通夜・葬儀での親族・参列者のマナーって?服装や挨拶のマナーを解説

葬儀やお通夜は非常に厳粛な空気の中行われます。そのため、最低限マナーを知っておく必要があるでしょう。葬儀やお通夜でのマナーを言われてもピンと来ない人がいるかもしれません。今回はそんな人のために、お通夜や葬儀でのマナーについて解説していきます。

目次

  1. 通夜・葬儀のマナーについて
  2. 通夜と葬儀の違い
  3. 通夜・葬儀の親族・遺族のマナー
  4. 通夜・葬儀での参列者のマナー
  5. 通夜・葬儀のマナーまとめ

通夜・葬儀のマナーについて

葬儀

故人を弔うためにお通夜や葬儀は行われますが、ある程度決まった流れや最低限のマナーがあることはみなさんも知っていると思います。

しかし、マナーと言われても具体的なものが思い浮かばない人もいるかと思います。

特にマナーについてあまり知らない人はそのまま参列してしまうと、葬儀やお通夜が円滑に進まなかったり、ほかの参列者に悪い印象を与えてしまう可能性もあります。

そこで今回終活ねっとでは、お通夜・葬儀での親族・参列者のマナー、服装や挨拶のマナーなどを中心に、以下のポイントなどを解説していきます。

  • お通夜と葬儀の違いとは
  • お通夜や葬儀にはどのような服装で参列すればいい?
  • 自分が故人の親族の場合は、挨拶はどうすればいい?
  • お通夜や葬儀に参列する際の香典のマナーは?
  • 持ち物はどうすればいい?

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

通夜と葬儀の違い

葬儀

そもそもお通夜と葬儀の違いとは一体何なのかというところから見ていきましょう。
お通夜も葬儀も故人を弔う儀式だということは変わりないのですが、この二つは全く別の儀式です。

通夜

そもそもお通夜とは、夜通し明かりを消さずに亡くなった方を見守り、ご冥福を祈るための儀式です。

夕方18時頃から始まることが多いため、お通夜と呼ばれるのです。
お通夜は亡くなった次の日に行われ、ご遺族、ご親族、親しい友人などが集まり弔問します。

また、お通夜では僧侶を迎え、読経をしてもらったり、お焼香を行います。

少々簡易的なものになりますが、亡くなった翌日に来る必要がある弔問客のことも配慮し、服装も簡単なもので大丈夫ですし、通常1~2時間で終了する場合が多いのです。

葬儀

葬儀はお通夜の翌日に行われます。

ご遺族、ご親族、親しい友人の方などは故人との最後のお別れをする場面になります。
葬儀は午前中から行われ、夕方前くらいには終了します。

お通夜は簡単に行われますが、葬儀は一連の流れに基づき、厳粛は雰囲気の中行われます。
また、故人を火葬するのも葬儀でやること一つです。

参列者は通常お通夜か葬儀のどちらかに参列するのが慣習となっています。

通夜と葬儀の違いについて更に詳しく知りたい方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!

愛する身内の方が亡くなった場合、日を置くことなく通夜や葬儀が行われます。いずれも故人とのお別れや見送りをするうえでは欠かせません。ところで皆さんは通夜と葬儀の違いはわかりますか?今回はぜひ知っておきたい通夜や葬儀との違いや、マナーや費用も含めて見ていきます。

通夜・葬儀の親族・遺族のマナー

葬儀

では、お通夜と葬儀のマナーについて解説していきます。
お通夜・葬儀では参列者と親族で当然振る舞いが変わってきます。

どちらの側でも最低限知っておくべきなマナーは存在するので確認しておきましょう。

葬儀はとても厳粛に行われますし、マナーをわきまえていないとほかの参列者やご遺族に不快な印象を与えてしまう可能性もあるので注意しましょう。

お通夜や葬儀をご親族・ご遺族目線から見たマナーについて解説していきます。

服装

まずは服装についてのマナーを解説していきます。

葬儀では喪服を着ることになりますが、気をつけるべき注意点がいくつかあります。
それらを確認していきましょう。

男性

男性はお通夜の際はブラックフォーマルスーツで大丈夫です。
黒のスーツ、ベスト、ネクタイ、靴下、靴を着用し、シャツは白無地のものを着用してお通夜に参列します。

ネクタイは黒無地で光を反射しにくいものにしてください。
ネクタイピンは基本的に付けないでください。

靴は金具がついていない、光を反射しにくいものを選びます。
葬儀の際も同じくブラックフォーマルスーツで大丈夫です。

女性

女性はお通夜の際は黒のアンサンブルや黒のワンピースを着用します。
できるだけ胸元が空いていないものを選ぶようにしましょう。

スカートの長さは膝丈、もしくは足首まで隠れるくらいのロングスカートでもいいでしょう。
ストッキングや靴も黒にしてください。
カバンなども黒のものを選びましょう。

これがいわゆる洋装となっています。
お通夜の際は和装でなくても大丈夫です。

葬儀の際は和装でも洋装でもどちらでも構いません。
和装の場合は黒無地の羽二重に、黒の帯揚げをします。

ほかの小物も黒で統一します。
足元は白足袋にし、黒の草履を着用します。
髪飾りなどは付けません。

子供

子供が参列する場合は、基本的に学校の制服でお通夜も葬儀も参列することができます。
靴下は黒か白の無地にします。
くるぶし丈や、ルーズソックスは履かないようにしてください。

靴は黒や白のシンプルな靴であれば基本的に大丈夫ですが、金具がついている場合はやめたほうがいいでしょう。
子供ならスニーカーやローファーも大丈夫です。

小学生や幼稚園児など、学校の制服がない場合は黒を基調としたTシャツなどで大丈夫です。
女の子ならワンピースでも問題ありません。

親族代表挨拶

親族は親族代表挨拶という、葬儀の参列者に向かって挨拶をする場面があります。
この際、いくつか注意しておきたいポイントがあります。

それらを確認していきましょう。

挨拶にかける時間

挨拶にはあまり時間をかけないようにしましょう。
あまり長い時間話してしまうのは好ましくありません。

3~5分程度でまとめましょう
挨拶は、「簡潔にわかりやすく」が鉄則です。

挨拶例文

お通夜や葬儀で使える挨拶の例文を紹介します。

挨拶をする際に言っておきたいことは、会場に参列してくれた方々への感謝、故人との生前のお付き合いについて、今後の支援の依頼、この3つです。

これらを含めた挨拶をします。以下例文です。

遺族並びに親族を代表しまして、一言申し上げさせていただきます。
この度はご多忙の中、○○の葬儀に参列していただき、誠にありがとうございました。
(故人とのエピソード)
今後とも、変わらぬご厚誼(こうぎ)の程、よろしくお願い致します。
本日は誠にありがとうございました。

故人とのエピソードは血縁関係によって変わってくると思います。
個人的なことでも大丈夫なので、印象深い出来事などを話すといいでしょう。

供物は必要?

親族として葬儀に参列する場合は供物を用意したほうがいいでしょう。
一般的に送られることの多い供物は、果物やお菓子、故人の好きだったものなどです。

しかし、宗教のよっては供物として送っていいものが違うので、事前に確認して間違えないようにしましょう。
供物の費用相場は5000円~1万円程度と考えてください。

また、供物を送った際は香典を送る必要はありません。
これは、供物と香典が同じ意味を持つからです。

受付をするときのマナー

故人のご遺族の方々は、自分たちで会場準備を業者と一緒に行ったりする必要がありますが、受付も自分たちですることがあります。

受付をする際に気をつけるべきマナーとは、一体どのようなものなのでしょうか?

言葉遣い

言葉遣いには当然気をつけなければなりません。
故人の弔問のためにわざわざ足を運んでくれたのですから、まずは感謝の言葉を述べると良いでしょう。

会場案内なども丁寧な言葉遣いで行うといいでしょう。
参列者を不快に指せるような言動は慎むべきです。

受付をする人は?

受付をする人は、基本的には直系家族以外の親族となっています。
つまり、故人の親、子、孫以外の親族ということになります。

これは、直系の家族が受付をやってしまうと、葬儀に参列できなくなってしまうからです。
葬儀は途中から参加することはできません。

故人の直系家族は葬儀に参加するべきですので、直系以外の親族が受付を担当するという形になります。
また、そのような人がいない場合は業者に依頼することも可能です。

通夜・葬儀での参列者のマナー

葬儀

ここまではお通夜や葬儀に参列するご遺族・ご親族目線からの説明をしてきましたが、ここからは参列者の目線から見たマナーについて解説していきます。

参列者も当然気をつけるべきポイントがいくつかあります。
葬儀の際には是非とも注意するようにしましょう。

香典

故人への弔意を表すために、香典をご遺族の方に送ることがあります。
香典を送る際の注意点について見ていきましょう。

表書き

香典の表書きは一般的に「御霊前」が一番使われます。
「御霊前」はどの宗教に対してでも使うことができるため、故人の宗派がわからなかった場合は「御霊前」と書いておくことをおすすめします。

この「御霊前」は、表書きの上に書きます。
また、これは宗教によって書く言葉が異なり、神式なら「御玉串料」、キリスト式なら「お花料」というようになります。

下には送り主を書きます。
一般的に名前を書くのは3人までにします。

4人以上で送る場合は「○○一同」といったようにしましょう。

金額相場

香典の金額相場は故人との関係性の深さによって変わります。
以下は金額相場をまとめた表です。

親戚 知人・友人 同僚・顔見知りなど
費用相場 1万円~3万円程度 5000円~1万円程度 5000円前後

薄墨で書く

香典の表書きや中袋は薄墨で書くようにしましょう。
これは、「亡くなってしまった悲しみのあまり、涙で墨が薄くなってしまったという意味が込められているからです。

近年はほとんどの香典が薄墨で書かれています。
細かいところですが、悲しみを表せるように薄墨で書くといいでしょう。

また、以下の記事では香典の書き方や金額についてより詳しく解説しています。
よかったら合わせてお読みください。

こちらも読まれています

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

日本では葬儀のときに香典として現金を香典袋に包んで渡す習慣があり、今では当たり前のことになっています。ですが、そもそも香典とは何なのでしょうか?葬儀のときに渡す香典について、また香典袋の書き方や香典を渡すときのマナーについても解説します。

服装

お通夜に参列することになった場合の服装は、基本的に平服で大丈夫ですし、もちろん喪服を着ても問題ありません。

ただ、ご遺族によっては喪服でお通夜に参列すると、かえって亡くなるのを待っていたようで不謹慎だと考えることもあるようです。

なので、お通夜は黒を基調として、装飾や柄がない地味な平服で参列するのがいいと思います。
平服以外でも、例えばグレーや紺のスーツでも大丈夫です。

一方の葬儀は厳粛に行われるため、喪服やブラックフォーマルスーツで参列する必要があります。
葬儀で平服は絶対に止めましょう。

主に黒と基調とした喪服で、靴や靴下も黒で統一します。
時計などの装飾品も外す必要があります。

葬儀の菜の服装はこちらの記事でより詳しく解説しています。
よかったら合わせてお読みください。

こちらも読まれています

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装について調べてみました。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しときましょう。

焼香

お焼香は葬儀においてとても重要な意味が込められています。
そのため、マナーや作法を事前に理解しておく必要があります。

お焼香は、自分の番になったら焼香台の前まで進みます。
祭壇に向かって一礼をし、合掌します。

次に、お香をつまみ、おしいただき、香炉にお香を落とします。
再び祭壇に向かって一礼をし、合掌して、自分の椅子へ戻ります。

これが基本的なお焼香の作法ですが、作法は宗教などによって多少変わります。
以下の記事では、各宗派でのお焼香の作法など、より詳しく解説しています。
よかったら合わせてお読みください。

こちらも読まれています

葬儀での焼香のやり方とは?焼香の種類や手順から宗派別の回数も紹介

葬儀には生涯何度も訪れるものではありません。 そのため焼香のやり方で記憶が曖昧ということがあると思います。 今回は葬儀に行く時になって困らないように焼香の正しいやり方や種類、宗派別の焼香の回数などをわかりやすくご説明します。

持ち物のマナー

葬儀の際の持ち物についてわからないという人もいるかもしれません。
葬儀では実は持っていくものが決まっているわけではないのですが、持っていったほうがいいものはあります。

では、持ち物について解説していきましょう。

数珠

葬儀では基本的にアクセサリーや装飾品はNGとされていますが、例外的に数珠は持ち込んでもいいことになっています。

これは、数珠は元々念仏の回数を記憶するために使われていたものだからです。
そのため、葬儀で使われる数珠は特に念珠とも呼ばれます。

数珠は合掌の際やお焼香の際に必要になります。
基本的な使い方は、左手に数珠を掛け、右手を添得るようにして合掌するか、両手にかけて合掌するかのどちらかです。

また、数珠の貸し借りはいかなる理由があってもできません。
必ず持参するようにしましょう。

ハンカチ

ハンカチはお手洗いの際に手を拭いたり、涙を拭ったりする際に必要になります。
ハンカチを持っている場合は会場に持っていくといいでしょう。

ただし、ハンカチを持ち込む際は、黒、白、グレー、紺など地味な色のものにしてください。

刺繍などは入っていないものが一番好ましいですが、多少の刺繍やレースなら問題ありません。
目立つ色のハンカチや、デザインや柄が派手なものは葬儀では持ち込まないようにしましょう。

バッグ

葬儀にバッグも持ち込む際は、黒の布製で光を反射しにくいものにしましょう。
革や合皮で作られているバッグは、葬儀では殺傷を連想させてしまうため避けてください。

また、金具がついているものはあまり好ましくありません。
できるだけ目立った金具がないバッグを持ち込むようにしましょう。

また、カバンを持ち込む際はハンドバッグを持ち込むようにしましょう。
ショルダーバッグなどはカジュアルな印象が出てしまうため、好ましくありません。

ショルダーバッグを持ち込む際は肩にかけず、手持ちで会場に持ち込むようにします。

袱紗(ふくさ)

袱紗は香典を包む際に使います。
通例香典は袱紗に包んで渡すことになります。

袱紗の色は、紺、グレー、紫、緑などの寒色系の色が好ましいです。

また、弔辞用の袱紗は左開きになっています。
右開きの袱紗は慶事用になっているので間違えないようにしましょう。

供花を送るときのマナー

故人へのお悔やみの気持ちを表すために供花を送ることがありますが、ここでも知っておくべきマナーがあります。

供花を送る際に札名を書きますが、この書き方にポイントがあります。

団体や複数人で送る場合は連名になります。
連名でかけるのは3人までです。

それ以上の人数からひとつの供花を送るなら、「○○一同」といったような書き方になります。

また、供花はお通夜が始まる日の午前中までに、葬儀が始まる1日前には会場に到着しているようにしましょう。

通夜・葬儀のマナーまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、通夜・葬儀での親族・参列者のマナーについて解説しました。

今回の記事の内容を簡単にまとめると、以下のようになります。

  • お通夜とは亡くなった翌日の夜に行う簡易的な儀式であり、葬儀とはお通夜の後日行われる、個人との最後のお別れとなる厳粛な儀式のことを指す。
  • ご遺族・ご親族がお通夜に参列する際は、ブラックフォーマルスーツやアンサンブルなどの正喪服で参列する。
  • 故人代表挨拶を行う場合は、会場に参列してくれた方々への感謝、故人との生前のお付き合いについて、そして今後の支援の依頼を含めて3~5分程度で話す。
  • 香典は、故人との関係性によって適切な金額を入れ、表書きなどは薄墨で書く。
  • 葬儀会場には、数珠、ハンカチ、バッグ、袱紗などを持ち込むことができる。

また、以下の記事では葬儀の費用について、その内約や費用を安くする方法も紹介しています。
よかったら合わせてお読みください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「通夜・葬儀・マナー」に関連する記事

  • 葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

    葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

    葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装について調べてみました。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しときましょう。

  • 葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説のサムネイル画像

    葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説

    親族の葬儀に呼ばれた際、香典の金額やメイクや髪型に戸惑ったことはありませんか?今回は、親族の葬儀に呼ばれた時のマナーやルールを解説するとともに、喪主からお手伝いを頼まれた時にも困らないように、葬儀の流れについてもまとめています。

  • お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!のサムネイル画像

    お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!

    お通夜やお葬式というものは、厳粛な場ですしマナーを知らないと恥ずかしい思いをしてしまいますよね。人に聞きにくい話題ですので、マナーを知らないままになっている方もいるのではありませんか?そこでお通夜とお葬式に関するマナーを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説のサムネイル画像

    葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説

    葬儀と言われると大体のイメージは考えられますが、具体的に参列してからのイメージがなかなか湧きませんよね。葬儀や参列はどのような流れでどのようにして行われるのかがよくわからない人もいるかと思います。今回の記事ではそんな葬儀や参列の流れを詳解していきます。

  • 通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介しますのサムネイル画像

    通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介します

    身近な方が亡くなり、通夜や葬儀を行うということはあまり経験する事柄ではありませんよね。通夜や葬儀などの一連の流れを前もって知っておけば、後悔の無い良いお葬式を行いやすくなるかもしれません。そこで一般的な通夜と葬儀の流れを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?のサムネイル画像

    葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?

    時代の変化にともない家族葬など葬儀の形も変化しつつあります。そのなかで今後も受け継がれていくと思われるのが葬儀でのさまざまなマナーです。今回は葬儀のマナーの全般についてご説明いたします。服装・挨拶・ご香典など葬儀を考えるときに役に立つ、葬儀のマナーの情報です。

  • 親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!のサムネイル画像

    親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!

    最近では親族のみで行う葬儀が増えてきているようです。これからもしかしたら親族のみの葬儀に関わる機会があるかもしれません。そんなときのためにマナーを知っておきたいですよね?今回は親族のみで行う葬儀のマナーについて、服装や香典、参列の可否を解説します。

  • 葬儀には出席?参列?正しい表現や参列時の服装・香典マナーを解説!のサムネイル画像

    葬儀には出席?参列?正しい表現や参列時の服装・香典マナーを解説!

    葬儀に出ることを表現するとき、おそらく葬儀に「出席」するか「参列」するという表現を使う方が多いのではないでしょうか?実際どちらが正しい表現なのか気になりませんか?今回は葬儀に出席なのか参列なのかについて、また葬儀の服装や香典のマナーについても解説します。

  • 葬儀と通夜の違いを徹底解説!マナーや香典についても解説のサムネイル画像

    葬儀と通夜の違いを徹底解説!マナーや香典についても解説

    通夜と葬儀の違いは分かりますか。 通夜・葬儀とはどういうことなのか、違いはどんなことがあるのか、注意すべきマナーは、香典はいつ出すか、などいろいろな疑問や心配も出てきますね。 この記事では、葬儀と通夜の違いについて、マナーや香典の出し方を含めて解説します。

  • 葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介のサムネイル画像

    葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介

    葬儀に参列する範囲について、困ったことがあるという方はいませんか?最近では葬儀の形式が多様化してきているので、これからさらに葬儀に参列する範囲が複雑になってくるかもしれません。 今回はそんな形式別の葬儀に参列する範囲と、参列する際のマナーも解説していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「通夜・葬儀・マナー」についてさらに知りたい方へ

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説のサムネイル画像

葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説

お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!のサムネイル画像

お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説のサムネイル画像

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介しますのサムネイル画像

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介します

葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?のサムネイル画像

葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?

親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!のサムネイル画像

親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!

葬儀には出席?参列?正しい表現や参列時の服装・香典マナーを解説!のサムネイル画像

葬儀には出席?参列?正しい表現や参列時の服装・香典マナーを解説!

葬儀と通夜の違いを徹底解説!マナーや香典についても解説のサムネイル画像

葬儀と通夜の違いを徹底解説!マナーや香典についても解説

葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介のサムネイル画像

葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「通夜・葬儀・マナー」についてさらに知りたい方へ

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説のサムネイル画像

葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説

お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!のサムネイル画像

お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説のサムネイル画像

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介しますのサムネイル画像

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと