します。
仏式のお通夜のおおよその流れは以下の通りとなります。

  • ご遺族・親族・参列者の着席
  • 僧侶の入場と開式
  • 僧侶の読経中(または読経終了後)、焼香を喪主、ご遺族、親族、一般参列者の順に行う
  • 僧侶の説法・僧侶の退場
  • 喪主挨拶
  • 通夜振る舞いの席の開催

僧侶の説法はない場合もありますし、通夜振る舞いの席もない場合があります。

お通夜での挨拶・言葉遣いについて

お通夜ので挨拶や言葉遣いについて見ていきましょう。

喪主・ご遺族・親族の場合

喪主やご遺族はお悔やみの言葉を受け取る側です。
お悔やみの言葉を言われたら「ありがとうございます」と丁寧に受けるようにします

親族は、忌み言葉に気を付けて挨拶を交わすようにします。
忌み言葉とは、「重ね重ね」などの重ね言葉であり、「死」という不幸がまた起きないようにと気を付けるものです。
ですので、親族同士でも「こんばんは」などの通常の挨拶は避け、頭を避けてから「突然のことでしたね」などと、挨拶するのが良いでしょう。

日本は昔から言葉には力が宿るとされて、不幸を連想させる言葉をお通夜で使わないという風習が残っています。

一般参列者の場合

一般参列者の場合は以下の事を避けて挨拶をしましょう。

  • 死因については自分から触れない
  • 「死亡」「亡くなった」など直接的な「死」の言葉を避け、「生前」などと言い換える
  • 「重ね重ね」「度々」「つくづく」などの重ね言葉を避ける
  • 喪主の負担を考え、長々と挨拶をしない
  • 相手をねぎらう言葉を用いる

葬儀のマナー

葬儀

ここでは葬儀のマナーに関してみていきます。

服装に関するマナー

葬儀の服装は、男女ともにブラックフォーマルを着用しましょう。
お通夜では一般参列者は地味な平服やスーツでも大丈夫ですが、葬儀は誰もがブラックフォーマルを着用するのがマナーです。

男女ともに殺生を連想させる毛皮やファーを避けます。
また、光沢のあるバッグや靴も避けるようにしましょう。

葬儀の持ち物は?

お通夜と同様に、香典・ハンカチ・数珠などを持参します。
ただし、後述しますがお通夜に香典を出している場合は、香典を持参する必要はありません

集合時間は?

葬儀の集合時間を見ていきます。

親族・ご遺族の場合

親族・ご遺族は、葬儀の2時間から1時間半前には会場に到着しておくようにします。
葬儀の日には、葬儀の前に食事があったりしますので、参加する場合にはその時間に合わせるようにしましょう。

葬儀は遅刻厳禁

葬儀の時間に遅れていくことは、マナー違反です。
お通夜は、急な知らせで急いで駆け付けたという意味合いから、遅れても問題はありませんが、葬儀はきちんと日時を知らせているので送れるのは厳禁なのです。

葬儀の流れ

ここでは葬儀の流れをみていきましょう。
葬儀で一番多い仏式の葬儀の流れは以下の通りです。

  • ご遺族・親族・参列者の着席
  • 僧侶の入場と開式
  • 僧侶の読経中の焼香
    喪主、ご遺族、親族、一般参列者の順に行う
  • 弔意・弔電の奉読(読経終了後の場合も有り)
  • 僧侶退室
  • 喪主の挨拶
  • 柩のふたを開けて、ご遺族・親族・参列者が故人と最後のお別れである告別式を行う
  • 告別式終了後、出棺

昔、葬儀と告別式は別の儀式でした。
葬儀は宗教者が故人を送り出す宗教的な儀式であり、告別式は集った人々が故人に最後の別れを告げる儀式だったのです。

今では、葬儀と告別式の境界線が曖昧になり、ほとんど流れでは葬儀と告別式を引き続いて行われ、約1時間で済むようになっています。

参列者へ長時間の負担をかけないためであり、また火葬場へ決められた時間に到着しなければいけないためにこのような流れになりました。

葬儀での挨拶・言葉遣いについて

葬儀での挨拶・言葉遣いは、お通夜と同様です
喪主の負担にならないように、短く忌み言葉を避けて挨拶をしましょう。

お通夜で一通りの挨拶を交わしている場合には、同じ言葉ではなく頭を下げる程度にしておいた方が無難です。

お通夜・葬儀の香典のマナー

葬儀

ここではお通夜・葬儀の香典マナーについて簡単に見ていきます。

香典袋に関するマナー

まず香典袋に関するマナーです。

香典袋には様々な種類が販売されています。

  • お通夜と葬儀に持参する香典袋は黒と白の結び切りの水引きの物を選ぶ。
  • 香典の金額が3万円未満なら水引きが印刷されたものを、3万円以上ならば本物の水引きがついた香典袋を選ぶ。
  • 香典を持っていくお通夜と葬儀の宗教が仏式であれば、蓮の花柄がついた香典袋でかまわないが、宗教がわからない場合は無地を選ぶのが無難である。

また表書きは以下を参考にして選ぶようにしてください。

御霊前/御香典/御香料 仏式(浄土真宗を除く)・神式・キリスト教
御仏前/御香典/御香料 浄土真宗
御玉串料/御榊料/御神饌料 神式
御花料 キリスト教

宗教がわからない場合は、御霊前を選ぶと無難です。

そして、香典袋の外袋には表書きの下側に氏名をフルネームで書きます
中袋の表には香典の金額を、旧字体の漢数字で縦書きで記載します。
中袋の裏側には住所と氏名を書きます。
表書きやその下に書く氏名は薄墨の筆ペンを使用しますが、中袋はボールペンで書いても問題ありません。

香典袋の正しい書き方については、詳しく下記の記事で解説していますのでこちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典袋の選び方って?宗教・金額・法事の種類ごとに分けて解説!

香典を持参する際には必ず香典袋に入れることになりますが、その種類はいろいろあるように見えるため選び方で悩む方も多いでしょう。今回は香典を包むために使う香典袋の選び方を、宗教・金額・法事の種類ごとに見ていきます。

お通夜と葬儀のどちらに持って行くべき?

香典はお通夜でも葬儀でも、どちらで持っていっても正しいものです。
つまり、お通夜に出すべき、葬儀に出すべきという決まりはありません

ただ、地域によってはお通夜に出す人が多い、葬儀に出す人が多いという慣習は残っているでしょう。
不安であれば一緒に参列する人と話し合って合わせてもよいでしょう。

一般的には香典はどちらで出してもいいものですが、お通夜と葬儀の両日に二回出すのはマナー違反です。
不幸が重なる、という意味に捉えられてしまいますので注意しましょう。

香典を渡す時のマナー

香典を渡すときにもマナーがあります。

袱紗(ふくさ)に包む

袱紗とは香典や祝儀袋を包む正方形の布のことです。
様々な色合いのものがあり、現代では主に暖色系は冠婚に、寒色系は葬祭に使われます。
紫だけ、慶弔のどちらにも利用できます。

台紙がついているものもあります。
この袱紗で、香典を包み会場へと持参します。

渡す時の挨拶とは?

香典は受付で渡します。
しかし、袱紗に包んだまま香典を渡すことはしません。
受付前に袱紗から取り出して香典袋のまま渡すこともせず、受付で挨拶を述べてから袱紗から取り出して、受付に渡します

その時の挨拶は以下のようになります。

例文「このたびはご愁傷さまでした。故人のご霊前にお供え下さい」
例文「この度はご愁傷さまです」
例文「このたびは・・・」

お通夜や葬儀での挨拶は、短めがよいとされています。
声も控えめに、故人への弔意を態度で示しましょう。

お通夜・葬儀の受付をする場合のマナー

葬儀

ここでは、お通夜・葬儀の受付をする場合のマナーについて見ていきます。

お通夜・葬儀での受付とは?

お通夜・葬儀には受付がありますが、受付はどのように行えばよいのでしょうか。

誰がするの?

受付は、ご遺族・親族・近隣の人・会社関係の人など、ご遺族からお願いされた人が行います。

何をするの?

お通夜・葬儀での受付は、参列者が来た際に名前などを書いてもらうこと、香典を受け取ること、参列者にお礼のお品を渡すことが主な仕事です。

葬儀社のスタッフは、受付で手伝いはしても金銭である香典を取り扱うことはほとんどありません。
大切な香典を、喪主へ確かに渡すのも受付の仕事と言えるでしょう。

受付の服装マナー

受付を頼まれた場合の服装マナーですが、参列者と同様でかまいません
ですので、男女ともにブラックフォーマルな服装で臨みましょう。

言葉遣いについて

受付のお手伝いをお願いされた場合には、お通夜や葬儀に来てくださった参列者へは丁寧な言葉遣いを心がけます
参列者からは、「この度はご愁傷様でございます」などと言葉がかけられますので、下記の挨拶を返しましょう。

例文「本日は御多忙の中、お越し頂きありがとうございます。」
例文「本日はお足元の悪い中、御参列いただきありがとうございます。」

葬儀の受付を頼まれる場合はなかなかありませんので、頼まれた時は焦ってしまうかもしません。
下記の記事では、受付での挨拶やマナーについて詳しく説明していますので、ぜひこちらを参考になさってください。

こちらも読まれています

葬儀の受付での挨拶の文例って?挨拶のマナーや通夜での挨拶も解説!

葬儀は非日常です。突然の葬儀に際して受付でどのように挨拶したりすればよいか自信のある方は少ないでしょう。葬儀の受付の手伝いを頼まれたりすればなおさらです。弔問客として、または、ご遺族側のお手伝いをする場合、それぞれについて葬儀の挨拶のマナーをご説明します。

お通夜と葬儀のマナーについてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、お通夜と葬儀のマナーについて解説してきました。

まとめると以下のようになります。

  • お通夜とは、故人と過ごす最後の夜であることを指すが、現在では夕方に行われる通夜の式を指す。一般的にはご遺族・親族・一般参列者が参列する。
  • 葬儀は故人を葬り供養するための儀式である。
  • お通夜のマナーでは、服装はご遺族・親族はブラックフォーマルを着用するが、一般の参列者はブラックフォーマルの他に、地味な平服でも構わない。
  • お通夜にはハンカチ・香典・数珠などを持参するとよい。
  • お通夜には親族なら1時間半前、一般の参列者なら15分前には会場に到着するのがよいが、どうしても遅れる場合はご遺族へ連絡をすべきである。
  • お通夜の挨拶は、喪主の負担を考えて短く「この度はご愁傷さまです」といったお悔やみの言葉に留めるとよい。
  • 葬儀の服装は、ご遺族・親族・一般参列者に関わらずブラックフォーマルを着用すべきである。
  • 葬儀の持ち物は通夜と同じで良いが、香典はどちらか一方にのみ出すべきである。
  • 葬儀には遅刻は厳禁である。
  • 香典袋は黒白の水引きの物を選び、参列する通夜葬儀の宗教に合わせて柄や表書きを選ぶ。
  • 香典袋は袱紗に入れて持参し、受付でお悔やみの言葉とともに出す。
  • お通夜・葬儀の受付は、ご遺族・親族・近隣の人・会社の人が喪主から依頼されて行う。依頼があった場合は、できるだけ協力をする。
  • 受付では丁寧な言葉遣いを心がけ、香典などを責任をもって扱う。

お通夜や葬儀は頻繁にあることではありませんので、いろいろ忘れがちになります。
ただしマナーは相手を思いやるという気持ちの表れでもありますので、きちんと守ることも重要です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の記事ではお通夜の流れについて、焼香の手順や通夜振る舞いの流れまで詳しく解説していますので、こちらも合わせて御覧ください。

こちらも読まれています

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

大切な方が亡くなった際に行われる葬儀にはお通夜と告別式があります。このうちお通夜には告別式に参列できない場合などに出向くことも多いでしょう。このためお通夜の全体的な流れやマナーを知っておくと、いざというときに便利です。お通夜について、流れを中心に見ていきます。

シェアする

「通夜・葬儀・マナー」に関連する記事

  • 葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

    葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

    葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装について調べてみました。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しときましょう。

  • 葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説のサムネイル画像

    葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説

    親族の葬儀に呼ばれた際、香典の金額やメイクや髪型に戸惑ったことはありませんか?今回は、親族の葬儀に呼ばれた時のマナーやルールを解説するとともに、喪主からお手伝いを頼まれた時にも困らないように、葬儀の流れについてもまとめています。

  • お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!のサムネイル画像

    お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!

    お通夜やお葬式というものは、厳粛な場ですしマナーを知らないと恥ずかしい思いをしてしまいますよね。人に聞きにくい話題ですので、マナーを知らないままになっている方もいるのではありませんか?そこでお通夜とお葬式に関するマナーを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説のサムネイル画像

    葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説

    葬儀と言われると大体のイメージは考えられますが、具体的に参列してからのイメージがなかなか湧きませんよね。葬儀や参列はどのような流れでどのようにして行われるのかがよくわからない人もいるかと思います。今回の記事ではそんな葬儀や参列の流れを詳解していきます。

  • 通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介しますのサムネイル画像

    通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介します

    身近な方が亡くなり、通夜や葬儀を行うということはあまり経験する事柄ではありませんよね。通夜や葬儀などの一連の流れを前もって知っておけば、後悔の無い良いお葬式を行いやすくなるかもしれません。そこで一般的な通夜と葬儀の流れを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?のサムネイル画像

    葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?

    時代の変化にともない家族葬など葬儀の形も変化しつつあります。そのなかで今後も受け継がれていくと思われるのが葬儀でのさまざまなマナーです。今回は葬儀のマナーの全般についてご説明いたします。服装・挨拶・ご香典など葬儀を考えるときに役に立つ、葬儀のマナーの情報です。

  • 親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!のサムネイル画像

    親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!

    最近では親族のみで行う葬儀が増えてきているようです。これからもしかしたら親族のみの葬儀に関わる機会があるかもしれません。そんなときのためにマナーを知っておきたいですよね?今回は親族のみで行う葬儀のマナーについて、服装や香典、参列の可否を解説します。

  • 葬儀には出席?参列?正しい表現や参列時の服装・香典マナーを解説!のサムネイル画像

    葬儀には出席?参列?正しい表現や参列時の服装・香典マナーを解説!

    葬儀に出ることを表現するとき、おそらく葬儀に「出席」するか「参列」するという表現を使う方が多いのではないでしょうか?実際どちらが正しい表現なのか気になりませんか?今回は葬儀に出席なのか参列なのかについて、また葬儀の服装や香典のマナーについても解説します。

  • 葬儀と通夜の違いを徹底解説!マナーや香典についても解説のサムネイル画像

    葬儀と通夜の違いを徹底解説!マナーや香典についても解説

    通夜と葬儀の違いは分かりますか。 通夜・葬儀とはどういうことなのか、違いはどんなことがあるのか、注意すべきマナーは、香典はいつ出すか、などいろいろな疑問や心配も出てきますね。 この記事では、葬儀と通夜の違いについて、マナーや香典の出し方を含めて解説します。

  • 葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介のサムネイル画像

    葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介

    葬儀に参列する範囲について、困ったことがあるという方はいませんか?最近では葬儀の形式が多様化してきているので、これからさらに葬儀に参列する範囲が複雑になってくるかもしれません。 今回はそんな形式別の葬儀に参列する範囲と、参列する際のマナーも解説していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「通夜・葬儀・マナー」についてさらに知りたい方へ

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説のサムネイル画像

葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説

お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!のサムネイル画像

お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説のサムネイル画像

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介しますのサムネイル画像

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介します

葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?のサムネイル画像

葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?

親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!のサムネイル画像

親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!

葬儀には出席?参列?正しい表現や参列時の服装・香典マナーを解説!のサムネイル画像

葬儀には出席?参列?正しい表現や参列時の服装・香典マナーを解説!

葬儀と通夜の違いを徹底解説!マナーや香典についても解説のサムネイル画像

葬儀と通夜の違いを徹底解説!マナーや香典についても解説

葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介のサムネイル画像

葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「通夜・葬儀・マナー」についてさらに知りたい方へ

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説のサムネイル画像

葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説

お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!のサムネイル画像

お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説のサムネイル画像

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介しますのサムネイル画像

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと