葬儀の受付は親族がやるの?担当者や受付のやりかた・マナーをご紹介

葬儀の受付は親族がやるの?担当者や受付のやりかた・マナーをご紹介

突然親族が亡くなると、葬儀の手配や諸手続きで遺族の方は精神的にも肉体的にも余裕がなくなります。そんな中で忘れがちなのが、葬儀の受付を誰がやるのかということを決めることです。受付は親族がやるのが一般的なのでしょうか?今回は、葬儀の受付について解説していきます。

最終更新日: 2020年02月09日

葬儀の受付は親族がやるのかについて

葬儀

家族が急に亡くなると、ご遺族は悲しみに耽る間もなく葬儀の準備や諸手続きに奔走することになります。
そういった中で、葬儀の受付を誰がやるのかということを決めないまま葬儀を迎えてしまうということはよくある事態のようです。

葬儀の受付は故人の親族が行うことが多いのですが、そもそも受付は誰がやるのが良いのでしょうか?
そこで、今回「終活ねっと」では葬儀の受付について焦点を当てて解説していきます。

  • 葬儀の受付とはどんなことをするのか?

  • 葬儀の受付は親族がやるものなのか?

  • 葬儀の受付を頼まれた場合の挨拶やマナーとは?

  • 葬儀の受付を依頼した際のお礼の方法とは?

以上の4点を軸に話を進めていきたいと思います。
いざというときに困らないように、ぜひ最後までお読みくださいませ。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀の受付とは

葬儀

葬儀の受付とは、葬儀の会場の入り口で弔問客や参列者の受付をする係りのことです。
葬儀の進行役は葬儀屋のスタッフが行いますが、葬儀の受付は一般的に故人に縁のある方が行います。
参列者が一度に受付することもあるため、たいていの場合2名~3名で受付をします。

葬儀の受付係の主な仕事の内容としては、以下のようなものです。

  • 弔問者に挨拶をして、お香典を受け取る

  • 芳名帳への記帳をお願いする

  • 返礼品を弔問者へお渡しする

  • お供物や弔電を受け取り、葬儀社の進行係へ渡す

  • お香典を葬儀の会計係に手渡す

葬儀の受付は、長時間の仕事ではありませんが、短時間の間にさまざまなことをやらなければならないので、多方面に気を配る必要のある仕事です。
また、お香典を管理するので、とても重要な仕事でもあります。

葬儀の受付は親族がやるのか

葬儀

それでは、この重要な葬儀の受付という仕事は、誰がやるものなのでしょうか?

誰がやるという明確な決まりはない

基本的には、誰が受付をやらなければいけないという決まりはありません。
ただし、弔問者が一度にたくさん訪れたときなど、受付係は忙しい仕事に耐えうる人物でなければいけません。
また、お香典の管理も行うため、信頼できる人物に依頼する必要があります。

遺族の方はやらない傾向が強い

信頼できる人物ということであれば、遺族の中で受付係をやるのが良いように感じるかもしれません。
けれども、遺族は喪主でなくても葬儀の流れや参列者への挨拶など、気を配ることが多くあります。

また、当たり前のことですが、家族を失った直後ですので、精神的な負担も大きいことが予想されます。
そのため、遺族は受付などの雑務をやらない傾向が強いです。

結局受付はだれがやるの?

親族ではないはないものの、信頼できる人物が受付係の適任だとすると、誰がやることになるのでしょうか?

多くの場合には、故人の会社関係の方や近所の方に依頼します。
もし故人がすでに社会的に引退されている場合や近所付き合いが乏しい場合などは、遠縁の親族などが受け持つこともあります。
また、葬儀の受付係を事前に誰にするのか決めていなかった場合には、同じく遠縁の親族などが受け持つことになるでしょう。

葬儀の受付を頼まれた場合の挨拶やマナー

葬儀

葬儀の受付係を頼まれた場合、挨拶の仕方やマナーなどはあるのでしょうか?

まず、葬儀の受付というのは、葬儀の参列者がまず最初に顔を合わせる人物になります。
遺族ではないとしても、遺族を代理する立場になります。
受付に来た参列者には、「本日はお忙しい中、お越しいただきありがとうございます」という挨拶をしましょう。
お香典を受け取るときは、「お預かりします」と、両手で受け取ります。

また、参列者は何か困ったことがあったときに、まず問い合わせるのが受付係です。
葬儀全体の流れを把握するほか、トイレや控え室の場所などは事前に知っておくようにしましょう。

「終活ねっと」では葬儀の受付係について、より詳しい記事を掲載しています。
ご興味のある方は、ぜひ以下の記事をご覧ください。

葬儀の受付を依頼した際のお礼の方法

困った人々

先ほどは、葬儀の受付係になった場合のマナーについて解説しました。
それでは、反対に葬儀の受付をお願いする立場になったとき、受付係を引き受けてくれた方にどのようなお礼をしたら良いのでしょうか?

葬儀の受付をしてくれた方には、1,000円から3,000円ほど現金を白い封筒や不祝儀袋に包むのが一般的なお礼の方法です。
封筒の表書きは「志」か「御礼」と書きます。
地域によっては、現金ではなく商品券や菓子折りなどを渡すこともあります。
会社関係の方が受付をしてくれた場合には、会社のみんなで食べられるように小分けできるお菓子などが喜ばれます。
また、「助け合うものだから」と、お礼を受け取らない地域もあるようです。
事前に、地域の慣習に詳しい親族や葬儀社のスタッフに確認すると良いでしょう。

お礼を渡すタイミングは、葬儀が終わってからの落ち着いたときを見計らって声をかけましょう。

葬儀の手伝いのお礼について更に詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

葬儀の受付は親族がやるのかのまとめ

葬儀

これまで、葬儀の受付は親族がするのかどうかということを解説してきました。

  • 葬儀の受付とはどんなことをするの?

    葬儀の受付は、「弔問者への挨拶とお香典の受け取り・記帳の依頼・返礼品のお渡し・お供物や弔電の受け取りと引渡し・お香典の管理と会計係への引渡し」を主に行います。
    短時間の間に多方面に気を配らなければいけない仕事です。

  • 葬儀の受付は親族がやるものなの?

    一般的には遺族は葬儀の受付をしない傾向にあります。
    これは、遺族は家族を失った直後で精神的な負担が大きいことと、その他に気を配らなければならないことが多いので、受付をする余裕がないことが理由として挙げられます。
    葬儀の受付は、会社の関係者や近所の方などに依頼することが多いです。

  • 葬儀の受付を頼まれた場合の挨拶やマナーはどうなっているの?

    葬儀の受付は、遺族を代理する立場にあるので、失礼のないようにします。
    また、参列者からの問い合わせはまず受付係に来ることが多いので、葬儀の大まかな流れやトイレと控え室の場所などは事前に把握しておきましょう。

  • 葬儀の受付を依頼した際のお礼の方法はどうしたら良いの?

    葬儀の受付をお願いした場合には、1,000円から3,000円ほどの現金をお礼として渡すのが一般的です。
    地域や受付をしてくれた方との間柄によっては、菓子折りなどの品物をお礼として渡すこともあります。
    葬儀が終わって落ち着いた頃を見計らって、お礼をお渡しするようにしましょう。
    またお礼の金額や品物については、地域の慣習に詳しい親族や葬儀社のスタッフに事前に確認してみると良いでしょう。

以上が、葬儀の受付は親族がするのかどうかについてのまとめになります。

家族が亡くなると葬儀の準備や手続きなので、精神的な余裕がなくなることと思います。
けれども、葬儀の受付はお香典も扱う大切な仕事ですので、しっかりと適任者に依頼したいものですね。

「終活ねっと」では、そのほかにも葬儀について役立つ記事をたくさん掲載しています。
いざというときに困らないように、以下の記事では葬儀の費用を安く済ませるための方法も伝授しています。
ぜひ、一度ご覧になってみてくださいね。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事