葬儀での芳名帳の書き方は?参列パターン別の書き方や入手場所を紹介

葬儀での芳名帳の書き方は?参列パターン別の書き方や入手場所を紹介

葬儀に出席した時には、芳名帳に自分の名前や住所を書くことがあります。「字が汚いので書きたくない」「書き方がわからない」このように芳名帳の記入を躊躇されている方もいるのではありませんか?そこで葬儀での芳名帳の書き方を詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

2019-09-28

葬儀での芳名帳の書き方について

葬儀

葬儀に参列する時は、受付で芳名帳に自分の住所や名前を書くことが多いです。
「書き方がわからない」
「字が汚いので書きたくない」
このように感じて芳名帳に記入するのをためらう方もいるかもしれません。

葬儀の時は遺族・親族は頭がいっぱいで、挨拶をしているものの覚えていないことが多いです。
芳名帳は葬儀後などにご遺族様が誰が参列してくれたのかを確認するためにも必要なものです。
また葬儀後に香典返しを送る際にも使うことがありますので、参列者は住所と名前をはっきりとした文字で書くようにしましょう。

このように芳名帳は遺族にとって大切なものですから、参列者もその書き方をしっかりと学んでおくことが望ましいです。

そこで今回終活ねっとでは、芳名帳の意味や書き方について詳しく解説します。

この記事では以下のような事柄をご紹介しています。

  • 芳名帳とは?

    芳名帳の意味を解説します。

  • 芳名帳の書き方

    葬儀の際の芳名帳の基本的な書き方を解説します。

  • 通夜と葬儀の両方に参列する場合は?

    通夜と葬儀の両方に参列する時の芳名帳の書き方について解説します。

  • 芳名帳の入手方法

    芳名帳はどこで手に入るか説明します。

  • 葬儀の受付でのマナー

    葬儀の受付での挨拶の仕方などのマナーについて解説します。

葬儀は、葬儀社や地域、規模、宗教によって葬儀内容も変わってきます。
この記事では、一般的な葬儀の際に使うことが多い芳名帳の書き方について基本的なことを解説させていただきます。

ぜひ最後まで目を通していただき、参考にしてくださればうれしく思います。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

芳名帳とは

葬儀

芳名帳とは、儀式やパーティーなど多くの人が出席する集まりで出席者の確認をするために住所や名前を記載するノートのことを指します。

その為、お葬式だけではなく結婚式や同窓会などの集まりの時に受付で名前と住所を書き込むノート、すべてを芳名帳(ゲストブック)と言います。

芳名帳はノート型のほか、カード方式のものもあります。

地域や葬儀社によっては、「芳名帳」という言葉を使わずに「香典帳」「通夜帳」などということもあります。

呼び方はいろいろありますが、書き込む内容はどれも同じことが多いです。

葬儀の芳名帳の書き方

葬儀

ここでは葬儀の際の芳名帳の書き方について解説します。

葬儀会場の受付に行くと、芳名帳に記載するように促されます。
ペンも用意されていることが多いので、その場で書くか、机などが用意されている場合は後の人に邪魔にならないような場所まで移動して記載しても構いません。

芳名帳は後で遺族側が参列者の確認を行うためのものですから、住所と名前を書くようにしましょう。
故人や遺族との関係なども書いておいてもいいでしょう。

個人で参列する場合

個人で葬儀に参列する場合は、芳名帳の書き方は以下のようなことをです。
文字を書くのが苦手な方もいるかもしれませんが、落ち着いて丁寧に書けば問題ありません。

参列者が多い葬儀の時は、複数の芳名帳が用意されている場合があります。
受付の方が「こちらに書いてください」と促してくれますので、そちらに書くようにしましょう。
並んでいる人がいてもあわてる必要はありませんので、読みやすい字で書くように心がけましょう。

住所

自宅の住所をきっちり書くようにしましょう。
郵便番号も書いておくのが望ましいです。
出来れば電話番号も書いておいた方がいいかもしれません。

親族や故人とあまり付き合いが深くない方は、芳名帳に住所や名前を書くことをためらうこともあるかもしれませんが、遺族が後に見返すこともありますのできっちりと記載するようにしましょう。

名前

参列した人のフルネームを書くようにします。

遺族は葬儀後に芳名帳を見て、連絡してくることもありますので自分の名前の漢字なども正確に書くようにしましょう。
名字が変わっている方は旧名を書いておいてもいいでしょう。

会社関係者として参列する場合

会社の関係者として葬儀に参列する場合の芳名帳の書き方の注意点は以下の通りです。

故人と会社関係で参列した場合、会社の代表として参列する場合は会社名を、会社関係ではあるが個人的に葬儀に参列する場合は個人名を書くようにします。

住所

住所は会社の所在地を書くようにします。
本社・支社などがある場合は、自分がどこからどのような立場で参列しているかを考えて住所を書くようにしましょう。

名前

会社関係の場合は、会社名を書き、その横、あるいは後ろに所属先と自分の名前を書くようにしましょう。

「○○株式会社 営業部 ○○○○」と芳名帳に書くようにします。

会社関係で複数の人から香典を預かった場合の香典袋の表書きは、「○○株式会社 営業部 ○○○○ 他5名」として、香典袋の中にそれぞれの個人名と住所を書いておくのが望ましいです。
芳名帳には参列者の名前を書いておきましょう。

夫婦で参列する場合

夫婦で参列する場合の芳名帳の書き方は以下の通りです。

一般的には夫婦であってもそれぞれ名前を書くように求められることが多いですが、地域や風習によってはご主人の名前を書いておけば良い場合もあります。
受付の方の指示に従うようにしましょう。

住所

夫婦の場合はどちらか片方だけが代表して書いても構いません

カード方式などに書くように促された場合は、同じ住所でもそれぞれ書くようにしましょう。

名前の書き方

芳名帳の場合は、住所の下に夫のフルネーム、その横に妻の名前を書くようにします。
妻の名字のところは何も書かないか、「〃」か「々」などを用いても構いません。

カード方式の場合は、夫・妻ともに住所とフルネームをそれぞれ書きましょう。

子供と一緒に参列する場合は、未成年の子供は求められない限りは書く必要はありません。
20歳以上の子供は名前を書いた方が良いでしょう。

代理で参列する場合

やむを得ない事情で参列できない方の代理の場合の芳名帳の書き方は以下の通りです。
代理の場合は遺族・親族が代理であることがわからないことが多いです。
受付でも把握できないことが多いので、代理であることを明確にしておきましょう。

住所

住所は代理で参列した人の住所ではなく、代理を頼んだ人の住所を書くようにしましょう。
正確に書くために事前に住所や郵便番号・電話番号などを聞いておき、メモなどを用意していくのが望ましいです。

複数の人の香典などを預かった場合も、それぞれの住所を聞いておきましょう。

名前

名前は代理で参列した人ではなく、代理を頼んだ人の名前を書きます。
この場合は、横に小さく代理であることがわかるように(代)という文字を入れておきましょう。
夫の代理で妻が参列した場合は、夫のフルネームと妻が代理で参列したことがわかるように(内)と書いておきましょう。

通夜と葬儀の両方参列する場合の芳名帳

葬儀

基本的には、芳名帳は参列者の確認のためのものですから、お通夜・葬儀の両方に参列した場合でも、どちらも住所と名前を書くようにします。

中には芳名帳と香典帳が別に用意されている場合もあります。
香典を持参した場合は、芳名帳と香典帳とそれぞれに書く必要がある場合もあります。

家族葬や芳名帳が用意されていない葬儀の場合は、香典を持参した時に名前と住所を記載する場合もあります。
お通夜に香典を持参して香典帳に名前を住所を書いた場合、次の日の葬儀では参列しても記載しないということもあり得ます。

地域の風習や葬儀社によって違う場合もありますので、わからない時は受付の方に尋ねてみましょう。

芳名帳を入手する方法

葬儀

葬儀の際の芳名帳は、ほとんどが葬儀社の方で用意されていることが多いです。
葬儀プランの中に含まれていることが多く、通夜用・葬儀用、それぞれの芳名帳がある場合もあります。
また参列者の人数によって芳名帳を追加することもできます。

しかし最近では様々なデザインの芳名帳も販売されています。
ネット通販や文具店などでも選ぶことができます。

その他、インターネットでテンプレートをダウンロードして自分で芳名帳を作ることも可能です。
自分で作れば既製品より値段を押さえることができるのがメリットです。

葬儀の受付での参列者マナー

葬儀

葬儀に参列する時は、まず受付に行くことになります。

葬儀の際に受付に立つ人は、故人・遺族に近い人が行うことが多く、喪主の代理であるとも言えます。
喪主にご挨拶しているつもりでマナーを守って失礼のないようにしましょう。

ここでは葬儀の際の受付のマナーについて解説します。

お悔やみの言葉を述べる

まずは受付で簡単にお悔やみの言葉を述べましょう。
小さな声で「この度はご愁傷さまです」あるいは「この度は‥‥」と語尾を濁しましょう。
元気にはっきりとお悔やみの言葉を述べるのは、マナー違反とはいかなくてもあまりおすすめできません。
無言で頭を下げるだけでも構いません。

受付で芳名帳に住所と名前を書くように促されますので、指示された場所に書きましょう。

香典を渡す

香典は袱紗に包んで持参するのがマナーです。
受付で袱紗から取り出し、相手側に向けて両手で手渡すようにします。
香典を渡す時に「どうぞご霊前にお供えください」と一言添えてもいいでしょう。

その後は、お通夜では通夜振る舞いの席に案内される場合もありますし、葬儀の時は葬儀社のスタッフの誘導で空いている席に着席して葬儀開始を待ちます。

葬儀の芳名帳の書き方まとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
葬儀の際の芳名帳の書き方について解説しましたが、参考になりましたでしょうか?

この記事では以下のような事柄について解説してきました。

  • 芳名帳とは人が多く集まる会などで、出席者に名前や住所がわかるように書くためのノートのことです。
    葬儀の時のほか、結婚式や同窓会などで会場の受付で書くノートのことを一般的に芳名帳と言います。
    カード方式の場合もあります。
    葬儀の際の芳名帳は遺族が葬儀後に香典返しなどを送る時に必要ですので、わかりやすい字で正確に書く必要があります。

  • 葬儀の際の芳名帳の書き方は、個人の場合は自宅の住所と氏名を、会社関係の場合は会社の住所と会社名・所属部・参列者の名前を書きます。
    夫婦で参列する場合は、自宅の住所と夫のフルネーム、横に妻の名前を書くようにします。
    カード方式の場合は、夫婦それぞれ書く場合もあります。
    代理で参列する場合は、代理を頼んだ人の住所と名前を書くようにします。
    代理で参列していることがわかるように名前の後ろに(代)と書くのが良いでしょう。

  • 葬儀の際の芳名帳は、葬儀社の方で用意していることが多いです。
    他にはネット通販や書店・文具店でも手に入れることができます。
    インターネットでテンプレートをダウンロードして印刷して作ることもできます。

  • 葬儀場で受付に到着したら、小さな声でお悔やみの言葉を述べましょう。
    そして香典を袱紗から取り出し、両手で相手に向けて渡すようにしましょう。
    受付の人は故人から近い人が行うことが多いので、喪主・故人に向き合っているような気持ちでマナーを守って接するようにしましょう。

葬儀のマナーはなかなか人に聞きにくい事柄でもありますし、マナーを知らないと自分の恥だけではなく故人やご遺族様に対しても失礼に当たります。

芳名帳の記載は葬儀に参列する時に一番初めに行わなければいけない事柄です。
受付でもたもたすると他の方に迷惑をかけることもあり得ますので、この機会にマナーなどをしっかり学んでおきましょう。

終活ねっとでは、葬儀の際の喪主や遺族・参列者のマナーや挨拶の仕方、葬儀の費用に関する事柄についても詳しく解説している記事を多数掲載しております。
他の記事もあわせてご覧いただき、参考にしてくださるとうれしく思います。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・芳名帳・書き方」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料